Admin New entry Up load All archives

風立ちぬ

日々の想いを風に乗せて…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

南房総花巡り 

お友達のはるかちゃんのお誘いで南房総に水仙を見に行ってきました。
尾瀬や山がご縁で知り合ったブログ仲間の方々のオフ会です。
会津にお住まいの『hidamariさん』が東京・千葉方面に遊びにいらっしゃる
ことになったので近隣のブロ友さんが集まることになったそうです。

bousu1_129.jpg

千葉にお住まいのよしころんさんご夫妻が、企画・引率してくださいました。
尾瀬に行かなくなって久しいわたしは、古い尾瀬仲間さんとの交流はあっても
何となく、尾瀬関連のネットから疎遠になっていたので、今回のオフ会の
メンバーのみなさんは、まったく初対面の方々でした。

ただ、昨年の秋頃から、はるかちゃんを通してhidamariさんのブログには
お邪魔していました。
hidamariさんは尾瀬VCを経て現在は尾瀬で働いていらっしゃいます。
春から秋のシーズン中は毎日が尾瀬での生活と言う憧れの存在です。

はるかちゃんが、尾瀬のお土産にと買ってきてくれた、イワツバメのストラップ。
素朴でかわいいこのイワツバメの作者のお一人が、hidamariさんだったのです。
気付いたら、hidamariさんのブログに時々伺うようになっていました。

nikkou_004.jpg

ブログに登場する懐かしい、そして、わたしが見知らなかった尾瀬の写真に
釘付けになりました。
かつてわたしが愛した尾瀬沼…。昔の恋人に再会したような気持ちでした(笑)
まだ見知らぬ尾瀬の風景には、恋人の新しい一面を見つけたような感動でした(笑)

わたしに、そんなトキメキを蘇らせてくださったhidamariさんに逢って
みたいなぁ…。と言う気持ちが強くなりました。
そして、『hidamariさんもしーちゃんに逢いたいって言ってましたよ。
行きましょうよ!!お花がいっぱいの温かな房総の海もたまにはいいですよ!』
と、背中を押してくれたはるかちゃんのお蔭で、わたしたちは飛び入りで、
参加させていただきました。

当日の朝はアクアライン経由で集合場所の富山道の駅に向かいます。
アクアラインを利用するのは、hidamariさん繋がりで参加されるお友達の
shinさんが、『海ほたるで日の出を狙います!』と言っていたからでした。
さすがshinさん、考えることが違うなぁと、感心してしまい、わたしたちも
行ってみようと言うことになりました。
まだ、未明の首都高を走ると、ビルの間から東京タワーがオレンジ色に
輝いていました。

bousu1_649.jpg

今はスカイツリーにシンボルタワーの役目をバトンタッチしたかに見えますが、
やはり東京タワーは最高に美しいと思いました。
東京という街が持つ夢や憧れや、過ぎ去った昭和という時代へのノスタルジー
の象徴のようにも見えました。
「東京ラブストーリー」や「三丁目の夕日」や「東京タワー」などの
シーンなどを思い浮かべているうちに、車はアクアラインへと入り、
海ほたるへと着きました。

bousu1_001.jpg

海ほたるは、風がとても強くて今にも吹き飛ばされてしまいそうです。
海上の彼方に小さく繋ぐ街の灯りは一体どの辺りの灯りなのだろうかと、
見当もつかないわたしたちでした。洋上の浮島のような海ほたる。
お天気の良い日には、きっと素晴らしい景色なのだろうと思いました。
朝のうちは雲が多くて、だんだんと空が白んで行きますが、とうとう
日の出は見れませんでした。
わたしたちはスッカリ冷え切った体をコーヒーで温めて目的地へと向かいます。

bousu1_020.jpg

富楽里(ふらり)とみやま道の駅には、次々とメンバーが到着しました。
hidamariさんは、初対面ですが、満面の笑顔でご挨拶してくださいました。
尾瀬のひだまり”という、尾瀬の情報満載の素晴らしいブログを持って
いらっしゃいます。
彼女の笑顔は、本当に人懐っこくて温かくて、ひだまりというHNが
ぴったりの方でした。

