Admin New entry Up load All archives

風立ちぬ

日々の想いを風に乗せて…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

鷹渡りの季節 

9月9日は、天覧山の山開きでした。
秋の山開きって?と不思議に思われると思います。
それは、鷹渡りを見るために、山に登る山開きの日なんです。

9月になると、ツバメや鷹や夏鳥たちが渡っていき、入れ替わりに、
10月にはマガンや冬鳥たちが渡ってきます。
夏鳥たちの多くは、日本で子育てをするために春に飛来し、秋には南方へと
帰っていきます。
逆に、冬鳥たちは、夏にシベリヤで子育てをし、厳冬期を暖かい土地で過ごす
ために日本に渡ってきます。

鳥たちの渡りの習性は、全てが解明されたわけではなく、まだ謎に包まれて
いる部分も多くあるそうです。
一番有力な理由は、食物と快適な子育ての場所を求めての食糧、環境、繁殖説
ですが、氷河期にまで遡った仮説もあるそうです。

初歩的な疑問で、鳥たちは何を頼りに自分たちが渡っていく方向が分かるのか
ということ。
昼渡る鳥は、太陽と自分との位置で方向が分かる太陽飛行と
夜渡る鳥は、北極星とその周りの星座で自分の位置を知る星座飛行とが
あるのだと言います。
その他にも、地磁気、地形などから方向を決めて渡っていくのだとも
言われているそうです。
巣立った若鳥を伴っての渡りを繰り返す中で、渡りの習性は受け継がれて
いくのかもしれません。

鳥の寿命って何年ぐらいなんだろう?と思って調べてみたら、おおよそだけれど、
ツバメ・スズメ・メジロ・ヤマガラ8年、ヒヨドリ10年、
カラス・オオタカ18年、ウミネコ32年、コノハズク18年、
コハクチョウ19年、コアホウドリ33年だと分かりました。

小鳥たちのほうが寿命が短いけれど、わたしは、3~4年ぐらいと思っていたので、
ヤマガラやメジロたちが、8年近く生きると知って嬉しくなりました。
ということは、去年の冬に渡ってきた冬鳥たちが、また、同じ地に帰ってくる可能性
があるということになります。
もしかしたら、昨年の冬に出逢えた鳥にまた逢えるかもしれないのです。

話がそれてしまいましたが、鳥たちの渡りの中でも、体が大きい、鷹の渡りは、
なんとも言えない壮大で美しいドラマがあるように感じます。
体が大きいから、渡っていくその姿を目にすることができるということ、

鷹柱といって、たくさんの鷹が円を描きながら高度を上げていき、
その姿が、点に見えるくらい高度を上げたところで、上昇気流を捕まえて
次々と滑空していく姿、大空を、いっきに西へと滑るように飛び去り、
やがては消えていく飛翔を、一度見たら、忘れられないほど感動するものです。

わたしが、初めて、鷹渡りを見に行った頃のレポです。
その時の感動が書き綴られています。良かったらご覧ください。
     ↓         

風をつかさどるものたち


今年もまた、鷹を待って空を見上げる素敵な人々の輪の中で、わたしも秋の空を
見上げ渡り行く鷹を待ちたいと思います。
今年もあの感動を、あの人々と一緒に…

スポンサーサイト

category:

CM: 6 TB: 0   

コメント

sizukuさん、こんばんは♪
鳥さんも不思議がいっぱいの神秘に包まれていますね。
意外と長生きなのは新鮮な発見です。
また同じ場所に戻って来て、同じ景色を見る。
どことなく浪漫を感じます。(^^)/

私もコメント欄の入口が見つからず、新しい発見をしました。(-^〇^-)
では、またー。o(*^▽^*)o~♪

クロちゃん #QfAHIh9c | URL | 2012/09/19 20:12 - edit

クロちゃんへ

クロちゃん、コメントありがとうございます。
鳥も動物も虫も、木や草も、自然界のことは不思議が一杯ですよね。
それに気付くと、なんだか楽しくなりますし、ロマンを感じますよね。
わたしも、鳥たちが長生きなのがうれしかったです。
それと、コメント欄を発見されましたか?(*^^)v
解かりづらくてごめんなさい(^^ゞ
そうそう、月と星と妖精のダストのブログパーツ(右端の下の方↓)
今日は特別な日なので、一日中星が流れています。気づかれましたか~?(笑)

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2012/09/20 00:55 - edit

おはようございます。

鷹渡り・・・素敵なシーンですね。
鷹が渡り鳥だったことすら知りませんでした。
点になるまで上昇する鷹・・・・いちどぢいから見たいものです。

重陽の節句が天覧山の山開きですか。
天覧山・・・・お酒の名前を思い出してしまいました。

keykun #Z4cD5ATI | URL | 2012/09/23 11:52 - edit

keykunへ

keykunさん、こんばんは(*^_^*)
鷹渡りを読んでいただきましてコメントありがとうございました。
安曇野さんも昨年、一緒に天覧山に行き、鷹渡りを初めて見て
喜んでいました。一番の、ピークはお彼岸頃で、次が10月初め頃
のようです。shinさんも、よく見れる場所を御存じのようです。
天覧山は、すごくたくさん見れるという訳ではないようなんですが、
ここに集まる皆さんが素敵で、つい、行きたくなってしまいます。
今年は、何かと忙しくて、まだ、行けるかどうか判らないのですが、
出来る限り行きたいと思っています。
ただ、必ず見えるという訳でもなく、空振りも多いみたいです。
待ちぼうけになってしまっても良かったら、ご一緒しましょう(*^_^*)

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2012/09/24 21:41 - edit

天覧山

sizukuさん おはようございます。
昨日26日天覧山と能仁寺に行ってきました。
11時前後でしたが双眼鏡で三羽と二羽が見えました。
高くて、遠くてとても写真は撮れませんでした。
「24日に240羽も出たので今日は少ないなあ」と皆さんが話していました。

こいちゃん #HdSy5Q9E | URL | 2012/09/27 06:28 - edit

こいちゃんへ

こいちゃん、遅くなってごめんなさい<m(__)m>
鷹渡りにいらっしゃったのですね。
今日は嵐の前の静けさで良いお天気でしたけど30羽近く渡ったようですね。

わたしも見に行きたかったのですが、今日はてっちゃん、しょうちゃんのお守りでした。
てっちゃんと、近所を散歩しましたが、近くの川に彼岸花の群生地がありました。
ちょうど、巾着田の少し、規模を小さくしたような感じでした。
今日は、カメラ持っていかなくて、残念しました~^_^;

てっちゃんは、ますます、パワーアップ、擦り傷できてもめげない、泣かない、
びっくりしました(*^_^*)

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2012/09/29 21:07 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sion920.blog74.fc2.com/tb.php/286-5903af35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。