Admin New entry Up load All archives

風立ちぬ

日々の想いを風に乗せて…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

新井幸人先生と行くフォトツアー 

尾瀬友のshinさんのお誘いで、新井幸人先生のフォトツアーに参加させていただきました。
新井幸人先生は、尾瀬を撮る写真家としても第一人者だと思います。
わたしが、20数年のブランクを経て、尾瀬を訪れた時、ビジターセンターで思わず手に取り
購入したのは、新井幸人先生の写真集でした。
美しい尾瀬の魅力あふれる写真の数々に、長い事憧れていました。

その先生の撮影会ですから、ドキドキして当日を迎えました。
でも、一緒に参加してくださるshinさんや、よしころんちゃん、安曇野さんのお陰で
大変楽しく、一日を過ごすことが出来ました。
そして、講師の新井先生のユーモア溢れる優しいご指導で、撮影会は和気藹々のうちに
緊張することもなく、自分らしいスタイルで参加させていただく事が出来ました。

akagi-13-11_422.jpg


天候は、今にも雨が落ちて来そうな曇天ながら、降られることもなく良かったです。
撮影日和ではなかったのは残念ですが、わたし的には、こういう日の撮影方法など
大変勉強になりました。
『こんな天気なら、むしろ、少し降ってくれた方がいい。雨に濡れた紅葉はそれなりに
ハッとするような、いい色合いを出すんですよ。』という先生の言葉が印象的でした。

最初に、撮影したのはこのメグスリノキでした。
『お天気が悪く、光が足りないので、空をバックに撮影に下から撮影しましょう。
広角で広範囲に撮るもよし、望遠で切り取るのも良し、自分の思い通りに撮ってみてください。
この時、なるべく白い空を入れないように。紅葉の色を出すためには、1~2段ぐらい
プラス補正しましょう。』先生のアドバイスはこうだったと思います。

わたしは、望遠で切り取ることにしました。

akagi-13-11_425.jpg

森の中を、先生はゆっくりと進みます。
そして、被写体のある撮影ポイントで立ち止まり、アドバイスをされ、それぞれに撮影しながら
質問をしたり、先生のカメラのファインダーを覗かせていただき構図の勉強をさせていただいたりしました。

でも、わたしは、撮りたいものがたくさんあったのと、慣れない三脚撮影に悪戦苦闘で終始遅れがち…^_^;
せっかくの講習も聞きそびれたことが多々あったと思います。(反省)

akagi-13-11_778.jpg


akagi-13-11_504.jpg


akagi-13-11_429.jpg


akagi-13-11_488.jpg


『今年は、夏が暑くて長引いたのと、秋の長雨で紅葉の色付きが今一つですが、実物が良いです。
ここ、赤城自然園にはたくさんの実がありますので、撮ってみましょう。』
そう、おっしゃって、先生は、ピンク色の実をたくさんつけたマユミの木の下に立ちました。

入り組んだ枝に、びっしりと付いた実、目で見るとそれは美しいのですが、どう撮ったらいいのか?
わたしは、斜めのラインになる枝を探して望遠で切り取ってみました。

akagi-13-11_514.jpg


周りを見回すと、たくさんの実がなる木が…(*^_^*)

松葉が二つ、ニシキギの実にひっかかっていて、可愛いなぁ♪と思って撮りました。

akagi-13-11_511.jpg



こちらもニシキギの実です。寄り添っているような実に、バックの木の間越しの柔らかい光が
スポットライトのように見えたので、パチリ!

akagi-13-11_703.jpg


ツリバナの可愛い実が、ふたつ下がっていました。枝が高い位置にあって、三脚を思うように使えず
なかなか、イメージする2ショットを捉えることが出来ません。自分がかなり姿勢を低くして撮りました。

akagi-13-11_668.jpg


コバノガマズミのまばらな感じの実が、まるで星座のようだと思って撮りました。
一枚舞い降りた枯れ色のコナラの葉に、雨の雫が付いていて、その葉にもピントを合わせたものと
2枚撮りましたが、こちらの方が、やっぱりいいかなと自己判断です^_^;