次に、スレンダーで知的な雰囲気のよしころんさんが、チョッピリ
恥じらいながらご挨拶してくださいました。“季節の花と山♨を訪ねて
というブログを持っていらっしゃいます。
お隣には、とても快活な山男さんという感じのご主人様が、爽やかな
笑顔でご挨拶してくださいました。
お二人は、尾瀬だけでなく、日光の山々にも精通されていて、
奥多摩の山々も良く歩いていらっしゃるようです。
よしころんさんのブログを拝見すると写真もとてもお上手です。
今回のオフ会の幹事役をしてくださっているお二人は、先週も
下見にきてくださったそうです。

もう一人、初対面のももこさんとご挨拶。もも子さんは、
ももこの山日記”というブログを持っていらっしゃいます。
とっても山を愛していて数々の山に登っている山ガールさん、
そして、素晴らしい写真を撮られる写ガールさんでもあります。
心の引き出しに、たくさんの楽しいエピソードを秘めている素敵な女性でした。

そして、わたしのかわいい妹分のはるかちゃんは、いつも元気印です。
でも、実はとっても気遣いの人。
はるか日誌”というブログに楽しいエピソードを綴っています。

いつもユニークな話術と、持ち前の優しさで、和やかな雰囲気をつくって
くださる、ちょっぴりお茶目なshinさん。
カメラを持って”というブログには、素晴らしい写真が満載です。
そして、わたしと、安曇野さんの8名が今日のメンバーです。
『はじめまして』 『よろしくお願いします』 そんなご挨拶の後、
すっかり打ち解けて、もう、以前からのお知り合いのようになりました。

bousu1_290.jpg


この日は曇り空で風も冷たくて本当に寒い日でした。
道の駅からスイセン歩道までは長閑な里山の中の国道を辿りますが、
道端にはずっと水仙の花が咲き続いています。
土手に咲いた小さな水仙を撮っていたらshinさんが、
『ここで、撮らなくても、この先に素晴らしい水仙ロードがあるよ。』
と教えてくれます。shinさん、ありがとうございます。でも、わたし、
この子が撮りたかったんです。(笑)
だって、この子、冷たい風に震えながら『わたしを撮って…』と、
微笑みかけているんですもの。

bousu1_038.jpg

突然、水仙歩道の看板があり、細い路地を緩やかに登っていきます。
水仙歩道に入ると風も止み森の中なので幾分暖かく感じました。

もう、この瞬間から、道の両脇や、畑の中、森の奥の彼方まで、
清楚な日本水仙の花が咲き続いています。
そして、ふわっと、芳しいほのかな水仙の香りに包まれました。

bousu1_068.jpg


緩やかに起伏した丘のような地形に、群生する水仙の花は、
まるで白い波のように見えました。
透き通るような白い花びらに、小さな黄色い花芯が鮮やかで綺麗です。
一つの茎に鈴なりにいくつもの花を咲かせ、撮影のためにしゃがみこむと、
何だか水仙たちがさんざめき、耳元で歌っているような錯覚に落ちました。

bousu1_121.jpg

bousu1_115.jpg

見事な群生ですが、群生しているお花を撮るのは難しいです。
引いてみたり、近寄ってみたり、マクロレンズに交換したり、
あれこれ考えながら真剣に撮ったり、なんにも考えずに、思うが侭に、
パシャパシャ撮ったり、おしゃべりしたり、
わたしたちは、春の野辺で、のんびりと散策を楽しみました。

よしころんさんが、撮影メインの面々のために、たっぷりと時間を
とってくださったので、通常の倍以上の時間をかけて、心ゆくまで
撮影を楽しんだメンバーたちでした。

bousu1_090.jpg

さぁ、次は、お楽しみのお昼です。よしころんさんご夫妻が事前に
リサーチしてくださった海辺のイワシ料理のお店へと車で移動します。
『前回、下見に行った時、お店が休みだったんです。実際に食べて
いないので心配で、もし外しちゃったら、ごめんなさい~^_^; 』
と、言っていたよしころんさんご夫妻の心配は杞憂でした。

