Admin New entry Up load All archives

風立ちぬ

日々の想いを風に乗せて…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

草思堂の秋 

わたしたちは玉堂美術館での静かなひと時を満喫し、御嶽小橋を渡り対岸に付けられた
遊歩道を散策しながら、渓谷の紅葉を満喫し、沢井にある楓橋を渡って寒山寺まで来ました。

<玉堂美術館にて>
mitakekei11_199.jpg

mitakekei11_201.jpg

<御岳渓谷遊歩道にて>
mitakekei11_307.jpg

mitakekei11_305.jpg

mitakekei11_284.jpg

綺麗な落ち葉を拾い上げ…(*^_^*)
mitakekei11_314.jpg

ゆずの無人販売所
mitakekei11_331.jpg

ベニバナマンサクの帰り花が見れました。
mitakekei11_253.jpg



寒山寺は、中国の蘇州にある寒山寺にちなんでいるそうです。
青梅市観光協会のHPによれば、

****書家の田口米舫が明治18(1885)年に中国の姑蘇城外の寒山寺を訪れた際、
主僧の祖信師より釈迦仏木1体を託されました。
帰国後、昭和5(1930)年に小澤太平氏の協力によって、ここに寒山寺が建立されました。
御岳渓谷の遊歩道沿いにひっそりと佇むお堂には、渓谷を散策に訪れた人々が立寄り、
鐘をつく姿を見かけます。****と書かれています。
それで、夕方4時頃になると、澤井酒造のスタッフが鍵を掛けにくるのですね。
蘇州といえば、蘇州夜曲ですが、この歌詞の中に寒山寺という名前がありました。
  
  蘇州夜曲
君がみ胸に 抱かれて聞くは
夢の船唄 鳥の唄
水の蘇州の 花散る春を
惜しむか柳が すすり泣く

花をうかべて 流れる水の
明日のゆくえは 知らねども
こよい映した ふたりの姿
消えてくれるな いつまでも

髪に飾ろか くちづけしよか
君が手折りし 桃の花
涙ぐむよな おぼろの月に
鐘が鳴ります 寒山寺

<寒山寺>
mitakekei11_398.jpg

楓橋からの眺め
mitakekei11_393.jpg

寒山寺の展望台から

mitakekei11_408.jpg

mitakekei11_400.jpg


急な石段を少し登ったところにひっそりと佇む寒山寺は、とても小さなお寺ですが、
御嶽渓谷がとても良く望めます。天井に描かれた花鳥風月画も趣があります。
ここの鐘は、想いを込めてつくと、鐘の音は川面を伝い、川下の想い人のところに届いた
という言い伝えがあるそうです。ロマンチックなお話ですね。
この日も、散策の人々が、変わるがわるついていましたけれど、
これでは情緒がないかも(笑)ですね。

寒山寺の裏手の急な坂を上ると、寒山寺のバス停へと出ます。
わたしたちは、次のバスの時刻のぴったり5分前に到着です。
抜けるような青空の下、わたしたちは沢井の集落を望みながらバスを待ちました。

mitakekei11_401.jpg

バス停から、沢井の集落を眺める
mitakekei11_412.jpg


バスで数分の移動で、吉川英治記念館に着きました。
ここは、春に訪れたことがありましたが、秋は初めてでした。
下見と、先日のプチ遠足、今日のハナネコ女子会と、三度訪れましたが、
今日が一番素晴らしい紅葉でした。
記念館の中だけで、素晴らしい楓の紅葉を堪能でき、すっかり秋を満喫しました。

mitakekei11_415.jpg

mitakekei11_440.jpg

みなさんにも喜んでいただきご案内できて良かったです。
吉川英治記念館の紅葉は、デジブックにしましたので、よろしければ
↓の画像をクリックしてご覧ください。

<デジブック 草思堂の秋>



吉川英治記念館をゆっくりと堪能したので、もうひとつ回る予定だった即清寺は、
時間切れとなってしまいました。歴史の古い青梅には、たくさんの社寺がありますが、
中でも、立派な伽藍を構えた素晴らしいお寺で見所もあるのですが、こちらは、
次回のハナネコ女子会で訪れることにしました。
即清寺前のバス停を2時40分頃のバスに乗り、釜の淵公園近くのバス停で降ります。

次は、ハナネコ女子会の初回にご案内して以来、メンバーの心を捉えた多素敵なカフェ、
Tea Room に向かいます。春・夏・秋と訪れる事が出来ました。
今回も、とっても素敵な時間を過ごさせていただきました。続きは、次回に(*^_^*)
スポンサーサイト

category: 女子会

CM: 8 TB: 0   

コメント

No title

sizukuさん、おはようございます。♪
私も最近奥多摩の魅力にハマッています。
昨日も高水三山をまわって来ましたー。
こちらも参考にさせていただきます。(^^)/

クロちゃん #QfAHIh9c | URL | 2012/12/09 09:33 - edit

No title

こんにちは! いつもありがとうございます。

sizukuさんのデジブック、とても素晴らしくて、はまっています。
体調が悪く、写真の方は写せないのですが、
sizukuさんのお写真をみる度に、楽しんでおります。

