Admin New entry Up load All archives

風立ちぬ

日々の想いを風に乗せて…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

ローカル線テツコの旅 その3 

まるで眠っているかのように静か過ぎる、かつての鉱都を眺めつつ列車は走ります。
寂しさよりも、もっと寂しいそんな光景に、ふっと福島の原発の事が頭を過ります。
今までの暮らしが失われていくって想像もつかない事だけれど、そういう過酷な現実に
さらされている人々もいるんだと、漠然と思いました。
福島の原発の復興はあるのだろうか…辛すぎる、恐ろしい現実に、わたしたちは、やはり
絶対に目をそむけてはいけないのだと心に言い聞かせたのでした。
はるかちゃんも、黙って車窓を見つめていました。

わ轍の旅も、足尾駅と間藤(まとう)駅のあと二駅で終わりです。
次の駅、足尾駅で、わたしたちは最後の途中下車をしました。

わたしたちが乗って来た列車は、終着駅の間藤駅を目指して去って往きました。

watetu13-6_352_20130717115521.jpg



足尾駅は、今までの駅とどこか違って見えました。空が大きく開けてなんとなく明るい感じがします。
構内も広々として、かつて活気に満ちていた時代があった事を物語っているような気がします。

watetu13-6_356_20130717115526.jpg



やわらかな光に満ちて、ただ、風が行くばかり…

watetu13-6_361.jpg



駅名の看板と標高を示す看板

watetu13-6_358.jpg



watetu13-6_359.jpg




あら? あのオレンジの列車って、なんか見覚えがある…

watetu13-6_377.jpg



壊れかけた木製の倉庫の脇に草生して停車中の古い列車が…

watetu13-6_383.jpg



なんだか、時がずーっと、ここに立ち止まったままのように
風雨にさらされながら、錆びついたレールの上に、いつまでも佇み続けているんだね。

watetu13-6_402.jpg



栄光と絶望と、復興と、いろんな歴史を見続けていたのでしょうね。
国敗れて山河あり、城春にして草木深し
杜甫の「春望」の一節を思い浮かべてました。

watetu13-6_416.jpg




このオレンジ色の列車は、キハ 35系と呼ばれているみたいです。
以前、青梅線で走っていたオレンジ色の電車と同じと思ったけれど、電車と気動車では動力からして
根本的に違うではありませんか、視覚だけで判断するのでは、あまりにお粗末ですね^_^;
わたしは、テツコと言いながらも、列車の事はさっぱりわかりません。
要するに、鉄道が好きで、駅が好き、そこを走る列車と、ローカル線の風光が好きと言うだけの
にわかテツコなのでした^_^;

キハ 35系の知識はそこに貼ってあったJRの張り紙から仕入れました(笑)
この列車は、国鉄として初めて両扉、オールロングシートの通勤気動車で、車体を軽くするために
両扉は、車体の外に吊り下げるタイプだったそうです。

現在でもJR 東日本久留里線でキハ30型が3両、関東鉄道常総線で、譲渡されたキハ35型が
最後の活躍をしているそうです。いつか乗ってみたいです。




そして、こちらの車両も、キハ30-35号列車だそうです。

watetu13-6_390.jpg

1965(昭和40)年9月17日に新潟鐵工所で製造され、当初、山口県の長門機関区に配置されましたが
1967(昭和42)年に、高崎第一機関区に転属され八高線や川越線、足尾線にて活躍したそうです。
1996(平成8)年9月に廃車になって、その後、足尾駅で保管されているのだそうです。
塗装も、国鉄気動車色から、首都圏色に変更されていましたが、2009年(平成21年)に再塗装を行い
元の、国鉄気動車色に復元されたそうです。車体の傷みも激しく塗装面の傷みも激しくなってきたので
再補修も検討されているそうです。―(JRの張り紙より引用)



このツートンカラー、国鉄色って言うんだ~!初めて知りました。

watetu13-6_396.jpg




昔の西武鉄道の列車もこんな色だったような気がする…懐かしい色だなぁなんて思ってました。
身近な八高線や川越線を走っていたのも、何だか親近感です。

watetu13-6_400.jpg




緑を背に佇む足尾駅

watetu13-6_407.jpg




プラットホームも待合室の感じも明るいです。

watetu13-6_403.jpg


改札口から見る風景も

watetu13-6_404.jpg




振り返って、改札口の向こう側の風景も緑溢れています。

watetu13-6_409.jpg




駅舎の外を歩けばこんな長閑な風景が続きます。

watetu13-6_411.jpg




丸ポストも良いですね。

watetu13-6_427.jpg



寛いで電車を待っている旅人がいます。

watetu13-6_418.jpg



そろそろ、先ほどの列車が間藤駅から折り返して来る時間です。ホームに戻りましょうか?
今回の旅のわたしたちの終着駅は足尾駅となりました。

watetu13-6_408.jpg



後になって、わ轍の本当の終点の間藤駅まで行って見るべきだったと後悔しました。
でも、この時は、心地良い風が終始吹いている足尾駅が、わたしたちにとっての終着駅で良いと言う
気持ちになっていました。不思議です。

