Admin New entry Up load All archives

風立ちぬ

日々の想いを風に乗せて…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

彼の地へ 

今から三年前、わたしはネットで何かを検索していて偶然辿り着いた
“秘密の花園”という言葉に釘付けになった。

山深い秩父の山中に人知れず咲く福寿草の花園があると言う。
そこは、今は人が住まなくなった小さな集落を抜け、崩落しそうな
伐採地を辿り、橋も無い沢を渡り、さらにその先の岩だらけの沢を
遡行して登りあげて、やっと辿り着く場所にあるという。

あまりにも見事で素晴らしい群生地ゆえ、また、登山道が無い
判りにくいルートで遭難者も出た事などから、地元の方も
あえて、公にするのを控えたと言う。

しかしある年に“秘密の花園”として、山渓のグラビアを飾った事から、
ネットなどで有名になり、今では知る人ぞ知る“秘密の花園”になって
しまったのだそうだ。

とは言え、わたしには未知の場所だった。
一度は下見に行ったものの、登り口を見つけ出したに過ぎなかった。
ひとりでは、一回で辿り着くのは無理だろうと思われた。

そんな折、秩父に在住のネット友が、“秘密の花園”に詳しい
友人が同行してくれるので一緒に行かないかと誘ってくれた。
わたしは願ったりかなったりのこのお誘いをありがたく受ける
事にした。2010年3月中旬、わたしが秘密の花園の存在を知ってから、
ちょうど1年目の事だった。

その時は、前日に降った季節外れの大雪のため大変難儀をして登った。
5時間近い時間をかけ、辿り着いた秘密の花園は深い雪の下だった。
けれど、花園の入口にある目印の大木の根元には、雪の中から
顔を覗かせた輝く何個かの花を付けた福寿草の姿があった。

わたしたちは、代り番こにその花姿を写真に収めた。
そして、雪の下に眠っているだろうたくさんの福寿草の芽を
踏んでしまわぬようにと、それ以上登る事を止めた。
心深いリーダーは『みなさんにたくさんの天使の姿をお見せできず
残念ですが、入口に咲いていてくれたこの花たちを見てください。
そして、目を閉じて、この花たちが、この先の斜面を金色に埋め
尽くすばかりに咲き誇る姿を想像してください。』

それは、それは、可愛らしく美しい花姿だった。
わたしは、このリーダーの配慮を忘れられない。
心に残る素晴らしい言葉だった。
いつか、もう一度、この地を訪れる日が来るのなら…
きっと、このリーダーと仲間と共に訪れたいと心に誓ったのだった。

そうして、2年後の今年…2012年3月27日
あの日のリーダーのお二人と、あの日誘ってくれた友と共に、
新しい友人も交えて、再び訪れる事が出来たのだった。

憧れの彼の地へ、憧れの妖精を求めて…
福寿草たちは、本当に最高に美しい姿で咲いていてくれた。
あの日の想いが、あの日の約束が、叶えられた瞬間だった。

山肌を美しい黄色に染めた、目覚めたばかりの春の妖精たちに
出逢う事が出来た時、長い山旅もすっかり忘れてぼんやりと
夢見心地でしばらく佇んでしまったのだった。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

そして、じわじわと、感動が胸に迫り目頭が熱くなりました。
素晴らしい秘密の花園に出逢えたのは、素晴らしい仲間のお陰です。
そんな喜びをデジブックにしました。
よろしければ、どうぞ、ご覧ください。

スポンサーサイト

category: 森・山

CM: 16 TB: 0   

コメント

2年前のあの雪で覆われた花園を知っているからこそ!感動も大きかったんですよね。

shin #- | URL | 2012/04/16 04:59 - edit

sizukuさん、おはようございます。♪
素晴らしい文章に感動が伝わって来ましたー。(^○^)/
想いを馳せた地に訪れた喜びは何事にも変えられないですね。
苦労して登った先は疲れも忘れさせてくれます。
秘密の花園はたくさんの人に知られるようになりましたが、此処に訪れる人はまだ限られた人数かと思います。
いつまでも、感動と喜びを与えてくれる花園であって欲しいです。
お世話になりました。(^^)/

クロちゃん #- | URL | 2012/04/16 07:01 - edit

sizukuさんおはようございます。
「彼の地…」素晴らしいですね。きっと、現地では画像から伝わる感動以上のものがあったことでしょうね。山間の人知れぬ谷で、幾年となく命を繋ぎ続けてきたフクジュソウたち。そんな自然の神秘さや素晴らしさを損なうことなく、後世に伝えていくのも私たちの使命だと感じます。難しいですが、そんなことも考えさせられました。
晴天時の撮影では、黄色い花弁は色飛びがして難しいと思いますが、とてもよく再現できてますね。フクジュソウが話し掛けてますよ。

