Admin New entry Up load All archives

風立ちぬ

日々の想いを風に乗せて…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

春を呼ぶ祭り 

今年の春は、一気に暖かくなったと思ったら一気に寒くなって、寒暖の差が激しくて
体が付いて行けず、このところ体調がいまいちでした。
そう言いながらも、しっかり、山遊びには出かけていたのですが、ブログの方は書けずじまいでした。
溜まったままの写真がいっぱい…あまり、古いのはお蔵入りですが、3月の記事は順次アップしていきます。

ちょっと、逆戻りの記事で恐縮ですが、しばらくお付き合いいただけると嬉しいです^_^;




『御田植祭りという、長閑な春祭りがありますので観に来ませんか?』
秩父にお住いの友人のshinさんとkeykunさんから、お招きをいただきました。
keykunさんが丹精込めてお世話をしているサクラソウの苗を譲っていただくという目的もあり
わたしたちは、春浅い秩父路に向かったのでした。

道の駅、「あしがくぼ」で待ち合わせをし、一路、横瀬にある美味しいお蕎麦屋さんへ向かいます。
「花筏」という小さなお蕎麦屋さんは、keykunさんのお知り合いのお店で、お二人がご贔屓のお店だそうです。
花好きな女将さんが、たくさんのお花を育てていると言う庭先には、蠟梅の花やサンシュの花やクリスマスローズやパンジーなどの花が咲き始めていました。

店名の「花筏」にちなんで、水を張った鉢に浮べた色とりどりのお花が綺麗でした。

titibu13-3_048.jpg

お蕎麦は、若い息子さんが打っています。腰が強くてとってもおいしいお蕎麦でした。
それぞれに添えられた季節のお花が、かわいいくて、女将さんの優しさを感じます。

titibu13-3_040.jpg

デザートには、和の風味のプリンをいただきました。
ほうじ茶プリンだそうです。ほんのりとほうじ茶の香り…甘さも控えめで、あっさりしています。
大きなプリンなので、大満足でした。美味しかった~♪

titibu13-3_043.jpg

早めのお昼を済ませ、秩父上蒔田と言うところにある椋神社へと向かいます。
周りを山々に囲まれた秩父盆地、長閑な里山の奥に鎮座する小さな神社を探すのは、地元を良くご存知の方でないと無理そうです。

titibu13-3_120.jpg

このお祭りは、田に水を引く苗代作りから、田起こし、鍬起こし、施肥、坪割り、種まき、代かき、田植と、稲作の一連の農作業を模して行われます。
代かきでは、本物の馬が勇壮に境内を疾走するそうです。農耕馬では無いけれど、美しい栗毛の馬が2頭待機していました。

titibu13-3_146.jpg

正午から始まるこのお祭りは、まずは神殿の中で神部と呼ばれる人々の食事風景から始まります。
山盛りに盛られたご飯と、味噌汁、豆といった昔ながらの質素な食事です。
そして、神部たちには、お神酒がふるまわれ、とても和やかに祭りは進行していきます。
われわれ、ギャラリーも、神殿の中を覗くことを許されていて、たくさんのカメラマンたちがシャッターを押していました。

titibu13-3_162.jpg

祭りが始まってからも、実に長閑でゆっくりと時間が流れて行きます。
神部たちは、お酒が入っているので、ほろ酔い気分。
整列しても全然、揃わないのだけれど、それもご愛嬌。

titibu13-3_369.jpg

何だか、ゆるーい感じがほのぼの心地よいです。
そして、自由で生き生きとしていて、こんなお祭り見たことがありませんでした。

titibu13-3_397.jpg

観客も神部たちに、自由に声をかけたり、ヤジを飛ばしたり和気藹々です。

titibu13-3_401.jpg

顔を見合わせてニッコリ(*^_^*)お父さんの笑顔が最高に素敵でした♪

titibu13-3_477.jpg

みんなが、酔っ払いっていうところが、本当に可笑しくって(笑)ユニークなお祭りです。

titibu13-3_517.jpg

でも、いつまでも、まったりではありません。最後は二頭の神馬が登場し、狭い境内を疾走します。

titibu13-3_609.jpg

かなり迫力があり、見物客の目の前を走り抜けるので、思わず後ずさりしてしまうほどです。

titibu13-3_639.jpg

そして、最後に、苗に見立てた藁を境内に植えて行きますが、固い土の境内です。
砂を掻き集めないと藁はなかなか立ちません。
数人の神部たちが諦めかけて、寝かせたまま終えようとした時、リーダーのお父さんが、大きな声をかけます。
『田植をしたくても出来ない東北の分も、植えるんだからよぉ。しっかり、植えべぇよ~!』
その声に、諦めかけた人も、また一心に立て始めました。
あから顔のお父さんたちが、一生懸命、砂を掻き集めている姿に、何だかじーんと来てしまいました。

