Admin New entry Up load All archives

風立ちぬ

日々の想いを風に乗せて…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

黄色い絨毯 

先日、忘れ雪舞う栗平に訪れた約1週間後、満開の福寿草が見たくて
ひとり、出かけました。まだ、風邪が治ったばかりだったのですけれど…

良いお天気でしたが、尾根に出るとやっぱり寒いです…
でも、そのおかげで、空気が澄み渡って遠くまで良く見えました。
うっすらと見えるのは、左端の白い山容が日光白根山、それに続く平らな白い山塊は金精峠付近のです。
手前中央の尖がり山は、奥武蔵の越上山(おがみやま)だそうです。(山座表の受け売りですけど)

kuri2-2_028.jpg

その右へ目を転じれば、どっしりとした男体山へと続きます。
400m足らずの低山の尾根ですが、こんなに遠くまで見えるとは驚きです。

kuri2-2_027.jpg

尾根道をしばらく辿り、峠越えをして、栗平の集落を俯瞰します。

kuri2-2_052.jpg

やっぱり、この景色が、とても好きです。

kuri2-2_047.jpg

竹林を通り抜ければ、竹の葉を、さらさらと揺らして風の音が聞こえます。

kuri2-2_060.jpg

絶え間なく、さらさらさらさら…一人でいると、こういう自然の中のささやかな音が
目と耳とを通して、とってもリアルに心の中に入ってきます。

kuri2-2_069.jpg

栗平の入り口からの風景が長閑で素晴らしくて、しばらく立ち止まって眺めてしまいました。
何だか、ここだけ、時間がゆっくりと流れているような、まるで別の世界のような錯覚に落ちます。

kuri2-2_073.jpg

賢治の学校の丸太小屋が見えてきました。

kuri2-2_081.jpg

今日も校長先生の姿は見えませんが、なんとなく逢えそうな予感がします。
ぽかぽかと、暖かな陽光溢れる山里は、先ほどの尾根の寒々しさはどこにも無くて、
まるで春が来たように暖かくてホッとします。

kuri2-2_084.jpg


遠くで、カーン、カーンと斧を振る音が響いていて、そのうちザザーっと倒れる音が響きます。
やがて、中央の畑を大きな竹を担いで歩く人影が現れました。
あの音は竹を切る音だったのですね。もしかして、あの人は…

kuri2-2_076.jpg

そう思って、近づいて行くと、やはり賢治の学校の校長先生でした。
「こんにちは。先日お邪魔した者ですが、あの時は車で送っていただきありがとうございました。」
と、挨拶すると覚えていてくださいました。先週も雪の降る日にお邪魔して、軒先を拝借させて
いただいたことをお話しすると、快く承諾してくださいました。

この竹は、イノシシ避けを作るのだと言いながら、慣れた手つきで竹を切り、細く割って行く。
そんな仕事ぶりを拝見していると、とても器用で働き者の方だと言うことが判るのでした。

校長先生は『お茶を入れましょうか?』と、穏やかで優しい笑顔を向けてくださいました。
「ありがとうございます。でも、お忙しい所お手間を取らせては申し訳ないので。」と辞退して
少しの立ち話の後、おいとましました。

そのうしろ姿を拝見しながら、ふっと在りし日の父の姿が浮かんだのでした。

kuri2-2_083.jpg

緩やかな起伏の栗林の丘を抜けて、畑の中を細い小道が延びています。
今日は、集落の中の少し探検をしてみようとその小路を辿ってみました。

kuri2-2_095.jpg

畑の中に古い石垣があって、かつて、ここに家があったことを物語っています。
もとは9軒の集落であったと、聞いています。その頃の栗平ってどんなだったのでしょうね。

kuri2-2_104.jpg

畑の中の日向はもちろん暖かなのですが、地面に伸びた黒々とした影にさえ、温もりがあって
春の野辺を感じます。

kuri2-2_098.jpg


畑の隅に、梅の木は、先日は蕾だったけれど、今日はちらほらと咲き始めていました。
咲きかけの梅の花が、なんとなくランプを灯しているようで、かわいらしかったです。

kuri2-2_092.jpg

ジョビ太(ジョウビタキの雄)が、まるで道案内をするように、わたしの前を飛んでいきます。

kuri2-2_091.jpg

竹林に差し掛かると、あの、さらさらと微かな葉擦れの音が優しく聞こえてきます。
通り過ぎる風の音は、ほんのりと春の香りを乗せていて、木漏れ日と同じくらい心地よく
わたしを包んでくれるのです。そっと目を閉じて、いつまでも聴いていたいと思いました。

