Admin New entry Up load All archives

風立ちぬ

日々の想いを風に乗せて…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

奥多摩遠足in日原 

11月11日、1並びのこの日は、恒例の奥多摩分校の秋の遠足でした。
尾瀬のオフシーズンの早春と晩秋に、開催するようになって9年目になります。
最初は、こいちゃんとジークさんとわたしの三人遠足でしたが、次の年の春、
京都からお千賀さんが、参加してくださり、その年の秋には、和風さんご夫妻も
新潟から参加してくださり、それを機に、多くの尾瀬仲間さんが参加してくださるようになりました。

おかげさまで、なかなか尾瀬に出掛けていけないわたしですが、こうして毎年、
居ながらにして、たくさんの尾瀬仲間さんとの交流をさせていただいています。
遥々、奥多摩まで足を運んでくださって、本当にありがたいことだなぁと毎回、感謝しています。
今回の参加は、14名、過去最高の人数かも?みなさんにお逢いするのがとっても楽しみです。


昨日は、申し分ないお天気で、プチ遠足を楽しんだのですが…
一夜明けると、う~ん、なんだか怪しい空模様です。
天気予報は、曇りのち雨、午後、3時ごろから降り出すとの予報でした。
若草女子会のメンバーからは、早朝から、
『おねえちゃま、今日は奥多摩遠足ですね。楽しんできてね!!雨が降らないように
晴れパワー送ります。晴れろ~!!』なんて、嬉しいメールが届きました。
ありがとう!!妹ちゃんたち(^^♪晴れパワーお願いね。楽しんできます(^^)v

遠方からいらっしゃる和風さんご夫妻は、昨夜は奥多摩駅裏の宿に宿泊されています。
京都から参加してくださるお千賀さんは、夜行バスで今朝、6時半頃に立川駅に到着し、
一路、奥多摩駅を目指してくれることになっています。
わたしたちも、ちかちゃんの到着に合わせて家を出発しました。
すると、ちかちゃんから、『今、立川に着きました。そしたら、なんとshinさんが
迎えに来てくれていました!!もう、びっくりするやら嬉しいやら、
これからshinさんの車で奥多摩駅に向かいます。』との、メールが入りました。


「わぁ~!!素敵!!shinさん、なんて、男前なんでしょう!!」
わたしは、思わず叫んで、安曇野さんに報告しました。
わたしも、夜行バスでお疲れのちかちゃんをお迎えに行けずに申し訳ないなぁと
思っていましたから、shinさんのサプライズに、心から感謝でした。
それにしても、shinさんは、なんて優しいのでしょう。
そのさりげないフェミニストぶりに感動でした。
さぞかし、ちかちゃんは嬉しかったでしょうね。ありがとう、shinさん(*^^)v

奥多摩駅に着き、安曇野さんは、車参加の方々を待つために一足先に日原に向かって
もらいました。やがて、shinさんの車が到着し、ニコニコ笑顔のちかちゃんとの
再会です。しばらく立ち話の後、和風さんたちの宿泊先までお迎えに行き、
shinさんも、日原に向かっていただきました。
和風さんたちが、仕度をされるまでの間、ちかちゃんとわたしは、日原川に架かる
橋の上で色づき始めた木々を眺めます。

nepa11_002.jpg


すると、ちかちゃんが、ニコニコ笑っています。「?」と、思って振り返ると、
ちかちゃんははにかみながら、『あのぉ…ハグハグを…^m^ 』と、言いました。
ああ、そうでした!!バタバタしていてタイミングを失っていましたね!!
「ごめんね!ちかちゃん!ようこそ、奥多摩へ」ってことで、
めでたくハグハグできました。不思議ですね。こうして抱き合うと、幼馴染のような
親近感が湧きます。ちかちゃんの温かさがじかに伝わってきて、胸の奥にぱぁっと花
が咲いたような優しい気持ちになれます。ちかちゃん、大好き、本当に素敵な人です。

いまでも、あの時の、ちょっと恥ずかしそうに、はにかんだちかちゃんの笑顔が思い出されて、
また、こころが温かくなります。
和風子さんとも、ハグハグ!!そして、奥多摩駅に続々と到着する尾瀬仲間さんたちを持ちます。


