Admin New entry Up load All archives

風立ちぬ

日々の想いを風に乗せて…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

4年の月日が流れ…1 

わたしが、初めて日原を訪れたのは、今から、4年前のこと…
奥多摩の巨樹に興味を持って、探し始めた頃だった。
最初は、○○神社の大杉みたいな、見つけやすい場所を訪ねることから始まった。
見つけやすいと言っても、詳しい案内図があるわけではなく、少ない情報を手がかりに、地図を片手に、あちこち訪ね歩く感じで、何度か通って見つけ出した時の喜びは格別だった。

そんな風に探索しながら、わたしが、日原へ辿り着くのは、そう、時間はかからなかった。日原に辿り着いて、最初に探したのが倉沢ヒノキだった。
そして、わたしは、倉沢林道へと迷い込んだ。季節は冬。
倉沢には山側にはツララ、渓流には飛沫氷が、美しい造形を作っていて、冬の色と光を閉じ込めたような、氷の世界にわたしは夢中になった。

心の旅(2006年1月のブログ)

あれから、4年の月日が流れ、先週、雪が残る倉沢に、再び足を踏み入れてみようと思った。
そこには、4年前と少しも変わらぬ姿があった。わたしは、嬉しさと懐かしさが入り混じった気持ちで、変わらぬ森と空と渓を眺め、再び、倉沢の虜になったのだった。

崖を埋め尽くすツララ

kurasawa_640.jpg

kurasawa_643.jpg

kurasawa_662.jpg

kurasawa_647.jpg

枯葉を閉じ込めて…

kurasawa_648.jpg

陽射しに、ツララは少しづつ、溶け出して、透明なクリスタル
溶けた飛沫が、陽光に輝く

kurasawa_083.jpg

kurasawa_091.jpg

kurasawa_085.jpg

氷の世界で、はじけ飛ぶ水花火は、儚くて美しい幻のよう

kurasawa_087.jpg

kurasawa_146.jpg

ぽとりと、透明な雫は春のささやき

kurasawa_122.jpg

枝先に、小さな氷の欠片が、宝石のように輝く

kurasawa_106.jpg

アイスドロップだね。

kurasawa_514.jpg

木の芽の温もりが、氷を溶かしている…

kurasawa_574.jpg

枝先の雪も、やわらかく青空に…

kurasawa_231.jpg

枯れ花の雪は、やさしく…

kurasawa_219.jpg

地面の雪も、春の息吹を感じている。

kurasawa_208.jpg

芽吹きの季節の準備はすでに、始っているんだね。

kurasawa_304.jpg

氷に閉じ込められた枯れ葉たち

kurasawa_190.jpg

過ぎた日々の記憶は…

kurasawa_178.jpg

色褪せることなく

kurasawa_191.jpg

セピア色に、変わっても…

kurasawa_194.jpg

けして、忘れはしないよ。

kurasawa_197.jpg

遠い夏の想い出…

kurasawa_181.jpg

そして、春色の葉っぱも…

kurasawa_182.jpg

薄氷が綺麗…

kurasawa_086.jpg

ラヴアイスたちがささやいている

kurasawa_186.jpg

寄り添って

kurasawa_203.jpg

透明なままの白さで…

kurasawa_204.jpg

渓流の飛沫氷も、どこか透き通って…

kurasawa_375.jpg

渓流の冬に、微かな微笑を浮かべているようで

kurasawa_378.jpg

さざ波の調べは、シャンデリアのような薄氷になった。

kurasawa_788.jpg

氷の中に閉じ込められた光。

kurasawa_836.jpg

枯葉を沈めた水面は…

kurasawa_541.jpg

青空を映し

kurasawa_550.jpg

木立を浮かべる

kurasawa_553.jpg

2月の倉沢は、冬の中に、春が生まれていた。(続く)

スポンサーサイト

category: 森・山

CM: 4 TB: 0   

コメント

No title

冬は美しくて大好きですけど、それは春を感じることができるからということもあるかもしれません。そんなことをふと思いました。
それにしても氷にコーティングされた葉っぱの美しいこと!

シュー #6AEdlCeU | URL | 2010/02/13 10:31 - edit

シューさんへ

シューさん、コメントありがとうございます(*^_^*)
冬の美しさは、シューさんのサイトで、いつも感じさせていただいていました。
中天の雪…あの、シューさんのフレーズと写真を何度も実感しながら枝先の雪を眺めて歩きました。
白い世界なのに、何故か春を感じます。
冬の中から春が生まれてる…そんなことを実感しました。
やっぱり歩いて見なければ判らないですね(^^)
氷にコーティングされた葉っぱを美しいと感じていただけて、とても嬉しいです♪

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2010/02/14 21:29 - edit

No title

中天の雪見て下さったんですね。嬉しいです。
冬があるからからこそ春を感じる、
そんなことを思うのが2月ですよね。

シュー #6AEdlCeU | URL | 2010/02/14 23:27 - edit

シューさんへ

> 中天の雪
この言葉が凄く素敵で、インパクトを持って、わたしの心をノックしました。
シューさんの感性と目線に、いつも新鮮な感覚を教えられてます。
真っ青な空の中に、ぽっかり残る枝先の雪…
やがて消えてゆくさだめ、柔らかな質感と純白のまま消えゆく、そんな儚い存在感が、中天という言葉に象徴されていますね。

> 冬があるからからこそ春を感じる、
> そんなことを思うのが2月ですよね。

この言葉、わたしもそう思います。中天の雪が消えてゆく前に、わたしも精一杯冬を見つめたいです。

sizuku #- | URL | 2010/02/15 22:19 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sion920.blog74.fc2.com/tb.php/33-f01519fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。