Admin New entry Up load All archives

風立ちぬ

日々の想いを風に乗せて…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

海沢滝巡り 

海沢園地には、こんな橋を渡って入って行きます。

unazawa13-4_357.jpg

最初に迎えてくれたのは、赤い蕊が取れてしまったハナネコノメでした。
やっぱり少し遅かったみたいです。
でも、真っ白なハナネコノメも可憐です。
みなさんは『わぁ!!今年も逢えた!はなねこちゃんやっぱりかわいい~♪♡ 』と喜んでくださいました。

unazawa13-4_363.jpg

岩陰に咲いてる小さなハナネコちゃんを、一生懸命撮ってます。

unazawa13-4_365.jpg

小さなハナネコちゃんに、ご挨拶!優しい眼差しを向けます。

unazawa13-4_371.jpg

綺麗な流れにも、癒されますね。

unazawa13-4_364.jpg

あら?ピンク色のハナネコノメです。去年もここでいくつか見かけました。

unazawa13-4_372.jpg

ヨゴレネコノメも咲いています。こんなに綺麗なのにね。と、みなさんも同じ意見です(*^_^*)

unazawa13-4_217_20130505231827.jpg

ミヤマハコベにも、みなさんは可愛い!!と反応
白ウサギが隠れているね!うん、確かに~♪

unazawa13-4_291.jpg


ヤマエンゴサクは、パステルカラーで可愛いです。
小人の三角帽子みたいね。
空色のヤマエンゴサクがわたしは好きです。

unazawa13-4_373.jpg

ピンク色が混ざったのは、とっても可愛いね。

unazawa13-4_368.jpg

薄紫も、綺麗だなぁ。結局、どの色も好きなのでした。

unazawa13-4_483.jpg


『sizukuさん、これは、なんですか?』と、なみちゃん。
「あっ、それは、ミツバコンロンソウ。」
うつむき加減に寄り添うような白い花びらのなかに、薄青と赤の蕊が可愛いのです。

unazawa13-4_385.jpg


芽吹きの渓畔林を歩けば、せせらぎの音が心地よく響いてきます。

unazawa13-4_379.jpg


木々の根元には、小さなスミレたち。
この桜貝の様な透き通ったピンクの花びらは、ヒナスミレ。大好きなスミレです。
初めてスミレを探した頃、「スミレのプリンセスって言われているんだよ。かわいいだろう」そう教わったスミレです。

unazawa13-4_381.jpg

少しピンク色の濃いヒナスミレ

unazawa13-4_382.jpg

青みがかった薄紫は、ナガバノスミレサイシン。写真では、この色味を再現するのが難しいです。

unazawa13-4_386.jpg

unazawa13-4_399_20130506015207.jpg

コチャルメラソウ、流れのそばにたくさん咲いています。
目立たないけれど、よく見ると不思議な形をしています。

unazawa13-4_392.jpg

いよいよ、この先に三釜の滝が現れますよ。

unazawa13-4_395.jpg

わぁ!凄い!と、みなさん喜んでくれました。

unazawa13-4_402.jpg


木の根が階段状に張り出した斜面を登り、三釜の滝を俯瞰します。

unazawa13-4_404.jpg

unazawa13-4_412.jpg


こんな急階段も登ります。

unazawa13-4_409.jpg

中段の釜と、滝

unazawa13-4_415.jpg

unazawa13-4_417.jpg


そして、上段の滝

unazawa13-4_424.jpg


ここまで来るとその先の渓谷が俯瞰できます。

unazawa13-4_429.jpg


渓流沿いにしばらく進むとねじれの滝が姿を見せます。
でも、大岩に阻まれているので、その岩を登って回り込まないと滝の全貌は見れません。
滑りやすい岩場を頑張って登り、ねじれの滝へ。

