Admin New entry Up load All archives

風立ちぬ

日々の想いを風に乗せて…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

季節の狭間で 

この数日、大気の状態は大変不安定で、各地で大雨、そして局地的な豪雨や竜巻の被害が出ていますね。
本当に、最近はおかしい…地球規模で、どこかが歪み、そのひずみがじわじわと浸食されているような…
そんな不安さえ感じてしまいます。これ以上、狂いが増幅されないよう祈りたい気持ちでいっぱいです。

9月3日の美しい行き合いの空を…
真っ白な真夏の入道雲と、その上には、薄い羽衣のような巻雲が出ています。

sora13-9_02.jpg



この巻雲は、いろいろな形があって、髪の毛のような‘毛状巻雲’、
ひな鳥の綿毛のような‘房状巻雲’、かぎ状に曲がった‘かぎ状巻雲’、
もつれた糸のような‘もつれ状巻雲’、放射状に広がった‘放射状巻雲’、
時には太陽を隠すような‘濃密巻雲’もあるそうです。

巻雲は別名を、すじ雲とか、絹雲とか言いますが、わたしはこちらの呼び名が好きです。
秋になると良く見受けられる雲という印象があります。

巻雲は高気圧に覆われた晴天のときにも現れますが、低気圧や台風が近づいてくるときは真っ先に現れ、
低気圧や台風が近づいてくるときは、巻雲の量がだんだん増えてくるそうです。

それで、次の日からお天気が崩れているんですね。(納得)

どこまでも高く青い澄んだ空の上に、夏の雲と秋の雲が行き交うのを行き合いの空と言います。
夏の入道雲の上に、刷毛で掃いたような巻き雲が姿をあらわし、高い空から少しずつ秋という季節が
降りてきているような気がします。

古今集の夏歌の最後は

  夏と秋とゆきかふ空のかよひぢは
    かたへすずしき風や吹くらむ  となっているそうです。素敵ですね。


sora13-9_01.jpg
スポンサーサイト

category: 里山

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sion920.blog74.fc2.com/tb.php/403-50b8338e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。