kuri2-2_078.jpg

この山の中を緩やかに下る道は、林道が出来る前の旧道だったのだと思います。
わたしは、ゆっくりと下り途中から周回する道を辿り、再び集落の入り口へと出ました。

kuri2-2_113.jpg

集落を俯瞰するのも良いのですが、こうして緩やかな坂道を登って、ぽっかりと集落へ飛び出すのも
いい感じ…思わずカメラを向けたらまるで魚眼レンズで撮ったような写真になりました。

kuri2-2_110.jpg

綺麗に耕された畑の脇を通って、旧家の脇を通り抜けさせていただくと、暖かな草の土手に
そこかしこ、フクジュソウが自生しています。

kuri2-2_120.jpg


kuri2-2_121.jpg

まだ、目覚めたばかりの背の低いフクジュソウたちです。

kuri2-2_122.jpg

寄り添った花も、とっても可愛い…

kuri2-2_124.jpg

kuri2-2_151.jpg

陽射しをいっぱいに集めるように花びらを広げます。

kuri2-2_132.jpg

中には、薄っすらと緑がかった花びらが、透けるように美しい花がありました。
きっと、青梅草じゃないかと思います。こちらは一重の花姿。

kuri2-2_136.jpg

そして、こちらは八重咲きのタイプ

kuri2-2_168.jpg

春の日差しを、パクパク、食べているような…
ごっくん、ごっくんと、呑み込んでいるような、ベビーフェイスのお花が、また、愛しいです。

kuri2-2_183.jpg

わたしは、しゃがみこんで、夢中で撮りました。

kuri2-2_007.jpg

どの花も、きらきらと眩くて、春の野辺で歌っています。

kuri2-2_187.jpg

まるで、黄色い絨毯のような場所もあって、素晴らしい群生でした。

kuri2-2_006.jpg

栗平のフクジュソウを見ることが出来て、とってもしあわせな気分でした。
ひとりで見ているのがもったいなくて、みんなにも見せてあげたいと思いました。

kuri2-2_191.jpg

わたしは、名残惜しく、黄色い花咲く隠れ里を後にしたのでした。

kuri2-2_199.jpg

スポンサーサイト

category: 里山

CM: 10 TB: 0   

コメント

No title

こんにちは。
隠れ里のフクジュソウ、それにしても見事な群落ですね。
野生状態とのことなので、貴重な自生地になるでしょう。
今シーズンは、セツブンソウやフクジュソウにもまだ会え
てません。このままでは会えず仕舞いで終わってしまい
そうです。
画像を見る限り、ちゃんと草刈りがしてあって、手入れが
行き届いた山里みたいですいね。
地域から推測ると、初夏にはシャガが咲き乱れるような
気もしますが…。

翼 #ZGMDThxQ | URL | 2013/03/14 17:32 - edit

No title

sizukuさん、こんばんは♪
まるで御伽噺のような場所に感じます。(^○^)/
のどかな雰囲気の中で宝物を発見するかのような喜びでしょう。
背の低いフクジュソウは可憐な感じがして私好みです。(^^)/

クロちゃん #QfAHIh9c | URL | 2013/03/14 19:44 - edit

素敵な人

こんばんは、モナスマです。やっと記事にコメントが追いついたかな(笑)

桃源郷を探して①~③ と 小雪舞う栗平へ と併せて読ませて頂きました。
初めて栗平を探しに出た日の記事は、何度読んでも読み応えがありますね。
期待と緊張と感動が素晴らしいなぁって思えるのです。
辿り着いた先に自分の感性にあった風景が現れたら感動で心が震えそうです。
親切に道を教えてくださったおばあさんと、栗平で出会った校長先生のご縁も劇的ですね。
全編を通して、素敵な物語を読んでいる気分でした。ありがとうございました。

小雪舞う栗平。雪が淡いベールのようになって隠れ里を一層幻想的な世界にしてくれているようでした。
フクジュソウに宿る雫が神秘的とも思えるほど美しいです。
雪降る日も、自然と一体となって花はその美しさ可憐さを見せてくれる事を知りました。

黄色い絨毯。この日のsizukuさんは病み上がりとは言えおそらくルンルン気分でお出掛けになられたのではないでしょうか。お気に入りの場所への道は分かっている、お天気は上々、そして一人気ままな山歩き。
見事なフクジュソウの群生に出会えて良かったですね。
宝物を見つけても、一人だけのモノにせずみんなにも見せたいというsizukuさん。
そんな所が愛される理由なのでしょうね。

