Admin New entry Up load All archives

風立ちぬ

日々の想いを風に乗せて…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

大切な人を… 

3月10日、ごうごうと、春の嵐が吹き荒れる、そんな日でした。
先日(3日)の、秩父のお田植え祭りの時には、まだ、梅の花も咲いていなくて、
田畑の畔や、野道に咲きだしたオオイヌノフグリやホトケノザに浅い春の訪れを感じただけでしたのに、
keykunさんの言葉通り、お田植え祭りが春を呼んできたのでしょうか?
急に暖かくなり4月のような陽気に、一気に梅も満開になりました。

今日は、大切な人をご案内して青梅の素敵なお店をハシゴする予定です(^_-)☆
でも、お互い花粉症だし、春の嵐になりそうな予感…
中国からは黄砂とありがたくないPM25とかも飛んでくるらしいし、どうしようかな?と考えていました。

電話を入れてみると『大丈夫です。花粉症はいつもの事だし、よろしくい願いします。』
とのお返事、「では、予定通り^_^お待ちしていますね。」と、電話を切りました。
大切な人とは、末娘の彼のお母さん。初めてご一緒することになったのでした。
お花や、イングリッシュガーデンが大好きというお母さんと青梅の街を歩くことにしました。

oume13-3_021.jpg


彼がお母さんを乗せて、娘とわたしを迎えに来てくれました。
それでは、ランチへと向かいましょう。今日のランチは、成木にあるコンブリオと言うお店です。
ここに、こんな素敵なお店があることに、いままで一度も気づかなかったのですが、
飯能に住む長女の所へ自転車で遊びに行くようになって、「あら?こんな所に」と気づきました。
早速、訪れてみると、広々としたお庭に可憐なクリスマスローズの花が揺れ、どこか外国を思わせるような瀟洒なログハウスがひっそりと建っていました。

oume13-3_025.jpg


わたしは、一目で気に入ってしまい、美しいガラス扉をそっと開けて中に入りました。
柔らかな明かりに映し出されたその室内は、とてもお洒落なのですが、どこかアットホームな感じがして
とても心が安らぐ空間だと肌で感じ取れました。
妙齢のオーナーさんは上品な美しい女性で、いろいろとお話してくださいました。
シフォンケーキと珈琲をオーダーしましたが、珈琲は薫り高く、シフォンケーキはふわふわでとてもおいしかったです。

nariki2_25.jpg

オーナーさんは、このお店の名は、イタリア語で“コンブリオ(con brio)生き生きと”という意味だと教えてくれました。
これは“アンダンテ(andante)歩く速さで”などと同じ音楽用語なのだそうです。
オーナーさんのご主人様が音楽家だそうで、訪れた方が、生き生きと元気になってくださるようなお店にしたいと言うことで付けられた名前なのだそうです。

『コンブリオが、音楽用語だと気づく方は、あまりいらっしゃらないと思います』そう言って。オーナーさんはニッコリと笑われました。

oume13-3_031.jpg


室内には、心地よくジャズが流れ、真っ白なテーブルクロスがかけられたテーブルは、大切な人が訪れるのを待っているかのようでした。
わたしが、クリスマスローズを撮っているのを見て、オーナーさんはこんな風におっしゃいました。
『お花がお好きですか?もう少ししましたら、そう、3月末から4月中旬ごろまで、お庭にクリスマスローズがたくさん咲きます。よろしかったら、その頃、またお越しください。』
一枚のカードをくださって、そんな風に進めてくださいました。


nariki2_16.jpg

彼のお母さんをご案内することになった時、真っ先に、このお店にお連れしようと決めたのでした。
きっと、この心地よさと気品ある美しさとを気に入ってくださるような気がしたからでした。
案の定、お母さんは大変喜んでくださいました。
ランチでいただいたハンバーグもとても美味しかったです。

☆コンブリオのデジブックを末尾↓に載せました。よろしければご覧ください。

ランチの後、青梅の街中をちょっとご案内しました。
風も酷い事だし、なるべく室内で過ごしましょうと、昭和レトロ商品館、赤塚不二夫館、昭和幻燈館と、
三館巡りをしました。
青梅の街は、“昭和レトロの青梅宿”と銘打ち、町ぐるみで懐かしい昭和の風情を残そうと取り組んでいます。
古い町家や路地裏の佇まいのそここに、時が止まったような場所があったり、街角や商店街に飾られた
多数の映画看板など、何とも言えないノスタルジーを感じます。

oume13-3_068.jpg

この映画看板は全国で5人になってしまったという映画看板師のお一人の板観さんが青梅市の出身であったことから
青梅市の街角を飾ることになったそうです。
町中に飾られたものの中で「板観画」とサインの無いものは、近隣の美大生が描いたものと聞いています。

oume13-3_069.jpg

昭和レトロ商品館にも、たくさんの映画看板が飾られていました。

oume13-3_051.jpg

昭和レトロ商品館には、昔懐かしい商品が多数飾られていたり、駄菓子屋さんや紙芝居屋さんなどが
再現されていたりして、同じ昭和という世代を生きた者同士で訪れると、共感するものがたくさんあったりするのでした。

