Admin New entry Up load All archives

風立ちぬ

日々の想いを風に乗せて…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

嵐山花灯路 

地下鉄、烏丸四条駅で待っていてくれたちかちゃんと再会した。
11月11日、奥多摩遠足に、夜行バスに揺られて駆けつけてくれたちかちゃん
その一か月後の12月12日に、今度は、わたしが、京都に来れるなんて…
こんな再会が実現するなんて、夢のよう(*^_^*)

ちかちゃんの、にこにこと優しい笑顔に出逢うと、嬉しさに思わず走り寄っていた。
まるで、幼馴染に出逢ったように手を取り合ってハグハグ(笑)
「ちかちゃん、また、逢えたね。お忙しい所ありがとう♪」
『しーちゃん、アイリスさんも、京都に、よく来てくれはったね♪起こしやす~』
ああ、ちかちゃん、なんて素敵な人でしょう。

ちかちゃんは、お仕事の後、ご主人のお夕飯の支度を済ませ駆けつけてくださったのだった。
『花灯路、お付き合いしますよ!晩御飯もご一緒しましょ!』と、快く言ってくださる
ちかちゃんに、祇園祭同様に、今回も甘えさせてもらうことに(*^_^*)ちかちゃんありがとう。

kyoto12_0911.jpg


まずは、わたしたちの泊まるホテルまで連れて行ってもらい、チェックインを済ませた。
昨年できたばかりの綺麗なホテルで、ゆっくり休めそうだ。
ちかちゃんも、一緒に入ってもらって、三人でお部屋チェーック!!(笑)
三人とも、わぁ~!素敵!!でした。ちかちゃんは、お部屋が東向きなので、東山に昇る日の出が
見れるかもと、さすが、地元の人ですね(*^_^*)

kyoto12_0919.jpg

さて、出発です。花灯路は、8時までなので、夕飯はその後にすることにした。
地下鉄と嵐山電鉄を乗り継いで、嵐山を目指すのだけれど、ちかちゃんが案内してくれるので
すっかり安心してしまい、お任せになってしまった^_^;
嵐電は、1両だけのかわいらしい電車、車体の色も紫色で良い色だこと~♪
「なんとなく鎌倉の江ノ電に似ていない。」『うん、そういえば、似てるかも』
そんな会話のあと、ローカル線テツコのわたしは大喜びで写真に収めたのだった。

kyoto12_0909.jpg

嵐山の駅に着いてすぐ。花灯路のオブジェが迎えてくれた。
和の雰囲気の中に飾られたクリスマスツリーも、なかなか美しい(*^_^*)
そして、遠くの山肌が何だか、薄紫色に見えた。
わたしと、アイリスは同時に、「あっ!!紫色の桜が咲いている!」と叫んでいた。
冬枯れの山が、まるで花が咲いたように、一面薄紫のグラデーションで浮かび上がっているのだ。
なんとも幻想的で、その色合いが薄紫ってところが、上品で古都の雰囲気を醸し出している
素敵過ぎる演出に、さすがと感動してしまった。

『すごく、綺麗!!これを見ただけで来た甲斐があるわ』と、アイリスがつぶやいた。

kyoto12_0610.jpg

『じゃぁ、まず、渡月橋の方に行ってみましょうか?あのライトアップが見えるかもしれないわ。』と、
ちかちゃんが先に立って歩き出す。わたしたちは、通り沿いに並ぶお店にキョロキョロしたり、
灯りの中を走り抜ける人力車に見惚れたり、ふたりだけだとしたら、きっと寄り道をしていて、
辿り着けないと思った。ちかちゃんがいてくれて、とっても心強いのだった。

何て綺麗なのかしら。ライトアップした渡月橋の後ろの山が、まるで一面花の山になったようだった。
わたしは、シャッター速度がめちゃめちゃ遅い中、何とか写真を撮りたいと何枚もシャッターを押した。
そして、渡月橋の奥に、お寺のライトアップが浮かんだ。
どちらのお寺かも判らないけれど、今度は、嵐山・嵯峨野界隈を歩いてみたいと思ったのだった。

kyoto12_0628.jpg

そのあと、龍安寺脇の、竹林を通る。天まで届くような竹林のライトアップした姿は格別に輝くようだった。
『ここは、昼間通っても、本当に素敵なところなのよ。』と、ちかちゃんがアイリスに話しかけてくれている。
アイリスは、楽しそうに頷きながら、何度も、何度も、空を見上げながら、歩いている。

