Admin New entry Up load All archives

風立ちぬ

日々の想いを風に乗せて…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

友情の会津駒(朝焼けのドラマ) 

2時半に目を覚まし、外で20分あまり星を見上げていました。部屋に戻って布団に潜りこむけれど、
すっかり目が冴えて眠れなくなってしまいました。目を閉じて昨日一日の事を、ぼんやり考えていました。
こうして、駒の小屋に、今、自分がいることが信じられないくらいです。
隣りに眠っているはるかちゃんや、ひだまりちゃんや、おじー、そして、よしこちゃん。
人生の後半で、出逢えた素敵な友人達のお陰と、巡り合せの妙を思いました。


aidukoma-13-10_389.jpg


はるかちゃんと知り合ったのは、かれこれ8~9年ぐらい前でしょうか。
尾瀬や山に行けなくなってしばらくしてからの事でした。
あの頃からずっと、わたしが尾瀬に帰る日を願ってくれています。

そのはるかちゃん繋がりで、知り合ったひだまりちゃんとよしこちゃん、二人と出逢ったのは、
昨年の2月、ひだまりちゃんが、千葉に水仙を見に来るというので、わたしも誘ってもらいました。
わたしの娘と同い年のおじーは、昨年の12月、ひだまりちゃんと一緒に奥多摩に遊びに来てくれ出逢いました。


若草女子会を名乗るようになって、まだ日は浅いのに、なぜだかずっと前から一緒にいる気がします。
そして、きっと、これからもずーっと一緒にいてくれると思います。
約束を交わした訳ではないけれど、わたしたち、おばあちゃんになっても“若草”のままだよね(^_-)

aidukoma-13-10_393.jpg


そろそろ、黎明を迎える頃かなと思って、再び、ごそごそと起き出して小屋の外に出てみました。
まだ、夜と朝の間のしじまの中に、夜の名残りの星たちが瞬いています。
空の色がだんだん藍色に透けてきて、星の輝きが少しづつ沈んで行きました。
天空に残る明けの明星…ああ、この空の色を思い出しました。

暗いうちから小屋を出て、ヘッドライト頼りで、ひとり木道を辿った…
しっとりと降りた朝露の匂い、拠水林の向こうに聳える燧ケ岳、白々と明けていく天空、
尾瀬で夜明けを待っている時のあの空の色でした。

彼方の山際が明るくなって、だんだんと茜色に染まりだしました。
さぁ、素晴らしい朝焼けのドラマが始まろうとしています。わたしはみんなを起こしに戻りました。

aidukoma-13-10_464.jpg



日の出前の朝焼けの中を、旅立っていく人がいます。大きな荷を背負った青年でした。
彼は、昨日、中門岳で夕日を見て真っ暗な中を降りて来たと話してくれました。
今日は、遥かな山旅を行くそうです。わたしが起き出した頃、一人朝食を作っていました。

『おはようございます。』『行ってらっしゃい気を付けて』居合わせた人みんなに見送られ
青年は笑顔で朝焼けの中に旅立って行きました。池の水面に映るザックを背負った彼の姿だけが、
ゆっくりと動き消えて行きました。いいですね、山の夜明けって…そして旅立ちって…


