Admin New entry Up load All archives

風立ちぬ

日々の想いを風に乗せて…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

白馬大雪渓に挑む 

いよいよ、白馬尻に着きました。ここから大雪渓を登ります。
白馬の大雪渓は日本三大雪渓の一つです。
たくさんの登山者たちは、岩場でアイゼンを装着し、続々と登って行きます。

sirouma_147.jpg

わたしたちも、アイゼンを装着して、出発です。
奥に見えるのが白馬岳です。小さな点に見えるのは登山者たち、
延々と、雪渓の中央を一列に登って行きます。

sirouma_150.jpg

抜けるような青空に白い雪が映えて眩しいです。
雪渓の上は、ひんやりとして涼しく、真夏なのに冷蔵庫の中にいるようです。

sirouma_159.jpg

振り返れば、後ろにも登山者たちの列が続いています。
雪渓は大勢が歩くため、緩んでいて歩きづらく、一歩一歩踏みしめないと滑ります。

sirouma_162.jpg

どこまでも、どこまでも、急斜面を登って行きます。
主人もわたしも、初心者なので、少しづつ遅れて、だんだんと前が空いてきます。
後ろの人に追いつかれると、「どうぞ、お先に…」と追い越してもらいます。

sirouma_167.jpg

雪渓の上には、かれこれ大きな岩がたくさん転がってます。
これは、全部落石なのだとか…そう聞くと怖いけれど、一気に落ちた訳ではなく
雪渓の中央を歩いている分には、よほど運が悪くない限り、落石にあたることはなさそうです。
注意をすることは必要だけれど、極度に恐れることは無いようにおもいました。

sirouma_168.jpg

それよりも、わたしたちは、肩に食い込む重い荷物に悩まされ始めていました。
安曇野さんも、数歩登っては休みを繰り返しています。
「あなた大丈夫?」 『ああ、お前は大丈夫か?』
そんなふうに、お互いを気遣い、励ましあいながらアリのごとく登って行きます。

sirouma_171.jpg

果てしなく続くように思われる雪の斜面は遅々として進みませんが、それでも
はるか上に見えていた天狗菱の岩峰が気が付けば近くになっていました。

sirouma_177.jpg

sirouma_172.jpg

時折立ち止まり、喉の渇きを癒しながら、また、重い足を引きずるように、
前へ前へと進みます。それは、とても辛い作業でした。
お互いに口数は減り黙々と進みます。いいえ、進もうとするのですが、
その歩みは亀のごとくです。

sirouma_174.jpg

上部に行くと同時に、時折、白いガスが湧き上がり、どんどん雪渓を這い上がり
一面、真っ白に包んでしまったりすることもあります。

sirouma_179.jpg

けれども、天候が変わるということはなく、また、すぐにガスが消えるので
心配はいりませんでした。高山の気象って実に変化がありますね。

sirouma_180.jpg

やっと小雪渓に入り、白馬岳の頂に少し近づいてきました。

sirouma_181.jpg

ここで、アイゼンを外します。わたしたちがアイゼンを外しているとき、
ガラガラガラっと大きな音を立てながら人の頭ほどの岩が落ちて行きます。
すぐさま、近くの人が『落石~!!』と叫びました。
斜面上にいる人の列からは、離れた斜面を、岩はかなりのスピードで転げ落ちて行きました。

斜面を登っていた人たちは唖然として落石を眺めていました。
もし、あの岩が人の列に落ちてきたとしても避けられないなぁ…と思いました。

sirouma_196.jpg

雪渓の上部は、半端なく青い空と、柔らかな湧き上がったばかりの真綿の雲…
ああ、なんて綺麗なんだろう。今、自分がここにいることが信じられない気持ちでした。

sirouma_198.jpg

雪渓の淵には、クレパスが大きな口を開けていました。
安曇野さんもかなり疲労しています。ここまで、よく頑張りました。

sirouma_210.jpg

ここからは、岩場を登って行きます。雪渓よりは歩きやすいけれど、
相変わらずの急登です。でも、ここからは、お花畑が始まるはずです。

sirouma_188.jpg
スポンサーサイト

category: 森・山

CM: 4 TB: 0   

コメント

sizukuさん、こんばんは♪
その場の臨場感がいっぱいで、感情が伝わって来ましたー。
あこがれの白馬に、立ちはだかるような大雪渓は試練を与えているような存在ですね。
そして、感動と大きな喜びが近づきました。
このあとも食い入る様に拝見しますよー。(^^)/

クロちゃん #QfAHIh9c | URL | 2012/08/12 18:42 - edit

雪渓を越えて

こんばんは。
遂に白馬山行のレポが始まりましたね、とっても楽しみにしていました。
それにしても雪渓は辛かったでしょう。もう足が前に進まないんですよ
ね。私だったら挫けてしまったかも知れません。いや~よく頑張ったと
思います。
雲上のお花畑はさぞかし素晴らしかったことでしょうね。大体想像でき
ますが、やっぱりsizukuさんの画像が見たいです。

翼 #ZGMDThxQ | URL | 2012/08/12 22:38 - edit

クロちゃんへ

クロちゃん、さっそくご覧いただきましてありがとうございました。
暖かいコメントもとっても嬉しいです(*^_^*)
大雪渓は、まさに試練の壁ですね。わたしたちは、初めての北アルプスで
無謀にも、白馬岳を目指してしまいましたが、思い返すと白馬で良かった
という気持ちです。
辛い山行だったからこそ、得られるものがある。
これは、あるお友達の言葉ですけれど、そう言われてハッとしました。
得るものいっぱいの白馬山行、この先も頑張って書きますので
また、読んでくださいね~(^o^)/

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2012/08/13 21:20 - edit

翼さんへ

翼さん、こんばんは~♪
白馬岳のレポ、お待たせしました~(*^_^*)
楽しみにしていただなんて、翼さんにそう言っていただけると、
頑張って書こうという気持ちになります。
だって、奈良の旅レポも楽しみにしていますよ。と言っていただいたのに、
中途半端になってしまってますし、今度こそ、一気に最後まで書かなくては…
と、今のところ、張り切っています(笑)
お花畑の画像ですか?一生懸命撮ったんですが、あまり良くなくてすみません。
でも、アップしますので、また見てくださいね~ヽ(^。^)ノ

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2012/08/13 21:28 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sion920.blog74.fc2.com/tb.php/271-325af66b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。