今回、参加できなかった、みんなのアイドル、meaちゃんから、嬉しいメールが届きます。
みんな嬉しそうに、お返事のメールを送っています。

“sizukuさん、今回は参加できなくてごめんなさい。
わたしの、尾瀬のお父さんとお母さんのこと、よろしくお願いします。”

尾瀬のお父さんとお母さんというのは、和風さんと和風子さんのことです。
本当にお二人は、温かくて、楽しくて、みんなのことをいつも気遣ってくださって、
meaちゃんが、尾瀬のお父さん、お母さんと慕っている気持ちがとっても良く分かります。
meaちゃん、ありがとう。楽しい遠足してくるからね。(^^♪


続々と、メンバーが到着です。
明るい笑顔で改札口を出てきた花見さん、和風子さんもちかちゃんも大喜び。
わたしは花見さんとは、昨年の冬以来だから、約2年近く逢っていませんでした。
今回、来てくださって、とっても嬉しいです。やはり、代わり番こに、ハグハグ(^^♪

わぁ!!てばまるさん!やっぱり来てくれたんだ(^_-)
いつも、てばまるさんは、サプライズで駆けつけて、みんなを喜ばせてくれます。

ニコニコ笑顔の、こいちゃんに、菊池さんヽ(^。^)ノ
そして、ハンちゃんにyouicさん(^o^)/みなさん、ようこそです(^_-)☆

早速、到着している日原行きのバスに乗り込んで、車組の人が待つ東日原へと向かいます。
バス停では車組さんたちが、待ちくたびれて、待っていてくださいました。
ここで全参加者が揃いましたので、メンバー紹介です。
こいちゃん、shinさん、てばまるさん、菊池さん、youicさんご夫妻、和風さんご夫妻、
ちかちゃん、花見さん、yatoyamaさん、クロちゃん、
(クロちゃんは、秩父の山の会のリーダーさんで、とても頼もしい方です。今回も大変お世話になりました。)
安曇野さん、sizukuの総勢14名です。みなさん、よろしくお願いします。

nepa11_036.jpg

nepa11_044.jpg


鄙びた日原の集落をテクテクと進みます。昔、山から水を引いたという、万寿の水があります。
みなさん、早速、お味見を。それを写真に撮る人。軟らかくて美味しい水だそうです。

nepa11_045.jpg

nepa11_054.jpg


集落を見守るような稲村岩とそれに続く稲村尾根は、紅葉真っ盛りです。
温かそうなキャメル色…これで、日差しがあれば、黄金色に輝くだろうなぁ…

nepa11_056.jpg


紅葉は、今、正に旬なのに、どんよりとした空模様が惜しいです。
それでも、みなさん、歓声を上げて喜んでくださいます。車道歩きなのに、
目ざとく紅葉スポットを見つけては撮影タイム。
こうして、並んで撮っている後姿がいいですね。


nepa11_058.jpg


やがて、小川谷橋に差し掛かると、鍾乳洞方面の山肌が、色とりどりの紅葉で綺麗です。
ところどころに、モミやツガの針葉樹の深緑を配して、まるで、パッチワークのような山肌でした。


nepa11_085.jpg

橋の下

nepa11_086.jpg


みなさん、橋の上をあっちにいったり、こっちにいったり、山の上を撮ったり、
橋の下の紅葉を撮ったり思い思いに楽しんでいます。

nepa11_092.jpg

nepa11_097.jpg

nepa11_094.jpg


時々、車が来ると、クロちゃんが大きな声で知らせてくださいます。
『車、来ますよぉ~!!』その声に、わたしたちは、わらわらと路肩に寄ったり…
クロちゃんは、山の会のリーダーさんとして、大勢の引率に慣れていらっしゃるのが頷けます。
クロちゃんの、穏やかで良く通る『車来ますよぉ~!!』の声が聞こえる度に、
何だか安心できて頼もしく感じたわ。と、ちかちゃんが言っていました。わたしも同感でした。
クロちゃん、陰ながら、応援してくださって、ありがとうございました(*^^)v

nepa11_099.jpg


さて、今日のメインの日原林道へと向かいます。
すぐに、渓流釣り場がありますが、こちらの駐車場下のカエデの紅葉が色鮮やかで見事です。
たくさんの種類があるようですが。ひときわ目を引く艶やかなオレンジ色は、
コハウチワカエデでしょうか?本当に美しすぎてうっとりと眺めました。

