Admin New entry Up load All archives

風立ちぬ

日々の想いを風に乗せて…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

猫道を辿って(青梅) 

繭蔵の向かいには、古い木造の建物があります。
青梅織物会館の事務所だったようです。

oume6_0613_20120710003634.jpg

グランドほどの敷地内には、のこぎり屋根の織物工場も残っています。
サクラファクトリーといって、現在はアーティストのアトリエとして
再利用されているらしいです。申し込めば見学もできるそうです。

oume6_0632.jpg

もちろん、薔薇が美しく咲いている街角も歩きます。

oume6_0624.jpg

oume6_0627.jpg

チョコレート色のタチアオイ

oume6_0621.jpg

こちらは紫のチドリソウ

oume6_0619.jpg

青梅の魅力の一つは、路地裏を散策することにあると思います。
家と家との間の細い路地や、草生した小さな空地を通り過ぎたり
思いがけない古びた建物や、石垣、釣瓶井戸や、壊れかけた板塀など
小さな探検をしている気分になります。

oume6_0641.jpg

子どもの頃、家の周りの知らない場所が、未知の世界だった頃、
通りかかった猫の後を追いかけて、生け垣をくぐり抜けたり、
板塀の穴から忍び込んだ大きなお屋敷の庭が、とてつもなく素敵な
秘密基地になったりした頃を思い出してわくわくします。

細い坂道を上りあげたら、木々に囲まれた隠れ家のようなお宅

oume6_0648.jpg

その入り口には松の木があって、その下にはこんな素敵なブロンズ像が

oume6_0636.jpg

遠くを見つめているような少女の象、まるで、浜辺の防風林の松林の下で
あるいは、波しぶきが洗う岩の上で、沖を見つめているような…
わたしにはそんな世界が見えました。

oume6_0637.jpg

誰がどんな想いで作ったものなのか…想像するだけで楽しいです。
目の前には、さらに細い草生した道が続いています。
少し先を黒猫が歩いています。ここは猫道かしら?
下の写真の中央に小さく猫ちゃんがいるの判りますか?^_^;

oume6_0654.jpg

しばらく、黒猫君の後をついていきました。

oume6_0656.jpg

途中、こんなに眺めがよい場所があったり…

oume6_0652.jpg

草原を抜けて行ったり、猫は時々、振り返ってはわたしを確認しているみたいでした。

oume6_0659.jpg

やがて、ちょっと広い場所に出て

oume6_0660.jpg

畑の脇の崩れかけた道を降りて行くと

oume6_0661.jpg

あら不思議、こんな道に出ました。

oume6_0662.jpg

なるほど、この坂道を登れば、メインストリートの交差点です。

oume6_0663.jpg

oume6_0687.jpg

ここは、交通ステーション。猫街の交番はこんなにかわいいんです(*^_^*)

oume6_0668.jpg

交番の窓にもかわいい猫の絵、そして、青梅出身の看板絵師“板観さん”の映画看板

oume6_0676.jpg

oume6_0665.jpg

oume6_0671.jpg

かなり古いものです。わたしが、10年ほど前に初めて青梅の街に来た時に、
そこここにある映画看板に驚きました。映画館がないのに、なんで映画看板があるの???
だけど、妙に懐かしい気持ちになりました。不思議な街だなぁと思ったのが、
最初の印象でした。

住江町の交差点

oume6_0675.jpg

oume6_0673.jpg

そして、一度寄ってみたかったのがこのお店というか、アーティストさんの
ギャラリーでもある“yard”さん。ところが、この日も開いていませんでした。
時々、日曜日限定で、ギャラリーを公開されていてカフェも開店されるとか…

