Admin New entry Up load All archives

風立ちぬ

日々の想いを風に乗せて…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

レンゲショウマの夏 

御岳登山鉄道

renge_004.jpg
わたしが、初めてレンゲショウマに出会ったのは、もう10年近く前のこと
その日も、こんな霧雨が山頂をすっぽりと包んでいた。

今のように、まだ多くの人が訪れない頃だったのか、
それとも雨模様の天気に出かける人もいなかったのか
レンゲショウマの群生地には、人影もまばらだった。

renge_085.jpg

うつむくように咲いた薄紫の花は、雨の雫をまとって楚々として美しかった。
丸い蕾も愛らしくて、わたしはすぐに夢中になった。
緑の中に一面に咲いたレンゲショウマ…
霧の中に漂う小舟のようでもあり、
薄紫に灯った、妖精のランプのようでもあった。

renge_117.jpg

renge_124.jpg

renge_154.jpg


レンゲショウマの森には、うっそうとした巨木が佇み、
気の遠くなるような長い年月を刻んでいた。
濃い霧の海の中で、巨木たちは、まるで何かのモニュメントのように浮かび上がり
幻想的な雰囲気を醸し出しているのだった。
この時、わたしは樹の魅力にも気付いた気がする。

renge_056.jpg


あれから、何年も時が過ぎ、毎年、レンゲショウマの森を訪ねるようになった。
でも、こんな濃霧の日に訪れるのは、あの日以来かも知れない。
『山に分け入って、やっと一輪か二輪、咲いているのに出逢えるのに
こんなに簡単に出逢えるとはね…ちょっと拍子抜けだなぁ』
そんなふうに笑った…あの日の笑顔がふと蘇る。

renge_016.jpg

気高く咲いた山百合の、芳香が辺りを優しく包み込み、
夢から覚めたように、わたしはゆっくりと歩き出す。
オカトラノオの白い花房が風に揺れている。
小さな花の星をいっぱい散りばめたような花だね。
ナンテ…かわいいのかしら。
トチバナニンジンの真っ赤な実は、緑の森にひと際、目を引いて、
誰に媚びるわけでもなく、惜しげもなく自分をさらけ出しているんだね。

トチバナニンジン

renge_091.jpg

オカトラノオ

renge_432.jpg


ホント…美しいね。
そんな独り言を呟いていた。

ウラシマソウは、ひそやかに青い実をびっしりと隠していた。

renge_100.jpg

リフトが着く展望台では、木立ちの枝を渡りながら鶯が囀っている。
いつもは姿を見せないのに、今日はよく見える枝先でさえずっているなんて、
霧に隠れているつもりなのかなぁ?

renge_129.jpg

レンゲショウマの森を抜けて、小さな山頂に祭られた産安神社に詣で、
9月始めが予定日の、娘の出産の無事を祈った。
そして、三本のご神木の中の子宝杉に手を当て、生まれてくる二人目の孫と
お兄ちゃんになるてっちゃんの健やかな成長を願った。

若いカップルは夫婦杉の前で…(*^_^*)

renge_139.jpg

renge_136_20110806020556.jpg

renge_195.jpg

山頂では、アジサイの花が、まだとても綺麗に咲いている。
霧に溶け込むようなブルーの花色が、なぜか海の色に思えたりした。
薄暗い参道に出ると、霧が立ち込める杉木立の道を、オレンジ色の街灯が、
点々と灯り照らしている。

renge_172.jpg

参道に沿って、やがて、宿坊が立ち並ぶ。
わずかに残った茅葺屋根の宿坊の屋根には山百合の花がたくさん咲いていた。
春先にはクサノオウの黄色い花が咲き競っていた。
秋には、黄葉した木の葉が彩るのだろうか?そして、冬には、白い雪…
こんなふうに季節は巡るのだなと思った。

renge_187.jpg

renge_184.jpg

昨年の秋の遠足で、尾瀬仲間さんたちと泊まった宿坊「御嶽山荘」は、
霧に閉ざされて、いにしえの香りが漂っていた。
秋の日の、あの綺麗な紅葉と、澄み渡った星空と、冴え冴えと照らしてくれた月
彼方に瞬く街の灯が、まるで星屑の川のようだったことを思い出した。

renge_219.jpg


神代欅を仰ぎ、古びたお土産物屋さんや食堂が立ち並ぶ参道を抜けると
御嶽神社の石段に辿り着く。
階段を上るのが男坂。階段脇の坂道を上っていくのが女坂。

renge_734.jpg

神代欅 (樹齢1000年と書いてある)

