Admin New entry Up load All archives

風立ちぬ

日々の想いを風に乗せて…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

再会(逢いたかった君に…) 

GW、懐かしい友たちとの再会があった。
山が好き、里山が好き、身近な自然に生きる動植物が好き。
そんな仲間たちが、ネット上で知り合ったのは、かれこれ10年近く前の事だった。
わたしがホームページを開設した当初からの友人たちだ。

どこかのBBSで出逢い、友達から、またその友達へみたいな感じで
いつの間にか繋がっていった仲間たちが、最初にオフ会をしたのは、
2005年秋の事、群馬県中之条で、イチゴ農家を営むエコさんのお宅に
一泊させていただいて、散策&夜のキノコ鍋を囲んでの大宴会(^^♪
名付けてキノコオフ。そして、翌年、2006年春に、エコフィールドのスミレを
求めてのスミレオフ。この時も、夜は自分たちで摘んできた山野草の天ぷらを
肴に、大宴会^m^山里に愉快な仲間の笑い声が夜更けまで響いていたと思う。

とにかく、お酒の強いRiiちゃんを囲んでの宴会は、屈託がなく本当に楽しかった。
飲むほどに、みなさん饒舌になり、愉快な話に花が咲いたものだった。
その年の、冬にも日帰り登山のオフ会が開催されたのだが、わたしは
家庭の事情で参加できずに終わった。
その後、みなさん、それぞれに、仕事や趣味や、私生活で多忙となり、
あれほど楽しかったオフ会も、なかなか開催できなくなっていった。

でも、逢えなくても、心の中ではいつも、仲間の事は気にかかっていた。
楽しかったオフ会の思い出は、時々話題にのぼり、いつかはまた逢いたいねと
話したりしていた。
そして、あの頃、想像だにしなかった事態…
あの、東北関東大震災が起きてしまった。大津波の甚大な被害…
そして、原発の大事故…幸い、仲間はみな無事だったけれど、
唯一、福島に住むRiiちゃんの事が、気がかりでたまらなかった。

GWを利用して、福島へみんなで行けないだろうかと考えた。
風評被害で、集客できない会津地方の観光地の様子などテレビで見るにつけ
なんとか少しでも協力出来ないものかと考えていた。
会津若松あたりで、オフ会をして、Rちゃんを元気付けたい…

けれど、実情として、土地勘がないわたしたちでは、難しい所もあり
急な呼びかけでは、みなさんも都合が付かないこともあった。
Riiちゃんは、『他県のみんなが来てくれるという気持ちはすごく
ありがたいけれど、わたしが、そちらに行った方がいいんじゃないかな?』
と、言ってくれていた。福島市のRiiちゃんの所から、会津若松はかなり
遠くて、他県に行くような感じなのだと言う。

そこで、みんなの第2の故郷と言えるべき、群馬でオフ会を開く事にした。
まず、初日は、Riiちゃんが新幹線で到着する高崎駅に、むじなJさんと、わたしが
迎えに行き、高崎で、  「俺のそば」 という、つけ蕎麦屋さんを営む masaさんのお店へ向かった。
美味しいお蕎麦と楽しい会話、masaさんのカッコいい仕事ぶりを楽しんだ。
masaさんがお店をお昼で閉めてくれることになり、masaさんの片付けが
終わるまでの間、わたしたちは、むじなさんの車で観音山へと向かったのだった。