aidukoma-13-10_414.jpg


だんだんと空は赤みを帯びて行きます。
水面には、さざ波が渡り、時々魚が浮かび上がるのか、丸い水紋が浮かんでは消えます。

aidukoma-13-10_443.jpg


日の出を待つ人たちは東の空をじっと見つめ佇み続けています。
清々しい朝の空気がみなぎり、人々は同じ朝を共有しています。美しい光景だなと思いました。

aidukoma-13-10_457.jpg


だんだんと、駒の池の水面も、茜色が染めて行きます。
微風が渡り、水面は小さなさざ波に揺れていますが、それがまた、優しさを醸し出しています。

aidukoma-13-10_469.jpg


微妙な色のグラデーションに、ただただ、シャッターを切り続けました。
綺麗…とつぶやきながら。

aidukoma-13-10_471.jpg

なんて優しい色、バラ色の夜明けだなぁと思います。

aidukoma-13-10_476.jpg


待ち続ける人々の顔を染めて、バラ色は、輝かしい黄金色に…

aidukoma-13-10_480.jpg


何となく人々の横に天使が佇んでいるような気がします。じっと頭を垂れて神々しい夜明けを待っている。

aidukoma-13-10_493.jpg

そして、夜明けの光と共に空に帰って行くような…そんな錯覚を覚えました。

aidukoma-13-10_496.jpg


空はすっかり青みを増してきました。

aidukoma-13-10_499.jpg


水面も、いつのまにか、澄んだブルーに…

aidukoma-13-10_506.jpg


『出るよ!日の出だよ!』その瞬間、ひだまりちゃんが小さく叫びました。
まるで、針の先のような、黄金色の一点が、みるみる滲むように広がって行きました。

aidukoma-13-10_515.jpg

『出た~~~!!』みんなが叫びました。金色の太陽です。

aidukoma-13-10_523.jpg


美しい日の出です。今日も素晴らしい日が約束されたかのように、生まれたばかりの太陽が
混じりけのない純粋な色で輝いていました。

aidukoma-13-10_525.jpg

嬉しそうに笑顔で見つめる人たちの顔を優しく照らしながら…

aidukoma-13-10_530.jpg


aidukoma-13-10_534.jpg


日の出と共に、立ち昇りだした朝靄が、柔らかいベールで太陽を包みます。

aidukoma-13-10_536.jpg

何て幻想的なんでしょう…

aidukoma-13-10_540.jpg

一瞬、太陽の周りに光輪が射し、神々しい光景にハッとしました。

aidukoma-13-10_539.jpg


小屋に戻る途中、ベンチに一人腰かけて、じっと朝焼けを見続けているKさんを見かけました。
昨日がお誕生日だったというKさん。昨日も、ずっと、夕焼けを見つめていました。

『お誕生日の翌日も、素晴らしい朝焼けで良かったですね!』と、ひだまりちゃんが声をかけます。
Kさんは、嬉しそうに振り向いて笑顔を見せます。ひだまりちゃんて素敵な人だなぁと思いました。

aidukoma-13-10_546.jpg

朝靄の中に滲む太陽が、神々しく、そして、とっても優しくKさんを祝福しているようでした。

aidukoma-13-10_547.jpg


Kさんは、この光景を愛おしむように、いつまでも、見つめ続けていました。
それぞれの心に、それぞれのドラマがあるんですね。

aidukoma-13-10_552.jpg


駒の大池は鏡のように澄んでいました。

aidukoma-13-10_555.jpg

駒の姉さまに、『良いお天気で、朝焼けが見れて良かったね。』と言ってもらいました。
今日は早朝から、よしころんちゃんとパートナーさんが、駒の小屋目指して登って来てくれます。
きっと日の出前から歩きだしているはずです。この朝焼けをよしこちゃんたちもどこかで見たことでしょう。
わたしたちは、よしこちゃんたちが着く前に、会津駒ケ岳の山頂と中門岳を踏んでこなければ…
駒の姉さまに見送られ、カメ足隊の出発です。

aidukoma-13-10_561.jpg

こんな素晴らしい朝焼けのドラマを若草女子会のみんなと見れたこと、忘れないと思います。
朝焼けだけで、長くなってしまいました。すみません。カメ足レポ、まだまだ、続きます^_^;
もうしばらく、お付き合いくださいね
スポンサーサイト

category: 女子会

CM: 10 TB: 0   

コメント

ついに!