unazawa13-4_440.jpg

見えました!ねじれの滝です。
透明過ぎるほど、透明な水…そんな風にはなはなちゃんも、なみちゃんも表現してくれました。

unazawa13-4_446.jpg

水にえぐられて、空洞になったような岩の内側は、滴るような緑…
冬には、氷柱の殿堂になるんです。

unazawa13-4_451.jpg

みなさん、普段は、山歩きをされない方たちなので、今日のこのコースはチョッピリ心配していました。
でも、この通り!!果敢に挑戦して頑張ってくださいました。

unazawa13-4_471.jpg

岩の上から一生懸命撮影している彼女が撮っているのは?
岩角にしがみつくように咲いていた、ちいさな健気なハナネコちゃんと…

unazawa13-4_456.jpg

シックなえび茶色の葉っぱのヨゴレネコノメでした。
撮った後、彼女は顔を輝かせ、『すごく、素敵な色のヨゴレネコノメがいるわ~♪』
彼女の弾む声に、こちらまで嬉しくなりました。
たぶん、一番嬉しかったのは、ヨゴレネコノメちゃんじゃないかしらね(*^_^*)
(わたしは、撮り忘れてしまったけれどね^_^;)

unazawa13-4_465.jpg

凛とした佇まいのスミレサイシン

unazawa13-4_474.jpg

釣鐘型の可愛いお花とみなさんが誉めてくれて、ハシリドコロも嬉しげです。
このお花は強い毒があって、食したら怖いお花なんですよ。

unazawa13-4_475.jpg

そして、急階段と木の根の階段を登って降りて、三釜の滝に戻りました。

unazawa13-4_480.jpg

『わぁ、ニリンソウが咲いてる。蕾はピンク色してるのね~♪』
ニリンソウの群落が広がっていましたが、まだ蕾が多かったです。でも、蕾の可愛いですよね。

unazawa13-4_494.jpg

花開くと純白です(^^)

unazawa13-4_492.jpg

流れに青空が映り込んでとっても綺麗。やはり春の空は水色ですね。

unazawa13-4_501.jpg

海沢園地に別れを告げてきた道を帰ります。

unazawa13-4_505.jpg

帰り道、ヒトりシズカを見つけました。

unazawa13-4_518.jpg

そして、来る時に見つけて、名前が判らなかったこのスミレ。帰りにも立ち止まり、
イクさんとモナスマさんと何スミレだろう?とスミレ図鑑を調べます。

正面のお顔はこんな感じ

unazawa13-4_521.jpg


でも、どうしても思い浮かばなくて、もしかしたら、交雑種じゃないかな?なんて、あれこれ考えます。
こんなのが、スミレの奥の深さでもあり、面白さでもあります。

横顔と距はこんな感じ

unazawa13-4_523.jpg


やっぱり判らなくて、花や葉や距の写真をたくさん撮りました。
(翌日、いくさんから、ヒカゲツツジではないでしょうか?のメール。ああ、なるほど、確かにそうですね。
これで、すっきりしました。さすがイクさん、ありがとうございます。)

葉っぱはこんな感じ

unazawa13-4_530.jpg

そんなスミレ談義をしていると、午後3時の陽射しが、新芽や新緑を輝くような黄金色に染めていきます。

unazawa13-4_537.jpg

そして、その光のシャワーの中を、ハナネコ女子会の仲間が歩いて行きます。
良い光景だなぁ…そう思ってシャッターを切りました。

unazawa13-4_540.jpg

カエデの新芽の緑も一際輝きを増します。

unazawa13-4_551.jpg

ヒカゲツツジも、より一層、美しいクリームイエローに染まります。

unazawa13-4_557.jpg

川面も美しく、穏やかに流れます。

unazawa13-4_553.jpg

トンネルをくぐり抜け、元の世界へ(笑)

