Admin New entry Up load All archives

風立ちぬ

日々の想いを風に乗せて…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

軽井沢 

アイリスが、友達と軽井沢に行って来た。
ローズガーデンや、別荘地のある森の中のお洒落なレストランで食事をし
小さな美術館を2つほど回ったそうだ。

アイリスはお土産にプリンを買ってきた。
とっても濃厚で美味しいプリンだった。
アイリスは、『おねえちゃんのところにも買ってきたんだよ。』と言って
マーガレットのアパートにも届けに行った。
家が近いって、本当に嬉しい事だと思う。

syoubu_004.jpg

『森の中を歩いたら、本当に手が届きそうなところにヤマガラがやってきたのよ
すぐ近くに、アカゲラもいたの。森の中にドラミングの音が響いていた。
アカゲラってあんなに大きいなんて思わなかったわ。』

アイリスは目を輝かせながら話してくれた。
『あんなに近くで見れるんだもの、もし、“野鳥の森”だったら、どれだけの種類が見えるんだろうと思ったわ。
道を覚えたから、今度、お母さんを連れて行ってあげるね。意外と近いのよ。』

『それと、“野の花”という美術館に行ったら、まず最初にマツムシソウの花が目に飛び込んできたの。
淡い薄紫の水彩画で、とっても綺麗だったわ。ノコンギクや、キキョウや、ホタルブクロや、おかあさんと一緒に見た花ばかりだなぁと思いながら見ていたの。
おみやげ物のコーナーで、スミレの花の絵があったので、おかあさんにはこれだ!と思って買ってきたの。気に入てもらえた?』と言いながら、美しい絵をプレゼントしてくれた。

syoubu_013.jpg

「ありがとう!素敵だわ♪これはタチツボスミレだね。大好きなスミレよ。」とお礼を言いながらとても』嬉しかった。
わたしのことを考えながら選んでくれているアイリスの姿が浮かんできて、胸がきゅんっとなってしまった。

“ちいさなすみれの花”と鉛筆で小さく書かれた絵。
淡い紫の花色は、まさにタチツボスミレの花色そのものだった。
こんな絵が手元にあるだけで、そこはかとなく嬉しい…

軽井沢…その地名に惹かれている。
思い出すのは、わたしが22歳の夏、父母と弟と4人で出かけた家族旅行のことだ。
翌年2月に結婚が決まっていたわたしのために、母は、『最後の家族旅行に行こう』と言い出した。
病弱だった母が、旅行に行きたいなんて言ったのは、初めてのことだった。
父は、早速、軽井沢のホテルに予約を入れた。

八月のお盆休み、とても暑い夏の盛りだった。
その時、母が着ていた服は、淡い薄紫のレースのワンピースだった。
白い日傘と、父の白い開襟シャツと夏帽子…
並んで歩く二人の姿が、不思議と今も目に焼きついている。
離れになったホテルの部屋の、開け放した窓の、風に膨らむ白いレースのカーテンとか。
中庭の芝生から、聞こえていた虫の音とか。
早朝の、薄い霧に包まれてぼんやりとまどろんでいるような、木陰に佇む別荘の佇まいとか。
軽井沢の駅のホームで電車を待っていた時の会話とか。
断片的に思い出されるのだった。

あれから、軽井沢には行っていない。
確か、軽井沢プリンスホテルだったかしら…今もあるのだろうか?
あの時の駅が、中軽井沢だったのか、北軽井沢だったのかすら覚えてはいないのだった。
もう一度行ってみたいな…行こうと思えば行ける距離なのに、何故か行けなかった場所。
娘が連れて行ってくれるという…

syoubu_179.jpg
スポンサーサイト

category: 日々の思い

CM: 6 TB: 0   

コメント

軽井沢はお父さん、お母さんとの思い出の場所なんですね。そこに娘さんと行くというのも、何かの縁でしょうか。
お母さんの着ておられたワンピースはタチツボスミレ色?それにしてもすてきな絵です。

シュー #6AEdlCeU | URL | 2010/06/20 22:09 - edit

シューさん、いつもコメントありがとうございます。
気まぐれに綴るブログですが、とても励みになります(*^_^*)
軽井沢…わたしにとっては思い出の地なのだと思います。
本当は独身最後の北海道旅行を計画していたのですが、主人に反対され、行く事を断念し、
しょげていたわたしを励まそうと母が誘ってくれた旅行でした。
軽井沢から、鬼押出しへ。噴煙が上がる浅間山を始めて見たのもこの時でした。
娘と森を歩く時、若かりし頃のわたしが見えるかも知れませんね。父母も見えるかも…。
とても楽しみにしています。

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2010/06/21 01:00 - edit

こんなお話を伺うとオイラも父と母を思い出してしまいます。
父とは一度・・・母とは二度旅行らしき旅に出かけたきりでした。
でもそのときの出来事や断片的な会話・・・今でも思い出します。

父母との思い出はたくさん作っておくものだと今更ながら後悔しています。

アイリスさんの心遣い・・・素敵な思い出が叉一つ増えましたね。

keykun #- | URL | 2010/06/22 11:30 - edit

keykunさん、こんばんは(*^_^*)
コメントありがとうございました。
本当ですね。若い頃は遊ぶ事が忙しくて、そんなことは考えませんでした。
そして、家庭を持ってからは、子育てに忙しくて、あまり省みませんでしたが、気が付けば父母も年を重ねてしまいました。
もっと、元気な頃に、たくさんでかけておけば良かったのにと思いました。
昔の人の言葉通りですね…(^^)
でも、きっと、回数ではないのかもしれません。心に残る1回があれば…(*^_^*)
そして、娘の言葉に癒されるひと時もたくさんあって、わたしは、娘との思い出をたくさん作っておきたいと思ったりしています。

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2010/06/22 23:57 - edit

こちらでは初めましてかな、こんばんは☆

タチツボスミレ、きれいです、優しいね~。
ホントにこんな風に咲いているのです。
嬉しさのおすそ分け、ありがとう。

meaです。 #4jheKdDA | URL | 2010/07/15 00:38 - edit

meaちゃん、こんばんは(^^)
しばらくでした。今年も尾瀬を楽しんでいますね。
そうそう、この夏も北海道に遠征されるのかな?
その時は、MIURAさんと隊長さんによろしくお伝えくださいね!
この水彩画、タチツボスミレの優しさ愛らしさ、とっても良く描かれていますよね♪
眺めているだけで、優しい気持ちになれる気がします。
この19日に、念願の軽井沢に行ってきます。
二人の娘とてっちゃんと、主人も一緒です。
今からとても楽しみにしています(^^)
コメント、どうもありがとう。嬉しかったですよ~♪

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2010/07/15 23:45 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sion920.blog74.fc2.com/tb.php/69-c04155c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。