Admin New entry Up load All archives

風立ちぬ

日々の想いを風に乗せて…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

北アルプスの風、ふたたび 

『今年も、北アルプスに行きたいなぁ…』と、夫
「えっ?今年も?大丈夫?白馬に行くの?」と、わたし
『今年は、八方池に行くか?』と、夫
「それなら、唐松岳に登りましょうか?」とわたし
そんなやり取りの後、のんびりと一泊で唐松岳を往復して来ようと話が決まった。
今年も、北アルプスに行けることになった。
標高1800mの八方池山荘までゴンドラ&リフトで上がれる北ア入門コースだけど
わたしたちには、ピッタリのコースだと思う。




8月8日、夕方に家を出て、安曇野さんの運転で、夜遅くゴンドラの八方駅の駐車場に着いた。
今夜はここで仮眠をし、翌朝、始発のゴンドラで出発することにした。
目覚めると良いお天気、ゴンドラ脇の駐車場の後ろは、高原になっていて、桔梗やギボウシや
カライトソウが咲いていた。

karamatu13-8_002.jpg

登山届を出し、さっそく、ゴンドラに乗り込むと、景色は一変していく。
家々の屋根が朝日に輝いて綺麗だ。

karamatu13-8_004.jpg


ゆらゆらと結構揺れている。風が強いと怖いかも。

karamatu13-8_009.jpg


あっという間に兎平(1400m)に着いた。

karamatu13-8_014.jpg


ウサギ平テラスの前は。カライトソウがたくさん咲いていた。

karamatu13-8_015.jpg


初秋の花、ノコンギクも咲き始めていて、季節の移り変わりの早さを感じて足を止めた。

karamatu13-8_021.jpg


ここから、アルペンクワッドと言う名のリフトを2機乗り継いで、1830mの八方池山荘まで
一気に登るというか、上がる(笑)

karamatu13-8_018.jpg


ゆらゆらと揺らぐリフトに乗り込んで飛び出せば、景色は一変してアルペンムードだ。
空中に出てすぐに、爽やかな高原の風に包まれた。気持ちいい~♪
思わず、胸いっぱいに吸い込んで目を閉じたら、懐かしい晩夏の尾瀬ヶ原の匂いがした。
もう、随分行っていないけれど、至仏山から吹いてくるあの心地よい優しい風の匂いを
どんなに時が経ったって忘れることはない…
そう思ったら、涙がこみ上げた。

karamatu13-8_027.jpg


地面との高さが1.5m、リフトの下には、可憐な晩夏の花たちが咲き競っていた。
その中には、青いリンドウの花も…やっぱり尾瀬ヶ原を想った。
高度が上るたび、周りの山々の景色は雄大になって行く。ああ、北アルプスに今年も来れた。
そう思ったら、しあわせ感が胸いっぱいに広がって、「あなた、連れて来てくれてありがとう…」
わたしは、素直な気持ちで安曇野さんにお礼を言った。

karamatu13-8_035.jpg


最初の中継地の黒菱平(1680m)に着く。ここには長野オリンピックのスタートハウスが建っている。
白馬三山の絶景ポイントでもあり、ちょうど雲が晴れかかった白馬三山が姿を見せた。
「わぁ~!!素晴らしい~!!」思わず叫んでしまうくらいため息物の光景!!

karamatu13-8_039.jpg


あたりには、シモツケソウと実になったコバイケソウが群落を作っていた。
淡いピンクのシモツケソウは、晩夏の高原の花だなぁ…

karamatu13-8_311.jpg


シモツケソウ(バラ科)

karamatu13-8_053.jpg


もう一つのリフトに乗り継いで、八方池山荘がある1830mまで上がる。
まるで空中散歩の様な夢のような心地よい時を経て、リフトは終着駅へと舞い降りていく。
乗っている時間は、7分と5分だけだけれど、わたしにはもっと長い時間のように思えた。