nepa11_112.jpg

nepa11_126.jpg

イロハカエデは、緑や黄色やオレンジや赤のグラデーション。
メグスリノキは、柔らかな赤みがかったピンク色の色合いです。
チドリノキやサワシバ、イヌシデなどの黄葉でしょうか、林道沿いの森は、黄色い葉が目立ちます。

nepa11_119.jpg

nepa11_127.jpg

nepa11_168.jpg


曇り空ではありますが、見上げるように撮れば、柔らかな透過光にしっとりとした
明るさの森になります。
林道は日原渓谷沿いについていて、このままどこまでも詰めて行けば、
雲取山にも続いています。今日は、ほんのさわりの八丁橋までの往復となります。
山を登る方たちから見れば、『えっ?登山口にも辿り着いていないよ?』と、
呆れられてしまいそうなコース取りですが、みなさんとのんびり紅葉を愛でながら、
撮影しながら歩くわたしたちには、妥当なコースなのでした。

nepa11_185.jpg

nepa11_195.jpg


nepa11_132.jpg

途中、ジンジソウを見つけたり、リンドウを見つけたり、カーブミラーがあれば、
即、記念撮影、対岸の色とりどりの紅葉にカメラを向けたり、
わたしたちは、飽きることを知りません(笑)

nepa11_184.jpg

カーブミラーを見つければ、ほら、この通り(笑)

nepa11_136.jpg

ND3_1556.jpg
photo by kikuti


ほら、立ち止まって、なにやら楽しそうに談笑しているでしょう。
こんなシーンが度々、見うけられます。みなさん、とっても仲良しなんです (^^♪

nepa11_170.jpg

nepa11_138.jpg

nepa11_140.jpg

nepa11_155.jpg


さて、今日のメイン、ガニ沢のカツラが佇む場所に到着しました。
2010年だったでしょうか?奥多摩町が、元々あった日原の巨樹コースを延長し、
日原林道沿いにある巨樹への道を整備しました。その時、このガニ沢のカツラへ降り
て行く道にも案内板が立ちました。
その案内板には、幹周7.1M 樹高 30Mと記されています。
この樹は、日照権の悪い、谷底に育成したため、光を求めて高く高く、その樹高を
伸ばしたのでしょう。とっても背高のっぽの巨樹なのでした。

nepa11_259.jpg



でも、林道が高い位置を走っているため、こんなに大きな巨樹なのに、なかなか目に
付きにくいのでした。
わたしが、2005年に、この樹を探した頃は、一度では見つけられず、何度か足を
運びました。木々が葉を落とした冬の林道で、初めて出会えた時の喜びは大きかったです。

nepa11_314.jpg


巨樹までの道も整備されたのですが、訪れる人もあまりないのでしょうね。
草生して踏み後のような道になっています。
わりとなだらかな道で大丈夫と思ったのですが、膝に不安のある何人かの方は、
降りるのを諦め林道で待つことになってしまいました。
みなさんと行けるコースをと考えたつもりでしたが、行けなかった方、ごめんなさいでした。

nepa11_198.jpg

nepa11_207.jpg


渓谷に下る道を、仲間たちが巨樹に向かって降りて行く姿って、絵になりますね。
渓流沿いに一際大きく佇むカツラの樹が、迎えてくれているように見えました。
このカツラは、流れの岸辺にある大岩の上に根を下ろしました。樹が生長していくと
同時に、いつの間にか大岩を抱え込むように根が伸び、周りに障害物がなかったのか、
素直にまっすぐに天を目指して伸びています。主幹は朽ちていますが、カツラの特徴
である彦ばえが主幹を取り囲むように大きく成長し、末広がりの美しい樹形を形成しています。