Crescent #- | URL | 2012/04/16 08:51 - edit

sizukuさん、こんばんは~^^
あの日の感動が美しい文章から、画像からよみがえってきました。
「花咲き山」まさにその通りの場所でしたね。
sizukuさんはじめ、素敵な仲間とともに訪れることができ、本当に幸せな、思い出深い春の1日となりました。
あらためて山に、皆さんに感謝したいと思います♪

よしころん #- | URL | 2012/04/16 21:00 - edit

shinさん、こんばんは(^^♪
あの雪の中の福寿草は、ほんのわずかだったけれど、
本当にかわいくて可憐で感激しましたね。
そして、今回は、咲き始めたばかりのキラキラ輝く姿が見れました。
素晴らしい時間をshinさんと共有できたこと嬉しかったです。
お世話になりました。ありがとうございました。

sizuku #- | URL | 2012/04/16 23:35 - edit

昨夜寝ながら、スマホでブログがUPされていることを
知りました。が、私のはデジブック見ることが出来ません。朝起きて一番に見せていただいたよ。

本当に美しい文章と写真で綴られた、しいちゃんらしい
物語に、朝から感動して、とてもすがすがしい朝でした。
一日ずっとあのお日さまに向かって微笑んでいる、福寿草に会えなかった春を悔やんでいました。

結構な山道ということで、トレーニング代わりの外回りの仕事をがんばり過ぎて、体調を崩した??かもしれません。やはり私はちょっと間抜けですね。

来年の春はいっしょに谷を目指します。
しいちゃん宜しくお願いしますね。

はるか #- | URL | 2012/04/16 23:39 - edit

クロちゃん、こんばんは(*^_^*)
あの花園に、再びクロちゃんとkeykunと立てた事、
忘れられない思い出となりました。
花園は想像していた以上に素晴らしかったです。
あの生まれたての福寿草たちに、一年に一度
逢いに行けたなら幸せです。
来年は、今年行けなかったはるかちゃんと
ひだまりちゃんを、連れて行ってあげたいです。
その時もまた、頼もしいリーダーとして、
ご一緒していただけますか?(^。^)

sizuku #- | URL | 2012/04/16 23:49 - edit

Crescentさん、こんばんは(*^_^*)
ブログとデジブックをご覧いただきありがとうございました。
自然の神秘と素晴らしさを損なうことなく伝えて行く、
本当にそうですね。
この場所はいつまでも春を迎えるそんな場所であって欲しいですね。

sizuku #- | URL | 2012/04/17 00:12 - edit

花は謙虚ですね。誰に見せようとするわけでもなく
時期がくれば咲いて、また誰にかまうことなく散ってゆく
花の時期は確かに素晴らしいけど、福寿草を支える山の環境がずっとずっと末永く続いて欲しいです
たくさんの人が訪れて感動するのもいいけど、
ここは、いつまでも福寿草のためだけの場所であって欲しいな
美しい画像と音楽に朝から癒され、今日も頑張って庭に出ようとパワーをもらいました。
それにしても、sizukuさんの健脚ぶりもズゴイ。感動です

なみちゃん #- | URL | 2012/04/17 09:34 - edit

こんにちは

ブログを拝見してあまりの文章の美しさに胸があつくなりました。

デジブックの写真の一つ一つにsizukuさんの気持ちがこめられていてどの写真も感動・感動です。
写真を拝見していると今でもあの日の情景が目の前に浮かんできます。

sizukuさんとご一緒できたことを誇りに思っております。

keykun #dNXrvxao | URL | 2012/04/17 13:02 - edit

よしころんちゃん、こんばんは(^^♪
わたしも、よしころんちゃんと一緒にあの花園に立てたこと、とても嬉しかったです(*^_^*)
あの時の感動が、何だか時が経てば経つほど、美しく蘇ってくるような気がしています。

あの場所に立った時、“花咲き山”の物語が浮かびました。
誰かのために優しくした時に一つ花が咲く…そんな物語がね。(*^_^*)