見上げると漆黒の夜空に、幻想的な色合いの竹の葉さきが、波打つようにゆらゆらと揺れていた。
きっと、アイリスは、風を見ているのだと思った。
『あっ、フウクウリ…』と、アイリスが小さく言った。うん、風の妖精が確かに吹き抜けて行ったよね。
ふたりだけに分かる、風の妖精の物語…そんな瞬間が嬉しい。


kyoto12_0699.jpg

kyoto12_0904.jpg

この後、大河内庭園に連れて行っていただいた。
ここは、銀幕のスター大河内伝次郎と言う人が作った庭園で、とても広いのだそうだ。
今日は夜間拝観できるということで、ちかちゃんは、そちらへ向かったのだった。

門を入ると緩やかに登って行く道沿いに、竹をくり抜いて作った灯篭が、等間隔で立っていて
足元を優しく照らしてくれている。暗い庭園内もそこここにライトアップが施されていて、
日本庭園が闇の中に浮かび上がり、とても美しい。
初冬のお庭も、苔の緑や松の緑が綺麗に浮かび上がって、緑の野山を歩いているようだ。
突き当りに茶室があり、さらにその上に、展望台のあづまやがある。

kyoto12_0826.jpg


ここまで来て、わたしたちは、『わぁ~!!凄い!!』と叫んでいた。
思っても見なかった景色が広がっていたのだ。そう、京都の夜景が望めるのだった。
「あっ!京都タワーが見える!」 『綺麗、光の海のよう…』わたしたちは、うっとりと眺めた。
京都の町の灯は、深海の底の宝物のような気がした。

見上げれば、大きな夜空には、瞬く冬の星座が広がっていた。
『オリオンが見えるね。スバルも輝いている。』「あちらは、北斗七星ね。」
わたしは、京都で、こんな星空が見えるとは思っても見なかった。
ちかちゃん、ここに連れて来てくれて本当にありがとう。
『ここはね。昼間も、ほんまに素敵やから、ぜひ、明るい時にも来てみてほしいわ。』
と、ちかちゃんが、力を込めて勧めてくれる。
そんな誠実なちかちゃんの人柄が、わたしたちの心に染みてくる。
ちかちゃん、本当にありがとう。柔らかな暖色の灯りが、優しくちかちゃんの笑顔を照らしていた。


花灯路の様子は、デジブックにしましたので、よろしければご覧ください。




☆おまけ☆

ちかちゃんに、美味しいイタリアンのお店に連れて行っていただき、ゆっくりと夕食を楽しんだ。
今日は、お昼を簡単に済ませていたから、最高に幸せな夕ご飯に、アイリスも嬉しそう(*^_^*)
食事の後、ホテルまで送っていただき、ちかちゃんは、ここから歩いて自宅へ帰られた。
『地下鉄でもいいけれど、歩いてもそんなに遠くないのよ。それじゃ、ゆっくり休んでね。
また、明日、帰る時、京都の駅にお見送りに行きますからね』そう言って、ちかちゃんは、
何度も振り返って手を振りながら、京都の街並みに見えなくなった。
わたしたちは、ちかちゃんの優しさを改めて胸に刻んだのだった。

わたしたちは、部屋に戻り、ゆっくりお風呂に浸かって、今日の旅の疲れを癒したのだった。
お風呂上りに、アイリスが、『おかあさん、パックしよう。』と言って、温めておいた、
小さな化粧水の袋を手渡した。『たっぷり、化粧水を付けた後、このパックで顔を覆うのよ』
「こう?」
『そうそう、そのまま、10分間。おかあさんは普段ゆっくりお肌のお手入れできないからね。』

ふたりとも、目と口だけ開いた、白いお化け状態(笑)ふたりして笑いあいました。

パックが済んだら、何だか、肌がしっとりしたみたい。
女の子がいるっていいなと、そう思いました。
普段、口に出して言わないけれど、心の中で言いました。
「アイリス、わたしの娘に生れて来てくれてありがとう。」

