Admin New entry Up load All archives

風立ちぬ

日々の想いを風に乗せて…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

友からのメッセージ 

ブログの記事を読んだ友達から、こんなメッセージをいただきました。

しーちゃんのブログを読んでけっぱるって、力がみなぎっているって感じの言葉だなぁと思ったよ。
けっぱる心、東北の人の負けてたまるか!!っていう魂のこもった言葉なんだね。

そして、当たり前の反対はありがとうなんだって思ったよ。
いままで、当たり前だと思っていたもの全部にあリがとうって思いたいね。
今だけじゃなく、これからもずっと…。

友のメッセージを読んで、友が言っている当たり前の事ってなんだろうと考えました。
被災した方々にボランティアの方々が、救援物資を届けたり、救援活動をするのは、
当前の事でしょう。こまっている人に手を差し伸べる…その当たり前の事に
被災者の方々は「ありがとう」と頭を下げます。
こんなにも大変な目にあっているのにもかかわらず、
ありがとうの言葉を忘れない姿に、感動したのだと思います。

当たり前に、あると思っていた全ての物に、感謝したい。
これからも、その事を忘れずにいたい。そう思ったのだと思います。

3502_20110327004842.jpg


もうひとりのお友達のHちゃんはこんなメールをくれました。
大地震の日、外から慌てて家に帰る途中、ひとりで泣いている女の子を見かけたそうです。
声をかけると、お母さんが仕事で出かけていて、一人ぼっちで怖くなって外に出て泣いていたそうです。
「どんなに心細かったろう…」と、自分の子どもの幼かった頃に思いを馳せると
胸がいっぱいになり、ぎゅっと抱きしめて一緒に泣いてしまいました。

『わたしの家に、一緒に行こうか?』と、言いましたが、女の子は
もうすぐ、お姉ちゃんが帰ってくるから大丈夫だと言います。
そこで、お姉ちゃんが帰ってくるまで一緒に居てあげて
『何か困ったことがあったら、いつでも、いらっしゃい。』と、
Hちゃんの自宅を教えて帰ってきたそうです。

その翌々日、その女の子がお母さんと一緒にやってきました。
お母さんは、『本当に、どうもありがとうございました。』と
何度もお礼を述べたそうです。
実は翌日にも来てくれたのですが、Hちゃんが留守だったそうです。
Hちゃんは、お母さんが訪ねて来てくれたことでホッとしたそうです。
それまで、もしかしたら自分は余計な事をしたのではないかと、
葛藤していたと言います。

gozen0055.jpg

女の子のお母さんは、今回の事で、地域の関わりの大切さを考えさせられたと言いま
した。
今まで、共働きと言うこともあり、あまりご近所との関わりがなかったのだそうです。
その言葉を聞いてHちゃんは、自分には、いざと言う時に助けてくれる
姉のようなご近所の方がいてくださることに心から感謝したそうです。

わたしも、Hちゃんの優しさに感動すると共に、とても考えさせられました。
わたしの住んでいる地域も、新興住宅街で、色んな所から来た人たちが住んでいる地域です。
昔からここに住んでいたという地元の人は、ほとんどいません。
そして、ここ数十年のうちに、アパートが出来たりして、顔も知らない隣人が増えてきました。
古い隣人は転出していったりして、自治会の顔ぶれもだいぶ変わりました。

もし、あの地震が、わたしたちの地域で起きていたなら、東北の人々のように
助け合い励ましあって乗り越えて行けるのか自信がありません。
もしかしたら、その時は、お互い助け合って行けるかも知れませんが、その逆で、
みな自分の事ばかり主張して、散りじりになる可能性もあるような気がします。
わたしたちは、やはり、被災地の方々に多くを学ばせてもらわなくてはいけないと思いました。
とくに、お互いに繋がり助け合う“こころ”を。

fude.jpg


また、こんなお話も聞きました。
あの大震災の日に、地方の娘さんが、都内に試験のために出かけていたそうです。
ところが地震で電車が止まってしまい、駅もシャッターが下ろされ
外に出されてしまいました。見知らぬ都会の街に突然ほうり出されて
途方にくれていると、見知らぬ女性が声をかけてくれ、一晩泊めてくれたそうです。
都会の片隅で、あの大震災の夜、こんな心の温まるドラマが
きっといくつもあったのだと思います。大都会の人の絆も捨てたもんじゃない
そう思いました。

IMG_2495_20110327004841.jpg


もう一つ、放射能が水道水から検出され、乳幼児や妊婦のいる家庭では
水道水を飲まないでください。という、政府の発表に、
あっという間にスーパーのミネラルウォーターが無くなってしまいました。
その翌日、1歳の男の子を連れて買い物に行った主婦は、並んで水を
購入する事が出来ないので、諦めて500mlのペットボトルを籠に入れ
レジに並びました。すると見知らぬ女性が声をかけて来ました。
『水を、取り換えませんか。』と言われ、2ℓのペットボトルを
譲られました。その主婦は、『本当にありがたかった。
この受けた恩を、わたしも誰かに返します。』と言いました。
恩送りですね。これも、いいお話しでした。

ありがとうってこころ、大切ですね。


hotokenoza-1.jpg
スポンサーサイト

category: 日々の思い

CM: 2 TB: 0   

コメント

素敵なお話

sizukuさん、こんにちは♪
大震災は悲しい現実ですが、その中に素敵なお話がいっぱいありますね。
金八先生じゃないけど「人と言う字は助け合って出来ています。」
ありがとうと素直に感謝の言葉を言える、日本人の優しさ、強さはこれからも大きな力になると思います。
思えば、私も地震の時は見ず知らずの場所にいました。
私などは小さな事件だったですが、電車が動かない中で、親切に一夜を提供してくれた居酒屋さんの心は一生忘れない大切な経験となっています。
困った時に手を差し伸べる心、その気持ちに感謝して「ありがとう」の言葉…。
きっと素晴らしい未来が待っているでしょう。
そんな気がします。

クロちゃん #QfAHIh9c | URL | 2011/03/27 09:58 - edit

クロちゃんへ

クロちゃん、メッセージをありがとうございます。
本当にそうですね。わたしも、今まで、こんなにも日本人が暖かかった事に
気づきませんでした。そして、これほどに、日本を意識したのも初めてでした。
物凄いスケールの天災が起こり、そのために不幸にもたくさんの方が犠牲になりましたが
日本中の人がそれを自分の事のように心を痛め、そして、応援しているんですものね。
きっと、立ち直ります。きっと素晴らしい未来が待ってきますよね。、

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2011/03/29 01:26 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sion920.blog74.fc2.com/tb.php/142-96c139a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。