Admin New entry Up load All archives

風立ちぬ

日々の想いを風に乗せて…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

雨の鎌倉散策(瑞泉寺界隈) 

12月19日、木曜日が定休日の娘と兼ねてから約束していた鎌倉へ行ってきました。
生憎の雨降りで、一日中小止みなく降り続く寒い日でした。晴れ女なのに…

でも、娘もわたしも、雨は嫌いではなく、こんな日の古都散策も悪くないと思えるのでした。
ちょっと写真を撮るには大変ですが、ふたりとも楽しめました。

娘と待ち合わせして最寄駅を出発したのは9時でした。鎌倉までは約2時間の道のり、
ちょっと遅めの出発ですが、通勤ラッシュとかち合うのも大変ですから…(*^_^*)

鎌倉駅に降り立つと、迷わず大塔宮行きのバスに乗りました。
見覚えのある細い路地を巡り、終点の大塔宮(鎌倉宮)に着きました。


大塔宮(鎌倉宮)には、薪能が舞われる能舞台があります。
若い頃から、一度見たいと思いつつ、まだ一度も見たことがありません。
アイリスも見てみたいと言います。薪能を見るためには宿泊しないとね…
いつか、アイリスと、きっと見に来たいです。

kamakura-13-12_007.jpg


かなり強い雨の中、ここから山に向かって1kほど歩いて瑞泉寺へと向かいます。

kamakura-13-12_023.jpg


道筋には趣のあるお宅が点在していて、こんな由緒ありそうなお宅に住んでみたいねなんて話しながら…

kamakura-13-12_013.jpg


瑞泉寺の山門が見えてきました。住宅街の間にポツンと小さな山門があり、ここから先はお寺の領内で
家はなくなり、森閑としています。聞こえるのは雨の音だけ…

kamakura-13-12_024.jpg


アイリスは、『まだ、紅葉が残っている!!』と大喜び。
わたしは、奥多摩の紅葉をたっぷり満喫したのですが、仕事と家事に追われている新婚ほやほやの娘は
季節の移ろいも、ゆっくり見れなかったと嘆きます。「そうね、若いうちはそんなものよね。」^_^;

kamakura-13-12_030.jpg


「椿の花が綺麗だね。」『へぇ~!そう撮るんだ~!』何て言ってます。
わたしの写真なんて、あまり参考にならないだろうけど、娘にそう言ってもらえるとちょっぴり嬉しかったり。

kamakura-13-12_290.jpg


『ハート型の花びらが、かわいい♪』そう言われて、カメラを向けました。

kamakura-13-12_031.jpg


しっとり濡れた石畳と、梅の古木と、楓の名残りの紅葉と。

kamakura-13-12_034.jpg


『あっ、山鳩がいるね。』 「逃げないね。」 『安心しきっているね。』

kamakura-13-12_051.jpg


『緑の中に赤い葉、可愛いね。』

kamakura-13-12_056.jpg


「ほら、しずく(^^)」

kamakura-13-12_062.jpg


先を歩いていたアイリスが思わず呟きます。『おかあさん、素敵!道が二つに分かれているわ!』

kamakura-13-12_078.jpg

「古い石段と、新しい石段、どちらを行こうか?」『古い方がいいかしら?でも、歩いていいの?』
「鎌倉石の石段だね。みんなが歩くからすり減っていい感じだね。通行止めが無いからいいんじゃないかな」