akagi-13-11_721.jpg


美しいムラサキシキブの樹がありました。たくさんの実が付いて綺麗です。
さて、どう撮ろうか?何枚も撮った中の一枚です。

akagi-13-11_593.jpg


そして、大好きなリンドウが… たくさん咲いていて、ああ、綺麗❤
何枚も撮ってしまいました。

akagi-13-11_522.jpg


akagi-13-11_525.jpg


akagi-13-11_541.jpg


akagi-13-11_573.jpg


雨の雫をまとった被写体もたくさんあって、マクロレンズに付け替えて、ジベタリアン(笑)

akagi-13-11_567.jpg


akagi-13-11_564.jpg


akagi-13-11_836.jpg



途中、みずすましの池で、弱い雨が降り出しました。
ポツン、ポツンと雨音が聞こえそうな、水面の雨粒の波紋が綺麗です。

akagi-13-11_682.jpg


『この景色をワイドで撮るか、望遠で撮るか。また、水面を多く撮るか、林を多く撮るか。
それに寄って、気になるものが変わります。ワイドで撮る場合は、四隅に余計なものが入らないよう
中央に目立つ大きな樹がないかなどに、気を配りましょう。望遠で撮る場合は、前方に余計な枝がないか
気を配ってください。』と、先生のご指導でした。

わたしの撮ったこの写真を見ていただきましたら、手前の枝が被らない場所を探しなさいと
アドバイスしていただきました。ワイドなら気にならないし、マクロならボケにもなるが、望遠だと
綺麗な前ボケにならないからとの事でした。なるほど!さすがです。

akagi-13-11_689.jpg


これは、先生に見ていただきませんでしたが、自分ではお気に入りの一枚です。
オヤマボクチの色合いと、背後の色合いと光ボケが気に入りました。でも、構図はあまり良くないかも?
光ボケを重視したのでこんな構図になりましたが、もうちょっと良いアングルがあったはずだと思います。

akagi-13-11_549.jpg


そして、色とりどりの落ち葉シリーズです。
わたしは、落ち葉って、秋の森の主役の一つだと思っています。

akagi-13-11_654.jpg


akagi-13-11_706.jpg


akagi-13-11_709.jpg


これは、木の枝に引っかかった楓の紅い葉っぱです。葉の裏に付いた雨粒も撮りたかったんですが…
三脚の高さが足りませんでした。

akagi-13-11_712.jpg


ホウの葉が落ちていると、必ずカメラを向けてしまいます。
存在感のある大きな葉っぱと、その朽ちた樺色が何とも言えず好きです。
今日は、その葉に、雨粒が乗っていて、それを撮りたいと思いましたが、いかがでしょう。

akagi-13-11_734.jpg


赤城自然園にはお花も多く、返り咲きの花が健気に咲いていました。

ただ一輪、綺麗な花が咲いていました。ナデシコ

akagi-13-11_766.jpg


一面の落ち葉の絨毯の中で、タツナミソウの帰り花

akagi-13-11_768.jpg


shinさんが、教えてくださったシクラメンの原種のお花。
淡いピンク色は、まるで蝶が舞っているように可憐です。
『か~わ~いい!!』と、よしころんちゃんとわたしは、マクロレンズに付け替えて
膝まついて、いつまでも撮っていました❤

『おい、一番最後だぞ~!もう、行くぞ~!』と、安曇野さんに即されてやっと立ち上がりました。

akagi-13-11_805.jpg


akagi-13-11_818.jpg


小雨模様でしたが、何とか雨も持ちました。わたしたちは、展示棟でお昼をいただきました。
上州鳥弁当、ボリューム満点で美味しかったです。
その後、自分のベストショットを5枚選び、その中から先生に公表していただく一枚を選ぶと言う
作業が待っていました。PC画面ではなく、自分のカメラのモニターで選ぶので大変です。
この作業が一番難しかったです(笑)自分が選んだベスト5h、何だかなぁ…な5枚でした^_^;

先生が皆さんの作品を大画面で見ながら講評されます。とても丁寧に、良い部分も見つけながら
指導してくださるので好感が持てますし、楽しく勉強にもなりました。
今回の撮影会を通して、新井先生の言葉で一番心に残ったのは、『写真は引き算です。』と言う言葉でした。