渓流の畔にあり湿潤な環境なので、幹や根や枝にも、青々と苔が密生していて、堂々
とした巨樹の風格を見せてくれます。
みなさん、思い思いに撮影されていて面白いですね。川岸まで降りて遠くから撮影さ
れる方、根元から、見上げるように撮影される方、ここは、山の斜面にある巨樹と違って、
ぐるりと一回りして撮影できるのがいいですね。

nepa11_221.jpg

ND3_1442.jpg
photo by kikuti

いつもはひっそりと渓流の音を聞いているカツラの巨樹も、こんなにたくさんの人に
逢いに来てもらえて嬉しそうです。
おそらく、そんなに多くの人が訪ねてくることもないのでしょうから…

nepa11_225.jpg

nepa11_231.jpg

nepa11_237.jpg

nepa11_242.jpg

nepa11_250_20121129013549.jpg


nepa11_218_20121129013549.jpg


『おおい~!!お腹すいたよぉ~!!』林道の上から声が聞こえます。
「ごめんなさ~い!!」
さて、待ちぼうけの様子のメンバーさんの元に返りましょう。
お昼を少し回ってしまいましたね。ここで、お昼にしましょうか。
少し広くなった林道の片隅に座り込んで、楽しいお弁当の時間です (*^^)v
みなさんから、お菓子の差し入れに、クロちゃんからは、熱々のウィンナーの差し入れです。


和気藹々のお弁当タイムの後は、孫祖谷林道を30分ほど、登り上げたところにあるミズナラの
巨樹を訪ねる予定でしたが、どうも雲行きが怪しいです。
山々を覆っている暑い雲が、だいぶ下まで降りてきました。天気が良ければとても見晴らしが
良いのですが、この天気ではあまり期待できませんので、八丁橋までで引き返すことにしました。

nepa11_261_20121129013549.jpg

nepa11_266_20121129013548.jpg

nepa11_272_20121129013548.jpg

nepa11_279_20121129013548.jpg



八丁橋からの景色を見ていただいた後、ここで来た道を引き返すことにしました。
小川橋まで帰り着いたところで、shinさんは用事があるため、一足先に帰られることになりました。
じゃぁ、ここで記念撮影をしましょうということで、てばまるさんがカメラをセットし、
はい、チーズ(^^♪
思い出深い記念写真となりました。今度、歴代の記念写真を貼ってみたら面白いかもしれません。

nepa11_329.jpg

IMGP1813.jpg
photo by tebamaru

IMGP1815.jpg
photo by tebamaru


一人帰っていくshinさんを、みなさん、お名残惜しく、いつまでも手を振って見送っていました。

雨の降り出しも心配ですが、3時代のバスがないので、次のバス時間までまだ、間があります。
鍾乳洞へ向かう道は紅葉がとても奇麗です。それでは、鍾乳洞見学と行きましょうか?
みなさんは、色とりどりの楓の紅葉に、やっぱりカメラを向けながら歩きました。
鍾乳洞に入る時、ポツポツと雨が落ち始めていました。

nepa11_337.jpg

nepa11_342.jpg

nepa11_348.jpg


鍾乳洞の中は真っ暗です。入り口から細い横穴が続いていて、所々に蛍光灯がぼんやり灯っています。
途中、体をかがめないと通れないような洞窟もあり、閉所恐怖症の人には無理かもしれません。
誰かが、岩に頭をぶつけて『イテテ…』なんて言ってます。
やがて、目の前が開けて巨大な洞窟が現れました。

わたしが撮った写真はボケボケなんですが、てばまるさんが撮った写真は素晴らしいです。
ちょっとお借りして貼ってみます。雰囲気が良く分かると思います。

IMGP1857.jpg
photo by tebamaru

少し高くなったところへと階段が付けられていて、ぐるっと回って降りてこれるようになっています。
再生の道とか書かれていて、昇って降りてくると心が清浄になり生まれ変わった新しい自分になれる
みたいなことが書かれているとこいちゃんが言っていました。

IMGP1861.jpg
photo by tebamaru


階段の下辺りに、水琴窟が設置された洞窟があり、耳を澄ますと、「ピト~ン…ピト~ン…」と
地底からかすかな音が響いてきました。
水琴窟は、あとから埋め込まれて作られたものですが、神秘的な音色が洞内に響き、鍾乳洞の
雰囲気によくマッチしています。

IMGP1862.jpg
photo by tebamaru

その後も、迷路のように洞窟が続いていて、往路と復路が交差していたり?何だか迷子になりそうです。
いつの間にか、一緒に歩いていたyouicさんご夫妻や、こいちゃん、くろちゃんの姿が見えません。
わたしたちは、てばまるさんを先頭にして後から付いて行きました。
やがて、洞窟は縦穴へと変化して、人一人がやっと通れるような急勾配な階段がずっと続いています。

