Admin New entry Up load All archives

風立ちぬ

日々の想いを風に乗せて…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

鎌倉の春…(浄妙寺) 

鎌倉は、若い時から大好きな場所でした。
“古都”という響きが好きだったのかもしれません。
二十歳ごろ、鎌倉の歴史を調べたいと大学ノートにレポートを書いていた記憶があります。
特に、北鎌倉が好きで、月に一度は訪れて北鎌倉界隈のお寺はほとんど歩いたと思います。

散策の終わりに、円覚寺に立ち寄り、広大な敷地の西の外れの崖から
市街に落ちる夕日と、だんだんと沈む夕闇を眺めるのが好きでした。
あの頃も、訪れる人もあまりない場所でしたが、今も昔のままでしょうか?
昔の記憶を辿り、いつか訪れてみたいと思っています。

あの頃、行きたいと思っていたけれど、いつも行けなかった花の寺瑞泉寺。
水仙の咲く頃に訪れて見たいと思っていたので、今回の計画に入れました。
やはり、古都の風情が大好きな娘と、お休みが合った2月10日、
「そうだ、鎌倉に行こう!」的な乗りで出かけました。

まず、訪れたのは「浄妙寺」です。
このお寺には、枯山水があり、そのお庭を望める茶室でお茶が頂けるそうです。
美味しい抹茶が飲みたいという娘のリクエストで選びました。
鎌倉の駅に降り立つと直ぐにバスに乗り浄妙寺へと向かいます。

kamakurai2_214.jpg

山門から見える本堂の青い屋根が、青い空に映えて綺麗です。

kamakurai2_216.jpg

お庭には、枝ぶりの良い梅の樹が立ち並び古し枝先には
びっしりと可愛い蕾が並んでいます。
『わぁ~!かわいい』「春だね~♪」

kamakurai2_219.jpg

良く整備されたお庭には、葉を落とした銀杏の大木が空へと枝先を伸ばし
その枝先にも春を待つ冬芽が行儀よく並んでいます。
松の緑が、陽射しにつややかに映え、なんて美しい~!

kamakurai2_225.jpg

  淡わき色 ゆえに和める 侘び透けの花   しずく

kamakurai2_229.jpg

たわわに咲いた侘び助(わびすけ)の根元には、小さな花芽が…
何の花芽かしら?カキドオシだろうか?

kamakurai2_230.jpg

趣のある石畳を踏んで、その先の枯山水のある茶室へと向かいます。

kamakurai2_233.jpg

磨きこまれた廊下が清々しい朝の空気に映えます。

kamakurai2_235.jpg

水を打たれた玄関を入り、土間のある上がり口には、
小さな雛壇が飾られ、木目の廊下が美しい空間です。

kamakurai2_238.jpg

敷石の上にそろえて置かれた下駄がなんとも風情がありました。
呼び鈴を鳴らすと作務衣を着た若い女性が現れ茶室へと案内されます。

kamakurai2_240.jpg

枯山水に面した障子を開けてくれ、お庭が眺められます。

kamakurai2_244.jpg

桜の花が描かれた日本画が飾られていてわたしはその絵に引き込まれました。

kamakurai2_237.jpg

木製の火鉢が置かれただけの空間、障子からは柔らかな春の光が
浸透してくるように感じます。

kamakurai2_245.jpg

お茶が運ばれてきて、簡単なお作法で供されます。
品のいい茶碗に淡い茶緑色に薫るお抹茶と美しい和菓子です。
わたしのは、“雪椿”という和菓子。

kamakurai2_248.jpg

娘には、“福梅”と題された、ほんのりと柔らかな梅をかたどった和菓子でした。
なんだか、娘に似合っています。(*^_^*)

