Admin New entry Up load All archives

風立ちぬ

日々の想いを風に乗せて…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

旅は出逢い 

友人のお店からの帰り道、時間があったら、ちょっと寄り道をしようと思っていた。
それが、高崎になるのか、小川になるのか、中之条になるのか、何も決めてはいなかった。
北高崎の駅に着くなり、わたしは、時刻表を眺めた。
なんと、ちょうど良い列車がある。しかも終点の横川まで30分の道のりだ。
わたしは、すぐさま列車に飛び乗った。
オレンジと緑の車体の列車、良い感じ!(^^) ローカル線気分を満喫できそうだ。

rinsen_165.jpg


終点の横川駅に到着すると、「わぁ~!SLが待っててくれた!」思わずつぶやいてしまう^m^
やっぱり、わたしは鉄道が好きなんだと思った。
列車から降りたら、早速、SL撮影!

rinsen_161.jpg

SLの発車時刻は3時10分とのこと、後20分ほど、時間がある。
ホームを駆け回って夢中で写真を撮ってる自分がおかしくもあった。

rinsen_068.jpg

山のように石炭が積まれている。SLが走るのには、あんなにたくさん石炭が必要なんだろうなと思った。

rinsen_174.jpg

たくさんの機械の集合体のような車輪は、SLの醍醐味でもある。

rinsen_185.jpg

真っ黒な車体もまたダイナミック

rinsen_190.jpg

背後の緑の山をバックに、煙がたなびく。

rinsen_175.jpg

歩線橋を渡って上から見る。

rinsen_200.jpg

rinsen_201.jpg

D51の顔。てっちゃんの持ってるDVDの“機関車トーマス”を思い出した。

rinsen_231.jpg

車体。綺麗だなぁと惚れ惚れ♪

rinsen_237.jpg

ベテランそうな運転手さんと、若い運転手さんが3名。実地教育中なのだろうか?
みな、楽しそうな笑顔だった。

rinsen_252.jpg

いよいよ発車するようだ。SLは、大きく汽笛を鳴らした。
あの汽笛の音色は何度聞いても郷愁をそそられて、良いものだ。
帰りは、ディーゼル車が引いていくのだろうか?

rinsen_261.jpg

窓から顔を覗かせて嬉しそうな男の子。
いつか、てっちゃんも、こんな風に機関車に乗せてあげたいと思った。

rinsen_259.jpg

少年たちが、一生懸命写真を撮っている。SLが大好きなんだろうなぁ(^^)

rinsen_275.jpg

チョコレート色のディーゼル車も良い味を出している。

rinsen_282.jpg

ブルーの客車が滑るように遠ざかっていく。

rinsen_286.jpg

そして、D51の漆黒の車体が目の前を駆け抜けていく。
シュッ、シュッ、という擦れるような軋む音と、郷愁を誘う汽笛の音を残して…

rinsen_293.jpg

遠くなっていく汽車を見送った。

rinsen_295.jpg

ずっとずっと、見えなくなるまで見送った。

rinsen_307.jpg

気が付くと、ホームには、可愛い男の子がひとり歩いていく。
未来のてっちゃんを重ねてみたりした…

rinsen_314.jpg

横川駅のプレート。
そうそう、このめがね橋“碓氷峠第3橋梁”を見てみたいんだった。
碓氷峠にあるという赤レンガの鉄橋は、今は使われていないそうだが、なんとも美しい橋だと思う。

rinsen_324.jpg

ノスタルジックな横川駅。

rinsen_141.jpg

峠の釜飯で有名な荻野屋さん。

rinsen_140.jpg

レトロな街並みがいたるところに残っていて

rinsen_126.jpg

懐かしい感じのする通りを散策してみたくなった。

rinsen_133.jpg

駅の奥には“鉄道文化村”と言う施設があった。
貨物列車など展示されていて、ミニSLなども走っていた。
ここから、1時間あまりののハイキングコースで、碓氷峠第3橋梁まで行けるらしい。
次回はぜひ、行って見たいと思ったのだった。

rinsen_106.jpg

以前は、この先まで鉄道があったのだと思う。レールが残ったままの道路も面白い。

rinsen_073.jpg

いろいろ、回りたい所はたくさんあったが、3時50分の列車に乗らなければならないので、駅へと向かった。
ほんの2時間あまりの鉄道の旅、でも、ローカル線愛好家のわたしとしては、“テツ”を満喫した旅だった。

rinsen_063.jpg

横川駅で見つけた素敵なポスター
下仁田駅にも行ってみたくなったのだった。

rinsen_076.jpg

スポンサーサイト

category:

CM: 2 TB: 0   

コメント

子どもの頃、まだ新幹線がなかったので、東京に行くには特急あさまで行きました。その時横川には停車したので、よく釜飯を買いましたよ。あの容器、まだどこかにあるかな。
sizukuさんの見られたD51は、2008年に信越線120周年を記念してこちらを走ったD51と同じ車両です(番号見て分かりました)。
いつまでもその勇姿を元気に見せてほしいです。

シュー #6AEdlCeU | URL | 2010/07/26 00:12 - edit

シューさん、こんばんは(*^_^*)
コメントありがとうございます。
そうでしたか、特急あさま、良い響きですね~♪横川の駅は馴染みの駅でしたか。
鄙びた雰囲気の良い駅でした。
また行きたいと思っています。
峠の釜飯は、元祖、駅弁と言う感じですよね。
特急の車窓から、停車時間に、釜飯3つ!なんて言って買うのが懐かしく思い出されますよね。
駅弁は汽車の旅の特権って言う感じですよね
わたしが見たD51 は、シューさんもご覧になった列車なのですね。
ほんと、いつまでも雄姿を見せて欲しいものですね

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2010/07/26 22:55 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sion920.blog74.fc2.com/tb.php/81-2f45f72b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。