IMGP1880.jpg
photo by tebamaru


『イテテ…』また、誰かが頭をぶつけています。
『いやぁ、コレは、本日一番の上り坂だぁ』と、いつの間にか追いついてきたクロちゃんと
こいちゃんが言っています。
「登りがあるってことは、下りもあるってことよね。」 『たぶんね。』
そんな会話の後、見事に今度は急階段の下りが待っていました。
本日、一番の急登と急降下を終えて、わたしたちは、ようやく出口に辿りついてホッとしました。

IMGP1881.jpg
photo by tebamaru

ずいぶん昔に、日原鍾乳洞を歩いたことがありましたが、こんなにハードだったかな?と思いました。
やっぱり事前に、ちゃんと歩いてみないといけませんね。観光地だから大丈夫だろうと、
たかをくくっていたのが、いけませんでした。みなさん、お疲れ様でした。
そして、鍾乳洞の入り口から一歩外に出てびっくり。
30分ほどの間に、雨は本降りとなっていました。
結局、最後は雨に降られてしまいましたが、雨に煙る紅葉の森も、稲村岩も、日原の集落も、
まるで、墨絵のように滲んで風情がありました。

『いいわねぇ…とっても情緒があるわ。』花見さんが時々立ち止まって、山々から湧き上がる
靄に煙る山里の風景を見つめていました。
バス停に着きましたが、車組みのyatoyamaさん、クロちゃんのご好意で奥多摩駅まで
分乗して送っていただくことになり、予定より早い電車に乗車することが出来ました。
本当にお二人には感謝です。ありがとうございました。そしてお疲れ様でした。
奥多摩の駅で、今度は、帰っていくみなさんを見送って、何だか寂しい気持ちになりました。
みなさん、遥々と奥多摩までお越しくださいまして本当にありがとうございました。
お陰で、今回も楽しい遠足となりました。
みなさんあっての奥多摩遠足、どうぞ、また、来年も奥多摩にいらしてくださいね。

後日、みなさんからお礼メールと楽しいスナップ写真が送られてきました。
そして、昨日、みなさんの写真と、和風さんの写真と和風子さんの動画を、編集して、
和風さんが素敵なDVDにして、送ってくださいました。
思い出がいっぱい詰まったDVDを見ていたら楽しかった遠足が蘇り温かい気持ちになりました。
そして、こんなに素晴らしい錦秋だったんだと改めて思いました。
みなさんのカメラワークは、しっかりと日原の美しい秋を映し出していたのでした。

nepa11_334.jpg
スポンサーサイト

category: 森・山

CM: 16 TB: 0   

コメント

No title

おはようございます!

もしや?と思って来てみたら・・・バッチリ!
なんて感が鋭いのでしょう(笑)

千賀ちゃんは前回・・shinの心の中に借りをつくってしまったので
それを返しに行っただけですゥ。
照れます。照れます。照れます。

日曜は秩父夜祭の宵宮です。
お出かけならご一報を・・・

shin #gg06ppQg | URL | 2012/11/29 04:03 - edit

No title

楽しい遠足でしたね。
紅葉もとても美しい時で、皆さん喜んでいたことでしょう。

ちかちゃんハグハグ、先日の京都では初対面なのでしなかった!
何かとても大きな忘れ物してしまったわ。

しいちゃんいつもにぎやな遠足、今年もお疲れ様でした。

いつかかつらに会いたいな。触ってきてね。

はるか #mauyLjdI | URL | 2012/11/30 01:04 - edit

shinさんへ

shinさん、一番海苔、ありがとうございます(*^_^*)
長いレポを読んでくださって感謝です^m^
借りを返しにいっただけ…なんて、そういうところもカッコイイです~
なんて言うと、テレ屋のshinさんが、テレちゃいそうだから、やめときますね(笑)

秩父夜祭、行きたかったんですが、日曜日はお仕事なので、今年も行けません(/_;)
お気遣いありがとうございます~(*^_^*)
来年こそは行きたいと思ってますのでよろしくって、まだ、今年の夜祭も終わっていないのに
鬼がお腹を抱えて笑いますよね。(爆)

