Admin New entry Up load All archives

風立ちぬ

日々の想いを風に乗せて…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

週末の森ポタリング 2 

何でもない草地や、ゆず畑にそった、この小道を辿り、
アカマツとミズナラなどの雑木の森へと入っていきます。

siofune1_205.jpg

いつもはツグミが、胸を張って遠くを眺めている草地には
その姿はありません。わたしが、この森を見つけた頃は、
タヒバリやトラツグミもいた草地です。
何もいない草地には、冬を越すロゼッタ葉たちがひれ伏していました。

siofune1_106.jpg

siofune1_162.jpg

森に入る前の小さな小川には、陽射しの中で小さな泡が浮かんでは流れ
消えていきます。

ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。
淀みに浮かぶうたかたは、かつ消え、かつ結びて、久しくとどまりたる例なし

方丈記の書き出しを思い浮かべてしばらく眺めていました。

世の中に常なるものはないけれども、河の流れ自体は絶えることはない。
草木も、人も、命は永遠ではなく、世の中は儚いものだいという無常感と、
それでも移り変わりながらも存在し続ける自然の移ろいと時の流れに
永遠を感じ、鴨長明は綴りましたが、大震災を経験した今、
そのことを強く感じたりしますね。

siofune1_111.jpg

周りをアカマツの林に囲まれたこの雑木林は、風の強い日でも温かいです。
今日も静かで温かかったです。

siofune1_116.jpg

林床には、冬の花…

siofune1_110.jpg

遠くの梢をエナガ達が渡ってゆきます。どこかでコゲラがコツコツと
幹を叩く音が聞こえてきます。
いつも、ジョビコ(ジョウビタキのメス)が先立ちになって道案内
してくれたアジサイの小道に、その姿がありません。
エゴの樹の枝から、わたしを覗いていたり、舞い降りたりした
愛嬌たっぷりのびーちゃん(ヤマガラ)たちもいません。

siofune1_121.jpg

この森の中には、湿地があり、湧水が小さな池を作っています。
秋には楓が美しいこの池のほとりに、真っ赤な柊の実が残っていました。

siofune1_118.jpg

池は凍っていて、藍色の水面に枯れ葉が星のように散らばっていました。
いつか、ここで、キセキレイがアイススケートしていたなぁと思い出しました(*^_^*)
春先には、アカガエルの声がほろほろと賑やかに聞こえてくる池でもあります。

siofune1_124.jpg

今は、静かで、岸辺の楓の枝先に、いまだに翼果がたくさん残っていて
何だか綺麗でした。光に透けたらもっとキラキラ輝くでしょうね。

siofune1_126.jpg

ミヤマホウジロがいた梅林は、伐採されてすでになく、今はひっそりと
鳥影もありません。ふと、斜面の草地がぼんやりと明るいクリーム色に見えます。
もしかして?と思ったら、やっぱりそうでした。

siofune1_130.jpg

まだ、背丈が1メートルほどの、小さな木ですが、蝋梅がたくさん植えられていて
枝先にはびっしりと、可愛い丸い蕾を膨らめていました。

siofune1_152.jpg

結構、花も咲いていて、辺りにはそこはかとなく、あの芳香が漂っています。

siofune1_138.jpg

一瞬、ここだけは春でした。

siofune1_150.jpg

ひと時、蝋梅の花の中を歩き、明るい雑木林を彷徨いました。

siofune1_159.jpg

この道を抜けて尾根へと出ます。

siofune1_160.jpg

カヤクグリやカシラダカたちが、たくさんいた尾根も、鳥影はありません。
以前は、その草地に足を踏み入れれば、わらわらと鳥たちが飛び立ったのに
賑やかだったシジュウカラも全く姿を見せません。

siofune1_164.jpg

梢を見上げれば、寒々とした青空が続いているだけでした。

siofune1_163.jpg

それでも、愛らしいエナガたちは、頭上にやってきてくれました。
黄色い鳥影も飛び去っていきます。マヒワかなぁ…
コツコツ叩いているのは、ヤマガラたちでした。

エナガ
siofune1_165.jpg

ベニマシコを見つけた草むらで、じっと待っていると、
次から次へとアオジが舞いあがり、また草むらへと隠れます。
アオジの、思った以上に黄色い胸の色を双眼鏡でながめていると
何だか嬉しくなりました。
キセキレイも少し先を歩きまわっています。

