Admin New entry Up load All archives

風立ちぬ

日々の想いを風に乗せて…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

谷川山麓女子会 Ⅱ 

若葉の頃…


谷川岳ロープウェイの駐車場に車を止めて、ここから旧道を歩きます。
山麓では、山桜が満開でしたが、天神平はまだ雪で真っ白でした。
ほとんど、人が乗っていないゴンドラが山頂へと上っていきました。
ロープウェイ駅の桜は豆桜でしょうか?ソメイヨシノより小ぶりの桜が
青空に美しく咲き誇っています。

tanigawa5_043.jpg

tanigawa5_041.jpg

旧道の入り口の登山指導センターの前に水場があり何人かの人が、水を汲みに来ていました。
飲んでみると、さらっとした軟水でとても美味しい水でした。
わたしとはるかちゃんは、代わる代わる飲んで、「おいしい~♪」
「命の水だわ♪」なんて言ってはしゃいでいました。
よしこちゃんは、ニコニコしながら水を汲んでいきます。

tanigawa5_052.jpg

よしこちゃんの話だと、この旧道は明治時代に新潟への往還道として開かれた道だそうです。
谷川岳の東面を湯檜曽川に沿って巻くように切り開かれ、もとは人馬が通う米の道でしたが、
昭和中期に、車の往来も出来るようにとアスファルトの車道にする工事が始まりました。
でも、後に、三国峠を通る新道が出来てから旧道はその役目を終え、工事も頓挫してしまいました。

今では一の倉沢を越えて幽の沢までは行けるけれど、その先は崩落などで荒れ果て、
廃道になってしまったのだそうです。
わたしは、その話に興味深々になってしまいました。旧道という言葉に弱いのです。
崩落と背中合わせの危険な道なのかも知れませんが、いつか行けるところまで
この道の続きを歩いてみたいと思ったのでした。

多くのクライマーたちが憧れるマチガ沢や一の倉沢という、有名な大岩壁を横断する道。
そう聞いただけで、どんな素晴らしい景観が見れるのかとワクワクします。

tanigawa5_055.jpg

空は申し分ない好天に恵まれ、清々しく晴れ渡っています。
「やっぱり、わたしたちはトリプル晴れ女ね!」
「うふふ、最強ね!!」
「なんて、気持ちいいのかしら~!!」そう言い合いながら張り切って出発しますが、
始めから、道路の片隅にはタチツボスミレや、スミレサイシンのオンパレード。
当然ながら、わたしが、ただで済むはずがありません^_^;
「わぁ~!!きれい!!」 「わぁ~!!こっちにも~!!」という具合に、
嬉々として、しゃがみこんでしまい、ついつい遅れがちです。

ナガバノスミレサイシン
tanigawa5_063.jpg

タチツボスミレ
tanigawa5_046.jpg

木々は圧倒的にブナが多く、次に渓畔林のサワグルミの樹もありました。
透き通るような綺麗な黄緑色の新緑が眩しいくらい美しいです。

tanigawa5_082.jpg

芽吹き始めたばかりの、シックな色合いのトチノキの新芽や、山桜の薄紅色、
カエデやクロモジの黄色い花も、山々の残雪に映えます。
わたしは上を見たり下を見たりで落ち着きませんでした^_^;

トチノキの新芽
tanigawa5_765.jpg

山桜
tanigawa5_457.jpg

オオバクロモジ
tanigawa5_758.jpg

キブシ
tanigawa5_080.jpg

イタヤカエデの花
tanigawa5_122.jpg

キクザキイチゲ・紫
tanigawa5_129.jpg

キクザキイチゲ・白
tanigawa5_136.jpg

シロバナ系のスミレサイシン
tanigawa5_109.jpg

美しいスミレサイシン
tanigawa5_113.jpg

エンレイソウ
tanigawa5_158.jpg


よしこちゃんと、はるかちゃんは、仲良く肩を並べゆっくりと少し先を歩いて行きます。
お花があれば立ち止まりカメラを向けて、そして、振り返って手を振り、わたしに
『しーちゃん、ここにスミレがあるわよ。』と、教えてくれます。
ふたりの笑顔が眩しくて、何故だか嬉しくてたまりません。
わたしは、急いで走ってゆきます。

tanigawa5_184.jpg

tanigawa5_151.jpg

前回、2週間前によしこちゃんが、下見に来てくれた時は、残雪がいたるところに残り、
イワウチワも咲き初めだったそうですが、それから一気に季節は動き、道路の残雪は
跡形も無く消え、木々は芽吹きの季節を終え美しい若葉の頃となっていました。

