Admin New entry Up load All archives

風立ちぬ

日々の想いを風に乗せて…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

雨の渓谷2 

mitake-aki_280.jpg

mitake-aki_296.jpg

すっかりお天気も回復したのでそのまま、遊歩道を歩き、川井へと向かい、もう一つ
の美術館を訪ねることにした。
渓流をカヌーで下る人々を眺めながら、流れに沿った遊歩道を歩いていく。
美しい楓やケヤキの紅葉や、植林帯の間をうねるように這い上がる広葉樹の紅葉を愛でながら歩いていくと、流れが穏やかになり、川幅が広がって川井のキャンプ場が現れ、今度は釣りを楽しむ人々の姿があった。

mitake-aki_278.jpg

mitake-aki_308.jpg

mitake-aki_287.jpg

この場所は浅瀬になっていて、広々と視界が開けて気持ちがいい場所だ。
この岸辺近くに、“御岳美術館”がある。小さな美術だが、ロダンや高村光太郎のブロンズ像、倉田三郎、岸田劉生の絵画など、有名なコレクションもあるようだ。
館内は静かなBGMが流れ、珈琲なども楽しむことが出来る。
ここは撮影禁止のため、画像はないが、石の器に張った水に、浮かべた山茶花の花がとても美しくて見とれてしまった。

mitake-aki_306.jpg

mitake-aki_315.jpg

美術館の周りは山里の風情が広がっていて、のんびり散策してみた。
山茶花の小道。

mitake-aki_372.jpg

ネットの柵に絡まった、草の実に、先ほどまでの雨の雫が残る。

mitake-aki_378.jpg

真っ赤なカエデの葉を拾い上げて…

mitake-aki_353.jpg

ケヤキの葉っぱの重ね色…黄色と茶色のシックな秋色。

mitake-aki_356.jpg

赤茶色と茶色の、暖かな秋色の重ねの色合い。

mitake-aki_362.jpg

陽射しがキラキラと差し込んで、イロハカエデはまるで小さな星屑のように輝きだした。

mitake-aki_394.jpg

一枚、舞い降りた葉が、クモの巣に落ちてチラチラと…星の子みたい。

mitake-aki_400.jpg

鳩ノ巣渓谷へと向かう道は、サクラ紅葉の散る小道。

mitake-aki_403.jpg

渓谷を彩るカエデ

mitake-aki_405.jpg

鳩ノ巣渓谷に架かる小さなつり橋、鳩ノ巣小橋。

mitake-aki_461.jpg

そのたもとにある、木造の小さなお店。ギャラリーぽっぽ。

mitake-aki_465.jpg

一度は入ってみたいなぁと思っていたので、寄ってみることにした。

mitake-aki_406.jpg

渓谷を一望できるように、窓に面して、一列にテーブルが置かれている。

mitake-aki_421.jpg

女性の方が、一人で切り盛りしているらしく、「どこでも、お好きなところにどうぞ。」と、案内された。
ちょっと迷って、一番端の席に座った。
目の前に飾られた手作りのお人形が可愛らしかったから…

mitake-aki_424.jpg

mitake-aki_433.jpg


そして、小さな写真立ての中の、天使の絵が、とってもラブリー

mitake-aki_431.jpg

ちょうど、お昼時でお腹がすいたので、食事をしようかなと思った。
メニューは、カレーと、定食の二種類だけど、無農薬野菜と、玄米と黒米のご飯。
温かなポトフと、とっても体に良さそうなメニューで、美味しくいただきました。

mitake-aki_457.jpg

店内は、自然光が気持ち良く入ってきて、窓に向かった席で過ごす時間は、とても居心地が良かった。
これから冬に向かえば、きっとストーブに火が点り、赤々と燃え、ヤカンからは白い湯気が立ってシュンシュンと音を立てていそうな気がした。
そんな空間で、ゆっくりと本などを読んで過ごすのもいいなぁと思った。

どこからか、カメムシがやってきて、じーっとしている。きっとあったかいんだろうなぁ。

mitake-aki_456.jpg

実際、このお店には、たくさんの本が置かれていて、自由に手にとって読むことも出来るのだった。
わたしは、最初に目に留まった“かあさんのこころ”という絵本を手に取った。

mitake-aki_441.jpg

とても寂しそうなクマの子の顔が気になった。
『ぼくは、毎日、釣りをしていた…』
河原は、ほんのりと夕日に染まり、たくさんの赤とんぼたちが風に舞っている絵が美しかった。
でも、クマの子は、寂しそうな顔で、じっと釣り糸を垂れている。

mitake-aki_443.jpg

『夜になると僕は星空を見上げた』
瞬く星座が、無数に煌く夜空を、静かに見上げるクマの子の姿が描かれている。
薄い闇の中に、じーっとうずくまるような、クマの子の姿が、本当に寂しそうで、
その絵を見ているだけで胸が痛んだ。