titibu13-3_698.jpg

お祭りを終え、帰路に着く時、keykunさんが、ぽつりと言いました。
『このお祭りが終わると、やっと秩父の里にも春が来るんですよ…』
ああ、良い言葉だなぁと頷きながら、秩父に住む人たちの優しさを感じる良いお祭りだったと思いました。
こんな素敵なお祭りにご案内してくださったshinさん、keykunさん、どうもありがとうございました。
わたしたちは、こころ優しいお友達を持って幸せ者です(*^_^*)

titibu13-3_712.jpg


そして、帰りにkeykunさんのお宅に立ち寄り、サクラソウの苗を分けていただきました。
これからの世話の仕方や、水やりや、植え替えの時期など丁寧に教えていただきました。
小さな小さな緑の芽が微かに土の中から顔をのぞかせているのを見ると、何だか秩父の春を分けていただいた気きがして、心がほっこり暖かくなります。

keykunさん、ありがとうございました。我が家に、お嫁に来たサクラソウ、大切に育てますね~(^_-)

「春を待つ秩父路」御田植祭りをデジブックにしました。
ユニークで、温かみのある素敵なお祭りです。よろしかったらデジブックでご覧ください。

スポンサーサイト

category: 里山

CM: 4 TB: 0   

コメント

No title

こんばんは~
ゆる~い感じのお祭り、なんだかホッとしますね
神部さん方の顔もにこやかで、この季節を迎えられたことを
とても喜んでいるのが伝わってきます。

先日はハナネコに行けなくて残念だったけど
やっと咳も少しおさまってきました。
sizukuさんの画像見て、昨年の感動が蘇ってきました。
庭も山もまた新しい季節が巡ってきましたね
今日の夕方、軽井沢から帰ってきたのですが
雪こそないものの、まだあちらは冬の気配が残ってました。
それでもモミジの枝が赤くなってきていて
フキの塔が顔をだし、ゆっくり春がやってきています。
いい季節は駆け足じゃなくてのんびりと過ぎて欲しいですね

なみちゃん #LGxQMfeo | URL | 2013/04/03 22:20 - edit

なみちゃんへ

なみちゃん、コメントどうもありがとう(*^_^*)
わたしは、結構、お祭り好きなんですよ。
厳しい練習の賜物というような、すごく、緊張感のある手に汗握るような
お祭りも好きですが、こんな、ゆるーいお祭りもいいなぁって思いました。

見物の人も、ほとんどが近隣の人だろうなって感じも、さらにいいなぁ…(*^_^*)
こういうお祭りが、ずーっと続いて欲しいと思いました。

このところ、お天気が悪くて寒かったですね。また、週末は嵐になるとか。
良い季節なんだから、ゆっくりと、穏やかにと願いたいですね。
わたしも、やっと体調が良くなってきました。なみちゃんも咳が治まるといいね。
はなはなちゃんと、遊びに来てくれる日を楽しみに待ってますよ~♪

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2013/04/04 22:46 - edit

No title

里や村のお祭りを、随分長い間見ていませんでした。
土地に根ざした、人の生活や、文化を感じますね。
馬が走る姿、迫力ありそうですね。

nousagi #h5XkFFxg | URL | 2013/04/05 10:48 - edit

nousagiさんへ

nousagiさん、いつもコメントありがとうございます。
里のお祭りっていいものですね。機会がありましたら、ぜひ、ご覧になってみてください。
裳のお祭りの、馬は迫力ありました(*^_^*)

わたしはお祭り好きなものですから、結構、出かけています。
なかでも、奥武蔵や秩父、奥多摩に多く残されている獅子舞はバカが付くほど大好きです(笑)
夏になると毎週のようにどこかで獅子舞があって、山に行きたし、獅子舞も見たいし、で困ってしまいます。

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2013/04/05 23:01 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sion920.blog74.fc2.com/tb.php/339-8e2aef23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。