oume6_0677.jpg

青梅には多数の芸術家さんたちが工房などを構えています。
こういう方たちも町興し“ぶらり青梅宿”や“青梅アートフェスティバル”
に一役かっているそうです。

oume6_0683.jpg

oume6_0680.jpg

お留守でしたが何枚か写真を撮らせていただきました。
いつかお邪魔してみたいです。

oume6_0678.jpg

oume6_0685.jpg

さあ、またまた路地裏探検です。

oume6_0691.jpg

シモツケの花

oume6_0690.jpg

紫陽花の花

oume6_0694.jpg

睡蓮の葉の雫

oume6_0699.jpg

ニワゼキショウの愛らしい花

oume6_0702.jpg

お寺の庭を横切らせてもらいます。

oume6_0705.jpg

古いお宅、簾もいいですね。

oume6_0707.jpg

リヤカーがあります。今は見なくなりましたね。

oume6_0710.jpg

長い石垣を巡れば

oume6_0716.jpg

立派な蔵が建っています。

oume6_0724.jpg

ドクダミの白い花が綺麗で思わずパチリです。

oume6_0721.jpg

ラベンダーの花色が綺麗!

oume6_0719.jpg

変わった紫陽花の花

oume6_0725.jpg

花いっぱいのお宅

oume6_0737.jpg

共同の井戸が残っています。

oume6_0730.jpg

そして、常保寺には、猫地蔵があるというので寄ってみました。
なんとも奇妙な猫地蔵でした。

oume6_0743.jpg

その由来もありました。
開運招き猫だそうですので、お参りしてきました(*^_^*)

oume6_0745.jpg

oume6_0759.jpg

坂の街を降りてきて、多摩川にやってきました。
続きは、多摩川のほとりの素敵なカフェ、“ティールーム”にご案内します。

oume6_0833.jpg
スポンサーサイト

category:

CM: 4 TB: 0   

コメント

お姉ちゃま
おはようございます^^

なんだか街角探検しているみたいな気持ちで読ませていただいてます♪
猫街に住む黒猫ちゃんのあとをついて歩くのもいいですね~~
私は山で悠々と稜線を飛ぶ鳥を見ると、「いいな~~」と羨ましく一緒に飛びたいような気持ちになります。
高所恐怖症なので無理なのに(笑)
青梅、いい街ですねぇ♪

よしころん #- | URL | 2012/07/10 08:55 - edit

よしこちゃん、こんにちは(*^_^*)
早々とご訪問ありがとう~(^_-)

稜線を飛んでいく鳥…わたしもきっとそう思うだろうなぁ
特に、鷹渡りなんかを見てると雄大でそんな気持ちになります。

青梅の街は、何でもない古い町なんですが、わたしには宝探ししているような気分にしてくれる街なんです。
住む人との交流も、また楽し…猫との出逢いもまた楽しです。(笑)

なかなか、若草女子会に辿り着けないけど、今日はお休みなのでがんばりまっす(笑)

青梅、いつか、若草女子会で歩けたらいいなぁ(^_-)

sizuku #- | URL | 2012/07/10 12:42 - edit

春に歩いた道も夏になると景色が一変ですね
また、人とも風景ともまた新たな出会い

ティールームさんのケーキも庭も夏は夏バージョン
川からの涼しい風に吹かれながらお茶できたら
気持ちいいでしょうねぇ
歩くことって発見の連続だな~って
出来るだけ車を使わずに移動するよう心がけるようになってから
思います。
そうは言っても時間に追われる毎日、つい車でいっぺんにあっちこっちになってしまいますが…
ゆっくり過ぎる時間を楽しむって、実は贅沢なんですね

なみちゃん #- | URL | 2012/07/15 23:03 - edit

なみちゃん、おはよう(*^_^*)
初夏の青梅散策を見てくださってコメントありがとう。
歩く事って発見の連続。本当にそうですよね。
心のままにゆっくりと…歩けば、自然と何かが沁みこんできますよね。
ゆっくり過ぎる時間も、忙しい日々の中で、必要なのかもしれません。
青梅の街って、時間がゆっくり流れているのかもしれません。
また、良かったら遊びに来てくださいね。

sizuku #- | URL | 2012/07/18 08:32 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sion920.blog74.fc2.com/tb.php/258-365a4138
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。