イチコ寿司(イワシの押し寿司)

bousu1_288.jpg

わたしたちで、いっぱいになってしまうくらい小さなお店でしたが、
最高に美味しかったです~!!
よしころんさんご夫妻に感謝です。ありがとうございました(*^。^*)
みなさん、思い思いのメニューを注文し、海の餃子という気になる
メニューもシェアして、大満足の昼食でした。
みなさん、食べるのに一生懸命で写真を撮り忘れてしまったそうなので、
慌てて撮った下手な写真ですがアップしておきます(笑)

イワシ漬け丼

bousu1_293.jpg

トマトソースでいただく、海の餃子

bousu1_294.jpg

すっかりお腹も満たされて、次の目的地は、ゲストのhidamariさんの
『海の見えるお花畑に行きたいなぁ!』というリクエストに応えて、
よしころんさんが、チョイスしてくださった白間津のお花畑へ向かいます。

bousu1_318.jpg

この頃から、やっと晴れ女パワーの効き目がでてきたのか、どうか
判りませんが(笑)青空が広がり、海も真っ青に輝きだしました!!
お花畑に着くと、風は物凄く冷たいものの、ストックやキンセンカ、
ポピーなど、色とりどりの春の花たちが咲き競い、とっても綺麗です。

bousu1_302.jpg


花畑のおばちゃんたちが、『花を摘んでいきませんか~』と声をかけてます。
おばちゃんたちのお話では、『今日が一番、寒い!!』とのことでした。
スカーフを被った姿が、とってもかわいかったです。
はるかちゃんたちは、花摘みをしたそうですが、わたしは、優しそうな
おばあちゃんのお店でストックと小菊の花束を買いました。おばあちゃんは、
『サービスしときますね。』と言って、とってもよい香りの八重咲きの水仙を、
一束入れてくれました。
帰りの車の中は、とってもほのかな水仙の香りが漂って素敵でした。

bousu1_299.jpg

『ちゃんと、世話をしてあげれば一ヶ月ぐらいはもつよ。』と言った
おばちゃんの言葉通り、一週間以上たった今日も、お花たちは、とっても元気で、
春の香りを撒き散らしながら我が家の窓辺で咲いていてくれます。

お花畑を後にして、ドライブして最終目的地の野島崎灯台へ向かいました。
野島崎灯台は、南房総最南端の地だそうです。
駐車場に車を止めると真っ赤なアロエのお花がお出迎え、初めて見ました。

bousu1_588.jpg

浜には、ソテツやシュロの樹がそびえ、南国ムード。
お土産物屋さんもタクシーもなんだかローカル色豊かでいい感じです。

bousu1_583.jpg

bousu1_360.jpg

bousu1_361.jpg

漁船も、いいなぁ!竜宮丸の名前も発見!
「りゅうぐう」の名前で、浦島太郎の竜宮城じゃなくて尾瀬の竜宮小屋や竜宮十字路を
思い出すなんて、hidamariさんと顔を見合わせて笑ってしまいました。
大好きな竜宮十字路…行きたいなぁ…やっぱりわたしは尾瀬病患者みたいです。

bousu1_372.jpg

さすが最南端の地ですね。さっきまでの冷たい風も止み、暖かな陽射しに
包まれました。

きらきらと煌めく波間に、漁船が向かって行きます。
うっすらと大島の影も見えます。

沖を行く船がぼんやりと見えます。水平線に浮かんでいるみたい。

真っ青な空に、白亜の灯台、本当に絵になる風景です。

bousu1_395.jpg

bousu1_432.jpg

草地にはこんなオブジェが何気なく置かれていて素敵です。

bousu1_469.jpg

南房総最南端の地の碑と灯台。

bousu1_555.jpg

最南端の岬へと続く道、暖かくて陽射しに満ちていて気持ちいい。

bousu1_450.jpg


太平洋に面した岩礁の上は、サンライズ・サンセットの岬と命名されていて、
ベンチがひとつ置かれています。
このベンチが、逆光の中でいい感じで、思わず駆け上りました。

bousu1_473.jpg

みんな思い思いに岩に登り太平洋を見渡します。
彼方の水平線がほんの少し丸みを帯びているような気がしたりして…

山が好きだけれど、広々としていて海っていいなぁと実感です。

bousu1_534.jpg

bousu1_486.jpg


帰り道、大きな黒い御影石を見つけて立ち止まりました。
そこには、こんな看板が立っていました。
石には、パワーが宿る…なるほど。

この石は、エジプトのピラミッドを形成している石、ひとつと同じ大きさです…ほぉ~。
ここに運ぶのに、3日がかりで運んだ…へぇ~そうなんだ~。
この表面に白亜の灯台が移りこむ場所があります。…!?
ここまで、読んで、わたしは、石の回りをあちこち覗き込みました。