karamatu13-8_037.jpg


八方池山荘を基地にしたなら、早朝や夕景、星空の八方池の姿も見れるかもしれない。
時間に余裕があったなら、そんな山旅も良いなと思ってみたりした。

karamatu13-8_064.jpg


小屋の前には美しいヤナギランの花が咲き始めていた。

karamatu13-8_066.jpg


ビビットなピンク色のこの花は、青空と緑の高原が良く似合う。
やっぱり、尾瀬沼のヤナギランの丘に想いを馳せていた。

ヤナギラン(アカバナ科)

karamatu13-8_071.jpg

ここから、第2ケルン(息ケルン)2005mまでは、岩ゴロの登山道と、整備された木道とが
平行に伸びていて、どちらでも行ける。わたしたちは、最初は花を撮りながら木道を行き、
途中から、登山道に入ることにした。

まずは、撮った花たちを並べてみます。

一番多くみられたのは、この花、ハクサンシャジンです。
爽やかな高原の風に揺られ、薄紫のベルを鳴らしているような可憐な花姿です。

ハクサンシャジン(キキョウ科)

karamatu13-8-2_0304.jpg

karamatu13-8-2_0337.jpg


オトギリソウ(オトギリソウ科)

karamatu13-8_083.jpg


karamatu13-8_171.jpg


イワシモツケ(バラ科)

karamatu13-8-2_0322.jpg


タテヤマウツボグサ(シソ科)


濃い紫色が鮮やかで目を引きます。

karamatu13-8_082.jpg

karamatu13-8_628.jpg


ミヤマコゴメグサ(ゴマノハグサ科)

karamatu13-8_168.jpg


ミヤマママコナ(ゴマノハグサ科)

karamatu13-8_267.jpg


ハッポウタカネセンブリ(リンドウ科)

karamatu13-8-2_0481.jpg

この花は初見の花でした。背丈は10センチ程度、花は5ミリほどの小さいお花です。
わたしが、大好きな紫系、しかも星形
薄紫の花びらに銀色の星を散りばめたようで、魅力的です。マクロに変えて夢中で撮りましたが、
あまり上手く捉えられずガッカリでした。センブリにも似ていますが、アケボノソウに似てると感じました。

karamatu13-8_140.jpg

karamatu13-8_134.jpg


ウメバチソウ(ユキノシタ科)

karamatu13-8_263.jpg


ミヤマアキノキリンソウ(キク科)

karamatu13-8-2_0348.jpg


ヤマハハコ(キク科)

karamatu13-8_073.jpg


カライトソウ(バラ科)

karamatu13-8_080.jpg

キンコウカ(ユリ科)

karamatu13-8_079.jpg


ハクサンタイゲキ(トウダイグサ科)

いつみても不思議な花です。真ん中に小さな青林檎が一個乗ってるって、いつも思ってしまいます。

karamatu13-8_098.jpg

こちらは、まだ、青林檎が出来ていないです。この黄色い蜜腺に蝶たちが吸蜜に訪れていました。

karamatu13-8-2_0286.jpg



オオコメツツジ(ツツジ科)

karamatu13-8_152.jpg


タムラソウ(キク科)

karamatu13-8_147.jpg

小さな蜂が蜜を吸いに訪れて、大きな眼がチャーミングだね。

karamatu13-8_148.jpg


クモマミミナグサ(ナデシコ科)

karamatu13-8_181.jpg

小さな花ですが群れて咲いて存在感があります。

karamatu13-8_312.jpg


イワショウブ(ユリ科)

karamatu13-8_170.jpg


オヤマリンドウ(リンドウ科)

karamatu13-8-2_0602.jpg


途中から岩ゴロの登山道に入ると、見れるお花も変わってくるのだった。
安曇野さんが撮っているのは…このお花

karamatu13-8_104.jpg

ハッポウアザミ

karamatu13-8_106.jpg


オヤマソバ(タデ科)

karamatu13-8_189.jpg

実が蕎麦の実に似ることからこの名前が付いたそうです。
地味だけれど、タデ科らしい可愛い花です。

karamatu13-8_188.jpg


ハッポウワレモコウ(バラ科)