最後に、親ばかで申し訳ありません^_^;でも、今年最後ってコトでお許しくださいね。

今年も、いよいよ大晦日ですね。
今年も、たくさんのお友達に、支えられて楽しく過ごすことが出来ました。
そして、今年は、新しいお友達にたくさん出会えた出逢いの年でした。
このブログを通して、広がって行ったお友達の輪に感謝です。

古くからのお友達も、新しく出逢えたお友達もわたしの宝物です。
いつも、変わらぬ優しさをありがとうございました。
そして、まだ、言葉を交わしていないけれど、このブログを訪れてくださいましたみなさん、
読んでくださってありがとうございました。いつか、お話させていただけると嬉しいです。

それでは、みなさん、今年一年大変お世話になりました。
来たる年も、変わりませず、よろしくお願いいたします。
みなさまの、さらなるご活躍を祈って、今年最後のご挨拶とさせていただきます。
ありがとうございました(*^_^*)

2012年 12月31日 sizuku
スポンサーサイト

category:

CM: 12 TB: 0   

コメント

No title

大晦日なのに寝坊して、バタバタおせちの支度してやっと終わりました。

一年の締めくくりにsizukuさんのブログ見て
夜の京都の風景になんだかホウッとため息
肩の力が抜けたみたい
夜の景色はまた顔が違いますね
うちの竹やぶも夜はこんな感じなのかしら…
今夜はゆく年くる年で京都や各地の風景を見るのが楽しみです
さあ、それまであとひと頑張り
キッチンを片付けて、今年の火を落とします
来年もめいっぱい楽しめる年にしたいですね

なみちゃん #LGxQMfeo | URL | 2012/12/31 18:43 - edit

良いお年をお迎えください。

素敵な写真と記事拝見。
デジブックの花灯路、素晴らしいですね。 心が洗われます・・・・
ご家族皆さまとともに どうぞ良いお年をお迎えください。

jetstream777 #- | URL | 2012/12/31 21:51 - edit

良いお年を

大原の里を満喫されて夜の嵐山、ホント夢のようなひと時だったのではないでしょうか。
観光地化されているとは言え、やはり日本人のふるさと、奥が深いですね。
これから東寺の立体曼荼羅のレポートがあるのかな?
仏の世界で何を感じたんでしょうか?楽しみです。

kan #5wY3J9rw | URL | 2012/12/31 23:27 - edit

良いお年を

今年はありがとうございました。
お知り合いになれて嬉しかったです。
来年も宜しくお願いします。
って間に年があけちゃいましたね。
今年も宜しくお願いします。

元山陽ちとせ #VhNaT.1s | URL | 2013/01/01 00:01 - edit

明けましておめでとうございます

sizukuさん 新年おめでとうございます。

昨年中はたいへんお世話になり ありがとうございました。
本年もよろしくお願いいたします。

嵐山花灯路 初めて知りました。
四条大宮から嵐電で嵐山へ 嵯峨野路につづく竹林 大河内山荘・・・
みんな懐かしく拝見しました。
大河内山荘は、わたしもお千賀さんに教えていただきました。
三千院と嵯峨野路の祇王寺では、桜のころショウジョウバカマを見ることができますよ!


こいちゃん #HdSy5Q9E | URL | 2013/01/01 06:12 - edit

なみちゃんへ

なみちゃん、明けましておめでとうございます。
一年の締めくくりに、わたしのブログにお越しくださってありがとうございます。
夜の嵯峨野は、本当に素敵でした。やはり京都市内から離れると、静かな里山が続きます。
だからでしょうか、観光地なのに星が本当に綺麗でうっとりでしたよ。

嵯峨野路へと続く竹林はとても美しいです。
こちらの竹林よりも背が高いような気がしました。
竹林のライトアップがこんなに素晴らしい景観とは思っても見ませんでした。
人工的なものですが、芸術の域に達しますね。古都の風情に良くマッチしていて、堪能しました。