『写真は出来るだけ、シンプルに自分の撮りたかった被写体を表現すると良いですね。
それには、余分なものが映り込んでいないか、まず、四隅に注意を払いましょう。
写真は引き算なんです。』いつも、あれもこれもと欲張って撮っていたわたしには、とても心に響く
、そして実にシンプルな言葉でした。
新井先生、大変勉強になりました。本当にありがとうございました

この言葉を、常に忘れないように、これからの写真撮影に生かしていきたいと思います。
たぶん、これからも、想いのままに写真を撮り続けるでしょうけれども…

akagi-13-11_783.jpg


赤城自然園のフォトツアーをデジブックにしてみました。
珍しくJPGのなかで、一番大きいサイズで撮りました。気合いを入れて撮った初めての撮影会の写真。
よろしければ、大きな写真で見ていただけると嬉しいです(^_-)v



スポンサーサイト

category: 写真

CM: 10 TB: 0   

コメント

No title

こんにちは。
トップのメグスリノキの朱色が印象的ですね。
曇天が幸いしてしっとり感がありますが、これが光いっぱいの晴天
だったら手がつけられないほど鮮烈な色合いだったことでしょう。
オヤマボクチのカット、私も好きですね。柔らかい中間色のような色
合いと、玉ボケが効果的だと思います。
自己流の長所と短所を気付かせてくれるのが、こうしたセミナーで
すよね。そんな印象で拝見しているせいか、それぞれの画像がみ
んな何かを語っているようです。

翼 #ZGMDThxQ | URL | 2013/11/15 14:13 - edit

No title

sizukuさん、こんばんは♪

久しぶりにsizukuさんの自然散策といつもながらの細やかな自然の描写に触れさせていただきました。
今はご家族とも一諸で楽しそうですね。
赤城自然園の秋も堪能させていただきました。
私もまた行ってみたくなりました。

どの記事だったか、分からなくなってしまったのですが
週末の森の不明の木ですが、こちらではあまり見かけない木なので自信はないのですが、
ハゼノキかもしれません。

また、翼さんのお名前を拝見し、懐かしくなりました。

それではまた見せていただきにきますね。
ありがとうございました。

かぜくさ #3fIBvpkA | URL | 2013/11/15 20:42 - edit

翼さんへ

翼さん、こんばんは(^^)
さっそくご覧いただきましてありがとうございます。
そうですね。紅葉写真は晴天下の方が、写真的には難しいのかもしれませんね。
メグスリノキの紅葉って、本当に微妙な色合いで、温かみがあって美しいですね。
翼さんもお好きでしたよね(^^)

オヤマボクチ、良かったですか~♪嬉しいです。
自己流の長所と短所…ハッとしました。
長所もあるのですね。自分の感性を大切にするということも大事ですよね。
そして、その感性を磨くことも、それを表現する技術を学ぶことも必要な事。
自分らしさを見失わないために…ありがとうございました。何だか勉強になりました。

sizuku #- | URL | 2013/11/15 20:43 - edit

かぜくささんへ

かぜくささん、こんばんは

お越しくださってコメントをありがとうございました。
わたしも、風草さんのブログを拝見することが出来て嬉しかったです。
かぜくささんが見つめる、小さな虫や小鳥や、様々な実の世界に、わたしは凄く引き込まれます。
そして、かぜくささんの回り道は、懐かしいふるさとの道のような気がします。
いつも変わらないものを、大切の守り続けていらっしゃるかぜくささん。
やっぱり素敵だなぁ…と、そう思います。
これからも、ずっと、よろしくお願いします。

ハゼノキですね。ありがとうございます。さすが、かぜくささんです。
判らない時や、もし間違った表記をしている時には、また、教えてくださいね。

sizuku #- | URL | 2013/11/15 22:10 - edit

ありがとう♪

お姉ちゃま、こんばんは^^

先日はお世話になりました♪
shinさんはじめ、安曇野さん、お姉ちゃまのおかげで楽しく勉強させていただきました。
新井先生もとても気さくな方でもっといろいろお伺いすればよかったな・・・
いつも後の祭りです ^^;

お姉ちゃまの撮られた雨粒の水面やホウの葉の写真にはハッとさせられました。
同じ場所で同じ時間を過ごしていたのに、お姉ちゃまはこんなにも沢山気づくことができるんだもの。

