Admin New entry Up load All archives

風立ちぬ

日々の想いを風に乗せて…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

お花畑を越えて1 

sirouma_218.jpg

やっと雪渓歩きから解放されたと思いましたが、ここからも結構な急登です。
雪渓から溶け出した水が大きな流れになって岩場を流れていきますので、大岩の上に渡した
木の橋を渡るようになっていますが、一度に大勢乗ると危ないので、一人一人、余裕を持って
通過するようにと、若い山岳パトロールの人が登り口のところで、注意を呼びかけていました。
この炎天下でみんなの安全を見守っていてくれる青年たちが、雪渓の途中にも何人もいました。
みな一様に、日に焼けて逞しく、いい顔をしています。若者たちの頑張りに頭が下がりますね。

sirouma_215.jpg

sirouma_225.jpg

みんな順番で渡って行きます。右端の中ほどを渡って行く人の姿が判るでしょうか?

sirouma_219.jpg

川の途中の大岩には“スベル”の文字が赤ペンキで書かれていました。

sirouma_226_20120812203726.jpg

こちらは、“落ちるキケン”の文字も

sirouma_228.jpg

最初に迎えてくれたのは、ヤマガラシの花でした。

sirouma_213.jpg

そして、ミヤマクワガタ

sirouma_193.jpg

元気いっぱいのミヤマキンポウゲ

sirouma_243.jpg

ハクサンフウロの可憐な花色に癒されます。

sirouma_259.jpg

見上げると、岩峰の奥から、緑色の子猫が覗いています。二つの突起が耳に見えませんか?(笑)

sirouma_247.jpg

相変わらず、荷物は重く足をやっと前に出して登っています。
お昼はとっくに過ぎていますが、疲れ切っていて食欲がわきません。
でも、何か口にしないとバテてしまうので、この辺りで休憩を取ることにしました。

重い荷を下ろしホッと一息…休んでいると、ひたひたとガスが登ってきては消えてゆきます。

sirouma_277.jpg

ミヤマカラマツソウ、初めて見ましたが、とっても綺麗でした。

sirouma_251.jpg

ミヤマセンキュウのレースのような花が繊細です。

sirouma_270.jpg

この辺りから、クルマユリのオレンジ色の花がたくさん咲いていました。

sirouma_288.jpg

sirouma_300.jpg

この花を見ると、晩夏の尾瀬を彩る、コオニユリを思い出して懐かしくなります。

sirouma_330.jpg

オニシモツケも群生してます。

sirouma_269.jpg

高山蝶のクモマベニヒカゲが見れました。
他にもクジャクチョウもいたのですが撮れませんでした。

sirouma_263.jpg

ハンゴンソウかしら?

sirouma_272.jpg

ヤマブキショウマも多いです。

sirouma_289.jpg

ハクサンボウフウ

sirouma_316.jpg


テガタチドリ

sirouma_322.jpg

すると、休んでいるわたしたちの目の前を年配の女性が登って行きます。
大きなザックを背負い単独行のようです。足取りはゆっくりですがマイペースで
しっかりした足取りで登って行かれます。

sirouma_312.jpg

ゆっくりと、でも着実に…山慣れたベテランの登山家なのでしょう。素晴らしいです。

sirouma_314.jpg

ハクサンフウロ咲く道

sirouma_342.jpg

sirouma_338.jpg

イワオウギ

sirouma_354.jpg

タカネニガナ

sirouma_346.jpg

イワシモツケ

sirouma_358.jpg

ウサギギク

sirouma_374.jpg

やっと、葱平に着きました。ここまででも、お花はたくさん咲いていましたが、
ここからは、もっと密度が濃くなります。
白馬特有の花、シロウマアサツキに逢えました。

sirouma_364.jpg

とんがりの蕾の感じが面白いですね。そして薄紫の花色が素敵です。

sirouma_365.jpg

葱平(ねぶかっぴら)と読むようです。

sirouma_369.jpg
スポンサーサイト

category: 森・山

CM: 4 TB: 0   

コメント

待っていたもの…

雪渓を越え、はるばるやって来ましたね。
写真集で見ると、コオニユリの見事なお花畑があるようですが、
気が付きましたか?
ミヤマクワガタ、ミヤマカラマツ、私も会ってみたいです。
クモマベニヒカゲは惜しかったですね。もう少し大きく撮れると
あの高貴な白い帯が見えたはずですが、苦しい登りでのひと
コマですものね、我がまま言ったらいけません。

翼 #ZGMDThxQ | URL | 2012/08/13 13:32 - edit

翼さんへ

翼さん、こちらにもコメありがとうございます。
コオニユリのお花畑ですか?小雪渓の上は、クルマユリ、ハクサンフウロ、
イワオウギ、イワシモツケ、オンタデ、ミヤマシシウドの混生したお花畑が
どこまでも続いていました。とっても綺麗でしたよ(^_-)

クモマベニヒカゲ、遠かったですよね~^_^;
望遠レンズも持っていたのですが、付け替えて撮る余裕がありませんでした。
アサギマダラもクシャクチョウも、残念しました(/_;)
でも、目に焼き付いてます。ゆっくりとお花や蝶狙いで、もう一泊出来たら素敵ですよね。

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2012/08/13 21:38 - edit

しいちゃんの白馬岳、楽しみにしていましたよ。
大雪渓を登る人が多いことに、びっくりですね。
そして花もとても綺麗。大変な登りにこれだけ美しく花を撮っているのは流石です。

一人黙々と登る女性、素敵ですね。
私たちもずっと元気に山を登れる女性でありたいですね。

いろいろな人との出会いがあって、いい山旅でしたね。
続きも楽しみにしています。

はるか #3v9IlUEY | URL | 2012/08/13 23:07 - edit

はるかちゃんへ

はるかちゃん、こんばんは(*^_^*)
わたしたちの白馬行を、真っ先に喜んでくれて、心配してくれてありがとう(*^_^*)
はるかちゃんの励ましもわたしに勇気をくれました。いつか、しーちゃんの案内で
わたしも登るんだ!!って言ってくれたよね。
ぜひ、登ろうね(*^_^*)いくつになっても、元気に山を登る女性になりたいものね。

お花は、重い荷物でしゃがむと息が苦しくて、目がくらくらしたよ。
でも、荷物を下ろすと、時間がロスするから、がんばりました。
いつものように、じっくり構えることもなかなかできずに撮ったので、雑な写真です。
でも、雰囲気だけでもと思ってアップしています^_^;

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2012/08/14 01:57 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sion920.blog74.fc2.com/tb.php/272-1c898758
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。