kamakura-13-12_068.jpg


苔生した石段には、楓の葉が散り、角がとれて丸くなって柔らかでした…
わたしたちは、足音を忍ばせて、そっと登ったのでした。

kamakura-13-12_082.jpg


門が見えてきました。

kamakura-13-12_110.jpg


覗きこんで、その静けさに、入るのをためらってしまいそうです。

kamakura-13-12_140.jpg


門のそばには、まだ、色づく楓たち…アイリスは、そっとため息を漏らします。

kamakura-13-12_150.jpg

瑞泉寺は紅葉ヶ谷(もみじがやつ)と呼ばれる地にあります。
本堂の裏山に屏風のようにそそり立ち岩山をたくさんの紅葉が彩ったことからそう呼ばれたそうです。

四季折々に咲く花の寺でもあるのだそうで、特に早春に咲く梅と水仙が有名です。

kamakura-13-12_146.jpg


茶室も趣があります。

kamakura-13-12_155.jpg


本堂は美しい棟反りの二層銅葺き屋根だそうです。

kamakura-13-12_177.jpg


本堂の隣にある、こちらの建物は社務所でしょうか、とても美しい建物でした。
わたしたちが来た時、一人のお坊さんが歩いてゆかれました。

kamakura-13-12_180.jpg



kamakura-13-12_118_20131226102952fc4.jpg



本堂にお参りすると、ほんの少し障子戸が開かれていました。
中を覗くと薄暗い堂内に、ご本尊様と夢想国師の像が安置されていました。

kamakura-13-12_195.jpg


梅の古木の枝ぶりが、本当に美しくて、花の時季にぜひ訪れたいと思いました。

kamakura-13-12_159.jpg


そして、楓の落ち葉の中下、青々とした葉を付けているのは、水仙です。
このお寺は、梅に先駆けて、1月には水仙の花が咲き出し、境内を埋め尽くすそうです。

kamakura-13-12_158.jpg


もう、いくつかの花が咲いていました。越前水仙でしょうか?可憐な白い花です。

kamakura-13-12_230.jpg


万両の赤い実がたわわに

kamakura-13-12_204.jpg



こちらは、千両、とても勢いが良くて、ハッと目を引く赤い実です。

kamakura-13-12_171_201312261038495ae.jpg



南天の赤い実も、初冬のお庭のアクセントですね。

kamakura-13-12_238.jpg


小さなお堂の脇を通って、本堂の裏手に出ると有名な瑞泉寺庭園があります。

kamakura-13-12_213.jpg


この瑞泉寺庭園は、京都の苔寺、西芳寺や天龍寺などの名庭を残した、夢想国師が作庭したと言われ
岩盤を削って滝と池を配した庭として有名です。今日は雨で薄暗くむき出しの岩が少し不気味に感じます。
もし、陽の光や。周りの紅葉なども残っていたら、もっと美しい事でしょう。

kamakura-13-12_219.jpg


kamakura-13-12_217.jpg



わたしたちは、梅の木々を拝した美しい庭園を巡ってみました。

kamakura-13-12_181.jpg


咲き残った白菊が、霜に当たってピンク色に花の色を変えていました。こういうのを「霜げる」と言うのだと
父が教えてくれた言葉を、わたしが、娘に伝える…。もしも娘が覚えていて、それをまた、自分の子どもにと
伝えていくことが出来たなら、美しい連鎖だなと、ふと思いました。


kamakura-13-12_184.jpg


ピンク色の大輪の椿が、とても綺麗に咲いていました。
寒い時期を選んで花を咲かせる…椿の花を見てると何だか希望が胸に燈るような、そんな気がします。

kamakura-13-12_231.jpg


雨粒を宿した蕾がまた愛らしくて、カメラを向けました。
アイリスも、『雨の中でも上を向いて、綺麗に咲いているね。』と言って見つめていました。
「うん、ちょっと紅を挿したような、まだ固い蕾もかわいいよ。」『ほんとだ…(^^)』

kamakura-13-12_232.jpg



庭の片隅の菩薩様でしょうか?綺麗なお顔…

kamakura-13-12_240.jpg


今朝、散ったばかりのような綺麗な紅葉が、ふんわりと… 『わぁ~!!綺麗!!』とアイリス

kamakura-13-12_245.jpg



さやさやと竹林を渡る風の音… 『まっすぐな竹林が楓とささやきあってるね!!』とアイリス

kamakura-13-12_265.jpg



しっとりと雨に濡れた山門の屋根に降り積もった楓が綺麗で…

kamakura-13-12_160.jpg


わたしが、カメラを向けていたら、アイリスが何か言っています。

kamakura-13-12_162.jpg


山門の片隅に、植え込みの陰に隠れるようにして造られたつくばいを見つけたのでした。
『あっ、こんな所に…あら?ちいさなお地蔵さまもある。』
「ほんとだ、ちっとも気づかなかったわ!このつくばい、地面に埋め込まれていて変わっているね。」


kamakura-13-12_256.jpg


苔生したつくばいは、ひっそりと水を湛えていました。そして、それを見守るようにちいさなお地蔵さまが
木陰に佇んでおられました。きっと、わたしひとりでは見過ごしてしまったでしょう。

kamakura-13-12_261.jpg



わたしたちは、来たときと違う新しい方の石段を降りてみました。

kamakura-13-12_269.jpg



そして、二つの石段が交わった場所で、もう一度振り返りました。
とうとう、最初から最後まで、わたしたち二人だけの静かな境内でした。
まるで、どこか違う次元に迷い込んだような気がしました。
アイリスと一緒だと、よく、こんなことがあります。きっと二人が行きたいと思う場所が、観光地のなかでも
外れにある場所だからかもしれません。雨とか季節とかもあるのかもしれませんが…と、そんなことを思っていたら
『やっぱり、おかあさんと一緒じゃないとダメだね。他の人とだったらこんな風にはならないと思う。』とアイリス。

kamakura-13-12_285.jpg


『おかあさん、また来ようね! さぁ、バスの時間があるから急ごう!!』
「そうだね。次は梅の頃、来ようか?バスは1時18分だったね。じゃぁ、急ごうか!」

kamakura-13-12_282.jpg


極楽寺界隈に続きます。
スポンサーサイト

category:

CM: 8 TB: 0   

コメント

雨でよかったかもね

雨でないと、なかなかこの静かなしっとり感はでませんね。
落ち葉も瑞々しいです。
晴れていたら、落ち葉がカサカサ、情緒ないしね。
前回鎌倉に行ったとき、しゃれた小道巡り会えず。
もっと奥まったところまで歩かないといけないようですね。

kan #SU3m1FWo | URL | 2013/12/26 12:59 - edit

No title

二つに分かれた道で、素敵!と喜ぶ娘さん、かわいいなぁと思いました。
やはりsizukuさんの娘さんですね。
私も同じに思いましたが(^^)

散ったばかりのような綺麗な紅葉も、踏みしめる感触が伝わってきます。
雨の中のつくばいもなんて素敵なんでしょう!

