Admin New entry Up load All archives

風立ちぬ

日々の想いを風に乗せて…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

悲しみの先にあるもの 

タレントのSさんは、自身が運営する山梨の施設に
被災地の子ども100人を受け入れたそうです。
『とにかく、今必要なのは、学童疎開だと思っています。
危険な地域から子どもたちを避難させ安全な場所で
笑顔を取り戻してほしい。
そして、大人たちは、子どもたちのことを心配しないで
、被災地の復興に力を尽くして欲しいと思いました。』
Sさんは、自ら、何度も被災地を訪れ、避難所の人々、
一人一人に連絡先を手渡していました。
そして、受け入れ先の山梨の施設にも、ぞくぞくと
ボランティアのスタッフが集まっていました。
ある若い女性は、『何もしないでただ、時が経つのは嫌だったから、
ボランティアに参加しました。自分に出来ることで手助けがしたいです。』
と言っていました。

昨夜のJリーグと日本代表とのサッカーのチャリティー試合とか、
被災地を元気付けようと多くのタレントやスポーツ選手、
ミュージシャンたちも、行動を起こしています。

また海外からもたくさんの援助が届き始めています。
電力供給装置を無償で貸し出してくれたタイの代表の方は、
『日本は大地震で大きな痛手を負ったが、日本は孤独ではありません。
わたしたちが援助しますから。』と言っていました。
本当に世界の人たちも力を貸してくれているのだと実感した出来事でした。


まだまだ、福島の原発では、不眠不休の努力をされている方々が、
たくさんいらっしゃると思います。
福島の人々は、その原発を抱えて、不安な夜を過ごし不便な暮らしや、
目に見えない危険に、日々さらされ続けていると思います。
また、他所への非難を余儀なくされている方々もいます。

各被災地でも、まだまだ、救援が届かない場所もあると聞きました。
今だ行方不明の方の捜索は難航しているそうです。
『一日でも、一時間でも早く、家族のもとに返してあげたい。』
そんな気持ちで自衛官たちは、瓦礫の中から遺体を収容しています。

被害の大きかった地域の市長さんも、町長さんも、みな、精一杯、
住民のためにがんばっておられる姿もニュースで流れています。
住民の人も、行政の人も、ボランティアの人も、それぞれの立場で
がんばっている姿に、わたしは、きれい事を言っているだけなのかとも思います。
こころで寄り添うことしか出来ませんが、わたしたちはいつも、
自分に出来ることは何かを考えながら、日々、前を向いて行かなければと思います。

先日、被災地を音楽で励まそうと言う番組をやっていました。
また、アマチュア落語家やお笑いの人が、避難所を慰問している様子も見ました。
音楽や笑いは、心のケアに、すごく大切だと思います。
涙も枯れるほど、いっぱい涙を流したであろう被災地の人々に、
どうか、この歌声が届くよう、笑顔が蘇るようにと願いました。

歌番組の中で歌われていたビートルズのヘイ・ジュードが心に響きました。
歌詞は少し変わっていますけれど…こんな和訳にしました。
よかったら聴いてみてください。

ヘイ ジュ―ド 悪く考えるのはよそう 
悲しい歌も気持ちひとつで明るくなる
この悲しみを君の心に受け入れることだ 
そうすれば すべては好転するだろう

ヘイ ジュード こわがらないで
今こそ行動を起こそう、
全てを君の一部として受け入れてごらん
きっと すべては好転するだろう

たとえどんなに苦しくたって くじけるないで
何もかもひとりで背負い込むことはないんだよ
自分の世界を悲しみに満たして
心を閉ざしてしまわないでほしい

ヘイ ジュード 君自身が
心を開くことから さぁ、始めよう

スポンサーサイト

category: 日々の思い

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sion920.blog74.fc2.com/tb.php/146-6214baf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。