renge_222.jpg

第2群生地と称して、女坂にはレンゲショウマが植えられている。
こちらは、日当たりの良い道なので、レンゲショウマの花つきも良いようだ。
群生地の森よりも、開花が進んでいた。
相変わらず深い霧の中から、可憐な花が姿を見せると、嬉しさがこみ上げる。
まるで宝探しでもするように、可憐な花を見つけて歩くのだった。

renge_264.jpg


先を歩く夫が、『あったぞ~!』と、嬉しそうな声をあげる。
一緒に山を歩き始めた頃は、
『花なんかどうでもいい!写真なんか、さっさと撮ればいいんだ!』
と、いつも不機嫌だったけれど、この頃、少しだけ変わってきた気がする。

咲き始めた花を探しながら行く喜び、きっと、知らぬ間に気付き始めたのだと思う。
来年、同じ季節に、同じ道を辿って、あの日の花にめぐり合う喜びを…
今は言わずにおこう。
あなたの心で、気づいて欲しいから…

キキョウの花も咲いている。綺麗…

renge_329.jpg


幽玄な霧の中に、雅に浮かびあがる拝殿は、とても立派だ。
わたしは、かつての古い社を知らないが、社務所の造りの中に面影が伺える。
この社務所で、毎月、夜神楽が執り行われていて、年に2回ほど一般公開されている。
今年は9月28日に行われ、その日はケーブルカーも特別運行されるそうだ。
出来るなら観て見たいものだと思うのだった。

renge_297.jpg

renge_299.jpg


神主さんから、そんな話を伺っていると、みるみるうちに日の出山方面の霧が晴れて
青空が覗き始めた。夫に山頂からの景色を見せてあげたいと思っていたが、
都心のほうまで見渡せるほど霧が晴れたのだった。

renge_352.jpg

天気が回復したので、わたしたちは長尾平に向かった。
こちらも山百合が美しい。ギボウシの花も雫をたくさん付けて咲いていた。
時折り、差し込む日差しが、木洩れ日を作り、緑をいっそう美しくした。
ああ、夏の香りがする…
わたしは、心がマリのように膨らんで弾みだすような気がした。

renge_379.jpg

renge_387.jpg

renge_442.jpg

木漏れ日の道

renge_418.jpg


「イワタバコが咲いているかも知れないからロックガーデンに行って見ましょうよ。」
と、誘って、杉木立の森を降り始めた。
ロックガーデンは苔むした岩や倒木が美しい景観をつくっている渓谷を辿る道だ。
見上げるような大岩が、天狗の鼻のように聳えている天狗岩を巻いていく。

renge_471.jpg

renge_494.jpg

renge_504_20110806022707.jpg


浅い流れは、あちこちで小さな瀬や滝を作り、涼やかな瀬音を響かせる。
川岸にはギンバイソウの花が白い花を付けていた。
この花はすぐに痛んでしまうので、咲きたての綺麗な花を見つけるのが難しい。
少し行くと、ウバユリの群落が現われた。山百合などに比べると、
とても質素で地味な花だが、こんなに咲いてるとは思わなかった。

ギンバイソウ

renge_636.jpg

ウバユリ

renge_512.jpg


そして、岩壁にイワタバコの瑞々しい葉をたくさん見るようになる
一つぐらい咲いていないかなぁと探していると、あった!!
ピンクの小さな星が、渓流の飛沫を浴びて咲いていた。
夫に教えると、流れの中に足を入れながら熱心に撮っていた。

イワタバコ

renge_582.jpg

renge_533.jpg

renge_603.jpg

renge_593.jpg


やがて、綾広の滝が現われると、その滝の脇の岩壁に、びっしりと
イワタバコが群生していた。花の時季は見事だろうなと思った。

renge_618.jpg

カツラの巨樹

renge_630.jpg


滝の側に君臨する“お浜の桂”と呼ばれるカツラの巨樹は健在で、
大きく空に幹を広げ、根元にはおびただしいヒコバエの若木を生やしていた。
緑なす美しいカツラの巨樹、秋には美しい黄葉に包まれるのだ。