tanigawa5_167.jpg

咲き初めだったイワウチワも、ほぼ終盤でした。よしこちゃんは、なんとか綺麗な花を
見せてあげようと、脇道の細い斜面を登って行きます。
『この間は、イワウチワの花の斜面だったのよ。』と、よしこちゃんは残念そうです。

tanigawa5_178.jpg

イワウチワ
tanigawa5_212.jpg

tanigawa5_220.jpg

tanigawa5_226.jpg

イワウチワの花が落ちた後のガクもきれいだなぁと思う…

tanigawa5_246.jpg

tanigawa5_278.jpg

やはり、この斜面も終盤ですが、所々に残る綺麗な花を撮りながら戻り始めると、
アズマシャクナゲのビビットピンクの蕾が、今にもほころびそうです。
向かいの残雪の山とセットで撮りたかったけれど、ちょっと位置が決まりませんでした。
タムシバ(オオカメノキ)の純白の花が咲いているのを見つけ、三人とも尾瀬を想います。
はるかちゃんが、ムラサキヤシオの蕾も見つけます。

アズマシャクナゲ
tanigawa5_234.jpg

オオカメノキとムラサキヤシオの花は、6月の尾瀬の山道で必ず出逢う花なのです。
尾瀬を想えば、みんな、尾瀬で働いているもう一人の妹のことを思います。
そして、次回は、三人でひだまり太郎子ちゃんに逢いに行こう!!と意気投合するのでした。

オオカメノキ
tanigawa5_218.jpg

梢では、ウグイスが上手な歌を聞かせてくれます。谷からあがってくる風のそよぎが心地良くて、
わたしたちは、思いつくままにおしゃべりをしています。

tanigawa5_225_20120519221435.jpg

『おもしろい鳥の声がするわ。ピィーピィー、ブゥー…だって(笑)何の鳥?』と、
はるかちゃんが笑っています。
「う~ん、ちょっと分からないわね?姿が見えるかなぁ?」こうして三人で、
梢を見上げます。
『声はすれども姿は見えず、仲間内で鳥に詳しいのは誰かしら?』とよしこちゃん。
「そうねぇ、shinさんかしら?」
『shinさんのブログで、ピィーピィー、ブゥー…って鳴く鳥は何ですか?って聞
いてみようか?』
と、茶目っ気たっぷりにはるかちゃんが言います。
「そんなぁ、そんな聞きなしじゃぁ分からないよ。それにブゥーってなんだよ。豚
じゃないんだからさ~」
わたしが、shinさんの口真似をしたら、はるかちゃんもよしこちゃんもケラケラ笑います。
(うふふ、shinさん、くしゃみ出なかったかなぁ?)

tanigawa5_182.jpg


また、元の道に戻って歩いていくと、可愛らしいショウジョウバカマの花が咲いています。
ひとつ、ふたつと数えるうちにみるみる数が増えて、林道沿いの斜面は、
ショウジョウバカマの花の道となりました。

tanigawa5_503.jpg

tanigawa5_456.jpg

どの花も咲き始めたばかりの初々しい花ばかりです。
薄いピンク色や、透き通るような明るいピンク色、濃いピンクや、薄紫がかったピンク色、
おまけにシックなオレンジ色の花まで…いくつもの花色や花姿に、飽きることはありません。
わたしたちは夢中で撮り始めました。

tanigawa5_194.jpg

tanigawa5_535.jpg

『ショウジョウバカマって言うけれど、少女バカマって呼びたいくらい可愛いなぁ♪』
「ショウジョウって、お猿さんのことかしら?ハカマは葉っぱの形状を袴に見立てたのよね、きっと」
『尾瀬でもこんなにたくさんのショウジョウバカマ、見たこと無いよね』
「谷川のショウジョウバカマは、背が高いのね。イワウチワも大きいよね。」
『長い冬、豪雪に耐えて咲くから、逞しいのかも、きっと!!』
わたしたちが、そんな事を話しながら撮影している間に、スーツ姿のビジネスマンや、
ペダルの無い自転車に乗った三歳の坊やにも追い越されました。(笑)

tanigawa5_189.jpg

tanigawa5_443.jpg

tanigawa5_446.jpg

tanigawa5_541.jpg

『このところショウジョウバカマのアップはマイブームなの~♪』と言いながら
愛しそうに丁寧に写真を撮るよしこちゃん(*^_^*)

tanigawa5_271.jpg


「あら?あれ、イワナシじゃない?」路肩のスミレを撮ろうとして、
切れ落ちた崖下に咲く小さな花を見つけました。
身を乗り出してカメラを向けたわたしを見て、
『きゃぁ、お姉ちゃま、落ちないでね!』とよしこちゃん(笑)