karamatu13-8_204.jpg


こんな岩場をひと登りすると、第2ケルン(2005m)に到着する。


karamatu13-8_205.jpg


このケルンは別名を息(やすむ)ケルンと言うそうだ。なんとなく慰霊碑かなと思っていたが、
そのケルンにはこんな文面が刻まれていた。

昭和12年12月26日、長男 息 猛風雪のためここで遭難、永眠す。
記念にこの指導票を建立す。


karamatu13-8_297.jpg



ここで遭難された息子さんの供養に、登山の安全を祈願しお父様の西阪さんという方が建てられたのだそうだ。
子を想う親の心がひしひしと伝わってくる。
この場所からは、不帰ノ險(かえらずのけん)が見事に見渡せ、多くの登山客が憩い、写真を撮っていた。


karamatu13-8_297 (2)


そして目を転ずれば、白馬三山の姿が…
去年あそこを歩いたのかと思うとなおさら感慨深いのだった。

karamatu13-8_287.jpg


ヤマブキショウマ(バラ科)

karamatu13-8_224.jpg

続きます。
スポンサーサイト

category: 森・山

CM: 10 TB: 0   

コメント

お姉ちゃま~~
待ってましたよん ヽ(^o^)丿
いいなぁ~唐松岳、とっても行きたくなっちゃったよ。
ハッポウタカネセンブリは本当センブリのようでもあり、アケボノソウのようでもあり、綺麗なお花だねぇ。
見せてくれてありがとう♪
のんびり山旅だと写真も気兼ねなく撮れるものね^^

続きも楽しみにしています♪

よしころん #lkhMWM3g | URL | 2013/08/16 21:17 - edit

お花たくさんですね♪

しーちゃん アップ早いですね♪
楽しみにしていましたよ(^_^)v

良いお天気でしたね♪
お花も次から次へたくさんですね。

楽しそうに花撮影しているしーちゃんが見えてきそうです。
ハッポウタカネセンブリ、可愛いですね。

私もしーちゃんの写真をみたとき、アケボノソウに似ているって思いました。
でも、小さな花ですね。 素敵に撮れていますよ。

続き、又頑張ってください♪

お千賀さん #JalddpaA | URL | 2013/08/17 00:22 - edit

よしころんちゃんへ

よしこちゃん、こんばんは(*^_^*)
一番乗り~ありがとう~♪

唐松岳は、よしこちゃんなら、楽勝だね。
もちろん、その先へ行くだろうけど(笑)
今回は、わたしたちにはぴったりののんびり山歩きでした。
お花は多いし、景色は絶景だし、アルペンの要素は満載だし、
唐松岳、気に入りました。

残念ながら、夕景、星空、ご来光、見損なったので、来年もリベンジしたいです。
写真は、よしこちゃんのように素敵に撮れてないけれど、またアップするので見てくださいね~♪
ちょっと忙しく、なかなかコメできず、ごめんね<m(__)m>

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2013/08/17 23:08 - edit

ちかちゃんへ

ちかちゃん、こんばんは(*^_^*)
早速見てくれてコメントありがとうね。
昨日は、大文字焼きだったんだね~♪
でも、同じ京都で痛ましい花火の事故もあり、大変なことだね。

昨日、わたしは、毎年行く、名栗の灯篭流し&花火大会に行ってきました。雨が降りそうだったけれど何とか持ちました。
今日は、たくちゃんの月遅れのお宮参りでした。
明日は、獅子舞です(笑)

話がそれましたけれど、唐松岳は、のんびりでお花はいっぱいだし尾瀬を思い出しました。
続き、ちょっと時間がかかるかも知れませんが気長に待っててね~♪

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2013/08/17 23:16 - edit

ずっと前に、八方池までは歩いたことがあるので懐かしく読ませて
いただきました。高嶺の花々にもたくさん逢えたようで良かったで
すね。シャジンやコゴメグサ、イワショウブのクローズアップも素敵
です。ハッポウタカネセンブリは姿形、色合いとも魅力的ですね。
予想以上に小さい花のようで、撮影には苦労したでしょう。
続編も楽しみです。

翼 #ZGMDThxQ | URL | 2013/08/20 14:04 - edit

sizukuお姉ちゃま~、お帰りなさい~!