bousu1_557.jpg

もう、先に行ってしまったみなさんを大声で呼び戻します。
「ねぇ!!この石に灯台が映り込むらしいわよ~!!」
わたしの呼ぶ声に戻ってきてくださったみなさんは、しげしげと石を
眺めて覗き込みました。
残念ながら、石の隅っこに小さく映り込んだだけでした。
みなさん、お騒がせしてすみませんm(__)m

bousu1_564.jpg

こうしているうちに、日は傾き始めました。
シルエットになっていく漁船に別れを告げました。
そして、今日一日、楽しい思い出をいっぱい作ってくださった。
心優しいみなさんともお別れの時間が近づきました。

bousu1_578.jpg

朝、集合した道の駅で、またの再会を約束し、わたしたちは帰路につきました。
帰りに海ほたるでhidamariさん、よしころんさん夫妻と合流する予定でしたが、
道を間違え通過してしまったのが心残りでしたが…^_^;
とっても素敵な仲間たちと訪ねた南房総花巡りの旅は、思い出深い旅となりました。
ご一緒させていただいたみなさん、大変お世話になりました。
本当にありがとうございます。これからも、よろしくお願いします(*^。^*)

拙い写真ですが、デジブックにまとめてみましたので、よろしければご覧ください。
下のURLより、お入りください。



スポンサーサイト

category:

CM: 8 TB: 0   

コメント

sizuku妃、こんにちは♪
スレンダーで知的なよしころんです(笑)

先日はありがとうございました^^
私達もhidamariさん以外の方とは初対面でしたので、
前日まではらはらドキドキものでしたが、皆さんのお陰で楽しく思い出深い1日を過ごすことができました。

デジブック拝見しました。
あの日の珍道中?(笑) がまたまた蘇ってきました。
そして画面から水仙の歌声が聞こえてきそうな素敵な花が沢山~~♪
お花達をとても素敵に撮られています♪

イワシ屋さんも、皆さんに気に入っていただいてよかったです。
はるかさんにもコメントしましたが、本当はあのフライが食べたかった~~ ^^;

hidamariさんにいただいた白間津のお花、我が家でもまだまだ綺麗に咲いています♪
目指せ1ヶ月ですね ^^v

暖かくなったらぜひ奥多摩をご一緒させてくださいませ^^
楽しみにしています。
安曇野さんにもどうぞよろしくお伝えください♪

よしころん #- | URL | 2012/01/27 16:55 - edit

しいちゃん、こんばんは。

先日は遠い南房総の旅、とても楽しかったですね。
あの珍道中もしいちゃんがブログに綴ると、とっても
ロマンティックな世界になるのが、不思議です。

デジブック、美しい水仙郷でしたね。

カメラを向けるとこちらに向かって水仙達がいっせいに、しゃべりはじめるようで、私は「なによ、この人、
高校生みたいに〇〇〇座りで、シャッターを押して、変は人ね~」とか言われているようでした(笑)

いわしのお店の写真登場ですね。
おいしかったですね。私は次回は安曇野さんが召し上がっていたずけ丼が食べたいです。

わたしのフライ定食も凄く美味しかったです。
たくさんあったので、てんぷらと間違えたよしころんさんにも、分けてあげたらよかったなあ。

これからもこうしていっしょに旅をして、以前のように
尾瀬沼へも行ける日が来ます様に。

尾瀬沼ではあの人懐っこい笑顔が待っていてくださいますよ。

はるか #- | URL | 2012/01/27 23:14 - edit

スレンダーよしころんちゃん(ちゃん付けで呼んでもよいかしら?)いらっしゃいませ(^^♪
それとも、チャリーズよしころんちゃんの方がカッコイイかも(*^^)v
丁寧なコメントありがとうございます。
長い文章を最後まで読んでくださって、またまた、長いデジブックも見ていただいて恐縮でございます(笑)

