Admin New entry Up load All archives

風立ちぬ

日々の想いを風に乗せて…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

風あざみ 

陽水さんの曲って、本当に歌詞が素敵
そもそも、わたしの青春時代そのものなのだった。
最初のアルバム「氷の世界」はセンセーショナルだった。

“窓の外ではリンゴ売り 声を枯らしてリンゴ売り
きっと誰かがふざけて リンゴ売りのマネをしているだけなんだろう…”
なんて、今までの歌の歌詞にはないセリフだった。

「桜三月散歩道」なんて、すごく好きだった。
“ねぇ、君 ふたりでどこへ行こうと勝手なんだが
川のある土地に行きたいと思っていたんだ…”のあのフレーズが好き

そして、ぼくたちは、影踏みをして遊ぶんだ…みんなで影を連れてね
の台詞も大好きだったなぁ。

「白い一日」は、大人びた世界を垣間見る様で憧れた。
まっしろな陶磁器を眺めては飽きもせず かといって触れもせず
そんなふうに君のまわりの僕の一日は過ぎて行く
ある日、踏切の向こうに君がいて 通り過ぎる汽車を待つ
遮断機があがり振り向いた君はもう、大人の顔をしているだろう…

深い言葉、どんな意味なんだろうと思っていた。
届かない憧れって言うか、恋って言うか。そういう感情がリアルに伝わり
聞けば聞くほど、その良さが分かった。
あとで知ったけど、これは、小椋圭さんの作詞だったそうだけど、
なるほどと思った。それにしても切ないメロディーラインは、
やっぱり陽水さんだと思った。

「能古島の片思い」
尽きせぬ波のざわめく声に今夜は眠れそうにない
浜辺に降りて裸足になれば 届かぬ波のもどかしさ
冷たい風は季節を僕に耳打ちすると逃げてゆく
時折り砂はサラサラ泣いて 思わずぼくももらい泣き

ってフレーズも、すごく美しい言葉だなぁって思って聞いていた。
何だか月明かりの波打ち際の様子が目に浮かんでくるようで、
軽妙なメロディもとても素敵で、能古島に行ってみたいと思っていた。

「帰れない二人」

僕は君をと言いかけた時 街の灯りが消えました
もう星は帰ろうとしている 帰れない二人を残して

結んだ手と手のぬくもりだけが とても確かにみえたのに
もう、夢は急がされている 帰れない二人を残して…

この曲は忌野清志郎さんと作った曲だそうだ。
彼とのセッション、聴いてみたかったな…

次々と思い出してしまう。恋に憧れていたあの頃、ああ、良かったなぁなんて…
この頃の好きな曲をあげたらきりがないけれど…

大人になってからも彼の曲に、心奪われた。

「五月の別れ」

風の言葉に諭されながら 別れ行く二人が五月を歩く
木々の若葉は強がりだから 風の行く流れに逆らうばかり

月と鏡はお似合いだから それぞに憧れ夜空を眺め
星降る暗がりでレタスの芽がめばえて
眠りから醒めながら 夢をひとつだけ、あなたに叶えてくれる

どの言葉も素敵過ぎて、大好きな曲です。

そしてこの時期、アザミの花をみると、陽水さんの「風あざみ」
という言葉が浮かびます。

夏が過ぎ 風あざみ…誰のあこがれにさまよう
ああ、なんて綺麗な言葉でしょう。
夢花火、宵かがり、想い出のあとさき…
陽水さんは、本当に綺麗な日本語をたくさん知っているんだなぁと思う。
その美しい言葉が、さらに美しいメロディに乗って、心に響くのだと思う。


     少年時代

夏が過ぎ 風あざみ
誰のあこがれにさまよう
青空に残された わたしの心は夏模様

夢が覚め 夜の中
永い冬が窓を閉じて
呼びかけたままで
夢はつまり 想い出のあとさき

夏まつり 宵かがり
胸のたかなりにあわせて
八月は夢花火 わたしの心は夏模様

目が覚めて 夢のあと
長い影が夜にのびて
星屑の空へ
夢はつまり 想い出のあとさき

夏が過ぎ 風あざみ
誰のあこがれにさまよう
八月は夢花火 わたしの心は夏模様

agano10_187.jpg


スポンサーサイト

category: 音楽

CM: 10 TB: 0   

コメント

陽水

sizukuさん、こんばんは♪
陽水は私も若い頃に良く聞きました。
陽水、かぐや姫、よしだたくろうは青春時代の思い出です。
そうそう、歌詞のひとつひとつが素晴らしく、陽水って天才だなと思いました。

少年時代は分厚い漫画本を読んだり、テレビで映画も見ました。
今でも陽水の曲を聞くと良き時代の昭和の時代が蘇ります。(^^)/

クロちゃん #QfAHIh9c | URL | 2011/10/22 17:30 - edit

懐かしくかな

久しぶりにカキコです。
カキコ内容で、ころっと倒れないでね(笑)