まさに自己流の長所と短所を気付くかさせていただいたと思っています。
お姉ちゃま、次も都合が合えばご一緒しましょうね~ヽ(^o^)丿

よしころん #lkhMWM3g | URL | 2013/11/15 22:13 - edit

No title

お世話になりました。
お陰様で楽しい愉しい一日でした。

遅いのは慣れっこで(笑)
公開はまだまだ先と思っていたので遅れを取ってしまいました。

「写真は引き算」は耳にタコが出来るほど聞いています。
ですが・・・悪い癖で・・・被写体の前に立つとすぐ忘れてしまいます。

雨の波紋・・素敵な雰囲気で好みの1枚ですが・・・
中央の2本の幹の映り込みに目がいって波紋の印象が薄れるように
感じますがいかがでしょう。

アキサキシクラメン・・私も同じ場所で撮りましたが手前の長い茎が
気になって手で上から押さえました。
それでもファインダーに入るので少し位置を変えて縦で撮りました。

なんか講評の延長のようですね。
偉そうにスミマセン!

shin #gg06ppQg | URL | 2013/11/16 07:49 - edit

No title

おはようございます。
今日は苫小牧にいますので、これから初冬の散歩してこようかと。
りんどう、きれいですねえ。うっとりしますわ。
そして、しずくもなにげにきれいですわ。
撮った貴女の気持ちがわかります。
ありがと。

エジちゃん #- | URL | 2013/11/16 10:43 - edit

よしころんちゃんへ

よしこちゃん、コメントありがとう(^^)
こちらこそお世話になりました。初めての撮影会は楽しかったね(^_-)
いつも、歩きながらバシバシ撮ってるから、わたしは、手ブレやアングルもいい加減でした。
こんな風に、三脚を使ってジックリ撮影するのも、写真に没頭で来て楽しいね。
よしこちゃんの、写真は相変わらず素晴らしかったよ。
もっと、新井先生に、お聞きしても良かったよね。わたしもあとの祭でした^_^;
でも、「引き算」だけは、頭にインプットされました(^_-)
今後の写真が上達できるように頑張ろうと思います。

赤城自然園、若草のみんなと歩いても楽しそうだったね。
次回も、撮影会があったら行ってみたいです。その時はよしこちゃん、またよろしくねヽ(^。^)ノ

sizuku #- | URL | 2013/11/16 20:06 - edit

shinさんへ

shinさん、こんばんは(^^)
コメントありがとうございます。
撮影会では、大変お世話になりました。

「写真は引き算」って、写真教室では、マニュアルなんですね。
わたしは、初めて聞いたので、すごく納得してしまいました。
これからも、肝に銘じて写真を撮りますね(^^)

写真のアドバイスもありがとうございます。
雨の波紋、映り込みの樹が黒く、強すぎるなぁと思いました。
でも、映り込みがないとインパクトのない写真になってしまいますよね。
難しいですね。課題がいっぱい…でも、そういう事を考えながら撮るのは凄く楽しいです。

アキサキシクラメンという名前でしたか、可愛い名前ですね(^^)
そうそう、あの手前の茎、気になりましたよね。
shinさんは、縦位置で撮られたんですね。自分が動かないと駄目ですよね。
ありがとうございました。

それと、shinさんが書かれていた、写真はプリントしてこそ写真と言えると言う言葉
う~ん!!と唸ってしまいました。本当にその通りですね。
パソコンで見ている分には綺麗なのに、プリントアウトしてみると、イメージが違ってきます。
パソコン画面と写真が同じに撮れるように頑張りたいです。
アドバイス、ありがとうございました。

sizuku #- | URL | 2013/11/16 21:51 - edit

エジちゃんへ

エジちゃん、こんばんは(^^)
コメントありがとうございます。

リンドウを見てくださってありがとうございます。
撮ったわたしの気持ちにも、想いを馳せてくださって嬉しいです。
そう、花びらについた雫が綺麗でした。
初冬の散策はいかがでしたか?
北海道は、もうすっかり冬模様ですか?寂しくなりますね。
こちらは、今まさに秋色の季節です。
エジちゃん、風邪を引かないでくださいね(^^)v

sizuku #- | URL | 2013/11/16 21:57 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sion920.blog74.fc2.com/tb.php/433-2da3aa5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。