Admin New entry Up load All archives

風立ちぬ

日々の想いを風に乗せて…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

煌めく秋 

「秋は、透明な紫だと思う。」いつか、そうつぶやいたら、
『透明なむらさきか…素敵なコトを言うね。』と、あなたはうなずいた。
人は、いつも一緒にいるから繋がっているのではないと思う。
ちいさな一言で満たされ、いつまでも忘れない。
きっと、魂の綺羅(きら)で、繋がっているのだと思う。

森影の、カメバヒキオコシの小さな紫の花に、朝日が透けて見えた。
ワイン色のガクが、まるで星のように綺麗だったから、ふと、思い出したのだった。

agano10_237.jpg

『秋はね。煌めく命が見えるようだね。』と、あなたが言う。
「本当に…生命(いのち)があふれているね。」と、わたしが答える。
あれは、秋の日差しが暖かく降り注ぐ里道だった。

トンボの翅の輝きに、からみあいながら空に舞い上がる蝶たちに。
煌めく生命の賛歌が、ささやかな生命の営みが伝わってくるようだった。

agano10_179.jpg

アキアカネの翅の色に、いつまでも見入っていた。
空の凄く高い所を、たくさんのトンボが音もなく飛んでゆくのを
ただ黙って見上げていたよね。

agano10_172.jpg

ウラナミシジミの愛らしい瞳。後ろ翅の下には、青い目玉模様と小さな突起がある。
これは、敵に、こちらが頭だと思わせるように、カモフラージュしているのだって、
時々、後ろ翅を擦り合わせては、突起が触角に見えるような巧みな動きをする。
生きるために備わった不思議な習性。こんなに小さな命なのに、精一杯生きているんだね。

agano10_100.jpg

そっと開いた、表翅の色は、美しい青い色だった。
わたしは、息をのんだ。自然はなんて美しいのだろう。

agano10_092.jpg


野道の野菊も、紅いミズヒキも、草むらのカヤツリグサもエノコロ草も、
真っ赤なツリバナの実やガマズミの実に、野葡萄の薄紫のグラデーションにも、
秋の日差しが寄り添うように…

agano10_262.jpg

agano10_186.jpg

agano10_049.jpg

agano10_296.jpg

agano10_137.jpg


小川のせせらぎに浮かぶ波紋に、ちいさな魚の影が遊んでいる。
せせらぎの心地よい音が、絶えず流れて、水底の小石が丸く輝くように、
わたしの心の角を丸くやさしく包みこんでくれた。

agano10_155_20111019005300.jpg

agano10_150.jpg

里の稲穂や、はさ掛けに、モズの声に、
絡み合ったコスモスの腕にまどろむ光、しなやかなススキの穂に揺れる光。
セイタカアワダチソウの花色に、

agano10_010.jpg

agano10_032.jpg

agano10_278.jpg

agano10_295.jpg


agano10_256.jpg

緑の中で色づき始めた赤い葉に、野辺に咲き残った彼岸花の花の上に、
風に揺れる赤い実や、森影に、楚々と咲く野アザミに、降りた光に。

agano10_251.jpg

agano10_270.jpg

agano10_169.jpg

agano10_263.jpg

ひっそりと、命の網を架けたクモの糸にさえ
煌めく命の光をまとって、静に透明な秋が座っている。

そして、わたしは、
秋が巡り来る度に、繋がる心の糸をそっと、手繰り寄せてみたくなる。

agano10_208.jpg

agano10_223.jpg
スポンサーサイト

category: 里山

CM: 4 TB: 0   

コメント

綺羅(きら)煌(きら)

sizukuさん、おはようございます。♪
綺羅(きら)煌(きら)の秋の風景をいっぱい感じました。
秋は静かな雰囲気も漂います。
そっとカメラを向けるのも“あきない”です。(^^)/

クロちゃん #QfAHIh9c | URL | 2011/10/19 06:25 - edit

クロちゃんへ

クロちゃん、早速ご覧いただき、綺羅、煌のコメント、どうもありがとうございます(*^_^*)
クロちゃんも、四季の美しさを追い求める夢追い人さんですから、
きっと、素晴らしい綺羅、煌、をたくさん知っていらっしゃるでしょうね。

わたしのは、身近な自然の中の一瞬なんですが、写真に撮り始めてから大切に思えるようになりました。
これから森や山の木々は最後の彩りを見せてくれますよね。お互い、大いに素敵な夢を見ましょう♪

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2011/10/19 23:58 - edit

穏やかな秋

いつもたくさんコメント書いてしまってごめんなさい。

sizukuさんが撮られる自然は、どうしてこんなにも美しいのでしょう。

「ウラナミシジミ」・・・・シジミ蝶って、小さいし、目立たないし、ふだん見ていても「あ、飛んでいる」くらいにしか見ていませんでした。やはり『見ようとしなければ、少しも気づく事なく・・・』なのですね。

毎日のように送られてくる旅のパンフレット。どの写真も真っ赤な紅葉!!! お商売ですから、インパクトのあるフォトを載せるのでしょうネ。

私はsizukuさんの、やさしい静かな秋、がお気に入りです。

usagisan #- | URL | 2011/10/23 15:31 - edit

usagisanさんへ

usaさん、こちらにもありがとうございます。
そう、シジミチョウもトンボも、わたしもお友達から自然の営みを教わりました。
蝶の中には、成虫のまま越冬する蝶もいることをusaさんは、ご存知でしょうか?
冬の間、枯れ葉の下などで寒さをしのいで越冬するのですって。
春先、暖かい日に森を歩いていると、嬉しそうに飛びまわる越冬明けの蝶を見る事があります。
翅とかもボロボロなんです。でも、命がキラキラ光っているんです。
何だか、感動して涙さえこぼれて来ます。
こんな小さな蝶が頑張って生きているんだなぁって、良く頑張ったねって褒めてあげたくなります。
お話しがそれましたね^_^;
わたしの拙い写真、“静かでやさしい”と見てくださって嬉しいです。

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2011/10/26 01:19 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sion920.blog74.fc2.com/tb.php/193-998dcda0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。