Admin New entry Up load All archives

風立ちぬ

日々の想いを風に乗せて…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

6月が往く 

  夏への序曲

あなたが好きだといったから、
わたしも好きになった6月という季節

重なり合った緑の葉が結び合うように
森には命が溢れだし、小さな命の営みが
いとおしく思える…6月はそんな季節。

白い花が、さらさらと
流れるように散って夏が来る

早稲田の蛙の声

木橋のほとりの蛍の明滅

笹の葉の小舟を浮かべて

薄紫の紫陽花色の雨の雫

月見草の夕べの露

裏木戸のつゆ草の青い瞳

森影の白十字の花ひそやかに

水辺の半夏生揺れて

大好きな夏への
涼やかな序曲のような6月が往く

七夕の短冊、星めぐりの歌
駆け出そう
あの日の夏に…

oume6_0723.jpg




星めぐりの歌   宮沢賢治

あかいめだまの さそり
ひろげた鷲の  つばさ
あをいめだまの 小いぬ、
ひかりのへびの とぐろ。

オリオンは高く うたひ
つゆとしもとを おとす、
アンドロメダの くもは
さかなのくちの かたち。

大ぐまのあしを きたに
五つのばした  ところ。
小熊のひたいの うへは
そらのめぐりの めあて。



スポンサーサイト

category:

CM: 6 TB: 0   

コメント

夏への序曲、素敵な詩ですね。

sizukuさんの優しさが、溢れてる。。。

星めぐりの歌 初めて知りました。

キレイなメロディ。。

私も6月大好きです。。

はなはな #- | URL | 2012/07/03 18:55 - edit

はなはなちゃん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
夏好きなものですから、7月が好きだったのですが、
夏を待つ間の6月って、なんだかいいなぁと思うようになりました。
しっとりと雨に濡れた緑も一段と綺麗な季節ですよね。

宮沢賢治の星めぐりの歌、何だかジーンときます。
聞いてくださってありがとう(*^_^*)

sizuku #- | URL | 2012/07/05 00:39 - edit

6月

こんにちは、モナスマです。

私も「夏への序曲」、sizukuさんらしい表現で良いなぁって思いました。6月の森を歩かれて出逢った自然がたくさん詠まれていますね。言葉の感性に惹かれます。

「星めぐりの歌」聴いていて、どこかでこの感動味わったことがある・・・と。何回か聴いて、結びつきました。
akkoさんのブログでした。akkoさんも、賢二が大好きなのです。

6月は子供の誕生月。昔の曲ですが♪六月の子守唄♪を、この月に必ず聴きます。

暦をめくって、7月。眩しい季節が近付いて【夏への扉】が開きます。青梅も奥多摩も、もっと行ってみたいです。

モナリザ スマイル #- | URL | 2012/07/05 13:11 - edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2012/07/06 01:08 - edit

モナスマさん、こちらにもコメントありがとうございました。
思いつきのような詩ですが…想いを共有してくださってうれしいです。
モナスマさんも6月は特別な季節なんですね。
6月生まれの息子さん、きっと情緒豊かなお子さんではないでしょうか。

akkoさんも賢治がお好きなんですね(^_-)
今夜、娘が“クスコーブドリの伝記”を観て帰ってきました。
賢治さんは、本当に素晴らしい人…というのが感想のようです。
わたしも観たいんですけれどね(*^_^*)

夏への扉って、素敵な言葉ですよね。
あのカフェにも是非、訪れてみてください。
そうそう、ラビットもお勧めですよ(笑)

sizuku #- | URL | 2012/07/09 00:05 - edit

Re: タイトルなし

シークレットさんへ
> いつも心に大きな翼を持っている。
素敵な言葉をありがとう(*^_^*)
そうなりたいです~

sizuku #- | URL | 2012/07/09 00:07 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sion920.blog74.fc2.com/tb.php/256-75cd078f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。