本当に楽しい一日でした。あの日、寒かったですが、今の方がもっと寒く、あの水仙たちはどうしているだろう?白間津の春の花たちはどうしているだろう?と心配しています。
今日なんて、青梅は冷凍庫の中状態でしたよ^_^;

暖かくなったら奥多摩花巡り、ぜひ、企画いたしましょう!!遊びにいらしてくださいね。
でも、よしころんちゃんの方が詳しいかもしれませんね。
わたしが、ご案内できるのは、マイナーな奥多摩路ですので、きっとまた珍道中になる事請け合いです。
ご主人さまにもありがとうございましたと、よろしくお伝えくださいね(*^_^*)

sizuku #- | URL | 2012/01/28 00:18 - edit

はるかちゃん、こんばんは~(*^_^*)
やっと、アップしましたよ(笑)遅くなりました<(_ _)>
早速、嬉しいコメントありがとう。
楽しい一日でしたね。はるかちゃんのお陰で、素敵なお友達が出来て嬉しいです。(*^^)v
はるかちゃんも、水仙たちが話しかけて来てくれたのね(^^♪
あんなにたくさんの群生を見たのは初めてかも知れません。本当に水仙郷と言う言葉がぴったりだね。
千葉がとても好きになりました。
今度はローカルテツコの旅、よろしくね~♪
そして、2月末~3月末にかけて、いつでも火曜日あけておくから、はるかちゃんの都合の良い日に行きましょうね。よろしく~♪

sizuku #- | URL | 2012/01/28 00:36 - edit

楽しい一日でしたね。

みなさんの笑顔にたくさん元気をいただきました。
ありがとうございます。

アクアライン経由とは知りませんでした。
海ほたるは寒いだろうと手前の羽田のPAで時間調整して
6時40分に着きました。
日の出は残念でしたがスカイツリーが撮れました。

話し変わりますがshinも火曜日空けて置きますね。

shin #- | URL | 2012/01/28 05:26 - edit

shin殿下(笑)コメントありがとうございます。
先日は、大変お世話になりありがとうございました。
おかげさまで楽しい一日でした~(^。^)
海ほたるは寒かったですが、初めて行く事が出来て良かったです。
shinさんは、スカイツリーが撮れたんですね!さすがです~!!

shinさんも火曜日空けておいてくださいね。
これからは忙しくなりますね!
蝋梅、ハナネコ、セツブンソウ、福寿草、アズマイチゲ、イワウチワ、
カタクリ、コガネネコ、スミレ、サクラ…
秩父にも花を撮りに行かせていただくことが多くなりそうです。
そうそう、今年はぜひ、秘密の花園に再訪したいです。
shinさん、一肌脱いでください~m(__)m

sizuku@職場 #- | URL | 2012/01/28 13:44 - edit

春色の風

ポップなギターの【早春賦】時々【春の小川】リズムに乗って、デジブックのページを繰らせて頂きました。

お仲間ではないけれどコメントだけでもお邪魔させてくださいね。

BGMに合わせて踊りだしそうな水仙たち。「秋の忘れもの」は何ですか?マサキの実は、端切れで作ったお手玉みたい。ゴンズイ星に納得☆アロエはまるで南国。

ストック・キンセンカ・ポピーは春色いっぱい。
一足早い、春の香りをありがとうございました。

usagisan #- | URL | 2012/02/09 01:58 - edit

usaさん、こちらにもコメントありがとうございます。
みなさんと歩く野は水仙の香、訪れた花畑は春の色、そして、一緒に眺めた青い空と海…
思い出深い一日でしたよ(^^♪

秋の忘れものは、多分リュウノウギクで良いと思います。
秋の終わりごろを彩る野菊で、丸みを帯びた可愛い花です。

ゴンズイと書いてしまいましたが、あれはクサギの実ガラでした。
ゴンズイは、ちょっと似ているんですが、黒い実でした。
クサギの花は白色で9月頃の野山にひっそりと咲きます。花の後、
額はショッキングピンクに色付き、青紫の実を付けます。
うっかり勘違いでした。ごめんなさいね<(_ _)>

sizuku #- | URL | 2012/02/10 00:59 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sion920.blog74.fc2.com/tb.php/220-cd8cec08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。