Admin New entry Up load All archives

風立ちぬ

日々の想いを風に乗せて…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

春愁メモリー1 

夏至も過ぎ、季節は夏ですね~♪
大好きな夏の到来、らしくないけど、わたしは夏女なんです。
梅雨明けの眩しい太陽、夏草の香り、重なりあった結葉を揺らして涼風が吹けば、
走り出したくなるような衝動にかられます。

森影の小道には、白い十字のドクダミに変わり、真っ青な瞳のつゆ草が咲き始めます。
ぽとりと零れる夏椿に、またたびの白い花、ああ、山に行きたいなぁ…

気分は、早くも夏山に飛んでますが、その前に、わたしを惹きつけて止まなかった春の野辺に、
可憐な野辺の花たちに、そっと別れを告げたいと思います。
過ぎてしまった季節に惜別の想いを込めて、春愁メモリー…と名付けましょう。




あれは、7,8年前の事でしょうか?奥多摩にミドリミツモリスミレが咲くと知りました。
日の出山某尾根…聞きなれない言葉に地図を広げるも、場所の特定どころか登り口さえ判りません。
日の出山に登ってみれば、この地図にも載っていないマイナーな尾根への手がかりが掴めるのでは?
と思い、体調不良を押して出かけた5月のある日、結局見つけることも出来ず、熱を出して寝込みました。
夢でさえ、ミドリミツモリ、ミドリミツモリと呪文のように唱えていたらしかったです^_^;

そんなわたしの夢を、日の出山で偶然出会った奥多摩友達のこいちゃんが叶えてくれました。
こいちゃんは、自分の勘と足を頼りに、日の出山某尾根を見つけ出してくれたのでした。
そして、なんと、ミドリミツモリスミレを探し当ててくれたのです。
たくさんの薄紫の花をブーケのように咲かせた見事なミドリミツモリスミレを目の当たりにした時の
高鳴る感動は忘れられません。夢にまで見たミドリミツモリスミレに、今年も逢いに行きたい…

4月12日…
そろそろ、ミドリミツモリスミレの母種である、フモトスミレとマキノスミレが咲き始めるのでは?と出かけてみました。

山桜咲き、新緑萌える季節でした。

hinode13-4_015.jpg


イロハカエデの花が柔らかな新緑に映えます。

hinode13-4_293.jpg



青空に一際大きく、一際美しく、純白の花を咲かせるのはヤマナシの大木です。

hinode13-4_308.jpg



やっぱり水色の空に映える愛らしい桃色の花は、カイドウ。

hinode13-4_352.jpg



水仙の黄色、ヤマブキの元気な黄色、

hinode13-4_317.jpg


ヤマブキ

hinode13-4_191.jpg



尾根道に取り着けば、林床には、イカリソウがたくさん咲いていますが、この花はいつも上手に撮れません。

hinode13-4_219.jpg



木漏れ日を浴びて、ミヤマシキミが満開でした。

hinode13-4_055.jpg



たくさんのタチツボスミレが咲いていますが、こんな風に一輪、咲いていると気品を感じます。


hinode13-4_233.jpg



そして、小さな、小さな、フモトスミレが、やっと咲き始めたばかりでした。

hinode13-4_074.jpg

hinode13-4_150.jpg

makino13-4_387.jpg



マキノスミレも、やっと数輪咲き出したばかりです。

makino13-4_169.jpg




去年の大株を見つけられませんでしたが、代わりにミドリミツモリらしきスミレを見つけました。

hinode13-4_169.jpg


花は、マキノスミレっぽいのですが…

hinode13-4_170.jpg



葉っぱが、フモトスミレに似ていて、幅が広くて大きいです。
きっと、ミドリミツモリなのではと思います。また来週、確かめに来ることにしてこの日は帰りました。

hinode13-4_175.jpg



山から降りてくると、午後の陽射しに、渓谷がとっても綺麗に輝いていました。

hinode13-4_297.jpg



夕映えの山々を背に、ムラサキハナナが雰囲気良く咲いてます。

hinode13-4_372.jpg



昨年見つけた、ヤマブキソウ…今年も咲いていました。
夕映えに、鮮やかな山吹色を、さらに輝かせて…

hinode13-4_365.jpg




草むらに埋もれるように咲いていたマムシ草に、西日が当たって、ちょっとギョッとしました。

hinode13-4_399.jpg




春先から咲いていたムラサキケマンもそろそろ終盤です。夕日が最後の輝きを与えているみたい。
春愁メモリー…

hinode13-4_404.jpg
スポンサーサイト

category: 森・山

CM: 4 TB: 0   

コメント

No title

ミドリミツモリスミレ
始めて聞きました。
たぶん私ならさ~っと通り過ぎてしまいますね。

会いたい~
そんな想いが通じたのでしょうか?

nousagi #h5XkFFxg | URL | 2013/06/26 08:30 - edit

No title

「春愁メモリー」sizukuさんらしいタイトルですね。
晩春から盛夏の一歩手前、ちょうど今頃かなぁ… 私はそん
な時期が好きで、あの頃は雨模様の里山をよく歩いたもので
す。
タチツボスミレやムラサキケマンの佇まいが良い感じで撮れ
てますね。レンズを向けるという心根、いつまでも大切にした
いものです。

翼 #ZGMDThxQ | URL | 2013/06/26 09:01 - edit

nousagiさんへ

nousagiさん、いつもコメントありがとうございます(*^_^*)

ミドリミツモリスミレは、マキノスミレとフモトスミレの交雑種のスミレなんです。
交雑種のスミレは、とても美しくまた、大株になるのですが、3年ほどで消滅してしまう運命のようです。
それだけに、ロマンを感じます。

奥多摩には、エイザンスミレとヒナスミレの交雑種で、奥多摩の名を冠したオクタマスミレというのもあるそうです。
とても美しいスミレで、こちらも逢いたいスミレなんです(*^_^*)

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2013/06/27 00:34 - edit

翼さんへ

翼さん、コメントありがとうございます。
そうでしたね、翼さんは6月が大好きな季節だと言っていましたね。
雨に煙る里山や、田植が済んだ美しい水田の佇まい、緩やかに曲がる里輪の道の夕映えなど
里山逍遥の6月の写真は、今も、記憶の中に残っています。
あのころ、HPに伺っては、何て美しい写真を撮る人だろうと憧れていました。
日本の原風景と呼べるような、どこか懐かしい里山…また、あの頃の様な写真、見せてくださいね。

わたしも、翼さんの様に、被写体のささやきが聞こえる、そんな写真が撮れるように心を澄ませていたいなぁと思います。

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2013/06/27 00:44 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sion920.blog74.fc2.com/tb.php/380-749297ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。