Admin New entry Up load All archives

風立ちぬ

日々の想いを風に乗せて…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

風の谷の蛍 

今年も、風の谷の蛍を見たいと思っていました。
ここに蛍が飛ぶと知ったのは、イワウチワを探し求めて迷い込んだ2006年4月の事でした。
その時のHPの記事(良かったらご覧ください)
風の谷 蛍の里

風の谷 光と風の季節

しばし読んでしまいました。若かったなぁ~(笑)

それから、数年後、奥多摩友達のこいちゃんが計画を立ててくれて、蛍を見に行く事になりました。
shinさんとはるかさんも一緒でした。風の谷の蛍を見たいと言う夢が叶ったのです。
その時のブログ記事もあるはずなんですが、HPと違って見つけられませんでした^_^;

でも、初めて天空を舞う蛍に、みんな感激したのでした。
あれから、毎年、こいちゃんが誘ってくださって見に行っていました。

今年も、7月6日に誘っていただいたのですが、その日、体調が悪くて行く事が叶いませんでした。
安曇野さんが、代わりに行ってくれたのですが、やっぱり、蛍を見なければ夏が来た気がしません。
急に思い立って、安曇野さんに頼んで連れて行ってもらうことにしました。

七夕も過ぎた7月9日、子どもたちにはカレーライスとサラダを作って置手紙をおいて、
夕方家を出ました。「今日は蒸し暑いから、きっと出るよ~」なんて、まるでお化けでも
出ると言うような会話をしながら、風の谷に向かう二人です。

林道を歩き始めると、森の中は薄暗がりです。まだ、体調が本調子でないので、
懐中電灯を照らしながら先を行く安曇野さんに遅れがちになりながら付いて行きました。

hotaru13-7_04.jpg

途中開けた場所から、向かいの山が見渡せます。家の方は夕立は無かったのですが、
山では一雨降ったようです。山道も濡れていてわたしは2度も滑って転んだし、
山々からは靄が上がっています。

hotaru13-7_05.jpg


真っ暗な木の階段を、渓谷へと降りて行きます。風の谷に着いた時にはすっかり暗くなっていました。
山間の空に、一番星も輝きだしました。

hotaru13-7_17.jpg


わたしたちは、小さな桟橋の上でスタンバイです。今日はバルブ撮影に挑戦しようと三脚持参です。
そうこうしているうちに流れの上で最初の蛍が輝き始めました。
わぁ!今年初蛍…ほんの小さな光ですが、なんだか感激です。

 夏は夜
 月の頃はさらなり
 闇もなほ、蛍のおほく飛びちがひたる

 また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし
 雨など降るもをかし

枕草子を思い出してしまいます。

hotaru13-7_19.jpg



やがて、森の中でも瞬き始めます。


hotaru13-7_23.jpg


細かく明滅を繰り返して飛ぶ一匹の蛍です。

hotaru13-7_29.jpg



また、ひとつ、またふたつと、明滅し始めます。

hotaru3.jpg



川面に降りたかと思うと、また、すうっと天空へと昇って行きます。


hotaru13-7_63.jpg



まるで、星と交わるかのようです。

hotaru13-7_44.jpg



人工衛星かな?とのコラボです。

hotaru9.jpg



最後に、元画像の上に、蛍の光跡の画像を3枚合成して見ました。
合成写真ですが、実際には、こんな感じで見れました。

hotaru1.jpg



まだまだ、未熟な撮影ですが、なんとか蛍の写真が撮れたので嬉しかったです。
この日は、夕立ちがあったせいか、川面に佇んでいると肌寒いくらいでした。
そのせいか蛍の飛びも悪くて、2時間ほどの間で10~15匹ほどの出現率だったでしょうか。
でも、儚げに舞う姿は幻想的で、天空の蛍を今年も見れたことが感慨深かったです。
連れて行ってくれた安曇野さんにも感謝です。


美しい緑と水のあるこの蛍の故郷が、いつまでも変わらずにあることを願わずにはいられませんでした。

スポンサーサイト

category: 森・山

CM: 8 TB: 0   

コメント

No title

sizukuさん、おはようございます。♪
風の谷に舞う蛍、なんともロマンチックなメルヘンの世界です。d(-。∂)good!!
これも自然が生きている夏の風物詩でしょう。
体調、大丈夫ですか。
ご自愛くださーい。(^^)/

クロちゃん #QfAHIh9c | URL | 2013/07/21 03:36 - edit

素晴らしい蛍の写真♪~

sizukuさん 素晴らしい蛍の写真ですね!
う~ん!いいなあ~いいなあ~♪~♪~
と 何度も眺めています。
わたしもこんな写真を撮りたかったで~す。
それにしても、たった1回のチャンスを生かして
こんな素敵な写真ができるのだから素晴らしいです。

