Admin New entry Up load All archives

風立ちぬ

日々の想いを風に乗せて…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

1000のバイオリンの谷で 

karuizawa_670.jpg

昨年から、ずっとやってみたかった事を、この日実現した。
日原本谷のかなり上流部に位置する、巨木の森にある美しい渓谷
まるで秘密基地のような入り江になったこの渓谷を俯瞰した時から、
いつか、あの渓流で遊んでみたいと思っていたのだ。

karuizawa_554.jpg


karuizawa_555.jpg

わたしたちは、木陰にザックを下ろし、登山靴を脱いで、持参したビーチサンダルに履き替えた。
そして、ズボンをたくし上げるのももどかしく、澄んだ流れに飛び込んだ。

karuizawa_611.jpg

karuizawa_649.jpg

うわぁ~♪ 気持ちいい~♪
足に感じる水流の強さや、川底の砂利を踏む感触は、一気にわたしたちを夏の子どもにしてしまったようだ。

karuizawa_643.jpg

karuizawa_694.jpg

karuizawa_634.jpg

澄み切った水のなんて清浄なこと!

karuizawa_627.jpg

緑の森と、白波を立てる青い水面…

karuizawa_577.jpg

浅瀬には細かな砂利の川床が広がり、キツリフネが揺れてる。

karuizawa_578.jpg

おもちゃの小船のような不思議な形の渓流の花、キツリフネ

karuizawa_808.jpg

ミゾホウズキも咲いていた。

karuizawa_652.jpg

オトギリソウに

karuizawa_664.jpg

ミヤマホトトギス、みんな黄色の花ばかりだ。

karuizawa_693.jpg

あっ、岩壁にたくさんのイワタバコを見つけた。

karuizawa_730.jpg

アップで引き寄せて、わたしは夢中になる。

karuizawa_573.jpg

紫がかったピンクの花びらは、まるで空から流れて落ちた流星たちのよう。
森に落ちた流れ星が、花になったのかも知れない…

karuizawa_685.jpg

流れに散った、気の早い落ち葉たち…まだ、秋にはちょっと早いのにあわてんんぼうさんね。

karuizawa_703.jpg

karuizawa_710.jpg

karuizawa_751.jpg

karuizawa_757.jpg

落ち葉の上の雫たち…時には、琥珀色に染まっている。

karuizawa_801.jpg

幻の滝まで遡行したかったけれど、大岩に阻まれた。

karuizawa_720.jpg

わたしたちは、今回は諦めて、ツガの巨木が横たわる場所へと戻った。

karuizawa_674.jpg

それにしても、なんて立派な倒木だろう…

karuizawa_676.jpg

どこか、川上の崖の上に立っていて、倒伏し、ここまで流されたのではないかと、隊長が言った。
その根には、未だにしっかりと大岩が組み込まれたままだった。

karuizawa_756.jpg

ツガの巨木の周りは、流れが緩やかになり、細かな砂利の浅瀬になっていた。
ここだけは日の光が、さらさらと水をくぐって、川床の砂を輝かせた。

karuizawa_678.jpg

川床の石にひかかった、一枚の楓の葉に、陽の光と水のきらめきが代わる代わるにまとわり付いて遊んでいるみたい。綺麗だなって、つい、声に出していた。

karuizawa_876.jpg

わたしたちは、ビーチサンダルも脱ぎ捨てて、素足になって砂利の感触を味わった。
細かな砂地は、ゆっくりと足が潜っていくのだ。むぎゅーっとしたその感触は気持ちよくて癖になりそうだった。

karuizawa_864.jpg

緑の木立ちの中を降りてきた光は、木々の葉を透かせて緑色の透過光になる。

karuizawa_725.jpg

わたしたちは、トムソーヤとハックルベリーフィンになった。

この谷を“1000のバイオリンの谷”と呼ぼうか。

♪ヒマラヤほどの消しゴムひとつ
 楽しい事をたくさんしたい
 ミサイルほどのペンを片手に
 おもしろい事をたくさんしたい

ブルーハーツの1000のバイオリンを大きな声で歌いたい気分だったよね(*^_^*)

karuizawa_770.jpg

スポンサーサイト

category: 森・山

CM: 6 TB: 0   

コメント

甲麦色

先日、ふと自分の足の甲を見て、「あれっ、色むらになっている?」
と怪訝に思ったのですが、よく考えてみると日焼けだったようです。(笑)
夏の陽射しの下で子供のように遊んでいたのですから、焼けて当たり前ですよね。
sizukuさんの場合、足の甲にビーサンのラインが白く入っているのでは?
それもまた、1000のヴァイオリンの谷のおみやげかもしれませんね。

一葉 #- | URL | 2010/08/14 10:09 - edit

一葉さん、こんばんは(*^_^*)
足の甲が、小麦色じゃなくて、甲麦色ですか?(笑)
わたしの足は、全体に甲麦色でした~^m^

一葉さんのお写真を見せていただいて、さすが!!と、思いました。素晴らしいあの日が蘇りました。
ありがとうございました。
今日も暑くて、日原が恋しいです。

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2010/08/16 01:03 - edit

オイラも一緒に川に入りたい。
透き通った流れに足を入れたらどんなに涼しいでしょうか。
ちょっと前までは毎年奥秩父の渓に出かけていたのにこのごろは山に心を奪われてすっかり渓を忘れていました。

明るい日差しの1000のバイオリンの谷の風景を拝見すると・・・秩父の奥の渓が懐かしく思い出されます。

keykun #dNXrvxao | URL | 2010/08/17 13:28 - edit

keykunさん、こんばんは(^^)
遅いレス、申し訳ありません。
お越しいただいてありがとうございます。
keykunさんの渓にかける思い…判ります~♪
山歩き、特に頂上を踏む山歩きですと、なかなか渓で遊ぶ余裕はありませんよね。
わたしたちも、日ごろは、なかなかチャンスがありません。
わたしも、山奥の渓谷が、凄く好きなんです。
出来れば、水遊びしながら、釣り糸を垂れたり、キャンプをしながら、夕刻や、
早朝の渓の雰囲気も味わってみたいと思っています。
いつか、そんな機会が訪れたらいいなぁ…

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2010/08/20 01:02 - edit

すごく気持ちよさそうな「流れ」ですね。

山の中はいいなあ、と思っているのですが、北海道は今年はクマの当たり年らしく、サクラを撮影しにいった「ダム」に出没して、立入禁止になっているほどです。

今年の山歩きは我慢のみ。
貴女のお写真で息抜きです。
ありがとうございます。

エジちゃん #- | URL | 2010/08/26 22:25 - edit

エジちゃん、こんばんは(*^_^*)
北海道のクマさんは、ヒグマですからね。本州のツキノワグマより怖い感じがします。
この谷にも、クマの爪あととか、痕跡はあるんですよ。なにしろ、“熊宿の森”という
名前が付いているくらいですから(^_^;)
今年は、北国でも猛暑見たいですね。夏は渓谷に限るのですが残念ですね。
体調を崩さないようにお元気で残暑を乗り切ってくださいね。
コメントありがとうございました(*^_^*)

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2010/08/28 00:19 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sion920.blog74.fc2.com/tb.php/87-8e457f5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。