Admin New entry Up load All archives

風立ちぬ

日々の想いを風に乗せて…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

冬桜に逢いに 

冬桜とは、秋から冬にかけて咲く桜の総称だが、八重咲きで、花弁が白または薄ピンクのものを
十月桜という。


green-13-12_116.jpg



開花時期は、10/20 ~ 翌 1/10頃だが、二度咲きで 3/20 ~ 4/10頃にもう1度咲く。

全体のつぼみの3分の1が、10月頃から咲き、残りの3分の2は春に咲く。
1年に2回楽しめる桜で、春の花のほうが少し大きいらしい。

同様に、秋から冬にかけて咲く桜を「冬桜」と呼ぶ。
十月桜と似ているが、十月桜は”八重”で、花びらは5~18枚 
冬桜は”一重”で、花びらは5枚となっているそうだ。
 

green-13-12_088.jpg
 

名栗の「さわらびの湯」から、物産店の「ヤマセミ」の駐車場にかけて、この十月桜が植えられている。
名栗に出かける用事があったので、久しぶりに十月桜を見に行った。

green-13-12_079.jpg


もう、そろそろ終わりかけだったけれど、愛らしい小さな花姿が青空に溶け込みそうに美しい。

green-13-12_093.jpg


寒い季節を選んで、咲き出す蕾があるのが不思議だけれど、一時の小春日和の中、
枝先にぽつんぽつんと咲く風情は、なんとなく梅の花のような感じ。

green-13-12_103.jpg


薄紅色の純白に近い花びらの色は、可憐で儚げなのに、小さな蕾には生命感が溢れていた。

green-13-12_089.jpg



green-13-12_105.jpg



ファインダーで、見つめていると、何だか冬が来ることを忘れて春が来たような錯覚に落ちる。
ほんのりと頬を染め、夢を見ているような十月桜…

green-13-12_114.jpg


午後の陽射しに、白い花が浮かび上がると、はっと、初冬の景色に引き戻された。

naguri-13-12_08.jpg

ひととき、冬桜に癒されたあと、わたしたちは、名栗湖(有間ダム)へと向かった。
埼玉県飯能市の外れに位置するこのダムは、山の上の開けた場所にある人造湖だ。
自転車を始めた頃は、ここまで、時々来たことがあったが、最近ではなかなか足が向かない。

naguri-13-12_17.jpg

でも、この堤防から眺める景色は、心地よい風が吹き抜けて、いつ来ても気持ちのいい場所だ。
しばらく、奥多摩の山間の湖で遊んでいたから、何だか新鮮だった。

naguri-13-12_29.jpg


水鳥たちの遊ぶ水面をしばし眺めたあと、時間があったので、まだ、行ったことのない安曇野さんを
そそのかして、有間峠までドライブすることにした。

naguri-13-12_27.jpg


何度もカーブを繰り返しながら登る林道逆川線、もうすっかりと木々は葉を落とし寒々とした景色だった。

naguri-13-12_35.jpg


時々、ツーリングのバイクが降りてくるので、安曇野さんは、冷や冷やと運転してくれていた。
『お前に騙されて、変なところに入り込んでしまった(ー_ー)!!』と、ブツブツ…

やっと、山頂の標識が見えてきた。

naguri-13-12_37.jpg


車の外に降りると、夕暮れの風が吹き抜けて寒いこと。
背後の秩父側は真っ赤な夕映えに包まれていたけれど、山を背にしたこちら側の谷は寒々とした
グレーに沈んでいくのだった。

naguri-13-12_36.jpg


遥か眼下に、名栗湖が望めた。随分と高みまで来たものだ。
わたしたちは、春から冬へと旅したような気持ちになって、山を降りて行ったのだった。
短いドライブだったけれど、ここを登山基地にして歩いてみたいと思えたのだった。
ただし、安曇野さんが、もう一度、この林道を登ってくれたらの話だけれど(笑)
でも、冬桜に逢えて、安曇野さんも満足だったようで良かったかな?ヽ(^。^)ノ

naguri-13-12_34.jpg
スポンサーサイト

category: 里山

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sion920.blog74.fc2.com/tb.php/444-945b4b68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。