早春っていいですね。早春に咲く花もいいですよね。
そして、優しい仲間たち、最高です。

デジブックも見てくださってありがとう(*^_^*)
写真はよしころんちゃんの方が素晴らしいよ~(^^♪

sizuku #- | URL | 2012/04/17 21:52 - edit

はるかちゃん、いつもチェックしてくれてるのね。
寝ながらチェックしてくれてるなんて、何だか嬉しいよ。ありがとう(*^_^*)
そして、朝、お忙しいのに真っ先にデジブック見てくださって、嬉しいです。
このデジブックは、一緒に行けなかったはるかちゃんとひだまりちゃんに
見て欲しいと思いながら作りました。
わたしたちの感動が伝わったなら良かったです。(^。^)

はるかちゃんは頑張り屋さんだから、一生懸命頑張って疲れてしまったんだね。
でも、来年はきっと大丈夫!レモン色の天使たちが微笑むあの谷へ
一緒に挑みましょう。
そして、花咲き山に、わたしたち若草4姉妹の花を咲かせましょう~!!(笑)

sizuku #- | URL | 2012/04/17 22:00 - edit

なみちゃん、見てくださってありがとう(*^_^*)
標高でいうと1000mを越える山中に咲いている福寿草たち
本当に、人智の及ばない世界で咲いているような気がしました。

誰にも知られず、でも、ちゃんと季節を違わず咲いてくれる
神秘的で不思議です。
なみちゃんが言うように、この山の環境がこのまま変わらずに、
これからも福寿草たちを育み守って行って欲しいです。

そうですね。この場所は、福寿草たちのための場所であってほしいですね。

sizuku #- | URL | 2012/04/17 22:46 - edit

keykun♪こんばんは(^^♪
ブログとデジブックをご覧いただきありがとうございました。
それに、身に余るようなお言葉、恐縮です~^m^
本当に素晴らしい花園に、二年続けてご案内いただき
keykunとクロちゃんには、感謝の気持ちでいっぱいです。
けして、気負わず、威張らず、誰にでも心優しく接してくれる
そんなお二人のお人柄を知れば知るほど、
ご一緒出来た事、お友達になれた事が嬉しいです。
また、来年も、一緒に連れて行ってくださいね(*^_^*)
これからもよろしくお願いします。

sizuku #- | URL | 2012/04/17 22:59 - edit

ステキだ~ホントに「秘密にしたい花園」です。
落ち葉の毛布から顔を出して、にっこりあくびしてるこもいるし、寝ぼけ眼の子も。。奥多摩で咲いてた福寿草も感動したけど、ここは、格別ですね。。
sizukuさんの感動が手に取るようです。。

今日お昼休みにコンビニに立ち寄った後、見かけたタンポポの群れに、いたく感動してしまいまして。しばし立ち止まり腰を下ろして眺めていました。デジブックみたら、あのタンポポ思い出しました。。。

なみちゃんちのオープンガーデン日にち決まりましたら、教えてもらってもいいですか?都合あえばご一緒したいです^^

そうそう河鹿園、満室でしたT_T

はなはな #- | URL | 2012/04/18 21:52 - edit

はなはなちゃん、こんばんは(^^♪
デジブックをご覧いただき、コメントありがとう。
そうなの、落ち葉の中から目覚めたばかりの子たちでした。
渓流の苔の中で目覚めたばかりのハナネコみたいに可愛かったです。

はなはなちゃんも、あの谷に立ったら、きっと感動のあまり言葉なく
ずーっと見つめてしまうと思いますよ。
空き地のたんぽぽもかわいいよね。
わたしもこの前、オオイヌノフグリとタンポポ畑に、
しばしボーっとしてました(*^_^*)
黄色いお花って、何だか元気を貰えるよね。

なみちゃんちのオープンガーデン、今、みなさんと調整中です。
決まりましたら、ご連絡しますね。
ハナネコ女子会、パート2となったら楽しそう(*^_^*)

それと、河鹿園満室でしたか~!残念でしたね。
もし、良かったら、御岳山の宿坊もお勧めよ。
普通の旅館と同じ感覚です。やはり、奥多摩遠足で利用したけれど
とっても良かったです。
夜は東京の夜景が星屑みたいに見えるし、夜空の星も綺麗に見えます。
早朝は、御嶽神社からのご来光は圧巻だよ。
でも、やっぱり、GWは、いっぱいかなぁ?
良かったら、デジブックご覧ください。

http://www.digibook.net/d/8a55ad77909cb359f74c8cf27240f06c/?viewerMode=fullWindow

御岳鉄道のHP
http://www.mitaketozan.co.jp/
御岳鉄道は愛犬と乗れますよ。

わたしたちが止まった宿坊のHP
http://www.mitakesansou.com/

sizuku #- | URL | 2012/04/19 21:27 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sion920.blog74.fc2.com/tb.php/236-5d6cd94f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。