Admin New entry Up load All archives

風立ちぬ

日々の想いを風に乗せて…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

桜色の宵 

mitake4_057.jpg

柔らかな暮れ色に染まった和みの空に散りゆくさだめの桜が
切ないくらい美しく、優しく佇んでいた

mitake4_081.jpg

ほのかな薄暗がりに桜の精が静かに佇んでいるような気がして
桜の木のしたに、歩み寄り巨木の幹にそっと腕をまわした。
今年も美しく咲いて楽しませてもらってありがとう。
来年もまた、咲いてください。逢いにきます。

mitake4_115.jpg

見上げれば、まるで花笠のように広げた枝は、たくさんの花に霞んでいた。
幾年もの歳月を巡る春と共に精一杯に咲いて、いったいどれだけの人々の
心にその花姿を映してきたことだろう。

mitake4_157.jpg

柔らかな桜色の夕風が、しなやかな枝先をそっと揺らし、
はらはらと花びらが風に舞う
地面に散り敷いた花びらも桜色の川のように流れていた。

mitake4_180.jpg

たぶん地元のお年寄りだろうか何人かの人が、散り往く桜を愛でながら、
じっと見つめていた。
和服姿の女性もいて、こんな宵口の桜を愛でる人々の心を美しいなぁと思った。

mitake4_193.jpg

わたしは、枝垂桜に後ろ髪を引かれながら、桜の花びらが作った川を渡り、竹林の小
道を抜けて歩いた。
夕空の名残りの光が竹の艶やかな肌を、ほんのりと輝かせて、幻想的な世界を醸し出
す。
光り輝く竹を見つけた竹取翁の心境を思ったりしながら、物語の中に入っていけそうな竹の回廊を歩いていくと、やがて、小さなお稲荷さんの紅い鳥居がいくつも並んでいる石段に辿り着く。

mitake4_220.jpg


せっかくだからと、お参りをすれば、石段の上の苔むしたキツネの石像が、じーっとこちらを見ているような気がした。
“となりのトトロ”の中に出てくるお稲荷さんのあるバス停の場面を思い起こしながら、不思議な世界に入り込みそうな石段を降りていくと、人一人が通れるくらいの小さな踏切に出た。

mitake4_229.jpg


その踏切の脇にはクスノキの巨木が繁り、つい、根っこに雨露がないか探してみたりしてしまう。
細い路地を辿れば、造り酒屋の煉瓦造りの煙突や、
古い材木屋さんの家屋や木の香りのする材木が立てかけられた作業場があったり、
古い平屋の民家とが入り混じっていたりする。
裸電球のようなオレンジ色の灯りが漏れる、古い引き戸の玄関、
入り口に植えられた枝振りのいい松や、綺麗に刈り込まれた垣根。

mitake4_263.jpg

山々が線路のすぐそばまで迫っていて、ちょっと高架になった歩道橋に上がれば、
山の上に一番星が輝き始めていた。

坂道の上の踏切を渡って、少女が夕闇に消えていった袋小路には街頭がポツンと照らしていた。
コトコトと夕餉の支度をする音が響き、どこからか良い匂いが漂ってきて
わたしも、夕暮れの散策を終えて家路を急がなければ…と思う。

mitake4_201.jpg

表通りですら、青梅の街はノスタルジーの世界だった。
古い商店街の明かりや、木造の商家の格子窓、石畳の道を走る車も心なしか緩やかだった。
ねじまき雲という、小さなカフェに灯りがともっている。
いつか、訪れてみたいお店だった。

昼間とは違った街の雰囲気に、惹かれつつ、わたしは急いで家へと向かった。
ほんの1時間余りの散策だったけれど素敵なものをたくさん見れた。
こんなに身近に、素敵な世界があったことに今まで気づかずにいた。

どんな時でも、求めようとする心さえあれば、きっと何かが見つけられるのだと思う。
思い立って、名残りの桜を見届けようと、仕事帰りに来て良かった。
枝垂桜が巡り合わせてくれたのかも知れない。

mitake4_047.jpg

【この日はカメラを持っていなかったので写真は、一番美しかった満開の頃の桜です。】
スポンサーサイト

category: 森・山

CM: 4 TB: 0   

コメント

No title

> 求めようとする心さえあれば、きっと何かが見つけられるのだと思う

素敵な言葉だなって思いました。それにしても桜にこうもひかれるのはなぜなんでしょうね。
全然関係ないですが、名前だけ知っていて読んだことのなかった「夏への扉」、書店で見つけて連れ帰ってきました。

シュー #6AEdlCeU | URL | 2010/04/17 10:30 - edit

No title

綺麗な桜ですねー。今年の桜ではないのですね。
何時か出かけたいと思います。
都会の桜も今年は見に行けませんでしたが、山間の桜にお会いしたい。青梅ですね。

ジーク #Uwmuu2Zg | URL | 2010/04/18 07:17 - edit

シューさんへ

シューさん、こんにちは(^^)
素敵な言葉だなんて…(^_^;)でも、共感していただいて嬉しいです。
最近、忙しくて山に行けませんが、週末の森を歩いても、近くの畑を通り抜けても、
自然は裏切らないんだなぁと、しみじみ思います。
桜…どこで咲いても、やっぱり素敵ですね。奥多摩はこれから桜の季節を迎えます。
桜を見ていると日本人でよかったなぁと思ったりします。
昨日「GREEN」を見ました。言葉にならない悲しみが胸の中を支配しました。
シューさんも「夏への扉」連れて帰られましたか(笑)
先日、青梅の夏への扉を開けました。相変わらず素敵な空間でしたよ(^^)v

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2010/04/18 18:09 - edit

ジークさんへ

ジークさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
この桜は、青梅の駅の裏にある、金剛寺の枝垂桜です。
ちょうど、イワウチワ遠足の頃、見ごろでした。
この写真は今年のものですよ。4月初めに撮ったものです。
そして山に咲く奥多摩の桜はこれからです。一昨日の雪で痛んでいなければ良いですね。
青梅の駅を過ぎてから奥多摩の駅までの間、車窓でも桜を楽しめますよ。
奥多摩湖畔も桜の名所で、5月中頃まで楽しめると思います。
ジークさんもお忙しいと思いますが、いらっしゃれると良いですね(*^_^*)

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2010/04/18 18:21 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sion920.blog74.fc2.com/tb.php/54-0b0ae0d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。