Admin New entry Up load All archives

風立ちぬ

日々の想いを風に乗せて…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

5月の森 

少し前の記事になりますが、新緑の奥多摩を歩いてきました。
まだ、雪と氷の世界から、ハナネコたちが目覚める早春の森、
そして、木々の芽吹きが始まったばかりの浅緑色と茶色の煙るような芽吹きの森
柔らかな黄緑色が萌え出した若葉の頃…、どの季節の森も好きだけれど、
山中、緑でむせ返るような、緑が溢れだしてくるような、新緑の森も
捨てがたく、大好きです。

5月の森は、何だか、生命の息吹に包まれているようで、
力強いエネルギーの躍動感を感じます。
そんな5月の森へ、ガニ沢と日原川出合いに佇むカツラの巨樹を訪ねました。

水辺を好むカツラの木は、渓流が大好きなわたしにとっては、
親近感を感じて、とっても好きな樹の一つです。
カツラの新緑は美しくて、丸いハート形の葉が、陽射しに透けて揺れる姿を
やはり、毎年、この目で見たくなってしまうのです。
日原にはたくさんのカツラの巨樹があって、そのどれをも訪ねたい気分です。

この日は、日原川本流の岸辺に立つ、ガニ沢のカツラと呼ばれる樹を訪ねました。
この樹は、わたしが、山の巨樹に目覚めていく、きっかけになった樹でもあります。

巨樹に興味を持ち始めたころのわたしは、青梅から奥多摩に点在する巨樹を、
片っ端から探し始めました。
最初は、どこどこのお寺のご神木になっている巨樹などを訪ね歩きました。
それでも、そのお寺がなかなか見つからなかったり、結構、宝探しのような
わくわくするフィーリングに夢中になりました。

そのうちに、人々の暮らしに密着し、大切に守られてきた樹もいいけれど、
自然の中で、生き残り、人知れず山中で生きているそんな野生の巨樹に
憧れるようになりました。
このガニ沢のカツラは、野生の巨樹との出逢いの第1号だったような気がします。
なかなか見つけられなかったけれど、木立の間からただならぬオーラを発している
のに、気づいた時の、あのドキドキ感は今もずっと続いています。
5年前の5月から、ずっと。

森羅万象、巨樹を前にすると、いつもこの言葉が浮かびます。
その言葉をタイトルにして、デジブックを作りました。
よろしければ、ご覧いただけると嬉しいです

スポンサーサイト

category: 森・山

CM: 9 TB: 0   

コメント

sizukuさん、おはようございます。♪
自然の中にカツラの巨樹は神々しい雰囲気を感じます。
沢沿いの森の中に妖精たちも遊んでいそうな雰囲気です。(^^)/

クロちゃん #- | URL | 2012/06/05 06:26 - edit

素晴らしい画像を見させていただきました。
葉っぱの透過光や結葉、渓に降る陽射しの微妙なコントラスト、カツラの根元に生きる植物たち… とても空気を感じますね。レンズを通して見上げる樹木にも躍動感があります。ちょっと褒めすぎですかね(笑)
「画像はその人の想い透過」以前、そんな事を言った覚えがありますが、森羅万象を見てふとそんなことを思ったりしました。

Cresent #- | URL | 2012/06/05 12:42 - edit

お姉ちゃま、こんにちは^^
最近ペース早くない?
お友達の素晴らしいバラのお庭にコメント入れようと思ったら、次に可愛いお孫ちゃん達、そして今日覗いたら、素晴らしい新緑の奥多摩~~♪
この時期の森は生命のパワーが溢れているように感じます。
新緑の澄んだ森の空気が伝わってくるような素敵な画像でした♪
ありがとうございました^^

よしころん #- | URL | 2012/06/05 15:00 - edit

クロちゃん、こんばんは(*^_^*)
ご覧いただきまして、デジブックにも拍手ありがとうございます。
クロちゃんも渓谷がお好きでしたよね。
わたしも水のあるところが大好き♪
先祖は河童だったかも(笑)
やはり、自然の中の巨樹は、神々しくてなんとなく神様が宿っているような気持ちになりますね。
この日もパワーをいただいたような気がします。
今度ぜひ、秩父男子会で日原の巨樹に逢いにいらしてくださいね。(*^_^*)
良かったらご案内いたします(^_-)

sizuku #- | URL | 2012/06/06 00:00 - edit

Cresentさん、こんばんは(*^_^*)
さっそく、ご覧いただき、いっぱい誉めていただきましてありがとうございます。
そう、ちょっと誉めすぎですよ(#^.^#)