歩くことが少なくなりましたが、また頑張って、
どこかこんなしっとりしたところを散策したくなりました。

娘さんも紅葉を楽しめてよかったですね。


かぜくさ #3fIBvpkA | URL | 2013/12/26 14:38 - edit

静かな鎌倉

雨と平日が重なると鎌倉も静かでいいですね。
鎌倉でも駅周辺や小町通りを離れるとぐっと静かになりますね。
どこか京都に似た風情があって良いですね。

てばまる #elaeQlTI | URL | 2013/12/26 16:33 - edit

kanさんへ

kanさん、早速コメントありがとうございます(^^)

そうですね、雨で良かったのかも知れませんね。でも、寒かった~(笑)
瑞泉寺はお勧めですよ。拝観料も200円だし。
でも、仏像とかは非公開みたいですね。今回は季節外れ&平日&雨のせいか
誰にも逢わず静かな空間を二人占めでしたが、水仙や梅の時は人が多いのでしょうか?
とても奥まったお寺なので案外、その頃でも穴場かもしれませんね。

小道は、雨でなければ辿って行ってみたい小道がたくさんありましたよ。
多分、ここからそう遠くないところに杉本寺とかあるはずですし、歩いてみたかったです。

鎌倉の奥地と言えば、朝比奈切り通し方面に行かれたことありますか?
わたしは昔、明王院や十二所神社、光蝕寺界隈を歩いたことありましたが、
鄙びた感が、とっても良かったです。今はどうか判りませんが、今度はこの辺りを
歩いてみたいと思っています。あっ、鎌倉駅でレンタサイクルもいいかなぁ(^^)v

sizuku #- | URL | 2013/12/26 22:14 - edit

かぜくささんへ

かぜくささん、コメントありがとうございます(^^)
ほんと、 二つに分かれた道で、わたしもワクワクしました。
かぜくささんもですよね。
かぜくささんも、わたしも、娘も、どうやら“道”それも“回り道”好きなようですね(^^)
遠回りも厭わないし、寄り道も大好きです(笑)

> 散ったばかりのような綺麗な紅葉も、踏みしめる感触が伝わってきます。
> 雨の中のつくばいもなんて素敵なんでしょう!

かぜくささんとは本当に想いがシンクロしますね。
いつか、かぜくささんの回り道に、ご一緒させていただけたらうれしいです。
ありがとうございました(*^_^*)

sizuku #- | URL | 2013/12/26 22:21 - edit

てばまるさんへ

てばまるさん、コメントありがとうございます。
てばまるさんも鎌倉を歩かれていたなんて奇遇ですね。
平日&季節外れ&雨ともなると、人気無しですね(笑)
帰りの江ノ電は、午後6時なのに、ガラガラで、
わたしたちの乗った車両は、乗車客0でした(笑)

sizuku #- | URL | 2013/12/27 00:07 - edit

しいちゃんこんばんは。
師走で気だけ焦り、なかなかコメントできずにいました。

鎌倉、アイリスさんととても素敵なコースを歩かれて、よかったね。

「江ノ電萌え〜」

何年か前.友人と精進料理をいただき、それこら小さな喫茶店でずーっと話しこんで、他は見ずに帰りました。

今度はゆっくり、北鎌倉を歩いて見たいなあと思います。

はるか #T2PFTBgw | URL | 2013/12/28 01:05 - edit

はるかちゃんへ

はるかちゃん、コメントありがとう(^^)
何だか12月はあっという間だよね。>師走で気だけ焦り、判ります。わたしもそう。
でも、はるかちゃんはお仕事が忙しいから大変と思うよ。呑気なわたしとは忙しさが違うと思います。
体調管理には気を付けてね。お互い、元気でお正月が迎えられるようにしたいよね。

鎌倉、江ノ電、平日が良さそう(^^)v
はるかちゃんのお休みに合わせて、今度一緒に行こうよ!
北鎌倉で待ち合わせして歩こう、北鎌倉なら結構自信あるよ。
そして、江ノ電で江の島へ行こうか?
江ノ電乗り放題で、いろんなところを歩きもいいかも。
食べ歩きもしたいね(*^_^*)

今度、絶対、行こうね~♪

sizuku #- | URL | 2013/12/28 20:40 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sion920.blog74.fc2.com/tb.php/452-dea229a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。