Admin New entry Up load All archives

風立ちぬ

日々の想いを風に乗せて…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

銀河の片隅で 

29日の未明、アイソン彗星が最も太陽に近づくと聞いていました。
アイソン彗星は非周期型の彗星で、たった一度だけ太陽に近づいた後は、二度と戻ってこない彗星で、
誰もが人生の中で、二度と巡り合うことは叶わない彗星なのだそうです。

一番短い周期のハレー彗星は76年に一度地球に回帰して来ます。
人間の寿命に一番近い周期なので、運よく10代で巡り合えば、もう一度見ることは可能かも知れません。
近年では、1986年に、やってきました。その時、わたしはテレビでですが見ています。
でも次にやってくるのは、2061年、48年後…やっぱり無理です。見れません(/_;)

彗星は、その80%が水と氷から出来ていて、残りは二酸化炭素、一酸化炭素、その他のガス、
そして微量の塵(ちり)で出来ているのだそうです。

氷の塊の彗星が太陽に近づくとその熱で少しづつ溶けて蒸発したものが、あの長い尾を引いて
見えるのだそうです。その尾の形状からほうき星などとも呼ばれるのだそうです。
溶ける時、放出するガスは、イオンの尾を作り青白く見えるのだそうです。

アイソン彗星は太陽に急接近しすぎて、主成分の氷が融けて分解して消滅してしまったのです。
太陽系の遥か彼方の海王星の、そのまた外側の冷たい氷の惑星で生まれた彗星は、その長い旅路の
果てに、壊れて小さな核となり、流星群の素になって宇宙に散らばって行ったのだそうです。


アイソン彗星が消滅してしまった事で、思わぬ勉強をしました。
宇宙の事、やっぱり難しくてわかりません。今、語られている事すべてが、本当に正しいのでしょうか?
短い人間の一生では、宇宙の全てなんて、太陽系の創世期なんて、数万天文光年なんて…
わたしには、やっぱり、どうやっても理解することはできないのでした。


アイソン彗星が消滅した29日、未明、わたしは、自宅近くにある広い茶畑に立ちました。
月と北斗七星、オリオン座、カシオペア座などがくっきりと空一面に浮かんでいましたが、
東の空は、少し雲に覆われていて星は見えませんでした。
でも、太陽が昇ってくるあたりを、双眼鏡で眺めていました。

この日は、太陽に一番近づく日だから肉眼では見えない日だったのですけれど、それでも、
今、同じ、この夜空のどこかに、アイソン彗星がいるのだと思えるだけでしあわせでした。
わたしにアイソン彗星の事を教えてくれたアイリスも見ているのかな?

そんなことを考えながら見ていたのですが、娘も同じ気持ちで見ていたことを知りました。
『おかあさん、マンションのベランダから、ずっと見ていたよ。彗星の姿は見えなかったけれど、
この空のどこかに、彗星が来ていると思えるだけでしあわせだったよ。』
「そう、おかあさんも同じ。でも、アイソン彗星は消えてしまったね。」
『うん、でもきっと、小さくなっても宇宙のどこかを巡っていると思いたいね。』
「そうだね。きっと銀河の片隅を彷徨っているね。」

わたしは、ハレー彗星が来た時の、ある歌を思い出しました。
当山ひとみさん 『銀河の片隅で』と言う曲です。
You Tubeで見つけました。




そして、もうひとつ、賢治さんの“星めぐりの歌”でした。

スポンサーサイト

category: 音楽

CM: 6 TB: 0   

コメント

No title

sizukuさん、こんばんは♪
宇宙の神秘は果てしない浪漫を感じます。
私はハレー彗星で思い出すのは映画「スペースバンパイア」です。(*^_^*)
彗星の中から美男美女が現れる。('◇'*)
あの頃は若かったー。(^^)/

クロちゃん #QfAHIh9c | URL | 2013/12/03 20:44 - edit

クロちゃんへ

クロちゃん、いつもありがとうございます(*^_^*)