tanigawa5_455.jpg

その次に、はるかちゃんが、土手の上に咲くイワナシを見つけました。
崩れそうな土手を登り、背伸びして撮ろうとしますが、足場がもろくて、
ズリズリズリ…と滑りおちてしまいます。
『お姉ちゃま、下から押してあげるわ!』と、よしこちゃんは、
今度は、はるかちゃんの手助けです。
ほんとに、気立てのいい末っ子よしこちゃん。ありがとう(*^。^*)

tanigawa5_578.jpg


頭上には緑の葉のそよぎ、山桜の薄紅色、眼下には、青い湯檜曽川の流れ、気持ちの
いい林道歩きです。
あっ、スミレサイシンだ、あっ、アオイスミレだと、しょっちゅう立ち止まる
わたしを、優しい妹たちは、嫌な顔もせずに、待っていてくれます。

アオイスミレ
tanigawa5_333.jpg

スミレサイシン
tanigawa5_358.jpg


tanigawa5_450.jpg


『お姉ちゃま、嬉しそうね。よかった~♪』 
『うん、しーちゃんには、思う存分撮らせてあげたいね~♪』
きっと、ふたりはこんな会話を交わしていてくれたのじゃないかと思います。
わたしは優しい二人の気持ちにすっかり甘えさせてもらっていました^_^;

tanigawa5_294_20120520000300.jpg


やがて目の前の景観が開けてきて、マチガ沢の切れ立った大岩壁と
それに続く稜線がが現われます。
今までとはまったく違った景色に、はるかちゃんもわたしも、
『わぁ~!!凄い~!!』とただただ見上げていました。

tanigawa5_486.jpg

tanigawa5_298.jpg

よしこちゃんは、『あれがトマの耳、そのななめ横に見えるのがざんげ岩、
あの稜線が西黒尾根で、6月には花の道になるのよ。』と、説明してくれます。

以前、谷川岳に登った時に、どこまでも続く笹原の彼方から続いてくる道を眺めて、
なだらかで気持ち良さそうな道!いつか歩いてみたい!と思ったのでした。
でも、なだらかだなんてとんでもない。日本三大急登の一つで、のっけから
キツイ登りの連続だそうです。
よしこちゃんいわく、『それなりの体力と根性が必要!でも、素晴らしい花の道よ』
との事でした。
う~ん、天空の花の道!根性はともかく、体力は、いまいち自信ないけど、やっぱり
歩いてみたいぞ~!!と思う、身の程知らずの姉でした。
西黒尾根は、憧れの道となりました。

tanigawa5_301.jpg

長くなったので、また、続きは女子会Ⅲへ続きます。
スポンサーサイト

category: 森・山

CM: 11 TB: 0   

コメント

クシャミどころか風邪気味です(笑)

>ピィーピィー、ブゥー…

何の鳥だろう???
悔しいけど・・思い当たりません。

啼き声もそれぞれ聴く人によって違うでしょう。

鳩待峠の鳩は「デデッポッポ 豆が食いてェ」と啼くと聞きますが・・・
shinには「週休二日!週休二日!!」と聞こえます。

shin #- | URL | 2012/05/20 20:16 - edit

しいちゃん、写真がたくさん、丁寧に綴る文は美しく、
私の話す言葉も美しく、まるで、「美しい若草三姉妹、山にお出かけバージョンね」

ピーピーブーはこうさえずっていましたね。

最後はブー(^O^)/
楽しかったね。しいちゃん、また山に行きましょう。

#- | URL | 2012/05/20 21:34 - edit

いいですねぇ、こういうのって。空気が伝わって
くる感じの画像と文章で。
女子会Ⅲも楽しみです。
スミレの追っかけも終盤です。といっても大して
出掛けられず、今季はシコクスミレとの出会いで
良しとしますか。
女子会、当然のことながら男子の参加はマズイで
すよね。インプリ代安くしておきますから(笑)

翼 #- | URL | 2012/05/21 09:33 - edit

お姉ちゃま、こんばんは^^

本当、はるかさんの言われる通り、sizukuさんがかしまし三姉妹の山散歩も「美しい若草三姉妹、山にお出かけバージョン」ですね♪

今日、谷川のお向かいさんの白毛門、途中までですが登ってきました。
ピィーピィー、ブゥー♪ 今日もさえずってました。
至仏山も望めましたよ~~ \(^o^)/ 

よしころん #- | URL | 2012/05/21 21:36 - edit

かしまし三姉妹の前「sizukuさんが文章を書かれると」という文言が抜けてました ^^; (笑)

