Admin New entry Up load All archives

風立ちぬ

日々の想いを風に乗せて…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

桃源郷を探して  その2 

一番最初に声をかけた人が栗平を知っていたとは、なんて幸運なのだろう!!
そのおばあちゃんは、『わたしは、ずっと前に、この辺の道から行ったことはあるんだけれどね。
どの道だったか覚えてないのよ。それに、その頃も道が荒れていて大変だったから、
今はどうなってるかしら。そうだ、栗平からお嫁に来た人がいるから、聞いてあげましょうか?』
と、ご親切に言ってくださる。しかも、栗平出身の人がいるなんて、いきなり核心部に迫ってるし…

kuritaira2_048.jpg



「ありがとうございます。ぜひ、お願いします!!」わたしは二つ返事で答えて付いていった。
その人は歩きながらも、気さくにお話してくださった。青梅の人は本当に心優しい人ばかりだと思う。
やがて、目指す家に到着すると、早速、そちらのおばあちゃんにわたしのことを話してくださっている。
そして、少し離れたところで待っているわたしの方を振り向いて、「大丈夫よ」というように手招きをした。
栗平出身のおばあちゃんは、見るからに優しそうな、どこか品のある方だった。
丁寧な言葉遣いと、誠意のある話しぶりで、何だか心が和む。


家々の庭や畑には梅の古木が植えられている

kuritaira2_046.jpg


おばあちゃんは、足を悪くしてから、もう20年近く栗平には行っていないということ。
この辺りの道は、荒れていて山に慣れている人でないと道迷いをするかも知れないということ。
青梅丘陵に辿り着けたとしても、栗平へ降りる道は、判りづらいかもしれないということ。
などを、きちんと説明してくれた。そして、わたしの持っていた地図上で、大体の場所を指し示してくれた。
それは、わたしが見当を付けていた辺りと、ほぼ同じ場所だった。(やった!!)


立派な梅の木が聳えていた。

kuritaira2_042.jpg


おばあちゃんたちは、いろいろ考えた末、海禅寺というお寺の近くから登る道が、一番しっかりしているだろう
ということになり、そこから登るようにと教えてくれた。
そして、車で栗平のすぐ下まで入れる道が、山の反対側にあるので、今日、判らなかったら無理をせずに、
次回は車で来るといいと、その林道も教えてくれた。

kuritaira2_041.jpg


『わたしが、足が丈夫なら一緒に行ってあげるんですが、それも出来ないので、道が判らなくなったら、
必ず引き返してください。お役に立たなくてごめんなさいね。どうぞ気をつけて。』と、見送ってくださった。
「お役に立たないなんてとんでもありません。とても助かりました。十分、気をつけて行きます。
無理なようなら引き返しますから安心してください。」わたしは、何度もお礼を言って歩き出した。
わたしを案内してくださったおばあちゃんも、栗平出身のおばあちゃんも、本当に優しい人だった。
旅の始まりにこんなに良い人に巡り合えて、幸せな気持ちになったのだった。

長閑な里道をてくてく歩いて行くと、教えていただいた海禅寺に着いた。とても立派な山門のお寺だった。

kuritaira2_050.jpg

このお寺は、この地方を治めていた豪族の三田氏の手厚い保護を受けていましたが、北条氏に滅ぼされ
三田氏が滅亡してから、ことごとく消失しますが、徳川家康のご朱印を受け再興したそうです。
このお寺の境内の片隅には、滅亡した三田氏の供養塔があります。


kuritaira2_054.jpg

誰かに見つめられている気がして振り向いたら、木彫りの獅子の目が金色!(*^_^*)

kuritaira2_061.jpg

三田氏の供養塔がひっそりと大楠木の根元に並んでいた。

kuritaira2_065.jpg

kuritaira2_071.jpg

kuritaira2_068.jpg

わたしは、境内のベンチに腰を下ろし、持ってきたお弁当を広げた。
りっぱな山寺だけれど、とっても静かで、時が止まってしまったかのよう…
時折、下を走る電車の音が、わたしを現実へと戻してくれる。
このお寺から、山に入る道があると教えていただいていたので、あちこち探しまわったが、どの道も途中で
道が消えてしまうのだった。仕方ないので、もう少し歩いてみることにした。

お寺の裏山に続く道にはツツジが植えられていた。花の時季は綺麗だろう。

kuritaira2_079.jpg

小高い丘の上からは、梅郷方面が一望できた。

kuritaira2_081.jpg

境内の枝垂桜も立派な枝ぶりだ。

kuritaira2_073.jpg

釣鐘の天女が、春めいた陽射しを受けて微笑んでいた。

kuritaira2_082.jpg

お寺を後にして、線路沿いを歩いて行く。相変わらず、今まで知らなかった景色が広がり、
わたしは、それだけで満足しそうになるが、いやいや、初心貫徹。
せめて、もう少し、栗平の手がかりを掴みたい。

kuritaira2_085.jpg


地図を見てみると破線の道があるはずなんだけれど、なかなか見つけられない。
この辺かなぁ?と思って、路地裏を入って行ったら、とうとう行き止まりの看板が立っていた。
“この先、行き止まりです”この文字は、車に対してのことだろうか?人が行けそうな道はある。
そこで、一番山側の民家の人が、いらしたので聞いてみることにした。