わたしたち三人は、高崎の土地勘はなくて、カーナビ頼りに出かけることに。
とりあえず車を駐車場に入れ、『観音様は、どっちだ?』
「う~ん、こっちじゃない?」なんていいながら、観音山ウォーク(笑)

takasaki5_052.jpg

白衣の観音様が見えて来ました。『おお何十年ぶりかな~!』とむじなさん。
わたしたちは、初めて見ましたけれど、ほっそりと綺麗なお姿でした。

高崎の観音様
takasaki5_030.jpg

観音様の下には藤棚が綺麗でした。

takasaki5_008.jpg

ハナズオウも花の盛り

takasaki5_027.jpg

ヤマブキが、風にそよいでいました。

takasaki5_039.jpg

山つつじが緑の中に綺麗に映えていました。

takasaki5_041.jpg

masaさんが、お店を始める時、群馬に戻ってこようという気にさせられたと言う
観音山の新緑…その新緑が目に染みました。

takasaki5_012.jpg

土産物屋さんには、看板娘のこんな子も…(^^♪
剥製かと思ったら、生きてます。福を呼ぶフクロウの福ちゃんだそうです。

takasaki5_034.jpg

次は、達磨寺がある少林山に、移動しました。
山門に立てば長くて急な階段があります。
『どうする?』『登らないで車でも上がれるみたいだよ。』

takasaki5_054.jpg

でも、「ほら、あんな小さな子も登ってるんだから!登りましょうよ」という事で
『この階段を上りあげたら、また、階段があったりして…』なんて、言いながら
息を切らして登りあげたら…

takasaki5_055.jpg

「やっぱりね。」お約束のように、また階段がありました。(笑)
でも、藁葺屋根の山門が良い感じ。それに、ケヤキの新緑がなんて、綺麗なの!!

takasaki5_063.jpg

達磨寺と言われるだけあって、たくさんの達磨が奉納されてます。
『高崎と言えば達磨だろう。』と、むじなさんがおっしゃってました。

takasaki5_076.jpg

達磨資料館を覗いて、わたしは、達磨法師がインド人だったと言う事を知りました。
「達磨法師って、日本人じゃなかったのね!」と、わたし。
『中国人だっけ?』と、りーちゃん。『違うよ、インド人だよ』とむじなさん。
目からウロコでした~^m^

takasaki5_083.jpg

帰りは、女道をまったりと降りて行きます。
ジュウニヒトエがたくさん咲いていました。

takasaki5_094.jpg

takasaki5_098.jpg


ツタの緑が綺麗です。

takasaki5_088.jpg

枝垂れ桜は終わったけれど、その木の下の山つつじが見事です。

takasaki5_110.jpg

木下闇には、シャガの花が群れて白く光っていました。

takasaki5_113.jpg

さて、軽い観光を終え、masaさんのお店に帰ると、ちょうど終わったところでした。
しばし、お店でお話しをして、そろそろ飲み会のお店に移動します。
ここで、いちじんさんとけいこさんが合流です。
以前のままの、優しい笑顔のお二人に、逢えずに過ごした時間は一瞬に埋まり
久々の再会に、Riiちゃんは、ぱっと顔を輝かせました。
時折、ちょっと淋しげに見えたRiiちゃん…
大津波による被害や福島の原発事故を目の当たりにした彼女が受けたであろう
悲しみやショックの大きさを思うと、今回のオフ会に来てもらったのは、
やはり、少し早すぎたのかなと、心配していたのだけれど…。

けいこさんと手を取り合って喜んでいる彼女の心からの笑顔に安心したのでした。
それからの5時間余り、わたしたちの話題は尽きる事がありませんでした。
ただ、会話の中で、『福島ナンバーの車が他県に行くと、石を投げられたり、
ミラーを折られたりするから、怖くて車では出られないんだよ。』という
Riiちゃんの言葉に、わたしたちはみんな信じられない思いになったのでした。

『そんなバカな?そんなこと、する人がいるなんて…』
でも、実際に、Riiちゃんの周りで被害に遭った人たちがたくさんいるそうです。
本当に心の痛む話です。
『わたしたちの間では、あの原発がもっとひどい状態になったら、自分たちは
お終いだと思ってるんだ。最初は、怖がって、いろいろ心配してたよ。
雨には絶対濡れないようにとか、なるべく外に出ないようにしようとかね。
でも、そのうち、疲れちゃって。。。もう、どうにでもなれって感じだよ。
本当は、わたしたちの所も危険なのかもしれないけれど、みんな普通に暮らしているよ。
明日はどうなるか判らない…だから、お金とか持ってても仕方ない。
それより、やりたい事をやって、後悔しないようにしようと話しているよ。』
そんなRiiちゃんの言葉を聞きながら、何もできないもどかしさを感じました。
きっと、当事者でなければ、その不安や悲しみや怒りは判らないんだと思います。