unazawa13-4_555.jpg

海沢の流れに別れを告げて、白丸駅を目指します。

unazawa13-4_563.jpg

里道は、春真っ盛りに、桃の花

unazawa13-4_565.jpg

ひらひらと風に流れるヤマブキの花

unazawa13-4_568.jpg

菜の花畑の向こうにソメイヨシノが満開です。もう、街ではすっかり葉桜なのになんて綺麗なの(^^)

unazawa13-4_578.jpg

イロハカエデの新芽の橙色と、花の朱色が、目を惹きます。

unazawa13-4_581.jpg

緑をバックに

unazawa13-4_584.jpg

桜をバックに

unazawa13-4_587.jpg

一本の木が、まるごと花盛りの様な華やかさです。

unazawa13-4_592.jpg

白丸湖に出ました。エメラルドグリーンの湖面が美しいです。

unazawa13-4_596.jpg

遊歩道を数馬峡橋へと向かいます。

unazawa13-4_598.jpg

数馬峡橋を渡る時、対岸の山桜が、とても見事に美しく咲いていてくれました。

unazawa13-4_602.jpg

そして、暮れていく湖の木立ちの向こうに、真っ白に咲くソメイヨシノが見えました。
まるで、その一本だけがスポットライトを浴びたように白く際立って見えます。
『なんだか、待っていてくれたみたいに咲いているね。』
『あの桜が見れただけで嬉しい、待っててくれてありがとう…』
思わず皆さんの口からそんな言葉が洩れました。

unazawa13-4_603.jpg

わたしたちは、暮れゆく白丸湖を後にして、山間の無人駅“白丸”へと急な坂道と階段とを登って行きます。
すると、民家の庭先を通って、ぽっかりと駅にでます。
『え~!!不思議な駅??』『なんだか、本当に山が迫っているんですね。』
『この駅、すごく好きだわ~!』と、みなさんホッとしたように喜んでくれました。

これで、長い一日が終わりました。みなさん、良く歩きましたね。お疲れ様でした
待合所のベンチで腰かけて話していると、先ほどからホームにいたおじいさんが、いきなりおせんべいの袋を差し出します。

『え??あの、これ、いただけるんですか??え??全部~??』差し出されて、わたしたちが目を白黒させていると
『これ、作っているの。』そう言って、おじいさんは、袋を開けてみんなで食べなさいと言うジェスチャーをしました。
そして、そのまま、ホームの先に行ってしまいました。
わたしたちは、狐につままれたような心地がしましたが、おせんべいをいただく事にしました。
素朴な味わいの美味しいおせんべいでした。入っていた袋を見たけれど、製造元も何にも書いてありません。

やがて、下りの列車が到着して、あのおじいさんが乗り込んでいきます。
お礼を言わなくちゃ!!とっさに、モナスマさんとわたしは、列車に駆け寄りました。
おじいさんが座ろうとした窓を、叩くと、こちらに気がついてくれたようです。
わたしたちは、「おせんべい、ありがとうございました。美味しかったです。」と、頭を下げました。
すると、おじいさんは、ニッコリ笑って、かぶっていた帽子を取り、深々とお辞儀をしました。

列車はゆっくりと動き始め、わたしたちは、手を振って見送りました。
今、思い出しても心がほんわかと温まる不思議なおじいさんとの出逢いだったと思います。
ハナネコ女子会のみなさん、お世話になりました。また、花を愛でてお出かけしましょうね(*^_^*)

unazawa13-4_579.jpg

スポンサーサイト

category: 森・山

CM: 6 TB: 0   

コメント

お世話になりました♪

sizukuさん、その節は大変お世話になりました。
帰ってからしばらく弁慶の泣き所の筋肉痛と膝が笑って・・・ました^^;
もうすっかり元通りですが。

青梅は、とても不思議な所です。
私は、田舎育ちなので、ふるさとを思い起こすのですが、
でも、ちょっとどこか違うんです。。
癒しを感じるところが、違うのかなぁ。。
でも久々に、田舎に帰りたいなぁ、、、そう思っちゃいました。

子供の頃遊び回った田舎と、
大人になって遊び歩いてる田舎。。。
成長のない私は、何歳になっても夢中に遊んでるようです^^;
名前も知らない花を摘んで花束にして遊んでたあの頃。
山の花は、あの頃の自分探しのきっかけなのかもしれません。
ハナネコノメちゃんも、ヨゴレネコノメ君も可愛かった~!