kamakurai2_250.jpg

わたしの、“雪椿”は、わたしに似合っているでしょうか?^m^

kamakurai2_254.jpg

このようなお庭を眺めながら頂く抹茶は、何とも言えず
心が落ち着きます。
まして、朝一番に訪れたので観光客もほとんどなく、わたしたちだけの
静かな空間でした。

kamakurai2_257.jpg

竹筒から静かに落ちる水音が優しいです。何だか春の音がします。

kamakurai2_259.jpg

枯山水は、有名な京都の龍安寺の石庭を手掛けた人の作だとか。
こじんまりとしたお庭ですが、落ち着く空間です。

kamakurai2_262.jpg

廊下の先には水琴窟があり、初めてその音を聞いた娘は目を輝かせ
感動していました。地下に浸みわたる水滴の調べは、何とも不思議で、
神秘的な音色なのでした。

kamakurai2_265.jpg

わたしたちは、静かな和の時間を堪能し茶室を後にしました。
娘は、水琴窟と抹茶と和菓子とが気にいったようで満足そうでした。

kamakurai2_270.jpg

そして、お庭を散策し小さな丘の上へと上がりました。
そこには、瀟洒な洋館があり、石窯パンのお店だそうです。
大正時代からあるという洋館の庭は、四季折々の花が咲く
イングリッシュガーデンになっているそうです。
ちょっと惹かれましたが、また今度ということで外観をパチリと…

kamakurai2_279_20120305171156.jpg

わたしたちは庭園を歩きながら、いろいろなものに目がいってしまいます。
たとえば…

サザンカの花びらが散り敷いている小道を歩けば

   山茶花の こぼれし紅ゆえ なほ哀し     しずく

kamakurai2_289_20120305171156.jpg

一輪咲いた純白のマーガレットを撮ろうとして、低い石段に気付かず
派手にコケてしまったわたし…^_^;
娘はびっくりして、その後泥だらけになったわたしのジーンズを見て
笑いが止まらなくなりました。ふたりで大笑いです(笑)

kamakurai2_292_20120305171156.jpg

蕾のまま、落ちてしまった椿の花を拾い上げた娘
陽射しが眩い石の上にそっと置いて写真を撮りました。

   静まりて 紅鮮やかな 落椿(おちつばき)    しずく

kamakurai2_300.jpg

緑の透けて美しい木蔭に、一輪の椿の花が覗いていました。
とっても美しいと思った瞬間でした。(上手く写せませんでしたが)

kamakurai2_296.jpg

小さな蕾が可愛くて、青空をバックに撮ってあげたかったので
何枚も撮りました。ダンコウバイの花芽でしょうか?
黄色い元気な花が枝先に咲けば、もうすぐ春ですね。

kamakurai2_312.jpg

そして、こんな光景にまた立ち止まります。

kamakurai2_323.jpg

すり減った鎌倉石の石段を上れば、その先には、趣のあるお宅がありました。
何だか、物語の中に出て来そうなお家です。

kamakurai2_330.jpg

光に透ける白い日本水仙が美しくて、またカメラを向けてしまいました。

kamakurai2_340.jpg

今にも花開きそうな、とっても綺麗な椿の蕾にうっとりと…

kamakurai2_349.jpg

青空を見上げれば、ピーヒョロロ…海辺のトビは、山のトビとは
どこか違って見えました。

kamakurai2_317.jpg

わたしたちは、浄妙寺の散策を終え、川べりの道を歩きながら
次の目的地、杉本寺へと向かいます。(続く)

kamakurai2_356.jpg
スポンサーサイト

category:

CM: 8 TB: 0   

コメント

sizukuさん、こんばんは。
鎌倉へお見えしたのですね。
その中で、日本画と、抹茶の写真がいい雰囲気でした。

さすがです、眼の狙い所が違います。
鎌倉には、芸術品が勢揃いでしょうか!

時々行く鎌倉ですが、自然写真も良いな~と思いますよ!

yatoyama #- | URL | 2012/03/06 20:53 - edit

yatoyamaさん、こんばんは(^。^)
はい、のんびりと鎌倉界隈を散策してきました。
鎌倉は山があり、お寺があり、花があり、海があり、江ノ電があっていいですね!
(わたしは、テツコで、江ノ電はすごく好きなんです)

日本画と抹茶が良かったですか?
目に止めていただいて嬉しいです。
あの日本画は、本当に美しかったです。
こんなふうに桜を撮ってみたいと思いましたよ。

yatoyamaさんは、鎌倉に時々、いらっしゃるのですね。
うらやましいです(*^_^*)

sizuku #- | URL | 2012/03/06 21:26 - edit

鎌倉  吟行も

こんばんは、usaです。

鎌倉に行かれたのですね。また、素敵な旅日記が楽しみです。
sizukuさんは、好きなことに出会うと【とことん】極めるタイプの方とお見受けしました。北鎌倉界隈のお寺の殆どを歩かれたなんてすごいです。