watetu13-6_433.jpg




空と、遥かな山並みの向こうから、上り列車がやってきました。
この列車を見た時、わたしたちは現実の世界へ帰って行くんだと言う気がしました。
まるで時間旅行の旅をしていたみたい…
一両だけの、小さな列車に揺られて、親友であり、心の妹でもあるはるかちゃんとの旅は
何となく、銀河鉄道の旅のようだと思いました。
わたしたちは、カンパネルラとジョパン二だったのかもしれません。

そして、アニメの銀河鉄道999では、旅の終わりに、メーテルが鉄郎にこう言うのだそうです。
『遠く、時が交わるところで、また、めぐり逢いましょう』と…

watetu13-6_435.jpg




はるかちゃん、銀河鉄道の旅に付き合ってくれてありがとう。
またいつか、二人の時が重なった時に、時間旅行の旅に出ようね(*^_^*)

watetu13-6_442.jpg

この旅の続きがもう少しあるので、おまけです。

わたしたちは、3時30分ごろ桐生の駅に着きました。
若草女子会の娘みたいな存在の、可愛いKちゃんがお勤めしているカフェに立ち寄りたいと思っていたけれど、
駅からはかなり遠くて車がないと無理そうということなので、駅前のお店でお茶でも飲もうかと探します。

うろうろ歩いているうちに、こんなお店を見つけました。

watetu13-6_445.jpg

watetu13-6_448.jpg



あら、素敵じゃない!と言うことで、中に入ってみます。
ところが、いくら声をかけてもお店の人が出てきません。仕方なく諦めて他を探しました。
小さな花屋さんの店先にあるティールームで、やっと腰を落ち着けました。

watetu13-6_450.jpg




半夏生の白い花に、はるかちゃんと青梅を歩いた日が蘇ります。
「あの日も暑い日だったよね…」なんてしばし、昔を懐かしみました。

watetu13-6_452.jpg




わたしたちは、このお店で1時間以上、おしゃべりをして帰路に着きました。
「しばらく逢えなくなるけれど元気でがんばってね。いろいろおしゃべり出来て楽しかったね!」
『しーちゃん、今日は楽しかったわ、ありがとう。しーちゃんも体に気を付けてね。』
人が多いので、ハグできないけれど、手を振って、伊勢崎の駅ではるかちゃんと別れました。
わたしは彼女と過ごした楽しい一日を思い浮かべつつ、暖かな気持ちで列車に揺られていました。

そして、北高崎でお蕎麦屋さんを開いている友人のmasaさんのお店“俺のそば”に寄ってみる
ことにしました。masaさんを驚かせようと、連絡なしでやってきました。

watetu13-6_455.jpg



懐かしいお店の前に立って中を覗き込むと、ちょうど顔をあげたmasaさんと目があいました。
ガラスの扉を開けながら「masaさん、久しぶり~♪高崎に来たから寄ってみようと思って」と言うと
『びっくりしたよ!!突然だからさ~!どうしたの?今日はどこまで来た帰り?』変わらない笑顔。

watetu13-6_457.jpg


「今日は、友達とわたらせ渓谷鉄道の乗り鉄してきたの」
『へぇ~、渡良瀬ね、いいねぇ、間藤駅まで行った?』
「手前の、足尾まで行ったよ。足尾の駅って時が止まったみたいで、いい感じの駅だったよ」
『そうかぁ、それは残念だなぁ。間藤の駅がいいのに。たくさんの古い列車とかも構内にあって、
それこそタイムスリップしたような感じだよ。テツコのしーちゃんにはお勧めだよ。』
「そうだったの?それは残念、次回は必ず行ってみるよ。」

watetu13-6_463.jpg

7月12日で開店三年目を迎えるmasaさんのお店、毎年、この時期に訪れていたことに気づきます。
今は、着実に実力を付け、同業者の仲間にも恵まれ、人気のお店になっているようです。
にさりげない笑顔で迎えてくれるmasaさんは、昔と少しも変わらず爽やかです。
これからも、開店記念日に訪れる事が出来たならいいなと思います。

watetu13-6_460.jpg


いただいたのは夏限定の冷やしトマト蕎麦、和の素材とイタリアンとのコラボって感じでとっても美味!!
これは、俺のそばのオリジナルメニューです。

watetu13-6_466.jpg

masaさんは、絵心もあって、素晴らしい水彩画の数々を描いています。そのひとつの“旧高崎駅”の
水彩画がお店に飾られていました。素晴らしいです(*^_^*)