よしころん #- | URL | 2012/05/21 21:41 - edit

この数日間、すっかり頭の中がバラ!だったので
谷川岳の残雪と可憐な草花達の姿がすごく新鮮です
先日行ったオランダでずーっとパン・チーズ・肉の食事が続いたあと
帰国してさっそく食べた蕎麦の味わいのごとく
じ~~~ん心にしみる奥深い風景
イワウチワもスミレもかわいい!
やっぱり私、日本人なのね~って成田に戻り、やっと日本語が通じた安心感にも似た
心安らいだ気分で読ませてもらいました
イワナシの実物見たら、私も崖登っちゃうかも…

なみちゃん #- | URL | 2012/05/22 10:55 - edit

shinさん、こんにちは(*^_^*)
引き続き、今月は火曜日休みですが、今日は雨…
まぁ、骨休めにもなりますし、ブログも進みました。

えっ!?風邪ぎみですか~?わたしのせいではないですよね。(笑)
どうぞ、お大事にしてくださいね(^_-)

聞きなしはおもしろいですよね。
わたしのお友達はオオルリは「オオルリィ~」と鳴いてるといいます。
センダイムシクイは「ゼニトリ、ゼニトリ」と鳴いているとよく聞きますが、
そう言われてみればって感じですよね。

shinさんは、山鳩の鳴き声が「週休二日」ですか?
ん?どうして~?今度聞いてみよう(*^_^*)
いつも、楽しいコメ、ありがとうございます。

sizuku #- | URL | 2012/05/22 15:18 - edit

はるかちゃん、こんにちは(*^_^*)
はるかちゃんも、今日は雨でお出かけできないかな?
美しい若草三姉妹ですか?いいですね~♪
気持ちだけでもなり切りましょう(*^_^*)v
いつも、読んでくれて、コメントもありがとう。
きっと、忙しい中、急いで書いてくれたのね。
名無しのごんべさんになってるよ(*^_^*)

はるかちゃんは、もうじき尾瀬だね(*^_^*)
太郎子ちゃんに、よろしくね。
太郎子ちゃんが言ってた渋沢温泉小屋女子会したいなぁ
わたしは、まだ行ったことがないのよね。

今度こそ、若草四姉妹で逢いたいねヽ(^。^)ノ

sizuku #- | URL | 2012/05/22 15:37 - edit

翼さん、こんにちは(*^_^*)
コメントありがとうございます。
翼さんに、誉めていただき、テレますね。
ついつい長くなってしまう文章ですが、空気感が伝わるって
言っていただいて嬉しいです。

翼さんは念願のシコクスミレに逢えて良かったですね。
わたしは、初めてスミレサイシンに出逢えて嬉しかったです。
いつか、ナエバキスミレやジンヨウスミレにも逢ってみたいです。

スミレ追っかけも、いよいよ高山域になりましたね。
今年も、キバナノコマノツメに、逢えるかなぁ…
と、ひそかに思っています。

sizuku #- | URL | 2012/05/22 15:47 - edit

よしこちゃん、こんにちは(*^_^*)

おお~!!あの白毛門ですか~(^^♪
すばらしい~♪末っ子ちゃんは、頼もしいです!!
上部には、雪の中に咲くイワウチワが…
よしこちゃんの写真を楽しみにしています。

わたしも、体力をつけて、よしこちゃんの跡をついていきたいなぁ(*^_^*)

今回、せっかく、よしこちゃんが計画してくれた吉祥寺に行けなくて、本当にごめんね。
こんな、のんき者ですが、これからも懲りずに誘ってくださいね。
パートナーさんに、どうぞよろしくです(^_^)/

sizuku #- | URL | 2012/05/22 15:57 - edit

なみちゃん、こんにちは(^^♪

先日は、美しいお庭をご案内いただきありがとうございました。
あの、たくさんの薔薇や植物の名前を全部覚えていて、
その特性や育て方もちゃんと理解していて、お世話しているなみちゃんに脱帽でした(@_@)

だって、薔薇の名前長くて、まったく覚えられそうにありませんでした。
それが、すらすら出てきちゃうのだから尊敬です。

わたしもなみちゃんが言うように、山のお花の美しさも、お庭のお花の美しさも両方判る気がします。
やっぱり根底には、お花が好きっていう気持ちがあるんでしょうね。

年々進化していくだろうなみちゃんのお庭が楽しみです。
知り合えて良かったと、感謝しているの(^^♪これからもどうぞよろしくね。
これもハナネコちゃんのお陰かな?

コメント、どうもありがとうございましたヽ(^。^)ノ

sizuku #- | URL | 2012/05/22 16:09 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sion920.blog74.fc2.com/tb.php/242-d539baa2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。