勇気がいりますが、厳寒に凍りついた三釜の滝もみたいかも!
今年は湖面に燃える紅葉、絶対見に行きます!
どうぞこれからもよろしくお願い致します。


はなはな #- | URL | 2013/05/06 20:26 - edit

sizukuさん
三釜の滝など、素晴らしい写真に楽しかったひとときを振り返っています。
滝めぐりはスリル満点でした。
ハナネコノメに会えたのもが嬉しかったし、ヒカゲスミレとわかった時も感動しました。
又、宜しくお願いします。

いく #77lhkh7s | URL | 2013/05/06 20:49 - edit

はなはなちゃんへ

はなはなちゃん、おはよう(*^_^*)
素敵なコメントありがとうございます。
はなはなちゃんの育った田舎も見てみたいなぁ!きっと、素敵な場所なんでしょうね。
素直で素敵なはなはなちゃんを育んでくれたんだものね(*^_^*)

野の花を摘んで遊んだ日々、懐かしいね。でも、わたしは、男の子に混じって秘密基地づくりなんかしている
女の子だったかも(笑)段ボールや木箱を持ち込んで家を作ったり、崖にロープ垂らして、登ったり。
合言葉は、「ヤマ」と「カワ」だったり…線路をずっと歩いて、どこまでいけるかとかね。
スタンドバイミーみたいだねぇ(笑)

厳冬期の海沢、ぜひ、お連れしましょう!!(*^_^*)
そして、錦秋の白丸湖にも、ぜひ。ハナネコ女子会で訪れましょうね(*^_^*)v

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2013/05/08 08:44 - edit

いくさんへ

いくさん、こちらにもコメありがとうございます。
楽しかったですね~(*^_^*)
いくさんは、いろいろ、自然界の事をご存知なので、とても勉強になります。
また、ご一緒に、花めぐりや探鳥会などもご一緒出来たらなぁと思っています。

拙い写真ですが、デジブックを作りましたので、次回アップしますのでご覧くださいね(*^_^*)
来週のオープンガーデン、どうぞよろしくお願いします(^^)

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2013/05/08 08:48 - edit

No title

sizukuさん、こちらにもこんにちは~(笑)

この前、和名倉山の帰りに梅沢の標識を見て、
相棒と夏の暑い日にでも行ってみようかって話していたのです。
でも、今の季節もいいな~(^^♪

ここは大岳山から下山した時に通ったのでした。
そんなに人も入って無くて、静かでいいなって思いました。

まだまだ沢山の可愛いスミレがいっぱいですね。
そうそう、白丸湖っていうのですね!

矢車草 #MH738lGQ | URL | 2013/05/08 15:47 - edit

矢車草さんへ

矢車ちゃん、おはよう(^_-)
いつもコメントありがとうございます。
矢車ちゃんの和名倉山、素敵な山旅でしたね。一昨日、秩父にお邪魔した時、
美の山の展望台で、山座表を見ながら、あれが、矢車草ちゃんが登った和名倉山ね!って
みんなで眺めていたんだよ。深い奥秩父の名峰でした。

海沢は、大岳山の帰路でしたか~!さすが、健脚だね(*^_^*)
わたしも、海沢から大岳を周回してみたいけど、無理そうかな~^_^;
海沢大滝の上の滝って、見ましたか?その滝も見てみたいと思ってるんですが、
結構マイナールートだから、止めたほうが良いかもって、Hgさんに止められました~(笑)

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2013/05/09 09:49 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sion920.blog74.fc2.com/tb.php/361-2a726d03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。