Admin New entry Up load All archives

風立ちぬ

日々の想いを風に乗せて…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

続・渓流の妖精 

  光と遊ぶコガネネコノメソウ お気に入りの一枚です(*^_^*) 

oume4_659.jpg

次の週末、イワウチワの咲き具合を見に行くつもりだったけれど、
やはり、あの忘れ去られたカタクリの群生地の森が気になって…
もう一度、行ってみることにした。
先週蕾だったダンコウバイが、淡い黄色の花を咲かせていた。
枝先が、淡い黄色に煙るように、滲むように、ぼうっと明るく見える。
ああ、春だったんだね…なんて、拓郎の歌でも口ずさみたくなる。

oume4_725.jpg

歩き始めてすぐに、足元にちいさな、ちいさな、トウゴクサバノオという花を見つけた。
小さくて地味な花だけれど、良く見ると本当に清楚で可愛らしくて、渓流にふさわしい花だと思う。

oume4_439.jpg

この花に逢うのは、何年ぶりだろう。
一番最初に、この花を見たのは高尾山でのこと。
初めて見た時、あまりにも愛らしい姿に、わたしは夢中になった。
『トウゴクサバノオと、言うんだよ。可愛らしい花だろう…』
そう教えてもらった事、春が来るたびに忘れた事はない。

oume4_409.jpg

葉が鯖の尾びれに似ているから、この名前が付いたと教えてもらった。
あの時、撮った写真は、みんなピンボケで、がっかりした事を思い出す。
今回は、しっかり写せたかしら…

oume4_442.jpg

先週、蕾だったカタクリも、森のあちらこちらで、ピンク色の花を開いていた。

oume4_452.jpg

反り返った花びらが、愛らしい、かたかごの花

oume4_501.jpg

木漏れ日の中で輝くように

oume4_473.jpg

蕾もはじけたばかりの、綺麗な花たちだった。
群生にはほど遠いけれど、こうして毎年咲き続けて欲しい。そうしたら…

いつかきっと、以前のように見事な群落に生まれ変わるかも知れない。

oume4_522.jpg

先週、ほんの少しだった、コガネネコノメは、流れのほとりの斜面にたくさん咲き出していた。

oume4_714.jpg

枯葉の中からも、小さな愛らしい花束が咲き競う。

oume4_712.jpg

本当に小さくて愛らしくて、
こんなに群生していることが嬉しくて…

oume4_704.jpg

わたしは、地面に這うようにして、夢中でシャッターを押した。
苔の胞子と比べてみたら、その大きさがわかるでしょうか?本当に小さい花なのです。

oume4_622.jpg

小枝と比べてみても…

oume4_604.jpg

落ち葉と比べてみても、その小ささが判ります。

oume4_558.jpg

見事な花冠りがあったので、アップしてみました。

oume4_640.jpg

ツルネコノメソウも、渓流の光を集めて揺れている。

oume4_677_20100526223220.jpg

ヨゴレネコノメも、淡い黄色いに暗めの赤い蘂がシックな色合い。

oume4_686.jpg

oume4_690.jpg


コチャルメラソウも不思議な形の渓流の花。

oume4_576.jpg

苔むした流木の向こう側…

oume4_679.jpg

こんな清らかな流れのほとりで歌っている

oume4_616.jpg

清楚なアズマイチゲ…木漏れ日にいっそう輝き

oume4_429.jpg

岩の上で朽ちていく、去年の落ち葉は、何を夢見ているのだろう。

oume4_565.jpg

そして、これから芽生えていく新芽たちにも、同じように春は巡ってゆくのだった。

oume4_731.jpg

長閑な春の一日を満喫し、わたしは家路に着いた。
スポンサーサイト

category: 森・山

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sion920.blog74.fc2.com/tb.php/63-dc980280
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。