oume13-3_047_20130406183914.jpg

昭和幻燈館には、古い街並みを再現したジオラマがたくさんあって、不思議な世界を醸し出しています。

この架線橋は今もあって、この明かりが点った家は、“夏への扉”という素敵なカフェになっています。

oume13-3_102.jpg

今、青梅には映画館はありませんが、キネマ通りは現存しています。

oume13-3_105.jpg

路地裏で、チャンバラごっこで遊ぶ昭和初期の子どもたちの姿。ノスタルジーですね。

oume13-3_106.jpg

こんな路地裏もノスタルジーそのもの。

oume13-3_104.jpg


青梅は何故だか猫街なのだそう…(*^_^*)

oume13-3_114.jpg

ねずみ屋に猫正宗…(*^_^*)

oume13-3_110.jpg

ねこバーに入って行く、猫の青年?…(*^_^*)

oume13-3_109.jpg

cafeマタタビの窓には、猫が…(*^_^*)

oume13-3_107.jpg

この精密なジオラマには、今までご案内した方は、みなさん、はまりました。
案の定、娘も彼も、彼のお母さんも夢中になりました。

そして、今回は、人形作家の方のまるで、命を吹き込まれたようにリアルな表情の人形たちが展示されていました。

おじいちゃんと幼い孫娘、おじいちゃんの愛情が滲み出てます。(*^_^*)

oume13-3_071.jpg

おばあちゃんと孫娘でしょうね。そっくり(*^_^*)

oume13-3_076.jpg

あどけない少女

oume13-3_088.jpg

ちょっと寂しげな少女の表情

oume13-3_091.jpg

夢見がちな少女の表情に、魅せられました。

oume13-3_092.jpg

母と子、不変の慈愛を感じます。

oume13-3_096.jpg

ゆっくり、作品を鑑賞しているうちに春の嵐が治まったようです
幻燈館を後にして、ちょっと裏道に入って、住吉神社の前を通りましょう。
ほら、紅白の梅が満開です。

oume13-3_120.jpg

なんと、青空も覗き始めました。白梅が清々しく香ります。
『まぁ、綺麗ね~♪梅の花をこんなにじっくり見たことなかったわ。』と、彼のお母さんがつぶやきました。

oume13-3_126.jpg

そして、青梅の人のシャレ心(*^_^*)
青目さま♪ 招き猫なのかな?それとも七福神?2体いらっしゃいますよ。
住吉神社の参道わきに鎮座されています。もし、青梅にいらしたら、探してみてくださいね(^_-)
青い目の猫神様、結構、可愛いお顔です。

oume13-3_118.jpg


それでは、もうひとつの素敵なお店ティールームへ行きましょう。

テイ―ルームは、多摩川が大きくカーブした釜の淵公園に隣接しています。
穏やかになった流れが緩やかに蛇行して、岸辺には柳の並木や桜並木が続いています。
桜の時期には、川べりを染める薄紅色の桜が青空に映え、とっても美しい長閑な眺めです。
散り際には、水面に浮かぶ桜の花びらが風情があります。

ティールームに行くには、柳瀬橋と鮎美橋という二つの橋を渡って行きます。
広い川面から吹いてくる川風が心地よくて、何だか気分がぱぁと明るくなるんです。
『ああ、気持ちいいわねぇ~♪こんな場所が青梅にあるなんて今まで、全然知らなかったわ…』
彼のお母さんが、いい笑顔になりました。

oume13-3_130.jpg


川岸には、花火のようなサンシュの花も咲いています。

oume13-3_129.jpg

そして、ティールーム着きました。

いつもながらの素敵な佇まい。お庭には春のお花が咲きだしていました。
心を込めてこのお庭を作っていらっしゃるオーナーさんの愛情が感じられるようなお庭です。
黄色い水仙のなんて元気なコト。園芸品種のお花の名前は、なかなか覚えられないのだけれど…癒されます。

oume13-3_132.jpg

ムラサキのビオラをこんもりと乗せた花車…お庭のアクセントになって素敵です。

oume13-3_142.jpg

シラカバの木陰のベンチにも、春色の可愛い寄せ植えが…

oume13-3_139.jpg

初めてここに来た彼のお母さんも、娘も、すっかり夢中になっていました。

oume13-3_153.jpg

オーナーさんが、嬉しそうな笑顔で『お嬢さんですか?』と声をかけてくださいました。
いつも細やかな心遣いで接してくださるオーナーさんもまた、母娘でお店を切り盛りしていらっしゃるのです。
娘さんが書かれるティールームのブログは、訪れる人への優しさと季節の花々への溢れる想いが綴られています。

