Admin New entry Up load All archives

風立ちぬ

日々の想いを風に乗せて…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

たまには週末の森へ 

「たまには、塩船の森へ行きましょうか?そろそろ冬鳥が来て居る頃よ」
安曇野さんを誘って、週末の森へと行ってみました。

siofune-13-11_146.jpg

ここは、塩船観音寺の山門脇の小道を辿って続く森です。わたしは、“週末の森”と名付けました。
かつては、冬鳥たちがたくさん集まる野鳥の森でしたが、最近はどうなのでしょう?
今年は、また、たくさんの冬鳥たちと逢えるといいなぁ…歩き始めてすぐ、ジョウビタキの声がしました。

真っ白な山茶花の咲く小道を歩いて行きます。

siofune-13-11_009.jpg


野アザミの花は、点々と咲き続きます。

siofune-13-11_004.jpg


どの花も、蕾って、いいですね(^^)

siofune-13-11_007.jpg


コナラや、アカマツ、エゴノキなどの雑木林の森です。

siofune-13-11_018.jpg


林床には、野菊が群れて咲きます。

siofune-13-11_032.jpg


カントウヨメナでしょうか?野菊の見分け方は難しいですね。

siofune-13-11_045.jpg


咲き残ったアキノキリンソウ

siofune-13-11_056.jpg


ミヤマホオジロがいた湿地には、セイタカアワダチソウが群れていました。

siofune-13-11_019.jpg


湿地から流れ出した水が溜まった池には、緋鯉がたった一匹、寂しそうに泳いでいました。
以前は、いなかったのに…誰かが放したのでしょうか?

siofune-13-11_015.jpg


尾根に登ると、風が渡ります。

siofune-13-11_075.jpg


しばらく霞丘陵を鳥を探して歩きました。
見かけたのは、シジュウカラ、モズ、ジョウビタキ…あとはほとんど鳥影を見ない寂しい森です。

ムラサキシキブの実

siofune-13-11_064.jpg


サルトリイバラ

siofune-13-11_024.jpg


葛の実でしょうか?

siofune-13-11_058.jpg


コウヤボウキの花がひっそりと…

siofune-13-11_062.jpg


シロヨメナの花もひっそりと、夕暮れを待っていました。

siofune-13-11_100.jpg


「今日は、空振りだったね。でも、ジョウビタキは来ていたね。また来ようね。」
空を見上げたら、綺麗なうろこ雲が…
「観音様の立っている高台に行ってみようよ。夕焼けが見れるかも…」

siofune-13-11_081.jpg


相変わらず、でっかい観音さまです(笑)

siofune-13-11_089.jpg


思ったほど、焼けなかったけれど、ほんのりとした綺麗な空でした。

siofune-13-11_087.jpg


一番高いのは、奥多摩の名峰、大岳山です。

siofune-13-11_084.jpg


諦めて降り始めたら、熱い雲の隙間から夕日が顔を出して、ドラマチックです。

siofune-13-11_101.jpg


ベンチの上に、松ぼっくり、ひとつ…こんなシチュエーション、あったなぁ…

siofune-13-11_112.jpg


急に、あの頃が思い出されて、松ぼっくりを拾い上げて、二つ並べてみました。
あの頃は、いつも、寂しかったから、必ず、こうして二つ並べていたっけ…

siofune-13-11_114.jpg


ただ一つ、紅葉した木が目を引きます。何の樹だろう?
センダンかな?と思ったけれどセンダンは黄葉らしいから違うみたい。
★ハゼノキではないかとかぜくささんに教えていただきました。かぜくささん、ありがとうございます。

siofune-13-11_107.jpg


茅葺屋根の本堂が、いい感じですね。

siofune-13-11_119.jpg


siofune-13-11_123.jpg


明かりが点った本堂は、なんとなく寂しげで、ふっとタイムスリップしたような…

siofune-13-11_127.jpg


ボケ封じの仏様もいらっしゃいます。う~ん、お参りしなくちゃ…

siofune-13-11_138.jpg


ご神木の夫婦杉の巨木です。

siofune-13-11_142.jpg


木造の端正な仁王様の佇む山門を後にしました。

siofune-13-11_144.jpg

夕陽は、柿の実の色の中に…

siofune-13-11_145.jpg



小菊の花の色の中に…

siofune-13-11_151.jpg



ほうずきの実の色の中に、ありました。

siofune-13-11_157.jpg


秋の七草のフジバカマが咲いていました。風流に撮りたいなぁと、何枚か撮ってみました。

siofune-13-11_162.jpg


山門をバックに…
自己満足だけど、ちょっと、お気に入り…(笑)

siofune-13-11_167.jpg

深まりゆく秋の午後、夫婦で、のんびりと良い散策でした。
「たまには、週末の森でのんびりしましょうね。」わたし。 安曇野さん『そうだな。』でした。
スポンサーサイト

category: 里山

CM: 4 TB: 0   

コメント

No title

sizukuさん、こんにちは♪
静かな森の中に素敵な贈り物がいっぱいでしたね。d(-。∂)good!!
日本のふるさとが凝縮されているみたいです。
あっ、日本昔話の舞台にもなりそう。(^^)/

クロちゃん #QfAHIh9c | URL | 2013/11/04 14:42 - edit

クロちゃんへ

クロちゃん、コメントありがとうございます(^^)

家から、徒歩でも1時間かからないところにありますので、手軽に行ける場所です。
冬場は、毎週、週末になると通っていたので、週末の森と名付けました(^^)
そうですね。日本昔話にも出てきそうですよね。
数年前、八尾百尼伝説を聞いてから、なおの事、どこか妖しい雰囲気を感じるお寺です(笑)
夕暮れ時は、特に…でも、大晦日からお正月にかけては賑わいます。

sizuku #- | URL | 2013/11/04 23:10 - edit

No title

「風が渡る」って、いい表現ですね。

今度、使わせてもらいます。

里山の秋、まだまだ楽しめますね。

北海道は週末から初冬になりそうです。

エジちゃん #- | URL | 2013/11/06 23:09 - edit

エジちゃんへ

エジちゃん、コメントありがとうございます。
> 「風が渡る」って、いい表現ですね。
> 今度、使わせてもらいます。

エジちゃん、ぜひ、使ってください~♪
この森の上を歩く尾根沿いの道は、春や秋は心地良いそよ風が流れて行きます。
そして、冬は、轟々と季節風や、みぞれ交じりの風が吹く日もあります。
そんな時、特に、鉛色の空を風が渡って行く気配を感じます。

> 里山の秋、まだまだ楽しめますね。
> 北海道は週末から初冬になりそうです。

北の国は、冬の訪れが早いですね…長く厳しい冬の到来、どんな気持ちで迎えられるのでしょうか?
わたしは、呑気にも、初冬という季節が好きだなんて、思っていますけれど、
北国の人は、そんなこと言っていられないのかもしれませんね。

sizuku #- | URL | 2013/11/07 11:29 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sion920.blog74.fc2.com/tb.php/425-c2545f46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。