siofune1_190.jpg

数は少ないけれど、鳥たちに出逢えて、わたしは幸せでした。
そろそろポタリングの続きを始めましょう。
雑木林の中の坂道を、空色号で駆け抜けていきます。

siofune1_171.jpg

小さな小川の流れる里に降り、ちょっとした峠を越えて満足した
初ポタリングでした。ちょっと自転車の勘が戻ったのが嬉しかったです。
あの頃の森では無くなってしまったけれど、自然は巡ってくる…
もしかしたら、懐かしい鳥たちに逢えるかもしれない…
また、週末の森に通ってみよう…そう思った一日でした。

siofune1_174.jpg
スポンサーサイト

category: 森・山

CM: 4 TB: 0   

コメント

ポタリング

同じ自転車でもロードバイクとずいぶん視点が違うものですね。
そういえば、私のミニベロも一年くらい乗ってなかった。
たまにはミニベロ引っ張り出して、里山の小道を走ってみようかな。

kan #5wY3J9rw | URL | 2012/01/17 21:00 - edit

kanさんへ

Kanさん、こんばんは(^^♪
kanさんの影響で始めた自転車。
ロードバイクで颯爽とカッコ良く走れたら最高と思うんですが、わたしには無理そう。
そんなところを見越して、Kanさんが勧めてくれたミニベロ。凄く気にいっています。
わたしにはピッタリの愛車です。
走り方もわたし流なんです。のんびりと寄り道ばかりで先に進みません^_^;
でも、里山の小道を颯爽と走り抜けるのは好きです。
ちょっとオフロードぽい山道をガタガタ走るのも、わたし的にはワクワクして
冒険の要素があったりします。
いつかみんなで走った高野倉ポタリングオフは楽しかったですね。
また、のんびり里山オフしたいですね(*^_^*)v

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2012/01/19 21:24 - edit

守りたい自然

こんばんは、usaです。

ブログのデザインが変わったのですね。野に咲く花の優しい色合いがsuzukuさんらしくて素敵です。

sizukuさんの愛車『空色号』から、絵本【車のいろは空の色】を思い出してしまいました。運転手の松井さんが好きなんです。

「週末のポタリング」たくさんの鳥が登場していますね。とても勉強になりました。

2年ぶりの森へ続く小径の風景は様変わりしてしまっていたのでしょうか。残しておいて欲しい場所ってありますね。

今日のNHKニュースで聞いたのですが、『NHK地域放送文化賞』受賞者の中に、群馬県の今井隆一さんという方がいらっしゃいました。尾瀬の魅力や環境保全の解説などをなさっていらっしゃる方なのですね。そして、『私の尾瀬フォトコンテスト』の審査も手掛けていらっしゃるようです。受賞のインタビューに『将来にわたって、きれいな尾瀬が続くように願う』というようなコメントを述べていらっしゃいました。

私は、尾瀬を歩いたことが無いのです。でも、sizukuさんのブログを拝読させて頂いて、どれ程素晴らしい所なのかという事を知りました。

私の住んでいる地域は、緑も多く自然に恵まれた環境にあります。それでも絵本の『小さなおうち』のように山を森を切り崩してビルが建てられている事は否めませんね。
自分の住まいの周りの環境が開発によって変わってしまうのは致し方ない事という思いもあります。それによって恩恵を被ることも無いわけではないので。

でも、尾瀬のような残しておきたい自然の宝庫は守っていかなければならないですね。
人と自然の共存。大切にしたいと思いました。

usagisan #- | URL | 2012/02/09 01:42 - edit

usaさん、こんばんは(^^♪コメントありがとうございます。
車の色は空の色…運転手の松井さんという言葉で、ぱぁ~っと、記憶が蘇りました。
子どもたちが小学生の時、教科書に載っていたお話ですね。
男の子の白い帽子の下の蝶を逃がしてしまった松井さんが、帽子の下に夏ミカンをしのばせる。
すると、タクシーの中に女の子が乗っていて、野原まで送ったら、白い蝶がたくさん舞っていた。
そして、女の子の姿は消えていた。
そんなお話でしたね。優しい松井さんが、本当に素敵でしたね。
usaさん、懐かしいお話を思い出させてくださってありがとうございました。

週末の森は、少し様変わりしてましたが、概ね、昔のままでした。
ただ、今年は、どこも冬鳥の姿が極端に少なく見られないのだそうです。
温暖化など影響がありそうですよね。
でも、わたしは、きっとまた、鳥たちは帰ってくると信じていたいです。
小さな体で海を渡ってくる強い鳥たちですものね。

尾瀬は、本当に美しい地上の楽園のような所です。
機会がありましたら、ぜひ、一度、行ってみてください。
花も木々も草も風も水も…全てが心を癒してくれますよ。
今井隆一さんは、素晴らしい写真を撮られますよね(^^♪

sizuku #- | URL | 2012/02/10 00:43 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sion920.blog74.fc2.com/tb.php/219-c6ab50e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。