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2012/11/30 01:25 - edit

はるかちゃんへ

はるかちゃん、長いレポ、読んでくれてありがとう(*^_^*)

今年は、ことのほか、紅葉が良かったみたいです。
ちょうどいい時に、遠足が出来てラッキーでした。
たぶん、次の週だったら、もっと激混みの紅葉狩り遠足になっていたかも、
この日は、まだ、人出も少なめで良かったです。
お天気は、曇り空でしたけれどね。でも、これだけ見れたのだから良かったのかもと思いました。

はるかちゃん、今回、残念だったけれど、カツラにいつでも案内するからね~♪
来れそうな時、言ってください。来月は、火曜休みだから。

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2012/11/30 01:34 - edit

素敵なオフ会

sizukuさん、こんにちは。
久しぶりにおじゃましたら、何て素敵なオフ会!
sizukuさんの人柄に魅かれて、たくさんの人たちが集まりましたね。
深まる秋を思う存分、満喫されたことでしょう。
楽しいおしゃべりが聞こえてきそうです。

日原鍾乳洞、とても神秘的ですね。
水琴窟の音色を聴いてみたいものです。
群馬にも上野村に鍾乳洞がありますが、もっと小さいです。

けいこ #TB2JfpHU | URL | 2012/12/01 08:13 - edit

No title

秋色に染めた日原の大自然は、みごとですね!
自然を愛するやさしい思いの皆さんに、感動を覚えます・・・
青い空に向かって、いつも突き進む、巨木のかつらさんの姿に
Kiroroの「未来へ」を思い出しました。




こつこつ #- | URL | 2012/12/01 12:46 - edit

けいこさんへ

けいこさん、ご無沙汰しています。なかなか伺えずにすみません。
長いレポをご覧いただきましてありがとうございます。
コメントもいただいて、わぁ~♪けいこさんだ~(*^_^*)うれしい~♪でした。

オフ会、みなさんが、お越しくださるのが何よりうれしいです。
いつも楽しいお仲間なので、楽しい散策となりました。
エコフィールドのオフ会も、随分、ご無沙汰になってしまいましたね。
この前、エコさんが、同窓会しようと、つぶやいてましたよ(*^_^*)

また、けいこさんやいちじんさんにお逢いしたいです。
そう言えば、日原の巨樹巡りしようなんてお約束してましたよね。
日原の鍾乳洞は、あぶくま洞や竜泉洞などに並ぶ、日本鍾乳洞九選に選ばれているそうですよ。

でも、その近くにある小さな鍾乳洞の方が、学術的には貴重なのだそうです。
いつか、けい子さんと歩いてみたいです。

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2012/12/02 00:41 - edit

コツコツさんへ

コツコツさん、いつもコメントをいただきありがとうございます。
そうですね。皆さん自然が大好きで、写真が大好きな方たちです。
ですから、一緒に写真を撮りながら歩くのが、とっても楽しいんです。
コツコツさんも、写真をやっていらっしゃったそうですね。
どうぞ、また、始められませんか?

何百年も生きてきた巨樹たちの姿は、何かを語りかけているようで
出逢えただけで、心打たれる強さと優しさがあるような気がします。
Kiroroの「未来へ」良い歌ですよね。

ほら、足元を見てごらん、それがあなたの歩く道
ほら、前をみてごらん、それがあなたの未来…

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2012/12/02 00:52 - edit

お!

レポ上がってましたね。ちょっと出遅れましたが、読ませていただきました(^-^)/
あのときの楽しいのが蘇るようですね。
ちょっと雨に降られてしまいましたが、それはそれでよい思い出です。

日原鍾乳洞は初めて入りました。
意外と奥が深くてびっくりでしたが、鍾乳石とかがあまり無いのでちょっと物足りなさはありますね。
レポでは僕の写真もいっぱい使われているので嬉しいです。

てばまる #elaeQlTI | URL | 2012/12/02 19:15 - edit

No title

明日が楽しみで~す!!
紅葉にはたぶん遅いでしょうけど、でもみんなと歩く奥多摩路、巨樹巡り。
娘ちゃんたちもワクワクドキドキ、楽しみでしょうがな~い!って言ってます!!
大人の遠足も楽しいですね~~~~(^O^)/

hidamari #- | URL | 2012/12/03 12:28 - edit

てばまるさんへ

てばまるさん、こんばんは(^_-)
長いレポ、ご覧いただきありがとうございます。
楽しかった遠足が、写真を見ていると思い出されますよね。
鍾乳洞の写真、素晴らしいのをたくさんお借りしましてありがとうございました。
やっぱり、写真があると、臨場感が伝わりますよね(*^_^*)