「あのう、この道を行ったら、青梅丘陵に出ますか。」
『ええ、出ますよ。少し野趣に富んだ道ですが、常に、右へ右へと行けば大丈夫です。』
「そうですか。判りやすい道でしょうか?1時間ぐらいかかりますか?」
『いや、20分ぐらいでしょう。道も判りやすいと思いますよ。』
「それじゃ、行ってみます。」 『クマに気を付けてくださいね(笑)』
「えっ?クマ鈴を持ってこなかったわ(笑)」 『じゃ、歌を歌っていってください(笑)』
そんな会話の後、わたしは、お礼を言って、ちょっと野趣に富んだと言う道へと入って行った。

辛垣城跡という、城跡に続いていると言う道…古い石垣などが残っていて、結構ワイルドだけれど…

続きます。

kuritaira2_089.jpg

kuritaira2_090.jpg

スポンサーサイト

category: 里山

CM: 8 TB: 0   

コメント

No title

お姉ちゃま、おはようございます^^

すごいね。 
いろいろな人との出会いも含めて、まるで山の神様がこっちだよ~と案内してくれているようです。
さてさてこの先の道中。
お姉ちゃまがワイルドっていうくらいだから、かなりのものだね^^;
続きを楽しみにしています。
今から準備して、上野、新宿行ってきますね♪
インフル気を付けて!

よしころん #lkhMWM3g | URL | 2013/02/07 08:52 - edit

ドラクエ

なんだかゲームのドラクエみたい(^-^;)
情報を集めながら隠れ里を目指す! なにげに石神から二俣尾まで移動してますね。
僕も自分なりにネットで探してみました。たぶんあそこかな?

てばまる #elaeQlTI | URL | 2013/02/07 21:50 - edit

よしころんちゃんへ

よしころんちゃん、こんばんは(*^_^*)
コメントありがとう。そして、今日はお疲れ様でした~(^_-)
何だか、今日も春めいて、このまま春になってしまうのかな?って思いました。
春が来るのは楽しみなんだけれど、冬を、まだ十分味わっていないなぁと心残りです。
今年は、氷瀑を見損なってしまうかもです。

栗平への道は、楽しかったよ(^_-)
ほんとうに、山の神様に導かれた気がします。
秋は彼岸花が咲くのですって。その頃も行ってみたい場所です。
よしころんちゃんも、一緒に行けたらいいんだけれどね~

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2013/02/07 21:57 - edit

てばまるさんへ

てばまるさん、どうも(^_-)
確かに、ドラクエみたいね。(ドラクエをやったことないけど)村人に聞くあたりが(笑)

ネットで見つかりましたか?わたしも、帰って来てから、違う言葉で検索したら
ヒットする記事が見つかりました。
最初は、詳しいものは、ヒットしなかったんですけれどね。

でも、判らなかったからこそ、面白かったと思いました。
確かにネットは、便利だけれど、未知の道を探しながら行く方がワクワク感が楽しいし、
見つけた時の喜びは倍増ですねヽ(^。^)ノ

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2013/02/07 22:06 - edit

いがりさんが待ってます。

今年はどうですか参加してみませんか。

植物写真家いがりまさしさんのワークショップを
今年も開催いたします。
新潟県と県境の接する中之条町
スミレをはじめ春を彩どる山野草の隠れた宝庫です。
今回で4回目となるプロのカメラマンいがりまさしさんを招いてのワークショップ
今回は贅沢な1泊2日の観察&撮影のワークショップです。
日本海のスミレと太平洋のスミレが混在するポイントを中心に
観察と写真撮影ワークショップを開催いたします。

宿泊は、日本の名湯「四万温泉」。
ゆったりと温泉につかり散策の疲れを癒して
心も体もリフレッシュしましょう。
夜はいがりさんのライブや撮影テクニックの講習など
イベント盛りだくさんなワークショップです。

開催日程 2013年5月8日(水)9日(木) 一泊2日

募集定員 20名(先着順になります)
8・9日のそれぞれ日帰りコースもございます。

お申し込み、詳細は
http://yamazato.info/taiken/taiken111.html

エコ #Ah/lnr5A | URL | 2013/02/08 18:49 - edit

No title

1枚目の写真、ロウバイですか? 見事ですね
青空の下のロウバイもいいけど暗くなるころに見ると
ロウソクに火を灯したみたいな明るさが好きです。
お寺さんも石垣も供養塔も全部ツボです。
青梅のガラス工房も面白そう
それにイングリッシュガーデンまであるんですね~
子育て終わったら青梅に住みたいな~

なみちゃん #LGxQMfeo | URL | 2013/02/09 00:32 - edit

エコさんへ

エコさん、ご無沙汰しています(*^_^*)
ワークショップのお知らせありがとうございます。
う~ん!!!行きたい!!!
すごく、行きたいです~ヽ(^。^)ノ
何とか、許可が貰えるように切り出してみます。
それにしても、いがりさんとエコさん良く似ていますね~(^_-)

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2013/02/09 21:01 - edit

なみちゃんへ

なみちゃん、こんばんは(*^_^*)
もし、なみちゃんが青梅に住んだら、何かの工房が出来そうですね。
物づくりの作家さんが多く住んでいらっしゃるし、それらの工房を見学に行くのも楽しそう。
わたしのお友達にも、青梅の「手作りいっぱい市」に興味のある人がいます。
毎月一回、住吉神社の境内で開催されます。いつか、なみちゃんも見に行きましょうね。

蠟梅、なるほど、夕闇に灯りが点るように、咲いている姿…
想像しただけで素敵です。何年か前、梅の花は、夕暮れの光りの中で撮ったことがあって、
花灯りと言う言葉がぴったりだなぁと思いました。今度、蠟梅のそんなシチュエーションに挑戦してみたいです。

なみちゃん、ありがとう(*^_^*)

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2013/02/09 21:21 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sion920.blog74.fc2.com/tb.php/324-80bf93e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。