昔は何度も通ったこともあり、奥多摩は自然豊かで、
素朴で、見れば見るほどに、味わい深いとことですよね。

こつこつ #- | URL | 2012/12/09 11:27 - edit

No title

しいちゃん、デジブック見せていただきました。
美しいイロハカエデですね。楠の緑の葉との色合いがとっても素敵だね。

奥多摩の秋を見れなかったけれど、しいちゃんのデジブックで楽しませていただきました。

ありがとうね。

はるか #- | URL | 2012/12/09 14:49 - edit

クロちゃんへ

クロちゃん、こんばんは~(*^_^*)
デジブック、ご覧いただきありがとうございます。
自分のブログを見ずに、クロちゃんのブログに、推理します!!なんて書いていましたが、
こちらに、答えを書いてくださっていたんですね(笑)

高水三山でしたか~!!いかがでしたか?
岩茸石山から、尾根伝いに名栗方面に行けますが、春先はイワウチワやスミレも咲く花の道だそうです。
でも、アップダウンがきついらしいです。わたしもまだ未踏なので、行ってみたいと思っています。
高水山直下の常光院は、4月8日に獅子舞が執り行われます。古式豊かな良い獅子舞です。
来春、見にいらっしゃいませんか?

それと、御嶽渓谷の遊歩道は、軍畑~川井まで歩けるようになっていますので、遊歩道を絡めた
ハイキングも良いですよ(*^_^*)v

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2012/12/10 00:27 - edit

こつこつさんへ

こつこつさん、こんばんは(*^_^*)
デジブックを気に入っていただきありがとうございます。
写真の選別、BGMの選考、写真の順番など、結構、気を使ったりしています。
ですから、こつこつさんのように、毎回楽しみに見てくださる方が、いてくださると
張り合いが出ます。

写真は、自己流でなかなか上手くなりませんが、こんな風に良かったよと、コメントいただくのは嬉しいものですね。
ありがとうございました。

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2012/12/10 01:52 - edit

はるかちゃんへ

はるかちゃん、こんばんは(*^_^*)
デジブック見てくれてありがとう。本当に今年は紅葉が綺麗だったから
はるかちゃんにも見せてあげたかったよ。

また、青梅や奥多摩で良ければ案内しますからね!!いつでも言ってね(^_-)
カツラの巨樹にも逢ってほしいなぁ~(^o^)/

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2012/12/10 01:57 - edit

草思堂

こんにちは、モナスマです。いつもいつも、遅きコメントにてごめんなさい。

すっかり葉を落とし、冷たい雨に震えている庭木に小鳥がやってきて囀っていました。
窓の外にそんな初冬を感じながら、美しい紅葉のデジブックを堪能しています。

20余年前、横浜から転居してきた年の春、梅郷を見に来た折この記念館に立ち寄った記憶があります。
でも、その時は「展示館」だけをササッと見ただけでした。


今回は、sizukuさんのご案内で門をくぐる前の板塀から「前庭」「草思堂」「「書斎」「展示室」「庭園」と、丁寧に味わいながら廻ることが出来ました。

デジブックを見させて頂いて感じた事。
⑨~畳の上に日差しが伸び、片隅の箪笥へ届く・・・・私は、部屋に置かれている巨大な「波」の筒型写真に気を奪われていました。う~ん、sizukuさんは視点が違うなぁって感服してしまいました。
同様に⑫の、梅は堅い蕾を膨らめている(35)~ミツバウツギの冬芽・・・・・こういう事に気付けるって、体も心も自然の中に溶け込んでいらっしゃるからなんだろうなぁと、sizukuさんと知り合えたこと、ご一緒できたこと、幸せに思いました。

(25)~(27)満天の星、(32)(33)素晴らしくて何度も戻してみました。

sizukuさんが、「記念館」を春に訪れた時のお写真。草むらにベンチのある風景に出会いたかったのですが、分かりませんでした。
また、いつか「記念館」からの小径を抜けて、裏手の階段を上って神社~即清寺へといってみたいです。 

モナリザ スマイル #- | URL | 2012/12/17 17:00 - edit

モナスマさんへ

モナスマさん、いつも丁寧なコメントをいただきありがとうございます。
わたしの方こそ、いろいろと芸術的なことに精通されているモナスマさんからいつも影響を受けています。
今回も、玉堂美術館で、玉堂さんの生誕日に気づかれた、細やかな観察眼に脱帽でした(*^_^*)

デジブックも、ご一緒に見た風景ですから、よけい、感慨深く見ていただけたのかもしれませんね。
いつも、何回もご覧くださり、想いを重ねてくださり、嬉しい限りです(*^_^*)

そうそう、あの草生したベンチは、あの裏の愛宕神社の前にありました。
春は、そんなコースで行ってみましょうね(*^_^*また、)よろしくお願いします。

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2012/12/19 08:05 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sion920.blog74.fc2.com/tb.php/306-b620077b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。