今年も、大いに楽しみましょう!ハナネコ女子会、まずは、ハナネコノメに逢いに行きましょうね!
日にちが逢いましたら、良かったらご参加を(*^_^*)v

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2013/01/01 15:33 - edit

jetstream777 さんへ

jetstream777 さん、明けましておめでとうございます。
昨年は、駆け込みでご挨拶にも関わらず、年の瀬のコメントをいただきましてありがとうございました。
なかなかコメントはできなかったのですが、ブログの方は度々拝見させていただいておりました。
また、若草女子会の方も、暖かい目で見てくださってありがとうございました(*^_^*)

わたしのレポは長くて申し訳ないのですが、ご覧くださって嬉しいです。嵐山花灯路のデジブックも
ご覧いただきありがとうございました。
今年も、jetstream777 さんのブログを楽しみにしています。どうぞよろしくお願いいたします。

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2013/01/01 15:40 - edit

kanさんへ

kanさん、いつも、ブログを見てくださってありがとうございます。
何だか、自転車も古都巡りも、仏像も、東北も、kanさんの影響が強いわたしです。
次回は、どんなことに影響されるのかな?なんとなく、マーチングバンドあたりかも(笑)

本当に、嵐山花灯路は、夢の世界でした。時間があればもっと深く歩いてみたいと
思いました。雪の京都も行きたいけれど、今年は無理そうです。
そして、京都を歩いて思った事は、やっぱり奈良にも行きたいでした。
洗練された京都は素晴らしいのですが、やはり、大和路の原風景は最高ですね。

kanさん、今年もよろしくお願いします。
いつか、里山仲間とのなんちゃってポタリング企画してください(*^_^*)v

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2013/01/01 15:50 - edit

元山陽ちとせさんへ

元山陽ちとせさん、明けましておめでとうございます。
新年、早々のコメントありがとうございました(*^_^*)

多摩川繋がりでお友達になれて嬉しいです。
多摩川の下流は聖蹟桜ヶ丘までしか行ったことがないのですが、
ゆったりと大きく流れる姿も美しいですね。
川岸の緑の芝生に寝転んで大きな空を眺めたり、サイクリングロードを走ったり、
桜の季節なら花吹雪の土手も良いですね。

多摩川の源流の水干から海に至るまで、見てみたい気もします。
いつもは、白丸・鳩ノ巣、御嶽、釜の淵界隈を散策しています。
今年は、ぜひ、多摩川のお話をさせてくださいね。
今年もどうぞよろしくお願いします。

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2013/01/01 16:32 - edit

こいちゃんへ

こいちゃん、明けましておめでとうございます。
昨年も大変お世話になりありがとうございました。
いつも、こいちゃんのフットワークに感心させられながら過ごした1年間でした。
奥多摩を丁寧に歩いてくださって、たくさんの素晴らしい姿を発見してくださって
ありがとうございます。こいちゃんに教えていただくことがたくさんです(*^_^*)v
また、新しい発見を期待しています(^o^)/

春先の京都も良いでしょうね~♪
すっかり京都に魅せられてしまいました。今度はいつの季節に行けるでしょうか?
いまから、アイリスと楽しみにしています。
京都にはちかちゃんがいますものね。最高ですよね。
奥多摩分校の修学旅行で、みんなで京都に行けたら良いですね(^_-)v

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2013/01/01 16:43 - edit

素敵♪

しーちゃん こちらも素敵な写真が一杯ですね。
デジブックも拝見したけど、竹林やお庭も暗いのに上手に撮れてるね♪
実物のお庭や竹林、幻想的で本当にしーちゃんの写真の感じそのままでしたね♪
そしてしーちゃんの被写体に向ける感性や優しい目線にも感心♪
あの時の感動が蘇りました。
素敵でした(*^_^*)


お千賀さん #JalddpaA | URL | 2013/01/07 01:20 - edit

ちかちゃんへ

ちかちゃん、デジブックにもコメントをいただいてありがとうヽ(^。^)ノ
暗かったから、ボケ写真も一杯でした。^_^;

なんとか、見れそうな写真でデジブックにしてみました。
ちかちゃんが、送ってくださった写真も良く撮れていたよね。
わたしの人物写真は、どれもボケボケでした~

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2013/01/08 00:59 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sion920.blog74.fc2.com/tb.php/315-e4651f40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。