Admin New entry Up load All archives

風立ちぬ

日々の想いを風に乗せて…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

蓮のある風景 

わたしは、野や山に咲く花が好きだ。
庭に咲く花も美しいと思うのだけれど、やはり、野辺に咲く花を見つけると立ち止まってしまうし、緑の森影に咲く花や、高原に楚々と咲く花に出逢うと夢中になってしまう。

今年も、ひそやかにねむの花が咲いた。
梢に咲いたたくさんの花も、見つけようとしなければ、目に入ってこないのかもしれない。
たくさんの薄紅色の花が、風に揺れる姿もとても素敵だった…

karuizawa_044.jpg

少し時季は遅かったけれど、今年もしなやかで繊細な、紅筆のような花を見れて嬉しかった。

karuizawa_041.jpg

ねむの木の木陰には、タケニグサの花も咲いていた。せいたかのっぽの雑草だけれど、目立たない小さな花を良く見れば愛らしい。

karuizawa_046.jpg

野の花でも山の花でもなくて、そして庭に咲く花とも少し違うけれど
蓮の花は、何故かこころ惹かれる…
大好きな夏に咲く花だからかも知れない。
今年も、蓮の花が見たくて、秩父の荒川にある蓮園を訪ねた。
ここは、休耕田を蓮園にしていて、地元の方たちが管理されている。
棚田になった田んぼや果樹園などが続く盆地で、秩父の山並みを望む、長閑な感じの蓮園なのだった。

karuizawa_196.jpg


純白の蓮、今年撮りたかった蓮花だけれど、時季が少し遅かった。
たった一輪だけしか咲いていなかった。

karuizawa_052.jpg

少し膨らんだ蕾も愛らしい…

karuizawa_147.jpg

ほんのりと、花びらの淵に、ピンク色がある花

karuizawa_084_20100812231455.jpg

蓮の茎に、シオカラトンボが止まっていた。

karuizawa_089.jpg

透明な翅が真夏の陽射しにキラっと輝く

karuizawa_085.jpg

葉っぱの上に残った銀色の雨のしずくがフルフルと揺れているのも好きだ。

karuizawa_129.jpg

蓮園に行ってきた数日後に、何気なく目を通した雑誌に、凛とした美しい蓮の写真が載っていた。
その写真を撮ったのは、蓮の花に魅せられ、20年も撮り続けている女性写真家だった。
そして、その記事に書かれていた言葉に、とても惹かれた。

「暑い盛り、蓮に向かい合っている時間やその空間に身をおくと、この一年間に汚れた心が淨められていくような気がします。」

蓮に向かうと心が浄化される…まさに、蓮の魅力、そのもののような気がした。

蓮の花の命は4日と言われているそうだ。
一日目の早朝、蕾が膨らみやがて閉じる。

karuizawa_143.jpg

karuizawa_114.jpg

二日目の朝、花が美しく咲き、午後には閉じる。

karuizawa_120.jpg

karuizawa_102.jpg


三日目、咲いた花は皿上になって、完全に閉じる事は無く

karuizawa_109.jpg


四日目の午後にはパラパラと花びらを落とす。

karuizawa_140.jpg

karuizawa_139.jpg

そうだったのかと初めて知った。
良く、蓮の花を撮るなら早朝だとか言われている。
理由は、午後には閉じてしまうからだとか、朝咲いた花は一日で散ってしまうからだとか聞いたことがある。
でも、午後に行っても、夕方に行っても蓮は咲いていたから、おかしいなと思っていたけれど、これで謎が解けた気がする。夕方になっても咲いていた蓮は、三日目の蓮という事になる。

karuizawa_163_20100812235106.jpg

karuizawa_168.jpg

karuizawa_172.jpg

karuizawa_176.jpg

karuizawa_179.jpg

それぞれに、清楚、可憐、妖艶、爛熟と、ドラマチックな蓮花の表情があるのだという。
来年、蓮花に向かう時、この言葉を思い出してみようと思ったのだった。
そして、蓮に向き合って、その静かな時間を心に刻みたいと思ったのだった。

蓮の葉陰には、カルガモたちと

karuizawa_189.jpg


蓮の咲く水辺には、トンボたち、小さな命が息づいているのだった。

オオシオカラトンボ

karuizawa_062.jpg

シオカラトンボ

karuizawa_067.jpg

ショウジョウトンボとオオイトトンボ

karuizawa_064.jpg

キイトトンボ

karuizawa_082.jpg

ミヤマアカネ

karuizawa_197.jpg

わたしは、トンボたちを追いかけて、過ごす時間も好きだ。
そんな意味でも、やはり、秩父の蓮園は魅力的だと思った。
スポンサーサイト

category: 里山

CM: 2 TB: 0   

コメント

しーちゃん 蓮の花の4日間の命こと、知らなかったですね。 「そうなんや!」ってビックリでした(*^_^*)
次の「1000のバイオリンの谷で」の皆さん、「子供みたいで可愛い♪」って思ってたけど、読んでいるうちに「私も入りた~い♪」って思っていましたね(*^_^*)

お千賀さん #JalddpaA | URL | 2010/08/14 16:29 - edit

ちかちゃん、こんばんは(*^_^*)
いつも読んでくださってありがとうございます。
今夜も、遅い時間で。。。暑い夜ですね。
蓮の花のこと、朝咲いた花は午後には散ってしまうとか言われてましたけれど、そんなことはないなぁと思ってました。
わたしも、これで凄く納得しました。
来年は早起きして、何とか蓮の花が開く所を見てみたいと思いました。

日原川の源流域での、川遊びは最高でした。下界はうだるような暑さだったのに、涼しくて、全く暑さ知らずでしたよ。
夏は、こんなのがお勧めです。ちかちゃんも、機会があったら、ぜひ、足だけでも浸してみてくださいね♪

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2010/08/16 00:57 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sion920.blog74.fc2.com/tb.php/85-700d806d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。