Admin New entry Up load All archives

風立ちぬ

日々の想いを風に乗せて…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

紫苑咲く頃 

少し前の日記です。
わたしは、紫の花色が好きなのですが、なかでも、竜胆と紫苑の花が好きです。
10月の始めに、てっちゃんを連れて昭和記念公園に行ってきました。
この時季、昭和記念公園はコスモスの花が花盛りで、何万株と言うコスモスが咲き誇
るコスモスの丘があり、人気のスポットになっています。
レモン色の黄色いコスモスや、こっくりとした深い花色のチョコレートコスモスなど
種類も多く楽しめます。

syouwa10_007.jpg

コスモスの花も好きなのですが、やはりわたしのお目当ては紫苑の花です。
紫苑は、母が好きな花でした。そんなところも、わたしの心に刷り込まれているので
しょうか?
しおんという、言葉の響きも、紫苑と当てた漢字も、好きなのでした。
だんだんと深まりゆく秋の庭に、芳しい香りを漂わせて咲く小菊と、絡み合うような
秋薔薇の彩りに、そっと寄り添うような背の高い紫苑の紫が、窓の下で吹き抜ける風
に揺れていました。
出窓にもたれて、楚々とした薄紫の花影を見ているのが好きでした。

syouwa10_203.jpg

西立川口から入っていくと、正面に水鳥の池が見えます。
天気の良い日にはボートも浮かんでいたりして、青い水面もキラキラと光り
ベンチで語り合う恋人たちも、素敵です。

syouwa10_009.jpg

この池を右回りに回って行くのが、いつものわたしのコースです。
池の中の丘に、大きな欅の木があって、何のストレスもなく
自由に枝葉を伸ばした健やかな姿が好きで、水面に映り込む姿も素敵です。

syouwa10_019.jpg

大好きな樹です。

syouwa10_022.jpg

そして、岸辺に植えられた、鈴懸けの樹も好きな樹です。
スズカケノキって、名前もいいと思いませんか?
枝先に下がる実の形が、まるで、たくさんの鈴を懸けたようだから鈴懸けの樹とも
山伏が着る篠懸(すずかけ)に付いた房に似ているから篠懸けの樹とも呼ばれていると言ます。
またの名を、プラタナスと言い、明治末期にアメリカから渡ってきたそうです。
プラタナスもいい名前だと思うけれど、やっぱり鈴懸けがいいなぁ…と思います。
ここの鈴懸けの樹は、樹皮が剥けるモミジバスズカケノキのようでした。

syouwa10_015.jpg

かわいい、鈴懸けの実

syouwa10_029.jpg

鈴懸けの樹には、ちょっぴり甘酸っぱい想い出があります。
高校を卒業して、初めての同窓会で意気投合したM君。
新宿御苑のデートに誘われました。ちょうど12月頃で、大きな鈴懸けの樹に、
鈴なりで実がなっていました。
ちょっと照れながら手編みのマフラーを嬉しそうに巻いて、手を繋いで歩きました。
『ちいさな鈴を、まるでいっぱい枝にぶら下げたみたいでしょ。
だからスズカケノキって言うんだよ。風が吹いたら鈴の音が聞こえそうだよね。』
わたしは、彼から、スズカケノキの名前を教わりました。
スズカケノキがプラタナスだと言う事を知ったのはずっと経ってからでした。

わたしが、想い出に浸っていたら、
てっちゃんは、拾い上げて遊んでいました。

syouwa10_030.jpg

とても大きな金木犀の樹が立ち並ぶ並木がありました。
またまた、わたしにとって大切な想い出の樹でした。

syouwa10_061_20111031210515.jpg

syouwa10_039.jpg

今日は、てっちゃんママが、てっちゃんとばぁばのために手作りのお弁当を作ってくれました。
『おかあさん、荷物になるかも知れないけれど、お弁当を作ったから持って行ってくれる?
 たいしたものは、入っていないんだけれどね…』
そう言って、手渡してくれました。
「てっちゃん、ママが、お弁当を作ってくれたから食べようか?」と言う事で、
少し早いけれど、ベンチでお弁当を広げました。

から揚げに、たまご焼きに、肉団子に、ウインナーに、おいなりさん(*^_^*)
てっちゃんの好きそうなおかずが、彩りよく詰められていました。
しょうちゃんもいて、朝は忙しかったろうに、てっちゃんに食べさせたい親心。
娘も、母親になったんだなぁと、改めてしみじみしてしまいました。
てっちゃんは、美味しそうにモリモリ食べていました。

syouwa10_047.jpg

子どもって、いろんなものに興味津津。
些細なものに夢中で、なかなか先に進みません。

syouwa10_041.jpg

syouwa10_053.jpg

syouwa10_059.jpg

すると、てっちゃんは、いきなり走っていきます。
この前、来た時に、パン屑を投げてやった水辺を覚えていたようです。

syouwa10_067.jpg

syouwa10_082.jpg

水鳥やお魚を眺めて満足そうです。

syouwa10_073.jpg

syouwa10_077.jpg

やっと、みんなの原っぱへ着きました。(続く)

スポンサーサイト

category: 日々の思い

CM: 2 TB: 0   

コメント

紫苑

おはようございます、usaです。

花の一つ、樹の一つにも、それぞれ素敵な想い出がおありなのですね。
花や樹を見るたびに、セピア色の絵がはっきりとした記憶となって甦る。切ない思い出であっても、楽しい思い出であっても、何故か優しい心持ちになれる気がします。

紫苑、薄紫の花に誰がそんな素敵な漢字を考えたのでしょう。響きも漢字名も楚々という形容がしっくりきますね。

プラタナスという名前も、なんとなくお洒落な感じがして良いですが、鈴懸けの樹という呼び名も愛らしく和名らしい情緒が感じられますね。

また一つ、植物の名前を覚えました。ありがとうございます。

プラタナス・・・・・やはり「♪風」を歌ってしまいました。
ママの作ってくれたお弁当。てっちゃん(お名前で書かせて頂きますね)の横顔に幸せがいっぱい溢れていますね。微笑ましい一枚です。

usagisan #- | URL | 2011/11/05 11:36 - edit

usaさんへ

usaさん、こんばんは(^^♪
紫苑…良い響きですよね♪
シオンと言う言葉の響きを、心で感じて共鳴してくださって嬉しいです。
言葉の響きって、共感っていうより共鳴って言う方が合っている気がします。
心が共鳴し合うっていいですよね(*^_^*)

それと、プラタナスで風…
うふふ、同世代ですものね♪

プラタナスの枯れ葉舞う冬の道で
プラタナスの散る音に振り返る
ちょっぴり淋しくて振り返っても
そこには、ただ風が吹いているだけ

いいですよね~♪ 共鳴です~(笑)

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2011/11/07 00:54 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sion920.blog74.fc2.com/tb.php/198-1379a9f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。