宇宙って果てしなくて不思議ですね。
今日のNHKのスペシャルをご覧になりましたか?
とても分かりやすく彗星の事を特集されていて、宇宙ステーションからの4Dの画像は美しかったです。
自分がブログに書いたこと、ちょっと違っていたこともあったけれど、勉強になりました。

クロちゃんは、ハレー彗星で思い出すのは映画「スペースバンパイア」ですか。
わたしは、この頃、ほとんど映画を見ていなくて知らないのですが面白そうですね(*^_^*)

> あの頃は若かったー。(^^)/
同感です~ヽ(^。^)ノ

sizuku #- | URL | 2013/12/04 22:00 - edit

ハレー彗星

アイソン彗星は多くの人が待ち望んでいただけにとても残念ですね。
100万年前に出発してやっとたどり着いて一瞬で蒸発ですから・・・凄まじい太陽の熱の威力です。
NHKの番組でも少し解説してましたけど、適度な軌道で何度も何度もやって来ると核の表面にコーティングされて溶けにくく壊れにくくなるのですが、ハレー彗星はコーティングが強くなりすぎて今後はあまり尾が伸びないそうです。前回も予想外に暗くて天文関係者をがっかりさせました(^^;)
なので、今回のような突然やって来る彗星に期待する方が良いですね。

今はラブジョイ彗星が明るくなってます。4等星ですからあの1986年のハレー彗星(6等星)より明るいのです。しかも立派な尾がついてます。

おっとコメントなのに長くなりました・・・

てばまる #elaeQlTI | URL | 2013/12/05 14:28 - edit

てばまるさんへ

てばまるさん、コメントありがとうございました(*^_^*)
本当に残念でしたね。てばまるさんは、その前から観察されていたので良かったですね(^^)
あのアイソン彗星の写真は宝物になりますね。

NHKの特集はとても良かったです。てばまるさんに教えていただいたので見ることが出来ました。

> 100万年前に出発してやっとたどり着いて一瞬で蒸発ですから・・・凄まじい太陽の熱の威力です。
本当ですね、長い長い旅路の果てに…と思うと、何だか胸がキュッとします。

>ハレー彗星はコーティングが強くなりすぎて今後はあまり尾が伸びないそうです。
そうなんですか?尾も伸びないのですか…それも寂しいですね。

> 今はラブジョイ彗星が明るくなってます。4等星ですからあの1986年のハレー彗星(6等星)より明るいのです。しかも立派な尾がついてます。

ラブジョイ彗星、もう、見えているそうですね。今度こそ、しっかり見て見たいです。
いつもいろいろ教えてくださり、ありがとうございます(^^)

そうそう、今日ヤマちゃん見ましたよ(^^)v

sizuku #- | URL | 2013/12/05 22:10 - edit

ラブジョイ

 ラブジョイ彗星は、明け方の南東の空です。 北斗七星がありますが一番下の星から、北斗七星と同じくらいの大きさ1つ分くらいの真下にぼんやり見えています。
 東京では肉眼では無理ですが、双眼鏡なら楽に判りますし、そのあたりに100㎜くらいのレンズ焦点距離でまずISO800~1600で10~15秒くらい撮影してみて青白いものが写ればそれがラブジョイ彗星です、見つけたら真ん中に誘導して望遠レンズで同じように撮影すると良いでしょう。 

ヤマちゃんでましたか~!
詳しい情報をメールで教えてください。 確実に出るようなので通いたいです。

てばまる #elaeQlTI | URL | 2013/12/06 09:50 - edit

Re: ラブジョイ

てばまるさん、ラブジョイ彗星の情報ありがとうございました。
てばまるさんが撮った写真も拝見しました。素晴らしいです(^^)
わたしも見れたら嬉しいです。

山ちゃん情報、メールしました。てばまるさんならすぐに分かると思います。

sizuku #- | URL | 2013/12/08 01:50 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sion920.blog74.fc2.com/tb.php/440-93722ba1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。