renge_634.jpg

renge_643.jpg


帰り道のなだらかな登山道は、いくつもの巨木を眺めながら歩く。
御嶽山のエリアには、いがいと巨木が多いのだった。
なかでも、この天狗の腰掛け杉は有名なのだった。
長尾平の茶屋で、綾広の滝の減流水で入れたと言うコーヒーをいただく。

renge_668.jpg

renge_675.jpg

天狗の腰かけ杉

renge_723.jpg


歩き疲れた体には、じんわりと効いてくるほろ苦さだ。
乾き始めたベンチに腰をおろし、コーヒータイムを楽しみながら
「雨の予報だったけれど、出かけてきて良かったね。」と言うと、
『まあな。』と主人は答えたのだった。

renge_368.jpg
スポンサーサイト

category: 森・山

CM: 8 TB: 0   

コメント

レンゲショウマですね

suzuku様
もう、そんな時期でしたね!
中旬くらいに行こうかと思っていました。

yatoyama #- | URL | 2011/08/06 22:31 - edit

霧の御岳山、素敵ですね。

しーちゃん 去年の秋遠足の懐かしい場所がたくさん出てきて嬉しいでした♪
でも、霧が趣をすっかり変えていますね。 こんな御岳山があるんですね。 とっても素敵ですね。
そして私の憧れのレンゲショウマも素敵ですね。
夏になるといつも御岳山のレンゲショウマが気になってきます。
もう咲きだしているんですね。 すごく優しげなそして霧の中の幻想的な感じがでていますね。 御岳山のレンゲショウマが見に行きたいですね(*^_^*)

娘さんの第2子出産ももうすぐですね。 母子ともに無事に出産されるのを祈っています。

お千賀さん #JalddpaA | URL | 2011/08/07 00:01 - edit

森のランプ

suzukuさん、こんにちは♪
レンゲショウマはまだ蕾もたくさんありますね。
幽玄の中の散策から天気快復方向にと、山は行ってみないと分からないです。
私もイワタバコの花が見たいです。(^^)/

クロちゃん #QfAHIh9c | URL | 2011/08/07 15:40 - edit

yatoyamさんへ

yatoyamaさん、ご無沙汰しております。
お元気そうでなによりです。
御岳山のレンゲショウマは5万株だそうです。
現在は、60株ぐらいが開花だそうです。
来週末あたりから、だんだんと見頃となる事でしょう。
この時期、混んでくるので、15分おきにケーブルカーも
臨時ダイヤとなるそうですよ(^^♪

sizuku #- | URL | 2011/08/08 00:55 - edit

ちかちゃんへ

ちかちゃん、こんばんは(*^_^*)
見に来ていただいて、丁寧なコメントありがとうございます。
御岳山には霧もよく似合うかもしれません。
7月末のこの日は、花数は12個ほどでした。
レンゲショウマは、まだ、咲くのを迷っているみたいです(*^_^*)

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2011/08/08 01:02 - edit

クロちゃんへ

クロちゃん、こんばんは(*^_^*)
優しいコメントありがとうございます。
レンゲショウマはこれからのようですが、5万株もあるそうですので
これから次々開花する事でしょう。
ぜひ、お越しください。でも、クロちゃんには物足りないコースですよね・・・
裏参道を通って。大楢峠へ、そこから海沢方面に降りて、海沢三滝を見るなんてどうでしょう(*^^)v
イワタバコの方は、今が旬みたいです。
昨日も、渓谷を歩きましたが、イワタバコがたくさん咲いていました。

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2011/08/08 01:12 - edit

sizukuさん こんばんは!
何時も読み逃げで、久しぶりにコメントします。
8月10日にケーブルを使い、七代の滝からロックガーデンを歩いてきました。
七代の滝にも、イワタバコがいっぱいでした。

hanaoyaji #- | URL | 2011/08/12 23:02 - edit

hanaoyajiさんへ

hanaoyajiさん、こんにちは。
え~と、一昨年のイワウチワの頃にコメントをいただいた方でしょうか?
お名前が思い出せず申し訳ありません。
hanaoyajiさんもロックガーデンを歩かれたのですね。
わたしたちは、13日にもお友達と歩いてきましたが、イワタバコは終盤のようでした。
代わりにタマガワホトトギスがたくさん咲いていてくれました。
何時歩いてもその時々に楽しめる場所ですね。
レンゲショウマもまだまだ、蕾が多かったですが、綺麗なお花を楽しめました。

sizuku #- | URL | 2011/08/15 16:36 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sion920.blog74.fc2.com/tb.php/175-3288e636
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。