積もる話や、懐かしい思い出話など、楽しい時間は過ぎ去って、そろそろ
お開きになりました。後ろ髪惹かれつつ、何度も手を取り合って、またの再会を
誓い合ってお別れしました。みなさんと別れた後、わたしたちは、もうちょっと
話そうかという事になり、masaさん、お勧めの素敵なバーへ移動しました。
なんか、飲むと言うより、ひたすら食べて話してたかなぁ(笑)

そして、masaさんに送ってもらい、わたしたちがメトロポリタンホテルに
チェックインしたのは、12時を回っておりました^_^;
翌朝、9時にmasaさんが、ホテルに迎えに来てくれる約束になっていました。

長くなりました。続きは、群馬をドライブ、エコフィールドへ<(_ _)>
スポンサーサイト

category: 日々の思い

CM: 6 TB: 0   

コメント

皆さんと久しぶりのオフ会出来て、そしてRiiちゃんにも会えて良かったですね。
でも福島県の車に石を投げたりやミラーを折られる話には、驚きました。
信じられないです。

お千賀さん #JalddpaA | URL | 2011/05/18 22:10 - edit

いよいよオフ会の記事ですね。
前ふり(別の記事)が長いこと(笑)

kan #5wY3J9rw | URL | 2011/05/19 00:11 - edit

さすがsizukuさん、会話の一句一語までそのまんま。リアルに思い返しながら読んでたよ。
おれはバーで飲みながら、初めて3人で尾瀬を歩いて、山小屋のラウンジで飲みながら話をしてたシーンを思い出したんだ。いいよね、仲間って^^

masa #kKM/VHME | URL | 2011/05/19 01:40 - edit

ちかちゃんへ

本当に、驚きです。
きっと一部の人なのでしょうが、あまりにも無知過ぎますよね。
放射能がうつると本気で考えているのでしょうか?
福島の人にとっては、一時が万事、Riiちゃんの話では、
みんな怖がって車では県外に出かけられないと思いこんでいるそうです。
本当に、やりきれない悲しい話です。

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2011/05/21 00:28 - edit

kanさんへ

長らくお待たせいたしました~^m^
と言いながら、またまた、次がなかなか進みません。
前振りも長くて申し訳ありません(笑)
お花の記事を待ってて下さる方もいるので、お許しくださいね。
てきとーに、読み飛ばしてくださいませ^_^;
それよりもですね~♪良いお店、見つけちゃったんですよ~^m^
ぜったい、kanさんもmasaさんもツボだと思うんだけれどなぁ~
やっぱり、オフ会の記事が終わらないと書けないですよね。。。
早く、教えたい!!予告だけ!キーワードは山の中の地中海です!

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2011/05/21 00:34 - edit

masaさんへ

masaさん、こんばんは(^^♪
なかなか、書けずに、やっと着手って感じです。
2日目も、もりだくさんなので、長くなってしまうけど良いよね?
あの、バーでのひと時、よかったね。本格バーで、時間を気にせず
シンデレラタイムまで、過ごせたなんて、わたしには、初めての経験だったよ^m^
バーテンの女性、カッコ良かったなぁ~♪きちんとしてて、あーいうのが本当のバーなんだよね。きっと!
masaさんは、尾瀬での山小屋を思い出してたんだね。
しみじみだよね。時は経ったけれど、また、三人で尾瀬に行きたいよね(^O^)/

sizuku #- | URL | 2011/05/21 00:42 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sion920.blog74.fc2.com/tb.php/154-3232a037
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。