お天気のいい日に歩けて本当に良かったですね。
鷹ノ巣山トレーニングの甲斐があったかな?
八方尾根って本当にお花がいっぱいですよねー!
久しぶりに行きたくなっちゃいました。

私は最近山歩きの時はマクロを出す気持ちになれなくて(>_<)
こうやって沢山のお花を見せてくれてありがとうです。
お姉ちゃま、全然足が進まなかったんでしょうねー(笑)
私が五竜から唐松へと歩いた時、八方池では池に白馬三山は写っていなかったのー!
やっぱり山はお天気に限りますね。
お花が生き生きしてますねー!

続きも楽しみですー!

矢車草 #MH738lGQ | URL | 2013/08/20 18:26 - edit

翼さんへ

翼さん、こんばんは(*^_^*)
コメント、いつもありがとうございます。
八方尾根を歩かれているんですね。わたしは初めてでしたけれど、
お花がたくさんあって、ずっと展望があって、良い山ですね。
楽ちんコースでしたが、ほんの少し北アルプスの醍醐味を感じてくることが出来ました。

ハッポウタカネセンブリは、ほんと、魅力的でした。
マクロに付け替えて、頑張ったのですが、難しかったです。
翼さんなら、何十倍も素敵な画像に収められるのだろうなと思いました。

続き、まだまだ、素敵なお花に逢えましたよ!
お待たせしていてすみません<m(__)m>

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2013/08/20 23:11 - edit

矢車草ちゃんへ

矢車草ちゃん、こんばんは(*^_^*)コメントありがとう♪
そして、ただいま~♪矢車草ちゃんもお帰り~ヽ(^。^)ノ
矢車草ちゃんは、北ア表銀座コースだったのかな?
わたしは、剣立山の勇姿を仰ぎたくて、唐松岳に登ったんだけれど
お天気が良かったのに、朝夕ガスが濃くって、何にも見えなかったの(泣)
内心、これはもう一度リベンジだ―!!って思ってますヽ(^。^)ノ
なんとか、安曇野さんをその気になせないとね(笑)

でも、お花は大大満足でした(*^_^*)
そうなの、わたしも足が進まないけど、安曇野さんもでした。
今回はゆとりのコースだったので、カメ足のわたしたちでも大丈夫。
ちょっぴり、物足りなかったけれどね~^_^;

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2013/08/20 23:22 - edit

お帰りなさいまし。
2年連続の北アルプスに行けるのは羨ましいです。今年は白馬も北岳も天候悪くて断念でした。
八方尾根は蛇紋岩だから固有種が多くて魅力的ですよね。
ハッポウセンブリ、綺麗ですね~!!
これだけで何枚も撮ってしまいそうです。
続きも楽しみです!!

来年は白馬と北岳、リベンジしたいです!!

てばまる #elaeQlTI | URL | 2013/08/21 13:05 - edit

てばまるさんへ

てばまるさん、コメントをありがとうございました。
いろいろあって、お返事が遅くてごめんなさいね<m(__)m>

今年は、本当にお天気が悪いみたいですね。
唐松岳山荘の管理人さんが、わたしたちが行く前日は雨で大変だったと言っていました。
わたしたちも、夕焼け・朝焼け、ガスで何にも見えずでしたが、雨でなくて本当に良かったです。
また、山頂はガスでしたが、雫付きのお花を撮影できたので、わたし的には嬉しかったです。

信州は、主人の実家が白馬村に近い所ですから、行く気なら里帰りついでに行けます。ラッキーですよね。
でも、今まで、ずーっと、〇十年間、一度も行けませんでした。
もったいなかったですね^_^;

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2013/08/23 09:53 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sion920.blog74.fc2.com/tb.php/398-57d23b62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。