Admin New entry Up load All archives

風立ちぬ

日々の想いを風に乗せて…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

青梅路地裏散策(早春編2) 

oumejyuku_222.jpg

昭和初期の建物だろうか?ちょっと洋風な家だ。

oumejyuku_223.jpg

青梅のマンホールには、梅にウグイスが描かれていて、ちょっとアートぽくて面白い。

oumejyuku_221.jpg

影が長くなる昼下がりの路地裏…

oumejyuku_226.jpg

花が好きな人が住んでいるんだろうな、花いっぱいのお宅

oumejyuku_251.jpg

サクラソウがとっても綺麗…

oumejyuku_263_20100529134817.jpg

懐かしい感じのJ和風のお宅

oumejyuku_270_20100529134817.jpg

タンポポや、オオイヌノフグリの咲く野原を越えて

oumejyuku_160_20100529134817.jpg

赤い花をたくさん咲かせた大きな椿の樹が空に聳えていた。

oumejyuku_260_20100529134816.jpg

行く手に、青梅の市立美術館が現れたので、寄って見る事にした。
吹き抜けのあるホールは、緑と光に溢れていて気持ちのいい空間だ。

oumejyuku_295_20100529134816.jpg

窓辺に咲いた、一輪の赤い花、ゼラニウムの花だったけれど、
何となく、星の王子様のバラの花みたいに感じた。

oumejyuku_294_20100529134816.jpg

近代画の若手の画家たちのコラボ展が開催されていた。

oumejyuku_308.jpg

わたしは、この水の絵が気に入った。

oumejyuku_306.jpg

鵜の絵が描かれた陶磁器

oumejyuku_287.jpg

インコが描かれた壷

oumejyuku_290.jpg

ポスターも、春らしくて気に入った

oumejyuku_298.jpg

空と水と緑と。この色使いも大好き…

oumejyuku_302.jpg

美術館を出て、まだまだ、古いお宅が、普通に残されている路地をなおも探検

oumejyuku_316.jpg

今も人が住んでいるってところが素晴らしい。

oumejyuku_318.jpg

そんな中に、不思議なお店を発見した。

oumejyuku_386_20100529140744.jpg

まるで、民家そのものの、平屋のお宅に、こんな看板があって

oumejyuku_337.jpg

中身も、また、昔あったような、誰か知り合いのお宅のような不思議なお店。

oumejyuku_354_20100529142321.jpg

手作りのピザとコーヒーをいただいた。
ピザは、不思議な食感でとっても美味しかった。

oumejyuku_381.jpg

そのお店の、オーナーの女性とお話させていただいているうちに、青梅の街にはたくさんの素敵なお店やギャラリーがあることを教えてもらった。
今度、また、訪ねてみたくなった。

oumejyuku_385_20100529141707.jpg

ちょっと長居をしてしまったので、青梅駅へと向かった。
でも、そのまま帰るのはもったいないから、線路を渡り、

oumejyuku_397.jpg

こんな板塀のお宅の脇の、細い路地に入ってみる。

oumejyuku_401.jpg

oumejyuku_400.jpg

夕暮れの光の中で、ハナニラの花が、美しく輝く

oumejyuku_406.jpg

こんな路地の先には、

oumejyuku_415.jpg

こんないたずら書きを見つけて微笑ましくなる。
そういえば道路に子どもがいたずら書きをしている姿、もう、あまり見たことが無いなと思う。

oumejyuku_414.jpg

この路地の先には、

oumejyuku_420.jpg

こんな素敵なお宅

oumejyuku_417.jpg

紅梅の花びらが散る路地の先には

oumejyuku_432.jpg

こんな、小鳥の表札がかわいかった。

oumejyuku_425.jpg

青梅の駅裏の丘陵地帯を、枯葉の中から咲き始めたスミレを探しながら歩いていたら、

oumejyuku_440.jpg

黒猫のジジみたいな(真っ黒じゃないけれど)猫がわたしを見上げていた。

oumejyuku_450.jpg

さて、今回の散策もクライマックスにしてやっと出逢えた…
猫の街青梅で出逢った本日2匹目の猫クンでした。

oumejyuku_459.jpg

やっと、カフェ “夏への扉”のある歩道橋に出たのは、夕暮れ迫るころだった。

oumejyuku_473.jpg

夏への扉に、灯りが点っている!

oumejyuku_476.jpg

穏やかな、オレンジ色の灯りが点る店内には、何組かのお客さんがいて、オーナーのお髭のマスターはコーヒーを入れているのかな?

oumejyuku_484.jpg

コーヒーの良い香りが漂ってきて、入ってみたくなったけれど、時間が押しているので今回はパスだった。
次回は、ぜったいに寄って見たいと思う。夕暮れ時の夏への扉を開けてみたいな。

oumejyuku_487.jpg

居酒屋“尾瀬”にも灯りが点った。

oumejyuku_491.jpg

オードリー・ヘップバーンのポスターにも夕闇が忍び寄る。

oumejyuku_499.jpg

日が暮れて、孫をお迎えに来た、おばあちゃん…
ほの暗さが何とも昭和っぽくて、ほのぼの人情味があって、いい街だと思う。

oumejyuku_501.jpg

柳の新芽に街頭の灯が揺れていた…

oumejyuku_504.jpg

長い日記にお付き合いいただきありがとうございました。3月半ばに歩いた青梅の街をご紹介しました。
次回は、また違った散歩道(にゃにゃ曲がりのある道)をご紹介します。
スポンサーサイト

category:

CM: 4 TB: 0   

コメント

青梅のレトロな街並み。ぼんやり日の暮れた時間帯に歩きたいですね。ちょっと風変わりなお店の手作りピザも食べたいです。「尾瀬」という居酒屋で、地酒を呑み交しながら、つらつらと追想に耽るのもいいなぁ…。

tsubasa #mQop/nM. | URL | 2010/05/30 08:25 - edit

tsubasaさん、いらっしゃいませ(*^_^*)
そうなんです。青梅の街は、夕暮れ時がお勧めです。
枝垂桜の終わりの頃、思い立って仕事帰りに歩いてみました。
夕陽が柔らかく街並みを包み、やがて商店街に灯りが点ると昼間とは違った雰囲気です。
どこか遠い街に旅してきた気分を味わえます。
ちょっと路地裏に回れば、古い引き戸の居酒屋から、ほんのり灯りが漏れていて、
お酒が飲めないわたしでもちょっと寄ってみたくなります。
それから、本格的なネルドリップの珈琲を入れてくれるムード満点の小さなお店もあります。
tsubasaさんのお好きなJAZZの流れるお店もお勧めです。今度、良かったらお越しくださいね。

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2010/05/30 22:40 - edit

尾瀬っていう居酒屋さんもあるんですね。
「夏への扉」積ん読だったのですが、読了しました。いい話だった!

シュー #6AEdlCeU | URL | 2010/06/05 23:40 - edit

シューさん、こんばんは(*^_^*)
古いお話にお付き合いくださってありがとうございます。
「尾瀬」という居酒屋さん、気になりますよね。尾瀬好きの人がやっていたりして…(*^_^*)
「夏への扉」読み終わったんですね!
シューさんにもぜひ、青梅に来て欲しいなぁ。
そして、夏への扉を開けて欲しいです。
その他にも“光陰矢のごとく”って意味の店名のお店もあるんですよ。不思議な街でしょ。
次のブログは、夏への扉を紹介しますが、最近、奥多摩が紹介できなくて残念です。
今頃は緑の只中でしょう…

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2010/06/06 18:25 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sion920.blog74.fc2.com/tb.php/65-dfca1047
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。