watetu13-6_464.jpg


楽しい時間はあっという間、「そろそろ、帰るね。」『しーちゃん今日はありがとう。気を付けて帰ってね』
masaさんの笑顔に見送られ、薄暮の街に出ます。

watetu13-6_470.jpg



すっかり日が暮れた北高崎の駅に着くと、横川行の列車が出るところでした。
SLの走る路線です。SLの追っかけをしたことも、懐かしいです。

watetu13-6_476.jpg



高崎駅に着きました。上野行きの列車を見送って

watetu13-6_482.jpg



ホームの先端に停車している、20時発の八高線に乗り込みます。

watetu13-6_485.jpg



後は、2時間弱を乗り継いで最寄駅に帰ります。
真っ暗な車窓を眺めつつ、今日の思い出に浸りました。
わたらせ渓谷鉄道、三時間余り乗り継いで、やっと辿り着くけれど、また行きたいと思える素敵な鉄道でした。

これで、ローカルテツコの旅はお仕舞です。最後までお付き合いいただきありがとうございました

watetu13-6_490.jpg
スポンサーサイト

category: プチ鉄

CM: 6 TB: 0   

コメント

のんびり~ゆっくり~♪~です

sizukuさん こんばんは。
二人テツコの旅ぜ~んぶ読ませていただきました♪~
何かと忙しい日常のなかにこんな旅があると、心の充電になりますね!
また明日からがんばれるぞ!という気分になりますね。
わたしも少しおすそわけをいただいた気分です(にこにこ)

ところで、質問です。宮崎アニメの最新作のタイトル知ってますか?♪~

こいちゃん #HdSy5Q9E | URL | 2013/07/18 23:13 - edit

No title

しいちゃん、時間旅行楽しくて、時に哀しくなり、たくさん自然の恩恵をいただき、
その自然を守りたいと思う、実り多き旅でした。

銀河鉄道に乗り、昭和に戻ったのかもしれないね。

親友であり、心の妹は姉に頼りっぱなし、本当にダメダメですね。
レストランまでお姉さんを走らせたり・・・

これから少し忙しいですが、秋頃にはまた女子会に参加できると思います。
そしてまた時間が交わる時に、鉄道の旅に出かけましょうね。

そうそう喫茶店でしゃべってる時間を一緒にmasaさんの店に廻り、おいしいお蕎麦を食べて帰ればよかったなあと、
思いました。

素敵な時をありがとうございました。

はるか #T2PFTBgw | URL | 2013/07/19 11:45 - edit

こいちゃんへ

こいちゃん、コメントありがとうございます。
相変わらず、長くてのんびりブログにお付き合いいただいてありがとうございます。
ご一緒にのんびりしていただけたなら嬉しいです。
きっと、この旅に、こいちゃんもご一緒だったらなお楽しかったかもしれませんね。
本当は、山にも行きたいと、はるかちゃんと相談したんですが、今回は、なかなか行けない
まったりテツコな旅をしようと決めました。

やっと、体調が戻って来たので、そろそろ風の谷でリハビリしなくてはと思っています(*^_^*)

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2013/07/19 21:31 - edit

はるかちゃんへ

はるかちゃん、いつもコメントありがとう。
時に哀しくなる旅…本当に、そうでしたね。
同じ時を旅して、同じ感動や哀愁や喜びを感じられる友がいるって嬉しいです。

こちらこそお世話になりました。また、いつか時間旅行の旅に出ようね。
その時は、また、よろしくね~♪
そうそう、masaさんの所にも、いつかおそばを食べに行こうね(*^_^*)v

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2013/07/19 21:37 - edit

No title

テツコさんやってますね~!!
新幹線とか最新型の電車もよいですが、こうしたローカル線の車両も味がありますよね。

そういえば、sizukuさんの映画がいよいよ公開ですね! 宮崎監督の「風立ちぬ」。 ブログと同じ名前だなんてなんて素敵なことなんでしょう~!!

てばまる #elaeQlTI | URL | 2013/07/20 21:00 - edit

てばまるさんへ

てばまるさん、こんばんは(*^_^*)
列車の名前も知らないわたしは、テツコって言えるかどうか、心配です(笑)
てばまるさんもてっちゃんでしたよね(^^)ローカル線の良さって、懐かしさなんでしょうか。
とにかく、癒されます。わたしは夜行列車にも、もう一度乗ってみたいと思ってるんです。
二十歳の夏、上野発の夜行列車で青森まで行きました。あの旅は、今も忘れられないです。
わたしのテツコの原点は、鉄道マンだった父の影響も多分にあるかも知れません。
そうそう、最近は、新幹線にも興味あります。ドクターイエローを見てしまったので…(笑)

あっ、そうでしたね。こいちゃんの質問にも答えそびれてましたね。
風立ちぬ、主題歌はユーミンでしたね。わたしも見たいなぁと思いました。

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2013/07/21 01:06 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sion920.blog74.fc2.com/tb.php/391-bb4005ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。