Admin New entry Up load All archives

風立ちぬ

日々の想いを風に乗せて…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

置ける白露(しらつゆ) 

萩の花は、秋の七草、初秋の頃に咲き始め今頃にはほとんど散ってしまう。
しなやかな枝葉に揺れる萩の花を、わたしは美しいと思う。
何年か前、萩の花が咲き乱れる小道を通り抜けたことがある。
はらはらと散り敷いたピンクの花が小道を埋めていた。
こぼれ萩といって、秋の季語でもあり、萩の美しさの形容詞でもある。
今年も見たいなぁと思っているうちにすっかり季節は過ぎてしまった。
でも、先日、近くの公園で咲き残っていた花に出逢う事が出来た。
風にしなやかに揺れながら、過ぎゆく季節を詩っていた。

sato-tetu_244.jpg

ひらひら、舞う水色の小さな蝶は、シジミチョウ
年に3回発生するというこの蝶は、きっと秋に生まれた蝶だろう。
春から夏、そして秋へと短い命を繋いでいるのだ。

sato-tetu_229.jpg

そして、秋も深まり、朝晩が冷え込んで草花に降りた朝露が、白く玉のように結ぶようになる。
この事を24節季では白露(はくろ)というが、和歌では(しらつゆ)と詠まれている。
(はくろ)という読み方も素敵だが、わたしは、(しらつゆ)と読むほうが更に素敵に思う。
万葉の頃から萩の葉の上に降りた白露(しらつゆ)が良く詠まれたと言う。
やはり、それだけ萩の花には風情があると言う事なのかもしれない。

   夕置きて朝は消ぬる白露の消ぬべき恋も我れはするかも
   秋萩の上に置きたる白露の消かもしなまし恋ひつつあらずは
   我がやどの夕蔭草の白露の消ぬがにもとな思ほゆるかも
   白露と秋萩とには恋ひ乱れ別くことかたき我が心かも
   秋萩の上に白露置くごとに見つつぞ偲ふ君が姿を

どの歌も、おおらかに、そしてせつない恋心を詩っている。
万葉人って、素敵だなと思う…

わたしも、萩の葉の上に降りた白露を歌ってみたい。そして、撮ってみたいと思った。

sato-tetu_202.jpg

スポンサーサイト

category:

CM: 8 TB: 0   

コメント

万葉の世界

sizukuさん、おはようございます。♪
萩の花は落ち着いた不思議な力を持っているように感じます。
万葉の頃から萩と白露が詠まれていたんですか。
とても浪漫を感じます。(^^)/

クロちゃん #QfAHIh9c | URL | 2011/10/13 06:51 - edit

白露は真珠のように結んで

こんばんは、usaです。

萩の花、こんなにも美しく撮る事ができるのですね!!!!!。素敵です。
昨年、一昨年と9月に京都へ行った折、萩の花に出逢いました。初秋の風にたおやかに揺れる様は風情があり古都に似合うなぁと思いました。

白露に恋心を読み込む万葉人。熱い想いの中にも気品が感じられます。
sizukuさんは、本当に幅広い教養を具えていらっしゃる方なのですね。

春の七草は食して味わうもので、秋の七草は観賞するものと教わりました。子供の頃は遊びながら目にしていた女郎花や芒なのに、昨今は身近なところでは見られなくなりました。

私は書道を習っているのですが、季節ごとに先生が課題を出されます。こんな感じで。。。。。。

『秋の野に 咲きたる花を 指折りて かき数ふれば 七種の花』  山上憶良

『秋ちかう 野はなりにけり 白露の置ける 草葉も色かはりゆく』  紀友則

10月生まれの私は、この季節が一番好きです。

usagisan #- | URL | 2011/10/14 01:44 - edit

素晴らしいエッセイと写真ですね。わたしも萩の花はたくさん撮ってきましたが、こんなに詩情あふれる写真を撮ったことがありません。仕事で出かけた湯河原の万葉公園で、朝の散歩で出会った萩を思い出しました。たくさんの葉っぱが白露をまばゆく光らせていました。

こいちゃん #HdSy5Q9E | URL | 2011/10/14 09:28 - edit

クロちゃんへ

クロちゃん、ご無沙汰しています。
コメント嬉しいです。ありがとうございました。
レスも遅くてごめんなさい<(_ _)>
秩父にも、秋の七草寺、ありましたよね。
いつか訪ねたいと思いつつなかなか行けません。
最近、ちょっと、奥武蔵がわたしの中ではブームです。
先日、吾野宿という所を偶然見つけました。
ちょっとツボです!!
高山不動の大イチョウも、子どもの頃の遠足以来
初めて訪ねましたが、素晴らしい樹でした!!
葉が黄色に染まるころ、もう一度行きたいです。

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2011/10/17 01:35 - edit

usaさんへ

usaさん、いつも、素晴らしいコメントをありがとうございます。
幅広い教養だなんて…わたしのは、広く浅くで、深く極めてないんですよ。
聞きかじりの事を書いている事もありますし、お恥ずかしい限りです。
usaさんこそ、深い教養を感じますよ。白露は、真珠のよう…素敵な表現をされますね(*^_^*)
それに、習字を習われているのですか、美しい文字は、その人柄や教養を滲ませますね。
書には、憧れますが、字が下手で…^_^;
そして、和歌をお題にされる先生も素敵ですね。

usaさんは、10月生まれでしたか。
白露の真珠のごとき草結び 夜ごと置きける神無月の君…お粗末です。
もう、お誕生日は過ぎたでしょうか?おめでとうございます(*^_^*)

sizuku #- | URL | 2011/10/17 01:50 - edit

こいちゃんへ

こいちゃん、こんばんは(*^_^*)
遅くなりました~<(_ _)>
詩情あふれるなんて、褒めていただきありがとうございます。
てっちゃんを遊ばせながら、撮った写真なんですよ^_^;
そうそう、今日はてっちゃんを連れて日の出山に登りました。センブリを見つけて嬉しかったです。

それと、野菊が綺麗でしたし、アマツバメの渡りも見れました。
ふと、こいちゃんは、風の谷のリンドウかなぁ?と思ってましたけど、当たりですか?

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2011/10/17 01:56 - edit

李白

こんにちは、usaです。

先日のコメで私がタイトルにした『白露は真珠のように結んで』というのは、李白の漢詩【金陵城の西楼にて 月下の吟】の一部です。訳し方は色々あるのだと思いますが原文は↓です。

白雲映水搖空城  白露垂珠滴秋月

そして、素敵な和歌をありがとうございました。半紙に書いてみました。書道教室で先生に添削して頂いて、作品として仕上げるつもりです。短冊に書くのも良いかなって考えて居ります。

誕生日は、27日です。嬉しいお誕生日プレゼントとなりました、ありがとうございました。

usagisan #- | URL | 2011/10/23 13:09 - edit

usagisanへ

usaさん、こんばんは。
李白ですか~!!さすがですね~(^^♪
わたしも漢詩、もっと良く勉強しておけば良かったです。
書いていただいた原文、読み方は難しいけれど、字を追えば、何となく意味は判るような気がしますね。
わたしの拙い和歌を、作品に…
思いつきで書いたものなのに、ありがとうございます。
usaさんのお誕生日は、明日なんですね(*^_^*)
覚えておきますね!

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2011/10/26 01:09 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sion920.blog74.fc2.com/tb.php/192-ee609cdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。