Admin New entry Up load All archives

風立ちぬ

日々の想いを風に乗せて…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

流星群 

13日と14日、ふたご座流星群が見られるとの事でした。
もしかしたら、消滅してしまったアイソン彗星の欠片が流れるかもしれません。
ぜひ、見届けたいと願っていました。

ただ、その前々日から、孫のてっちゃんがインフルエンザで、その看病に通っていましたから
もし、寒い思いをして、わたしまで風邪を引いたりインフルエンザになったら大変なので、
あまり長い時間屋外にいるのは止めようと思っていました。

13日、夜11時頃、外に出てしばらく眺めていましたら、「あっ!」一つ流れました。
すっと流れて消えましたが、それで満足でした。
そして、明け方、3時半ごろ起き出して、開けた西側の窓から夜空を眺めました。

お月様は沈み、天頂近くにいたオリオン座が目の高さで輝いていました。
わたしは、綺麗だなぁと思いながら眺めていました。
空気は凛と澄んで、みな寝静まった夜のしじまに瞬く星々…
この空と星たちを見ているだけでもいいなぁと思いながら、流星を探しました。

すると、すーっと、少し長い尾を引いて、流れ星が一つ流れたのでした。
そして、その少し後にも、もう一つ。
わたしの目には見えてないけれど、きっとたくさんの流星群が、夜空に放射線状に
流れているのではないかと思えました。
あなたは、アイソン彗星の名残りの欠片?そうかも知れないね。

翌日も、まだ流れると言う情報をお友だちから教えていただいたので、やっぱり11時頃
暖かくして外に出ました。すると見上げてる間に、二つ流れました。
わたしは、急いでアイリスに電話しました。『ほんと!!見てみる。♪』と二つ返事(^^)
その後に長く尾を引いた流星が一つ、少し離れていますが、娘と二人で流星を眺めました。


この日も明け方、4時半ごろ、西の窓から夜空を眺めました。
本当は、少し離れた畑まで行き、流星群と、東の空に登ってくると言うラブジョイ彗星も
探してみたかったのですが、あまりに寒くて止めました。
5時頃、弧を描くように長い流星が一つ、天頂からゆっくり流れて消えました。
胸の中で、拓郎さんの、“流星”のフレーズが流れていて、キュンとしたのでした。


流れる星は今がきれいで ただそれだけに悲しくて
流れる星は かすかに消える 思い出なんか残さないで
君の欲しいものは何ですか 僕の欲しかった物は何ですか



そして、この“流星”の曲で思い出したことがもう一つあります。
ひところ、わたしは日原の森の中を歩いては、巨樹を探していたことがありました。
本当は、いまでも、探し続けたいのです。だけど、諸事情があって思うようには行きません。
人の一生なんてあっという間です。わたしが、巨樹を捜し歩ける時間も限られているかもしれません。

この頃、あの巨樹たちに逢いたいなぁと痛切に思います。
そして、無言の会話を交わしたい。
森を歩いて、森の全てのものたち、風が光る木々の枝先や、風に舞う枯葉一枚、
流れに歌う飛沫や、通り過ぎる雲や、行きずりの冬鳥たちや、枯れ花たちや
森の中に息づいている精霊たちと心を通わせたい…
夜空を架けた流星に、そんな風に願ってしまいました。


静けさにまさる 強さは無くて
言葉の中では何を 待てばいい…流れて行く
たしかな事など何も無く ただひたすらに 君が好き
夢はまぶしく 木洩れ陽透かす 少女の黒髪もどかしく
君の欲しいものは何ですか 君の欲しいものは何ですか

巨樹を前にした時、“静けさにまさる 強さは無くて”と思ったのでした。

“シャロムの森でカツラの巨樹と共に…”

watarase2_280.jpg
スポンサーサイト

category: 日々の思い

CM: 4 TB: 0   

コメント

流星

今年は偶々、京都と重なって流星群は見れませんでしたが、月明りにもめげずかなりの数流れたそうです。
ふたご座流星群は、明るいのが多いので市街地の光害の中でも見られる数少ない流星群ですね。
10数年前に八ヶ岳山麓で見た、しし座流星群は生まれて初めて体験した流星雨と呼べる素晴らしいものでした、数秒に1個くらいは全天のどこかで流れるのですからもう瞬きもしていられません(^^;) あのような流星雨をまた見てみたいものです。

てばまる #elaeQlTI | URL | 2013/12/18 11:18 - edit

てばまるさんへ

てばまるさん、コメントありがとうございました。
流星も良いけど、京都も最高でしたね(^^)v うらやましくブログ拝見でしたヽ(^。^)ノ

そうですね。煌々としたお月様でしたから、無理かなぁと思いましたけれど、結構見れました。
流星雨、懐かしい言葉ですね!!あの時は、自宅近くでも自分たくさんの流星を見れました。
八ヶ岳山麓では、さぞかし素晴らしかったことでしょう。
わたしも、遠征して見れたらいいだろうなぁ…なんて、流星が来る度に思ったりします。

行動に移せる勇気…ほんのちょっとの勇気を出せば行けるかもしれませんね(^^)

sizuku #- | URL | 2013/12/18 15:47 - edit

No title

sizukuさん、こんばんは♪

拓郎さんの歌声、懐かしいです。
良く聴いていた昔に帰ってしまいます。
何事も変わっていくのですね。
私も野山や村の道を疲れ果てるまで歩いて過ごした頃が懐かしいです。
また巨樹に会える森歩きができるといいですね。

ミルクを飲むお孫さん、可愛くて、何度も見入っています。
sizukuさんに似て、優しくて勇敢な坊やなのではと思ったりしています(^^)

かぜくさ #3fIBvpkA | URL | 2013/12/18 21:20 - edit

かぜくささんへ

かぜくささん、おはようございます(^^)

昨日は大雨の中、娘と出かけていましてお返事が遅くなりました。
かぜくささんも拓郎さん、良く聞かれていましたか!!

> 良く聴いていた昔に帰ってしまいます。
音楽の力って凄いですよね。一瞬に帰って行きますよね。
3.11の時にも、音楽って素晴らしいと実感しました。

> 何事も変わっていくのですね。
> 私も野山や村の道を疲れ果てるまで歩いて過ごした頃が懐かしいです。

本当にそう思います。
ひとつ、何かが変わった時、新しい何かがひとつ、始まっていたら、しあわせですね。

> また巨樹に会える森歩きができるといいですね。

情熱は、まだ、覚めていませんので、きっといつか逢いに行くと思っています。

> ミルクを飲むお孫さん、可愛くて、何度も見入っています。
> sizukuさんに似て、優しくて勇敢な坊やなのではと思ったりしています(^^)

ばあば馬鹿なので、可愛いと言っていただけると嬉しくなってしまいます(笑)
ありがとうございます(^^)
わたしは、優しくて勇敢なんてことはないと思いますが、男の子ですから、そうあってほしいですね(^^)

sizuku #- | URL | 2013/12/20 10:02 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sion920.blog74.fc2.com/tb.php/448-700981cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。