モナリザ スマイル #- | URL | 2013/03/15 00:53 - edit

No title

こんな田舎の風景、懐かしくてとてもいいです。
当たり前のように群生しているフクジュソウも
また来たよ~、また来るよ~と言いたいほど可愛いですね。

nousagi #h5XkFFxg | URL | 2013/03/15 10:37 - edit

黄色絨毯

すごい群生のようですね。まさしく黄色い絨毯!! 自生と言うことですがそれなりに手入れはされているようで、それがまた良いのでしょうね。

僕もヤマちゃん探索のときにひとつの群生を見つけましたが、それに比べると何倍も咲いてるようですね。来年は満開の時に行ってみたいものです。

てばまる #elaeQlTI | URL | 2013/03/18 00:03 - edit

翼さんへ

翼さん、コメントありがとうございました。お返事が遅くなってすみません<m(__)m>

隠れ里は、とても居心地が良い里山でした。翼さんがおっしゃるように手入れが行き届いた
畑や、竹林や、植林帯もあります。
賢治の学校では、枯草や腐葉土などを利用した自然農法を実践されているそうです。
とても興味深いお話を伺うことが出来ました。

フクジュソウは、毎年、自然に生えてくるとおっしゃっていました。
シャガは伺いませんでしたが、秋には彼岸花が群生となるそうです。

そうそう、シャガの群落は、隠れ里に至る尾根道に、たくさん葉っぱがありましたよ。

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2013/03/18 00:37 - edit

クロちゃんへ

クロちゃん、こんばんは。
コメントありがとうございます。レスが遅くなってすみません。
奥多摩には、隠れ里のような山里が、いくつかありますが、青梅の山中にもあるとは思っていませんでした。

尾根を越えたその奥に、そして、バスが往来している通りから、細い山道を辿ったその奥に、
こんな集落が存在していることなど、普通に暮らしていたら知る由もありません。
たまたま、吉野梅郷で見た、「青梅草」というキーワードからネット検索して、「青梅の隠れ里」
に、咲いていることを知った時のときめきは、わたしの冒険心に火を点けました(笑)

とたんに、見つけたくて、夢中になってしまった結果です。
クロちゃんも、きっと、わたしと似ているタイプかなぁと勝手に思っています。^_^;
こんど、ぜひ、ご一緒に秩父や奥武蔵の隠れ里を探しませんか?

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2013/03/18 00:51 - edit

モナスマさんへ

モナスマさん、栗平の記事を、みんな読んでくださってありがとうございます。
今頃の、栗平はまさしく桃源郷のような風景になっているのではと思うと、
また、訪ねてみたくなります。巷で桜が咲く頃、また、訪ねてみようかしら?
良かったら、ご一緒しませんか?モナスマさんなら、山道からのアプローチも
全く問題ないと思います。

そして、小雪舞う日のフクジュソウは、なんとも美しかったです。
あのように雫を宿した姿は、雨上りの日以外はなかなか見れませんが、
小雪のお陰で、びしょ濡れにならず、最高のシチュエーションでした。

みなさんに教えたくなるのは、同じ感性で喜んでいただけるのが判るからです。
その方が、喜びも倍になりますものね(*^_^*)v

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2013/03/18 01:12 - edit

nousagiさんへ

nousagiさん、いつもコメントありがとうございます。
お返事が遅くなって申し訳ありません<m(__)m>

何だか、時間がゆっくりと流れているようで、長閑で素朴な山里でした。
いつまでも、このままあり続けて欲しいですが、やがて住む人がいなくなったら
廃村になってしまうのでしょうか?

どうか、このまま、と願わずにはいられませんね。
当たり前のように咲くフクジュソウに、また、来年も逢いに行きたいです。

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2013/03/18 01:18 - edit

てばまるさんへ

てばまるさん、こんばんは(*^_^*)コメントありがとうございます。

青梅はフクジュソウがあちこちに自生していますよね。
江戸時代、観賞用として盛んに栽培されていたと聞きます。
それが、野生化したのでしょうか?
輝くような黄色い花は、早春の野辺で、本当に春を告げる使者のような気がします。
来年、ぜひ、お越しください。毎年、2月20日前後が満開のようですよ。

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2013/03/18 01:25 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sion920.blog74.fc2.com/tb.php/335-ba159d82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。