「画像はその人の想い透過」この言葉は、わたしの心を突き動かしました。
わたしが、ほんとうの写真の美しさに気づいたのはCresentさんの写真のお陰です。
そういう意味でも、わたしの写真の目標Cresentさんなんです。

でも、上手な写真を見ると、まだまだなぁと気落ちすることもしばしばですから、
誉めていただけると励みになります。コメントありがとうございました(^_-)
また、がんばります(^o^)/

sizuku #- | URL | 2012/06/06 00:11 - edit

よしこちゃん、こんばんは~(^o^)/
そう、早いでしょう~(笑)
先日の、土日、お天気不順で、予定が狂ってしまい、ずっと家にいました。
なので、デジブックやブログの更新ができました。
これもみんな、超マメな妹たちに刺激されたのもあります。

デジブックも見てくださってありがとう(*^_^*)
奥多摩も緑あふれるいい季節になりました。
こんな森歩きにピッタリで嬉しくなります。
。よしこちゃん奥多摩にも来てね~(^o^)/
どうもありがとう(^o^)/

sizuku #- | URL | 2012/06/06 00:21 - edit

新緑

今更のコメントでごめんなさい、のんびり屋のモナスマです。

横浜の洋館で『カツラの木が大好き』とお話しされたのを覚えています。
カツラの木は水辺を好むのですか。ハート形の葉っぱがカワイイですね。

「水無月の森」で見たカツラとは違うのですね。デジブック(51)からのカツラの木、5月のキラキラを受けて嬉しそう。「森の守り神」に相応しい姿です!!!こうせつさんが見たらきっと抱きしめることでしょう。

写真、光は魔法使い、こんなキレイな写真が撮れたら良いなぁって思います。キセキレイ、小首の傾げ具合が可愛い。sizukuさんを見ているの?(28)の小さなハート形の葉(29)緑のグラデーションを奏でる。が素敵!!
大きな口を開けて鳴いているミソサザイがユーモラス。クワガタソウ・・・・どうしてそんな名前が付いたのかなぁ。

私は5月の新緑をみると、萩原朔太郎の詩『旅情』の後半、5行の情景が思い浮かびます。

いつも素敵なデジブックを見せていただいてありがとうございます。

モナリザ スマイル #- | URL | 2012/06/12 17:16 - edit

モナスマさん、丁寧にデジブックを見てくださってありがとうございます。
ミソサザイはスズメよりも小さな小鳥、でも体に似合わず大声です(*^_^*)しかも美声の持ち主、良く通る澄んだ声で鳴き交わしては渓流を元気よく飛び回っています。

クワガタソウは、きっと2本の蕊を、クワガタの角に見立てなんじゃないかなと思います。

朔太郎ですね~!!

フランスに行きたしと思えど
フランスはあまりに遠き…

わたしも、中学生時代暗記するくらい好きでした。

5月の朝のしののめ
裏若草の萌えいずる心任せに。。。

このフレーズは

sizuku #- | URL | 2012/06/14 01:10 - edit

モナスマさん、昨日の続きです(*^_^*)
眠くて、途中で落ちてしまったようです。
今日読み返したら尻切れトンボでごめんなさい。

旅情のこのフレーズが、わたしも大好きです。
今までも時々、このフレーズが蘇りました。

汽車が山道をゆくとき
みづいろの窓によりかかりて
われひとりうれしきことをおもはむ
五月の朝のしののめ
うら若草のもえいづる心まかせに。

朔太郎の事はすっかり忘れていたのに、
断片的に言葉が蘇るのは、なぜかしら?と思っていたけれど、
モナスマさんのお陰で繋がりました。

わたしが、みずいろが好きなのも、
東雲という言葉が好きなのも、
若草が萌えいずる時が好きなのも、
思春期に覚えた朔太郎のこの詩が基礎になっているのかも…

ありがとうございました(*^_^*)

sizuku #- | URL | 2012/06/14 21:07 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sion920.blog74.fc2.com/tb.php/249-628f2d34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。