お疲れ様でした。
ついに憧れの山に登ったのですね、限りなく尾瀬に近い会津駒ヶ岳。そう思うだけでも感激深いものがありますね。
遠くとはいえ燧ケ岳や至仏山が見えますからね~ しかも天気も良く紅葉も綺麗ですし最高でしょう。

大好きな仲間と一緒に登られて今年一年で一番思い出深い出来事でしょうね。

ちなみに、僕はまだ会津駒に登ってませんので先を越されました。
東京からだとなかなかこの山は交通の便が悪いので後回し後回しにしてましたが、先を越されたので来年は!!と
思ってる次第です(^^;)

 

てばまる #elaeQlTI | URL | 2013/10/21 15:55 - edit

なんて綺麗~~

お姉ちゃま、こんにちは^^

樹林帯の隙間からもとても綺麗な朝焼けが見えていて、
あぁ~上でみんなも見ているね。 それにしてもなんて綺麗な朝焼け♪
そう思いながら登っていたけれど、想像以上に美しい朝だったのね。
1枚1枚光や色が変化する写真に見入ってしまいました。

本当に山も天もお姉ちゃまを歓迎してくれたんだね。
お誕生日のKさんもさぞかし感慨深かったことでしょう。

綺麗なやさしい朝を見せてもらってありがとう~~ヽ(^o^)丿

よしころん #lkhMWM3g | URL | 2013/10/21 16:38 - edit

No title

sizukuお姉ちゃま、こんばんは~♪

お姉ちゃまのレポを読みながら、お姉ちゃまの感動した気持ちがいっぱい伝わってきて、
涙が出てしまいました。
神様がお姉ちゃまに用意してくれた朝の素晴らしい時間!
自分のことのように嬉しくなりました。

Kさんが真っ赤に染まる後ろ姿、とっても好きです。

来年は私もみんなと一緒の時間を過ごせたら嬉しいなぁ。
レポはゆっくりでいいですよ~!気長に待ってますからね!

矢車草 #MH738lGQ | URL | 2013/10/21 20:03 - edit

No title

しいちゃんこんばんは。

お昼過ぎにページを開くと、更新されていた朝日を見ていて、私も改めて感動を思い返していました。
美しい朝だったね。
駒の大池のほとりで皆じーっと一点を見つめていたね。

姉さまも私の横へ出てきて、「今日はいい朝日だわ。こんなに温かいし、いい日に来たねえ」と、
言っていたんだよ。

よしころんちゃんたちも登りながら、日の出を見れてよかったね。

こんな朝があるんだ。いつもは朝寝坊の私はたぶん起きられないだろうなあと思っていたけれど、
しいちゃんの「はるかちゃん、そろそろ空が赤く焼けはじめたよ」というとても優しい声でぱっと起きることができました。ありがとうね。

そしてあのようにやさしく、子供たちを起こしたことなど一度もないなあと、反省しました。

『起きろ~、いつまで寝てんだ~、遅刻するよ~』ですから・・・

しいちゃんを見習わないといけないね。


朝日を撮るのは初めてでした。たくさん撮ったのに、とても難しいなあって思いました。

しいちゃんの朝日はとてもみな素晴らしいね。特に光輪のそれが、とてもいいなあ。
私はこの輪は見なかったです。

はるか #T2PFTBgw | URL | 2013/10/21 23:37 - edit

てばまるさんへ

てばまるさん、こんばんは(^^)コメントありがとうございます。
はい!ついに行けました!!
そして今年一番の思い出です(*^_^*)憧れが叶う時って、思っても見ない時なんですね。

行きたいけれど、やっぱり無理…と、ずっと思っていましたが、今回は、行ける気がする!
行きたい!行かなくちゃ!と思えました。仲間が背中を押してくれたんだと思います。

限りなく尾瀬に近い山…本当にそうですね。尾瀬国立公園の一部だとも聞きました。
会津駒から見た燧ケ岳はそれは美しい山でしたよ。感慨深かったです。

てばまるさんが、まだだったとは知りませんでした。本当に、電車で行こうと思うと
果てしなく遠いですよね。でも、素晴らしいです。広大な山上湿原が続きます。
ぜひ、来年は行ってみてください。てばまるさんの写真がみたいですね(*^_^*)

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2013/10/22 23:11 - edit

よしころんちゃんへ

よしころんちゃん、コメントありがとう(*^_^*)
思えば、最初に計画してくれたのはよしこちゃんだったね。
あの時は、膝を痛めてしまって迷惑かけちゃったけれど、こうしてみんなで行けたことが、最大の喜びです。
山三昧の日々の中で、登って来てくれてありがとう。お蔭で、わたしたちのテンションは絶好調になったよ。
やっぱり、姉妹はそろわなくちゃね(*^_^*)よしこちゃんやみんなの優しさが身に沁みます。


