Admin New entry Up load All archives

風立ちぬ

日々の想いを風に乗せて…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

虫の音に思うこと… 

もう、だいぶ日が暮れるのが早くなってきて、定時より少し遅れて会社を出る頃は、
辺りはすっかり暗くなり、遠くの山の端だけが、残り火のようにオレンジ色に染まり
夕日の名残りを放っていた。

今日は、わたしが23年間、お世話になった会社の最後の日だった。
会社が無くなってしまうわけではないが、新しい会社の傘下に入る。
つまり、昨今の業績不振から、子会社だったわたしたちの会社は譲渡されたということになる。

こうなる前に、一部の事業部が、他の会社に譲渡されたり、一部の社員が異動させられたりと
いろいろ困難を乗り越えてきたのだが、ついに社名が変わる事となった。
皆それぞれに想いは様々だと思うが、わたしは、よくここまで働かせていただけたものだと
感謝の気持ちが湧いてきた。来月からも、また、新会社で慣れ親しんだ同僚と共に働ける。

泣く泣く、辞めて行った人たちや、単身他社へと移動していった人たちの事を思えば、
この会社で働ける喜びを噛みしめて、新たな気持ちで頑張っていかなければと思った。

そんな想いで、自動扉を開けて外に出た途端、いっせいに鳴いている虫の声に驚いた。
りー、りー、りーと、澄んだ音色で、周りの木立の中から降るように響いてくる。
夕暮れのひんやりとした空気を震わせるように、秋の虫の大合唱だ。
今日は、特に、大きな声で鳴いているような気がした。

毎年、思うことなんだけれど、なんという虫なのだろうと思う。
鈴虫のような綺麗な澄んだ鳴き声だけれど、それよりはるかに大きい声だった。

御岳山には、名虫、“カンタン”という、美しい鳴き声の虫がいるそうだけれど、
この虫もそうなのじゃないかなと思うのだった。
ひと時の虫の音に、秋の深まりを感じる、そんな夕昏だった。
そして、会社のロゴが外された、白い建屋が、寂しく黄昏ているような気がした。
一つの太陽が沈みゆく… 街路樹の道を歩きながら『お疲れ様』と、心の中で呟いた。

そして、もう一つの太陽が昇っていくのだ。
そのうち、この路地に、キンモクセイの香りが、香りだすんだろうな…

tuki
スポンサーサイト

category: 日々の思い

CM: 2 TB: 0   

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2011/10/01 21:43 - edit

Re: シークレットさんへ

新しい会社は、活気がある若い会社です。
志も高く、海外へと目を向けた事業を展開しています。
わたしに付いていけるのか判りませんが、とりあえず今の所
現状維持の職場に置いてもらっています。
新しい気持ちで頑張ります。

sizuku #- | URL | 2011/10/03 23:46 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sion920.blog74.fc2.com/tb.php/188-6f78e4cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。