mitake-aki_446.jpg


ページをめくるうちに、クマの子の寂しさの訳がわかった。
クマの子のおかあさんは、死んでしまっていたのだった。

mitake-aki_447.jpg

やがて、クマの子は大人になり、恋人が出来て家族が出来る。
それでも、やっぱり寂しさは変わらなかった。
でも、娘に、子どもが生まれた時、娘が子どもを抱きしめてあやす姿を見て涙を流す。

mitake-aki_452.jpg

『はじめて、かあさんの気持ちが分かった気がした。』

mitake-aki_453.jpg

かあさんのこころは春の野原

mitake-aki_448.jpg

読み終わって、胸がジーンとしてしまった。
なんだか、とても良くわかるような気がして、
言葉に表せない感動が胸に広がっていった。

こんな素敵な、隠れ家のような、お店を見つけて、とっても嬉しくなったのだった。
冬、雪が降ったら、また訪れてみたいと思った。
その時は、書棚に見つけた星野道夫さんの本を読ませてもらおうと思っている。

mitake-aki_473.jpg

水溜りに沈んだ、真っ赤な落ち葉や、椎の実なんかを撮りながら、わたしは帰路に付いたのだった。

mitake-aki_471.jpg
スポンサーサイト

category: 森・山

CM: 6 TB: 0   

コメント

御岳はご自分の庭よう ?

sizukuさん お早う。
自分で出かけなくても、歩いた気持ちになれます。

寄れなかった喫茶店、博物館等、昔(40年前)にはなかったものが多いです。
入りたくても時間が無く(往復だけで五時間)、のぞいただけで素通り。今は気持に余裕がないようです。
レポートでゆっくりsizukuさんの目線で拝見でき、楽しませて頂いており感謝、感謝です。

ジーク #Uwmuu2Zg | URL | 2009/11/28 08:13 - edit

ジークさんへ

ジークさん、こんにちは(*^_^*)
早速、読んでいただいてコメントをありがとうございます。
まだ、たまに行くだけですから、庭のようと言うわけには行きませんが、
四季折々に訪ねるたびに新しい発見があり、飽きると言う事はありません。
ジークさんの所からだと、往復5時間もかかりますか…
お越しいただくのも大変な事ですよね。
ご案内したいところも多々ありますので、
また、機会がありましたら、お越しくださいね(*^_^*)

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2009/11/28 15:29 - edit

No title

素敵な色合いの中を歩かれたんですね!
ふらりお店によって、カメムシにも暖かな視線。
sizukuさんらしいなあって思いました。

「かあさんのこころ」のお話、なんだかせつないです。
sizukuさんにとってはいろいろ重なる思いもあるのですね。

星野道夫さんの本は、私も大事に何冊か繰り返し読んでいます。
言葉がすぱんすぱんと入ってくる感じがしてます。

シュー #6AEdlCeU | URL | 2009/11/30 21:12 - edit

シューさんへ

シューさん、ちょっとご無沙汰ですみません。ホームページ、拝見しているのですが足跡残せずにいますm(__)m
ブログを見てくださって、コメントをありがとうございました。

今年の秋は、身近な森や渓谷が素敵な色合いになりました。
写真では上手く撮れていませんが、とても楽しませてもらいました。
美しい色彩の小道をゆっくりと歩く事で、何だか体や心まで染まっていくような気がして癒されました。
こんな秋を、後どのくらい見れるのかな?なんて、星野道夫さんの言葉を口にしたりしました。
今秋は、自分なりの楽しみ方を見つけたような気がしています。(大げさですね)(^_^;)

かあさんのこころは、ほんと、切ないです。
読んでいて涙が零れそうで困りました。
本当なら、自分に家族が出来た時、気が付くのではないだろうかと思ったりしましたが、
おじいさんになってから、やっと気づくなんて…とも思いました。
でも、ふと、思ったんです。男の人ってそういうところもあるのかななんて…
家の主人を見てるとそんな気がしたんです。(意味不明ですね,
すいません)(笑)

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2009/11/30 23:23 - edit

秋をありがとう

 まだ!!痛む足と、骨折した右手。こんな満身創痍状態でもSIZUKUさんのところで秋を満喫しました。ありがとう。感謝です。

びるげ #L1ch7n1I | URL | 2009/12/01 14:06 - edit

びるげさんへ

え!?また、骨折したのですか?
1年で、怪我をされる回数が半端ではないですね…(^_^;)

びるげさん、気を付けてくださいね。

秋を感じていただけて良かったですが、早く回復されて、ご自分でも秋を感じていただきたいです。
今は、山茶花がとても綺麗に咲いていますよ(*^_^*)
ケヤキや楓の紅葉も終盤ですが、夕日に照らされると真っ赤に燃えてますよ。
ぜひ、窓辺から眺めてみてくださいね。
お大事にしてください。

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2009/12/02 23:05 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sion920.blog74.fc2.com/tb.php/14-1dfc8d72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。