この朝焼け、よしころんちゃんは樹林帯の中で見ていたんだね。
本当に美しい朝でした。こんなに優しい朝焼けは、初めて見た気がします。
素敵な天空のドラマだったよ。朝焼けの色が刻々と変化して、息を呑むようだった。
よしこちゃんも一緒にいたら、きっと最高に美しい写真を撮ってくれたんじゃないじゃ無いかと思うよ。

山も天も歓迎してくれた…本当にそうなのかもしれません。駒の神様ありがとうございます(*^_^*)

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2013/10/22 23:24 - edit

矢車草ちゃんへ

矢車草ちゃん、コメントありがとう(*^_^*)
わたしのレポを読んで、涙を…。本当に、あっちゃんも優しいね(^^)ありがとう。
みんなの優しさが嬉しくて、この気持ちを忘れたくないなぁと思っています。
ブログをやっていて、こんなに素敵な仲間に逢えて、良かったなぁと思っています。
いつも、矢車草ちゃんもそう言っているよね。

会津駒は、やっぱり素晴らしい山だったし、駒の兄さま姉さまも凄く素敵な人でした。
リピータが多いのが判るよね。わたしも、もう今や駒中です(笑)
矢車草ちゃんも来年は、一緒に行ってくださいね。とっても楽しみです。

でも、来年まで待てないよね!冬にみんなで逢おうね!!
山で忘年会なんていいね!!

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2013/10/22 23:35 - edit

はるかちゃんへ

はるかちゃん、こんばんは(^^)いつも真っ先に見てくれてコメントもありがとうね(^_-)

わたしは、山では、いつも嬉しくて早起きなんだよ。山に泊まったなら、絶対に朝日を見たいと思ってね。
この日は、本当に素晴らしい朝焼けだったね。みんなと一緒だったからなおさら…
そうなんだ、駒の姉さまと一緒に見れて良かったね。あの方、本当に魅力的ですよね。
何だか、また逢いたくなっちゃうね。どこかで逢えないかしら。

朝焼けの写真は、見たままに撮るのって難しいよね。やはり、露出を補正していろいろ試してみるといいよ。

あの光輪は、みんながベンチの方へと引き上げていく時に出たんだよ。一瞬でした。
立ち昇った靄がそうさせたんだろうね。みんなに教えようと思った時には、もう消えていました。
幻想的な光景でした(^_-)

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2013/10/22 23:52 - edit

バラ色の夜明け

こんばんは^^

朝の写真。どれもステキですね!!
私も山で迎える朝が好きで、暗いうちから起きて日の出を待ちます。
その刻々と変わる空の色。雲の流れ。陽の光。山の風景が心に残るので、
まるで、私も一緒に日の出を見せてもらったみたいデス^^

それに、みなさん気持ちが温かいね❤
こちらまでジンと来ます。

sizukuさんの言葉遣いも本当に素敵で、
読ませて頂きながら、その表現に頷いてます♫

またお邪魔させて頂くのが楽しみになりました。






kisara #uz3UJF7Q | URL | 2013/10/24 21:21 - edit

kisaraさんへ

kisaraさん こんばんは(^^)
バラ色の夜明け、一緒に見ていただけて嬉しいです。ありがとうございます(^^)
本当に綺麗な夜明けでした。そして、優しい朝でした。

kisaraさんも山で迎える朝が好きなんですね。日の出はドラマチックで感動しますね。
何だか、魂が洗われるような…日の出を待つ瞬間って、透明な気持ちになりますよね。

憧れの場所で大好きな人たちと、あんなに綺麗な朝に出逢えた幸運を感謝しなくては…です(^^)v
そして、この会津駒の記事から、わたしもkisaraさんのブログに出逢えて嬉しいです。
うふふ、よしころん隊長に感謝ですね(^^)v

sizuku #- | URL | 2013/10/25 01:18 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sion920.blog74.fc2.com/tb.php/419-01395931
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。