若い頃、受験勉強で「詩」や「小説」をたしなみましたが、フォークソングという時代以降、特別にたしなむことがありませんでした。
なぜって、就職して文学に親しむ暇がなかった(詭弁でしょうか)、ただのニイサン(オジサン)になりました。

sizukuさんのこういう感触に親しみますと、懐かしくも若い頃がおもいだされました。

ところで現代、iTunesでききますよ。

yatoyama #HT.DPqkw | URL | 2011/10/22 22:46 - edit

クロちゃんへ

クロちゃん、いつもありがとうございます。
陽水さん、拓郎さん、かぐや姫、同じですね!!
その後、千春、中島みゆき、ユーミン、五輪まゆみ…
あの頃は、あの頃なりに悩みなんかあったのに、
今となると、古き良き時代ですね。
同世代の方と、たまには、こんな話題も良いですね(*^_^*)

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2011/10/23 00:25 - edit

yatoyamaさん

yatoyamaさん、こんばんは。
久しぶりの書き込みありがとうございます。
yatoyamaさんは、文学青年だったんですね。
やはり、陽水は懐かしいですか?
同世代ですものね(*^_^*)
洋楽では、やはりビートルズ、そしてカーペンターズかな♪

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2011/10/23 00:37 - edit

少女時代・・・・?

誰もいない日曜日の昼下がりは私の時間。sizukuさんがお好きという「陽水」さんをYou Tubeにて聴いてみました。♪白い一日 ♪五月の別れ ♪帰れない二人 ♪桜三月散歩道 ♪能古島の片思い  そして♪少年時代  ♪五月の別れ が良いなと思いました。

若い頃の私は、陽水さんの歌をあまり聴いていないのです。高校生の頃は、森山良子さんが好きでした。その後は「チェリッシュ」。
チェリッシュのアルバムの中に陽水さんの曲をカヴァーしたものがあったり、フォーク大全集CDで陽水さんの曲に出逢ったりしました。♪闇夜の国から ♪心もよう  ♪リバーサイドホテル など。

sizukuさんが、感じていらっしゃるように陽水さんの【詩】は美しい言葉が散りばめられていますね。
その詩を、柔らかな伸びのあるお声で聴かせてくれますね。

私(も)フォーク世代。森山良子、チェリッシュの他に、拓郎のLPもかぐや姫もあります。そして、ビートルズ・カーペンターズもたくさんあります(笑)

南こうせつさんのコンサートには、年に20回近く出掛けています。こうせつさんのコンサートMCに陽水さんのお話しはよく登場します。

あの時代の曲を聴くと、懐かしさだけではない別の思いで、胸がいっぱいになって涙がこぼれます。「胸キュン」などという軽い言葉では片付けられないような・・・・。





usagisan #- | URL | 2011/10/23 15:07 - edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2011/10/24 19:28 - edit

小椋 佳のこと

こんばんは。

お返事戴いたので、調子に乗って、また書かせて頂きます。

陽水さんと小椋佳さんがデビューの頃、同じメンバーだったと、最近メディアで知りました。
陽水さんの歌を、小椋さんが歌ったり、不思議でしたね。

白い一日にある、陶磁器。小椋さんのレコードで聞きましたよ。
新鮮な曲に聞こえましたが、その意味は解りませんでした。
何しろ、洋風な白い花瓶(かどうかは?です)を眺めることは飽きない。
そして、大人になる君を見るのですね。
ますます、イメージが湧かないのに、メロディにほれぼれです。

勝手なことカキコしました。

yatoyama #HT.DPqkw | URL | 2011/10/24 19:51 - edit

usagisanへ

拓郎、かぐや姫、憧れましたね~♪
わたしは、特に拓郎さんのフアンでした。
usaさんは、こうせつさんですか?しょうやんも素敵でしたね!
神田川はセンセーショナルでしたね。
当時の事、思い出します。本当に、言葉に言い表せないくらい、
ナイーブで情熱的で、そんな時代を生きていましたね。
かぐや姫の中で好きな歌があります。「妹よ」
それと、“君の瞳の向こうにある悲しみは 僕の届かないところにあるものなのか…”
という歌詞の確か「僕の胸でおやすみ」だったでしょうか?
大好きでした。

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2011/10/26 01:30 - edit

MJさんへ

ありがとうございます。
見れました~♪清志郎さんいいなぁと
惜しい人でしたね。本当に…

今はいい時代ですね~(^^♪
MJさん、さすが、検索は素早いですね~(*^^)v
5月にお逢いしたのが、ついこの間のようなのに、
なんだか、今年も、残り少なくなっちゃいましたね。。。

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2011/10/26 01:35 - edit

yatoyama さんへ

陽水さんと小椋さんが、同じバンドのメンバーだったんですか?
初めて知りました(*^_^*)

真っ白な陶磁器は、きっときめ細やかな白い陶器でしょうね。
例えば、博多人形のような、透明感のある美しい白い肌の少女を、
憧れながら見つめている。
そんな感じかな~
いつの間にか、少女は大人の女性に成長していく…
手が届かない憧れになってしまう…
そんなシャイな男心でしょうか?

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2011/10/26 01:42 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sion920.blog74.fc2.com/tb.php/194-039d844c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。