以前、もう、何十年も前ですが、日原鍾乳洞に入った時は、もっと石筍や鍾乳石が
林立していたんです。でも、夜中に、荒らされて壊されてしまったと聞きました。
酷い話ですよね。

あの近くに、民家の裏庭で見つかったという、大増鍾乳洞と言うのがあるのですが、
そこは規模は小さいのですが、真っ白な鍾乳石が見れます。
おばあちゃんが、一人で管理されているのですが、こちらの方が面白いかもです。

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2012/12/03 18:37 - edit

ひだまりちゃんへ

ひだまりちゃん、長いレポを読んでくれてありがとう(*^_^*)
いよいよ、明日だね~♪久しぶりに逢えるの嬉しいよ♪ハグハグしようね(^_-)v
娘ちゃんたちにも逢えるの楽しみです。あの、尾瀬女子レンジャー部隊の娘ちゃんかな?
若草+蕾女子会、楽しみだな~!!

とっておきの巨樹に、ご案内するからね(^_-)
う~ん!晴れろ~~~~!!!

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2012/12/03 18:44 - edit

綺麗な紅葉でしたね♪

しーちゃん コメント遅まきでごめんね。
真っ盛りの山並みの紅葉にほれぼれでしたね。 そして楽しい遠足でしたね♪
楽しかった遠足が一杯思い出されました。
shinさんが迎えに来てくれて嬉しかったこと♪ しーちゃんとのハグハグも懐かしいですね♪ 小川谷橋からの素晴らしい紅葉も♪ みんなでお喋りしながら歩いた日原林道も♪ ガニ沢のカツラの撮影会も、お弁当を皆で食べたことも♪ クロちゃんの美味しいウインナーも♪ こいちゃんにたくさんの綺麗な落ちモミジをもらったことも♪ 日原鍾乳洞の天井の高い高い広場にびっくりしたこと♪ 長い登りの階段や下りの長い階段も(笑) 雨に煙る紅葉の山並み♪ しーちゃんと駅でバタバタしてしまったけど(*^_^*)名残惜しいお別れも♪ 
みんなみんな楽しかったです(^_^)v
ありがとうございました。

お千賀さん #JalddpaA | URL | 2012/12/04 23:52 - edit

ちかちゃんへ

ちかちゃん、こちらにも、丁寧なコメントいただき本当にありがとう。
奥多摩遠足は、お忙しい中、遠くから駆けつけてくださるちかちゃんや
和風子さん、和風さん、そして、快く駆けつけてくださる近郊の尾瀬仲間さんたちで
成り立っているんですよ。みなさんが来てくださるから続いているんです。
いつもありがとう(*^_^*)お礼を言うのはわたしのほうだよ。
来週は、わたしが、お邪魔しますね~♪とっても楽しみにしていますよ。
よろしくお願いします~♪

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2012/12/05 20:21 - edit

No title

こんにちは

お誘いを頂いたのに体調が悪くて欠席してしまい申し訳ありませんでした。
楽しい秋の遠足の様子をうらやましく拝見しました。

午後になって天気が崩れたようですが写真はどれも上機嫌(?)に見えます。
紅葉もお見事・・・チームワークもお見事・・・何よりも企画がお見事です。
来年の春の遠足を今から楽しみに待っています。

keykun #Z4cD5ATI | URL | 2012/12/07 15:45 - edit

keykunさんへ

keykunさん、コメントありがとうございます。
体調が優れない時は、仕方ありませんよね。
わたしも、また、keykunさんの、楽しいお話がお聞ききしたいので、ぜひ、遊びにいらしてくださいね。

春の遠足の前に、また、大人の遠足したいですね。
氷柱・氷瀑ツアーなんて、いかがでしょう?(笑)
そして、また、フクジュソウの秘密の花園に、連れて行ってください(*^_^*)

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2012/12/08 19:19 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sion920.blog74.fc2.com/tb.php/304-c8b2ee84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。