”しーモンキー”の冒険懐かしく拝見しました。
奥多摩分校の原点は、やっぱり風の谷なんだなあ~とつくづく思いました。

あっ ご存知ですか?
あの流された”丸木橋”が再現されましたよ!
会うたびに頼んでいたら、やっと蛍おじさんが立派な?橋を架けてくれました(にこにこ)

こいちゃん #HdSy5Q9E | URL | 2013/07/21 06:55 - edit

No title

念願のホタルが見られてよかったですね。やっぱり季節の一つ一つを感じて生きていくととても安心しますね。
そんな生活がいちばんおしゃれなのかもしれません。
風の谷のお話もよかったですよ。写真もしっかり写っていました。

nitta245 #- | URL | 2013/07/21 06:58 - edit

No title

星空との共演が良いですね~!
今年も行けずじまいになってしまいましたが、ゲンジボタルの光は明るくて良いですね。
尾瀬はヘイケボタルなのでなかなか難しいです。

てばまる #elaeQlTI | URL | 2013/07/21 14:55 - edit

クロちゃんへ

クロちゃん、早朝のコメントありがとうございます(*^_^*)
時間を見てびっくり(@_@;)もしかして、山に行く前にコメントしてくださったのでしょうか?
お忙しいのに、本当に、ありがとうございます。嬉しいですヽ(^。^)ノ

風の谷は、人工的な明かりは一切ないので、自然の中で飛ぶ蛍を見ることが出来ます。
山道を歩かなければなりませんが、毎年、ここの蛍が見れて幸せです。

体調は、ほぼ、戻りました。今日も娘の家まで30キロの道のりを自転車で行って来れました。
そろそろ、山も登り始めたいと考えています。ご心配いただきありがとうございます。

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2013/07/21 17:56 - edit

こいちゃんへ

こいちゃん、コメントありがとうございます。
え~!?こいちゃんの写真の方が素晴らしいですよ。
わたしのなんて、やっと映ったって感じなんですから(笑)
でも、誉めていただいて嬉しいです。昨年からバルブ撮影を試みていたのですが、
昨年は、三脚が小さいのしかなくてダメでした。
やはり、風の谷は素晴らしいですね。古い記事も読んでくださってありがとうございました。
タマガワホトトギスにイワタバコも逢いに行きたいです。

あの丸木橋が架けられた事は、安曇野さんから聞きました。
蛍おじさんに、お礼を言いに行かなければなりませんねヽ(^。^)ノ
こいちゃんのプッシュのお陰です。
そうそう、宮崎アニメの最新作、もちろん題名は知ってますよ♪
今日公開でしたね。見に行きたいなぁ~(^^)

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2013/07/21 18:08 - edit

nitta245さんへ

nitta245さん、いつもコメントありがとうございます。
季節のひとつひとつを感じて生きていく…素敵な言葉ですね。
当たり前のように過ぎてゆく毎日の中で、それを見極めることができたなら
本当にしあわせだし、贅沢な事ですよね。
世の中には、もっともっと美しい場所があって、そんな場所の四季折々を見続けられたら
どんなに素晴らしいだろうと思いますが、遠くへ行かなくても、身近な自然の中でも、
見出すことができますよね。わたしは、そんな何でもない自然を大切にしたいと思います。
これは、nitta245さんのブログに出逢ってから特に感じるようになりました。
これからも、いろいろな心の機微や大切なことに気づかせていってくださいね。

拙い、昔の記事もご覧いただきまして、ありがとうございましたヽ(^。^)ノ

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2013/07/21 18:18 - edit

てばまるさんへ

てばまるさん、こちらにもコメントをいただきありがとうございます。
蛍の撮影って、こんな感じで良いのでしょうか?
風の谷の蛍は、明滅の間隔が短いので、長く尾を引くような光跡は撮れなかったです。
てばまるさんに、星空とのコラボが良かったと言っていただいて嬉しかったですヽ(^。^)ノ

そうでしたね。尾瀬ヶ原の蛍、小さくて仄かな光でしたね。
わたしは、いつも行くのがお盆休みの頃でしたから、湿原を数匹の蛍がふわ~っと舞うのを
眺めていました。儚くて、儚くて、ジーンとしながらいつも眺めていたのを思い出します。
とっても懐かしいです。またいつか、行ってみたいです(*^_^*)

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2013/07/21 18:28 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sion920.blog74.fc2.com/tb.php/392-f01462ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。