私が「侘び助」の花を知ったのは渡辺淳一の小説。花瓶に挿された一輪の侘び助、古風な鎌倉の女性が登場する筋だったように思う。

sizukuさんの、俳句が良いですね。山行の逞しさと古都で俳句を詠まれるしなやかさ。

美しい女性なんだろうなぁ・・・・・お会いするのが楽しみです。

usagisan #- | URL | 2012/03/06 23:27 - edit

sizukuさん、浄妙寺行かれたんですか^^
しかもイギリス人ガーデナーのニコラス・レナハンの石窯ガーデンテラスが~
ここは私のお花の先生の農園からニコラスさんがたくさん球根を仕入れていらっしゃるらしく、今年絶対ガーデンめぐりしようと思っていたのです!!
私、イングリッシュガーデン大好きなんですが、侘び寂の日本の庭園も、ほっとするんですよね。。
鎌倉、近いからいつでも・・・と思ってましたが、なかなか行けなくて、、トールの先生の実家が鎌倉で、みんなで行こう!と盛り上がっていた次第です。浄妙寺!
う~ん、イイカンジでsizukuさんとリンクしてるわ♪♪

参考までに石窯ガーデンテラスHP貼って帰ります^^
http://www.ishigama.info/

はなはな #- | URL | 2012/03/06 23:47 - edit

usaさん、こんばんは(^^♪

そうですねぇ…どうなんでしょう?
とことん突き詰めると言うか、夢中になってしまいます。
でも、あれこれ手を出すと、結局何もできなくなってしまいますよね。
上を見れば切りがなく、下を見ても切りがない…
自分の身の丈に合った生き方が一番いいのかもですね。
今も続いている大好きは、やっぱり山歩きに落ち着く見たいです。

美しい女性だなんて、とんでもないです~^_^;
お逢いしたら、びっくり!って感じですよ。きっと^m^

sizuku #- | URL | 2012/03/07 21:14 - edit

はなはなさん、こんばんは(^^♪
あの石窯ガーデンテラスは、はなはなさんもご存じだったのですね(*^_^*)
イングリッシュガーデンで有名だったなんて、入ってみれば良かったです~^_^;
あの時は、浄妙寺でお茶して、お昼にはちょっと早かったので、寄らなかったんですが、なんか惹かれるオーラがありましたよ(笑)
わたし、結構、素敵なお店って、ビビビとくるタイプなんですよ^m^

鎌倉が近くていいですね!今度、行ったら、必ずこちらに寄ってみたいです。HP,ありがとうです(*^_^*)

そうだ、今回ご案内するつもりの青梅のティールームのHPを貼っておきます。

http://plaza.rakuten.co.jp/tearoomgarden/

sizuku #- | URL | 2012/03/07 21:38 - edit

鎌倉ですか

タイムリーな鎌倉ネタ、ありがとうございます。
私もちょうど鎌倉に行こうかと思っていたところでした。
といっても鎌倉には嫁さんと結婚した当時行ったきりで、ご無沙汰です。
なんかすごく人が多いという印象で、敬遠気味でしたが、昨年京都に行って、人が多くても楽しめたので、人が少ない冬のうちに行ってみたいと思います。
sizukuさん達だけの静かな空間って、うらやましいなあ。

kan #5wY3J9rw | URL | 2012/03/08 12:27 - edit

kanさん、こんばんは(^^♪
タイムリーでしたか?良かった(*^_^*)
そうですね。鎌倉はやはり人が多いようです。
人気の小町通りや江ノ電などは、混み混みでしたよ(*_*)

でも、少し外して奥に行けば静かで良い所がいっぱいありそうです。
浄妙寺もお薦めですし、石窯ガーデンも良さそうですよ。
それと、次の記事の杉本寺は素晴らしいです。
鎌倉最古のお寺と最古の仏像がすぐそばで見られて、感動しますよ(*^_^*)
自転車で回るのも良さそうです。
きっと、Kanさんなら素敵なお店を見つけるんだろうなぁ…
kanさんの報告が楽しみです(*^_^*)

奈良のお薦め、ありがとうございました。行ってみますね。(^O^)/

sizuku #- | URL | 2012/03/09 18:59 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sion920.blog74.fc2.com/tb.php/226-f45fe51f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。