oume13-3_183.jpg

美味しいケーキと珈琲をいただきながら、暖かい店内でしばらく談笑しました。

oume13-3_167.jpg

陽射しが当たる窓辺では、春色の雑貨たちが並べられ、本当に和める光景なのでした。
娘も彼のお母さんも、雑貨を選びながら楽しそうです。

oume13-3_174.jpg


こうして、ほんのりと日暮れまで過ごし。わたしたちはティールームを後にしました。

oume13-3_212.jpg

鮎美橋を渡りかけた時、川の向こうに夕日が沈みかけました。

oume13-3_216.jpg

少し先を行く三人の姿が小さくなっていきました。
ふと、ああ、娘もわたしたちの元を巣立っていくのかと思いました。
もうじき、わたしの手元を離れ、新しい暮らしを始めるんだなぁ…
そして、それは、わたしたちと暮らした日々よりも、遥かに長い日々を、これから歩き始めるんだと思いました。

oume13-3_217.jpg


しみじみとそんなことを想いながら、カメラのファインダーを覗いていたら、
ふと、わたしのことを思い出したかのように娘が振り返りました。
そして、幼い頃、そうしたように、お母さんとでも呼びたげに、大きく両手を振りました。
わたしは、少し、寂しくなりながら急いで後を追ったのでした。

oume13-3_219.jpg

大切な人は、喜んでくれたようでした。大好きな青梅のお店のお陰ですね。
帰り道、『おかあさん、今日はどうもありがとう。とっても楽しかったわ』と、娘がそっと言ってくれました。


青梅の素敵なお店を、デジブックにしましたので、よろしければご覧ください。

☆“コンブリオ”  扉を開けて




☆“ティールーム”  春色の小径

スポンサーサイト

category: お店

CM: 6 TB: 0   

コメント

No title

暖かで、幸せな、一日だったようですね。(^^)

「夏への扉」
雷電山へ行った帰り、寄ったことがあります。
なんだか素敵な店だったので・・・。

nousagi #h5XkFFxg | URL | 2013/04/07 17:16 - edit

しいちょん、風邪はすっかりよくなりましたか?

娘さんの彼とお母さんを青梅に案内して、素敵なランチやコーヒーをいただく、
しいちゃんらしい優しい心配りですね。

娘さんおめでとうございます。

末っ子でお母さん子のアイリスさんが、お嫁さんになるのね。しいちゃんちょっとさびしいかも…

でも妹軍団はこれからもしいちゃんにあちこち案内してもらいぴよぴよと付いて行くので、よろしくお願いしますです。

安曇野さんにもおめでとうございますとお伝えください。

はるか #T2PFTBgw | URL | 2013/04/07 22:48 - edit

No title

こんにちは、こつこつです。
とても素敵なデジブックにまとまりましたね!
「扉を開けて」と「春色の小径」は、今のお母さんの心境と願いが
それぞれに対象的に表現されていて見ていてジーンと伝わって
きました。映像と露出と音響効果がマッチしていてすばらしいです。
ご一緒に大切な時間を過されて本当によかったですね。
    おめでとうございます!!

こつこつ #- | URL | 2013/04/08 15:33 - edit

nousagiさんへ

nousagiさん、コメントいつもありがとうございます<m(__)m>
このところ、何かと忙しくて、nousagiさんの所へなかなか伺えず申し訳ありません。

本当に、この日は、春の嵐にもめげず(笑)でも、午後3時を過ぎたあたりから風も止み
最後は、暖かな気持ちで穏やかに終わることが出来て良かったです(*^_^*)

夏への扉、ご存知でしたか(*^_^*)
わたしも、随分昔に、青梅丘陵を歩いた時に見つけました。
それから、10年ほど経ってから訪ねたのを思い出します。
今も年に何回かは訪れています。あのノスタルジックな雰囲気とマスターと奥さまの
優しげな雰囲気が、青梅の街にマッチしていて素敵ですよね(*^_^*)

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2013/04/09 09:08 - edit

はるかちゃんへ

はるかちゃん、コメントありがとう(*^_^*)
今日は、良いお天気になったね~♪
素敵な花旅になってるだろうなぁ(*^_^*)楽しんできてね。報告待ってます~♪

そうそう、お誕生日、おめでとう~(*^_^*)v
マーガレットも今日なので、これからお祝いに行ってきます~♪

アイリスとは、月末に、奈良に旅行に行く予定です。
独身最後の母娘旅を、満喫してくるねヽ(^。^)ノ

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2013/04/09 09:13 - edit

こつこつさんへ

こつこつさん、コメントありがとうございました。
デジブックもご覧いただきましてありがとうございます<m(__)m>

たくさんの素敵なお店がありますけれど、青梅のお店が大好きなのでご一緒していただきました。
秩父や越生の素敵なお店にも、また、あちらのお母さんや娘と行けたらなぁと思っています。

いくつになっても、嫁いでいく娘を見送るのは悲喜こもごもですが、世のお母さんたちの想いはきっと同じでしょうね。

こつこつさん、暖かなコメントありがとうございました。
芽吹きが美しい青梅に、また、遊びにいらっしゃいませんか?

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2013/04/09 09:22 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sion920.blog74.fc2.com/tb.php/340-992cc81b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。