Admin New entry Up load All archives

風立ちぬ

日々の想いを風に乗せて…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

春愁メモリー3 

4月23日 もう一度マキノ尾根へ

こいちゃんから、昨年の大株、健在!!の情報をいただいて、やっぱり、もう一度、マキノ尾根に行きました。
そして、見つけました!昨年の大株、ミドリミツモリスミレを…

hatonosu13-423_079.jpg



わたしが見逃さないように、そっと石を積んで目印にしてくれていました。
こいちゃん、ありがとうございます。お蔭ですぐに見つかりましたよ(^_-)

去年と同様、大株には蕾が12個ほどありました。今、咲いている花が5個ほどで、すでに終わった花もあり、
今年はブーケのようにはならないかもしれませんが、わたしには、十分でした。

hatonosu13-423_081.jpg



小さな目立たない花ですが、マキノスミレの紫とフモトスミレの白を掛け合わせたような透き通るような紫色。
この上品な花色と、深い緑色の大きな葉っぱが、ミドリミツモリスミレの良さじゃないかと思います。

何枚も撮ったのにいいカットが無くて、わたしの写真では、上手くその良さが伝えられないのが残念ですけれど。

hatonosu13-423_106.jpg



この間見つけた、マキノスミレの大株も綺麗に咲いていて惚れ惚れです。

hatonosu13-423_171.jpg



急な斜面に咲いているので、ずるっと滑り落ちそうになりながらの撮影です。

hatonosu13-423_148.jpg




hatonosu13-423_167.jpg



普通は、マキノスミレはこんな感じで、一輪ずつ咲いています。
葉っぱも、花茎も、ピンと張っていて、木漏れ日の林床で凛とした佇まいが素敵なスミレです。

hatonosu13-423_494.jpg


hatonosu13-423_501.jpg




梢には、先週は咲いていなかったオトコヨウゾメの可愛らしい花が咲き出していました。
絶え間ない尾根風に揺れていて、撮影チャンスが巡って来ません。高い所に咲いている小花は難しいです。

hatonosu13-423_075.jpg




この日は、もう一つ場所を移してのスミレ探索です。
明るい林道を登って行くと、ずーっと咲き続いていました。モミジイチゴの白い花です。
こんなに咲いていたら、たくさんの実がなってジャムを作れるんじゃないかしら?

hatonosu13-423_326.jpg



まるでペーパーフラワーみたいな、ちょっとクシャッとさせたようなクサイチゴの花びら…
こちらも好きなんですよね

hatonosu13-423_313.jpg



そして、こちらの尾根には、去年てばまるさんが見つけてくれた不思議なスミレがあるんです。
ミドリタチツボスミレといって、先祖返りしたスミレだそうです。

確か、この辺だった!記憶を頼りに、杣道を登って行くと、ありました。今年も咲いていました。
しかも、昨年より数が増えていました

hatonosu13-423_277_20130628135656.jpg




このスミレ、普通のタチツボスミレとどこが違うか判りますか?
まず、花びらの色が、くすんだ緑がかった色をしています。

hatonosu13-423_284.jpg



そして、スミレの特徴でもあり、名前の語源(墨入れ)にもなった距(フモト)と呼ばれる部分がないのです。
直接、茎に花が付いている感じなのです。

makino13-4_267.jpg


hatonosu13-423_297.jpg


そして、今年は一緒に咲いているものの中に、タチツボスミレとミドリタチツボスミレの中間と思われるものがありました。
距が、あるにはあるのだけれど、下向きで、茎のつきかたも明らかにタチツボスミレとは異なっています。
花色も、タチツボスミレに近い色です。

makino13-4_260.jpg



わたしが、思うには、ミドリタチツボスミレが普通のタチツボに変わって行く過程なのかな?と考えてみました。
どうでしょうね?わたしの仮説、当たらずとも遠からずってとこじゃないでしょうか?^_^;

makino13-4_256.jpg


こんなこと考えていると、楽しくて、ますますスミレの魅力にはまってしまいます。

hatonosu13-423_302.jpg



普通のタチツボスミレもたくさん咲いていました。ここは標高が1000mと高いので、どのタチツボスミレも咲きたてで綺麗です。

makino13-4_307_20130628152918.jpg


こちらの尾根には、アケボノスミレも咲いています。
ふっくらとした丸みを帯びた花びらをしていて濃いピンク色のスミレです。
葉よりも少し先に花が展開するので、最初は花だけで咲いていたり、側に丸まった開き切らない葉っぱがあるので判りやすいです。

hatonosu13-423_383_20130628142325.jpg


後姿も可愛らしいですね。

hatonosu13-423_471.jpg


こんな感じで葉っぱと花が別々みたいな咲き方です。

makino13-4_338.jpg


ふくよかな花びらが魅力的で美しいスミレです。

makino13-4_319.jpg



この日は、可愛らしいフモトスミレがたくさん咲いていました。

hatonosu13-423_461.jpg


makino13-4_345.jpg


こちらはフイリフモトスミレ、葉っぱに斑が入ったものを言います。
このフイリフモトスミレとマキノスミレの交雑種を、ミツモリスミレといい、ミドリミツモリスミレよりも先に見つかったそうです。

後から、斑のない交雑種が見つかったので、こちらをミドリミツモリと命名したそうです。(ややこしいですね)
奥多摩では、ミツモリスミレが見つかっていないみたいですので、いつかは見つけていたいです。

hatonosu13-423_431.jpg


小さなフモトスミレに、大きなロマンを感じつつ、この日のスミレ探索を終えました。春愁メモリー…

makino13-4_398.jpg
スポンサーサイト

category: 森・山

CM: 2 TB: 0   

コメント

へぇー

ほんとに距がないですね。びっくりしました。今までみんな距があるのがスミレだと勝手に思っていましたが,目からウロコでした。今度スミレをよく見てみたいと思いました。ありがとうございました。

nitta245 #- | URL | 2013/06/29 21:25 - edit

nitta245さんへ

nitta245さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
そうなんですよね。わたしも昨年、初めて見た時には新発見かと興奮してしまいました(笑)
なにしろ、このスミレを見つけた友人さえ、名前が判らなかったのです。
わたしも、ネットで調べても、ヒットしなかったので、これはますます、新種のスミレか?なんて思いました。
結局、このスミレを見つけた友人が。ネットで名前を検索してくれて、正体が判ったってわけです。

フモトのないスミレ、最初、何だか変?と思いました。よくよく見たらフモトがありませんでした。
こんな不思議なスミレも、細々と種を絶やさずに生き残っているのかと思うと感慨深いですね。
いつもありがとうございます(*^_^*)

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2013/06/30 00:52 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sion920.blog74.fc2.com/tb.php/383-ad8e3eed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。